WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

ABLENET(エイブルネット)レンタルサーバーでのWordPressの始め方

ABLENETレンタルサーバーでのWordPressの始め方
フェニック

ABLENETレンタルサーバーに申し込みたいけど、手順がわからないぞ?

今回は、このような疑問にお答えします。

ABLENETレンタルサーバーは、2023年にスタートした新しいサーバーです。

そのため、WEB上でもWordPress設定の情報は多くありません。

そこで今回は、ABLENETレンタルサーバーでのWordPressの始め方を解説します。

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

\ 初期費用、ドメイン永久無料 /

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

目次

ABLENETレンタルサーバーでのWordPressの始め方

エイブルネットレンタルサーバーでWordPressを開設する手順は、以下の通りです。

  1. エイブルネットに申し込む
  2. エイブルネットの管理画面に再ログインする
  3. WordPressをインストールする
  4. WordPressの管理画面にログインする
  5. WordPress管理画面を日本語化する
  6. 無料ドメインに常時SSL化を設定する
  7. メールで無料ドメインを認証する

エイブルネットレンタルサーバーに申し込む

【お申し込み】をクリック

まずはABLENETレンタルサーバーのトップページに移動します。

>>エイブルネットレンタルサーバーに移動する

移動したら【お申し込み】をクリックしましょう。

料金プランの選択

料金プランは「ライトプラン」を選択

料金プランは「ライトプラン」を選択します。

無料ドメイン名の入力

【新規ドメイン取得】にチェックを入れ、無料ドメイン名を入力

【新規ドメイン取得】にチェックを入れ、無料ドメイン名を入力しましょう。

入力が完了したら【取得】をクリックします。

ドメインが取得可能な場合は「~は取得可能です」と表示される

ドメインが取得可能な場合は「~は取得可能です」と表示されます。

Shota

ドメインの取得料金が表示されますが、12ヶ月契約すると無料になります。ご安心ください。

支払いプランの選択

支払いプランの選択方法

支払いプランは、以下の3種類から選択できます。

支払いプラン月額料金永久無料ドメインの取得
\970月払い970円不可
\5,280半年払い880円不可
\9,960年払い(Free Domain)830円可能

【\9,960年払い(Free Domain)】を選択しましょう。

【続ける】をクリック

【続ける】をクリックします。

追記です。

永久無料ドメインを取得できるサーバーについては、以下の記事でも解説しています。

支払い料金の確認

【ドメイン取得】の項目が0円と表記されている画像

【ドメイン取得】の項目が0円と表記されていることを、確認しましょう。

料金プランに間違いがなければ【お支払い】をクリックします。

登録者情報の入力

ABLENETレンタルサーバーに登録する、個人情報を入力します。

項目設定方法と解説
苗字例:山田
名前例:太郎
メールアドレスABLENETから通知が受け取れるメールアドレスを入力
⇒メール認証で使用
電話番号携帯の電話番号を入力
⇒例:+81 90 7433 4231
企業・団体名(企業・団体の場合)空欄
Japan
郵便番号例:132-0024
都道府県例:東京都
市町村例:江戸川区
番地例:1-28-95

ドメイン登録情報の入力

ドメインの管理者情報は、Network Solutionsと呼ばれる米国法人に登録します。

そのため英語で登録します。

ドメイン登録情報の入力方法
項目設定方法と解説
名前例:Taro
苗字例:Yamada
メールアドレスNetwork Solutionsから通知が受け取れるメールアドレスを入力
⇒メール認証で使用
電話番号携帯の電話番号を入力
⇒例:+81 90 7433 4231
企業・団体名(企業・団体の場合)空欄
Japan
郵便番号例:132-0024
都道府県例:Tokyo
市町村例:edogawa-ku
番地例:1-28-95

ABLENETのパスワード設定

ABLENETレンタルサーバーへのログインに使用する、パスワードを設定します。

ABLENETのパスワード設定方法

クレジットカード情報の入力

クレジットカード情報の入力方法
項目設定方法と解説
クレジットカード番号カード表面に表記されたカード番号を入力
MM/YYクレジットカードの有効期限を入力
⇒例:12/2025
CVV/CV2クレジットカード裏面に表記された3桁のセキュリティコードを入力
⇒例:986
Enter a name for this card(オプション)空欄
利用規約、個人情報の取り扱い、禁止事項を読み同意します。チェックを入れる

入力が完了したら【注文の完了】をクリックしましょう。

メール認証

「ご注文ありがとうございます。まもなく確認メールが届きます。」と表記されます。

Shota

万が一のために、御注文番号は控えておきましょう。

メール認証用のメール画像

登録者情報の入力で設定したメールアドレスに、以下のメールが届きます。

発信者ABLENET <sales@ablenet.jp> 
件名【ABLENET】メールアドレスの確認 

メールにURLが添付されているので、クリックします。

「メールアドレスが承認されました」と表示された画面

「メールアドレスが承認されました」と表示されたら、申し込みは完了です。

【アカウントページへ移動】をクリックしましょう。

ABLENETの管理画面の画像

これでABLENETの管理画面にログインできます。

エイブルネットレンタルサーバーの管理画面に再ログインする

ABLENETの管理画面へのログイン方法を確認しましょう。

一度ログアウトし、ABLENETレンタルサーバーのトップページに移動します。

【アカウント】⇒【ログイン】をクリック

画面右上の【アカウント】⇒【ログイン】をクリックします。

ABLENETの管理画面へのログイン画面

ABLENETの管理画面への、ログイン画面が表示されます。

登録者情報の入力で設定したメールアドレス」と「ABLENETのパスワード設定で設定したパスワード」を入力し【ログイン】をクリックします。

ABLENETの管理画面の画像

これで、ABLENETの管理画面へログインできます。

エイブルネットレンタルサーバーでWordPressをインストールする

【DirectAdminにログイン】をクリック

ABLENETの管理画面から【DirectAdminにログイン】をクリックします。

コントロールパネルへ移動します。

【メニュー】⇒【高度な機能】をクリック

【メニュー】⇒【高度な機能】をクリックしましょう。

【WordPress Manager】をクリック

【WordPress Manager】をクリックします。

【Install WordPress】をクリック

【Install WordPress】をクリックしましょう。

データベース作成

データベース作成の方法

まずは、データベースを新しく作成します。

【データベース】の項目の「Create new」⇒「作成」を選択します。

「DATEBASE CREATED」と表示されるたら【×】をクリックします。

これでデータベースの作成は完了です。

WordPressインストール

WordPressインストールの設定方法

作成したデータベースにWordPressをインストールします。

項目設定方法と解説
Titleブログ名を入力
Admin Account NameWordPressのユーザー名を入力
⇒WordPressへのログインIDとなる
管理者のパスワードWordPressのログインパスワードを入力
Admin EmailWordPressに登録するメールアドレスを入力
⇒WordPressへのログインIDとなる

設定が完了したら【インストール】をクリックします。

「確認画面」の画像

「確認画面」が表示されますが【確認】をクリックします。

これでWordPressのインストールは完了です。

インストールしたWordPressの管理画面にログインする

WordPressインストールで設定したメールアドレスに届いたメールの画像

WordPressインストールで設定したメールアドレスに、以下のメールが届きます。

発信者WordPress <wordpress@pheonix-blog-20.com> 
件名New WordPress Site

メールに記載されたURLをクリックします。

WordPressのログイン画面の画像

WordPressのログイン画面が表示されます。

以下の2つを入力し【Log in】をクリックします。

  1. ユーザー名
  2. パスワード

これでWordPressの管理画面へのログインは完了です。

WordPress管理画面を日本語化する

WordPressの管理画面が英語表記となっている場合は、以下の方法で日本語化します。

サイドバーの【Settings】⇒【General】をクリック

サイドバーの【Settings】⇒【General】をクリックします。

WordPress管理画面の表記を日本語化する手順
項目設定方法
サイトの言語日本語
タイムゾーンTokyo
設定が完了したら【変更を保存】をクリック

設定が完了したら【変更を保存】をクリックします。

これで、WordPress管理画面の表記が日本になります。

無料ドメインに常時SSL化を設定する

WordPressのインストールが完了した時点での、SSL化設定の状況は以下になります。

SSL化の種類設定状況
無料ドメインへのSSL化完了
WordPressへのSSL化完了
無料ドメインへの常時SSL化未完了

設定が完了していない「無料ドメインへの常時SSL化」を設定します。

常時SSL化設定

コントロールパネルから【メニュー】⇒【SSL証明書】をクリック

コントロールパネルから【メニュー】⇒【SSL証明書】をクリックします。

【HTTPSリダイレクトでSSLを強制】にチェックを入れて【保存】をクリック

【HTTPSリダイレクトでSSLを強制】にチェックを入れて【保存】をクリックします。

「Certificate and Key Saved.」と表示された画面

「Certificate and Key Saved.」と表示されたら、設定は完了です。

常時SSL化設定の確認

アドレスバーに「http」から始まるWordPressのURLを入力

アドレスバーに「http」から始まるWordPressのURLを入力します。

URLに鍵マークが表示された画面

URLに鍵マークが表示されたら、無料ドメインへの常時SSL化設定は成功です。

メールで無料ドメインを認証する

申し込み翌日にNetwork Solutionsから、以下のメールが届きます。

発信者Network Solutions <support@networksolutions.com> 
件名Alert: Keep Your Domain Active
本文(和訳)Network Solutionsは、ICANN (ドメイン登録の規制機関) により、ドメイン所有者へのメールアドレスを確認が義務付けられています。確認できないとドメインが使用できなくなります。ドメインが無効化された場合、ドメインの所有者情報は残りますが、メールアドレスを確認するまでは、 Web サイトを開くことはできません。 検証対象のドメインのリストを表示したい場合は、アカウントマネージャーにログインしてください。

メールに記載された【COMFIRM EMAIL ADDRESS】をクリックしましょう。

「Your Email is Confirmed」と表示されたら、メールでのドメイン認証は完了です。

Shota

お疲れ様でした。

まとめ

今回は、ABLENETレンタルサーバーでのWordPressの始め方を解説しました。

さくっと内容を振り返ります。

  1. エイブルネットに申し込む
  2. エイブルネットの管理画面に再ログインする
  3. WordPressをインストールする
  4. WordPressの管理画面にログインする
  5. WordPress管理画面を日本語化する
  6. 無料ドメインに常時SSL化を設定する
  7. メールで無料ドメインを認証する

今回の内容は以上です。

\ 初期費用、ドメイン永久無料 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次