All in One WP Migrationのバックアップと容量を上げる方法

All in One WP Migrationのバックアップと容量を上げる方法
フェニック

ブログをバックアップしたいけど、All in One Migrationの使い方がわからない。

今回はこのようなお悩みにお答えします。

ブログ運営をするならバックアップは必須作業です。

  • レンタルサーバーのファイルをいじったら、ブログ記事が全て消えた。
  • WordPressの設定を間違えたら、ブログが表示されなくなった。
  • ブログがハッキングされてWordPressにログインできなくなった。

このようなことは普通に起こります。

ただしブログのバックアップ方法、ましてやバックアップデータの復元方法なんてわからないですよね。

そこで今回はAll in One Migrationプラグインを使って、簡単にブログをバックアップ、そして復元する方法を解説します。

また今回は無料でインポート容量(復元するブログのデータ容量)を引き上げる裏技も紹介します。

ブログのバックアップ方法をマスターして、安全なブログ運営を目指しましょう。

なお容量の上げ方を早く知りたい方はAll in One WP Migrationのインポート容量を上げる方法をクリックしてください。

追記です。
WordPressを立ち上げたばかりの人には「WordPressの初期設定」の記事もおすすめです。

目次

All in One WP Migrationのインストール方法

All in One WP Migrationのインストール方法
All in One WP Migrationのインストール方法

ダッシュボードの【プラグイン】をクリックします。

プラグイン検索窓に「All in One WP Migration」と入力すると、上図のプラグインが表示されます。

【インストール】をクリック後、有効化すればインストール完了です。

All in One WP Migrationでバックアップする方法

レンタルサーバーのデータに異常が生じた時、ブログは復元不可能となります。

ブログデータは全てレンタルサーバーに保管されているからです。

パソコンにもブログデータをバックアップする
パソコンにもブログデータをバックアップする

そこでAll in One WP Migrationを使い、ブログデータをパソコン上にバックアップする方法を解説します。

パソコン上にバックアップデータを保管しておけば、レンタルサーバーのブログデータが消えたとしてもパソコンから復元可能になります。

All in One WP Migrationでデータをエクスポートする

バックアップするブログ
バックアップするブログ

今回は上図ブログデータをバックアップします。

20記事ほどの小規模サイトです。

ブログデータのエクスポート方法
ブログデータのエクスポート方法

ダッシュボードから【All-in-One WP Migration】⇒【エクスポート】へとページを進めます。

【エクスポート先】からファイルを選択しましょう。

Shota

なお【エクスポート先】のファイル以外は全て有料です。

エクスポートの解説画像
エクスポートの解説画像

エクスポートとはソフトで作成したデータを、異なるデータ形式に変換して保存することです。
今回のケースではHTMLなどのWordPressのデータをWPRESSファイルに変換しています。

WPRESSファイルのダウンロード方法
WPRESSファイルのダウンロード方法

エクスポートが終わると上図の画面が表示されるので、クリックしてWPRESSファイルをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたWPRESSファイル
ダウンロードしたWPRESSファイル

ダウンロードしたWPRESSファイルは、ブログを復元するためにパソコン上で大切に保管しておきましょう。

これでAll in One WP Migrationを使ったブログデーターバックアップは完了です。

フェニック

驚くほど簡単だね。どれぐらいの頻度でバックアップすればいいの?

Shota

私は記事を投稿するたびにバックアップしてます。1記事入魂なので(笑)

All in One WP Migrationでデータを復元する

続いてバックアップしたブログデータをWordPressに復元する方法を解説します。

ブログデータのインポート方法①
ブログデータのインポート方法①

ダッシュボードから【All-in-One WP Migration】⇒【インポート】へとページを進めます。

上図のページが表示されたら【インポート元】をクリックします。

インポートの解説画像
インポートの解説画像

インポートとは、形式の異なるデータを読み込んで利用できるようにすることです。
今回のケースではWPRESSファイルを読み込み、WordPressで利用できるようにHTMLなどのデータに変換しています。

ブログデータのインポート方法②
ブログデータのインポート方法②

インポート元が表示されたらファイルを選択します。

最新のWPRESSファイル
最新のWPRESSファイル

続いてパソコンに保存しておいた、最新のWPRESSファイルを選択します。

選択するとインポートが始まるので、完了するまで待ちましょう。

インポート完了画面
インポート完了画面

インポートが完了したら上の画面が表示されます。

気にせず【開始】をクリックしてください。

インポート完了のお知らせ画面
インポート完了のお知らせ画面

【サイトをインポートしました。】と表示されたら、ブログデータの復元は完了です。

意図しないWPRESSファイルをインポートしても復元できる

フェニック

あー、昔のバックアップデータをインポートしちゃった!昔のブログに戻っちゃった!

意図しないWPRESSファイルを誤ってインポートしても、簡単に復元可能です。

Shota

落ち着いて【All-in-One WP Migration】⇒【バックアップ】とページを進めてください。

バックアップページの画像
バックアップページの画像

バックアップページが表示されます。

ここには過去のバックアップ履歴が残されています。

誤ってインポートした前のWPRESSファイルを選択しましょう。

ボタンをクリックすればブログは復元できます。

All in One WP Migrationのインポート容量を上げる方法

スムージーピュアライフのトップ画面
スムージーピュアライフのトップ画面

私が別で運営しているスムージーピュアライフというブログですが、60記事以上あります。

スムージーピュアライフのWPRESSファイル容量

大きなブログなのでエクスポートされたWPRESSファイルは、873MBも容量があります。

容量が大きすぎてWPRESSファイルをインポートなかった時の表示画面
容量が大きすぎてWPRESSファイルをインポートなかった時の表示画面

初期設定ではスムージーピュアライフのWPRESSファイルをインポートすることはできませんでした。

All in One WP Migrationは、容量が100MBまでのWPRESSファイルしかインポートできないからです。

そこで、WPRESSファイルのインポート容量を上げる方法を解説します。

方法は2つあります。

インポート容量を上げる方法
  1. All in One WP Migration unlimited extensionを使用する(有料)
  2. Old VersionのAll in One WP Migrationを使用する(無料)
Shota

どちらもしっかり検証済みなので、ぜひお試しください。

①All in One WP Migration unlimited extensionを使用して容量を上げる(有料)

All in One WP Migration unlimited extensionはプラグインです。

WordPressにAll in One WP Migration unlimited extensionをアップロードして有効化すれば、インポート容量を上げることができます。

インポート容量を上げるまでの流れは以下になります。

STEP

All in One WP Migration unlimited extensionの購入ページへアクセスする

STEP

All in One WP Migration unlimited extensionをZIPファイルとして購入する($69)

STEP

購入したZIPファイルをWordPressにアップロードする

STEP

プラグイン画面からAll in One WP Migration unlimited extensionを有効化する

Shota

それでは解説をスタートします。

【無制限版の購入】をクリックする
【無制限版の購入】をクリックする

【All-in-One WP Migration】⇒【インポート】へとページを進めます。

上の画面が表示されたら【無制限版の購入】をクリックします。

現在のAll-in-One WP Migration Import画面
現在のAll-in-One WP Migration Import画面

【All-in-One WP Migration Import】の画面が表示されたら、プレミアムの項目の【開始】をクリックします。

昔のAll-in-One WP Migration Import画面
昔のAll-in-One WP Migration Import画面

ちなみに最近までは上図の画面から、all in one wp migration file extensionをダウンロードすることで無料で512MBまでインポート容量を上げることができました。

しかし、現在はall in one wp migration file extensionをダウンロードできません。

ServMaskのトップページ
ServMaskのトップページ

プレミアムの項目の【開始】をクリックすると、ServMaskのトップページが表示されます。

【Starting from $69】をクリックし、購入画面に進みます。

フェニック

All in One WP Migration unlimited extensionって$69もするんだ。

Shota

1回購入すれば何度も使用できます。他のWordPressブログでも使用できます。バックアップはブログ運営では必須作業なので必要経費と割り切りましょう。

All in One WP Migration unlimited extensionの購入画面
All in One WP Migration unlimited extensionの購入画面

購入画面に進んだら、Personalの【SELECT THIS PLAN】を選択します。

All in One WP Migration unlimited extensionの支払い方法選択画面
All in One WP Migration unlimited extensionの支払い方法選択画面

支払い方法選択画面が表示されるので【PayPal】で支払うか【クレジットカード】で支払うか選択してください。

クレジットカード支払いの時の個人情報入力画面
クレジットカード支払いの時の個人情報入力画面

支払い画面から個人情報を入力して決済しましょう。

All in One WP Migration unlimited extensionのダウンロードページ
All in One WP Migration unlimited extensionのダウンロードページ

購入後は【ダウンロードUnlimited Extension】をクリックすれば、All in One WP Migration unlimited extensionをZIPファイルとしてダウンロードできます。

購入したZIPファイルは解凍せずに使用するので、そのままパソコン上に保管しましょう。

All in One WP Migration unlimited extensionのアップロード方法①
All in One WP Migration unlimited extensionのアップロード方法①

All in One WP Migration unlimited extensionのZIPファイルをWordPressにアップロードします。

ダッシュボードの【プラグイン】を選択しページを進め【プラグインのアップロード】をクリックします。

All in One WP Migration unlimited extensionのアップロード方法②
All in One WP Migration unlimited extensionのアップロード方法②

上図のページが表示されたら【ファイルを選択】をクリックします。

All in One WP Migration unlimited extensionのアップロード方法③
All in One WP Migration unlimited extensionのアップロード方法③

保管しておいたAll in One WP Migration unlimited extensionのZIPファイルを選択すればアップロード完了です。

アップロードしたAll in One WP Migration unlimited extensionはプラグイン表示画面から有効化してください。

WPRESSファイルのインポートページ
WPRESSファイルのインポートページ

WPRESSファイルのインポートページを表示させると、アップロードファイルサイズがUnlimitedと表示されているのを確認しましょう。

873MBのWPRESSファイルのインポート完了画面

これで873MBのWPRESSファイルを無事インポートできました。

大きなブログを運営されている方はAll in One WP Migration unlimited extensionを使用して、ブログを復元させましょう。

All in One WP Migration unlimited extensionは何度でもダウンロード可能

ServMaskのトップページからAll in One WP Migration unlimited extensionをダウンロードする方法
ServMaskのトップページからAll in One WP Migration unlimited extensionをダウンロードする方法

All in One WP Migration unlimited extensionのZIPファイルを失くしても、何度でもダウンロードできます。

ServMaskのトップページのマイアカウントをクリックします。

メールアドレス入力画面が表示されるので購入時に登録したメールアドレスを入力すればAll in One WP Migration unlimited extensionがメールに添付されて届きます。

All in One WP Migration unlimited extensionが登録されたメール
All in One WP Migration unlimited extensionが登録されたメール

メールに記載された【ダウンロードUnlimited Extension】をクリックすればダウンロードできます。

②Old VersionのAll in One WP Migrationを使用して容量を上げる(無料)

Old VersionのAll in One WP Migrationとは、古いバージョンのAll in One WP Migrationプラグインのことです。

検証しましたが、確かにインポート容量を上げて大きなブログを復元することができました。

無料でAll in One WP Migrationを使用したい方はぜひお試しください。

インポート容量を上げるまでの流れは以下になります。

STEP

最新のAll in One WP Migrationプラグインを削除する

STEP

Old VersionのAll in One WP MigrationのZIPファイルをダウンロードする(この記事からダウンロードできます)

STEP

ダウンロードしたZIPファイルをWordPressにアップロードする

STEP

プラグイン画面からOld VersionのAll in One WP Migrationを有効化する

STEP

プラグインファイルエディターのコードを書き換える

Shota

最後のコードの書き換えは、この記事に記載したコードをコピペするだけです。簡単なのでご安心ください。

最新のAll in One WP Migrationの削除方法
最新のAll in One WP Migrationの削除方法

まずは最新のAll in One WP Migrationを削除します。

次に以下のリンクからOld VersionのAll in One WP MigrationのZIPファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、ダッシュボードに戻り【プラグイン】をクリックします。

all-in-wp-migration.6.68のアップロード方法②
all-in-wp-migration.6.68のアップロード方法①

上図の画面が表示されたら【プラグインのアップロード】をクリックし、ダウンロードしたall-in-wp-migration.6.68のZIPファイルをアップロードしましょう。

all-in-wp-migration.6.68のアップロード方法②
all-in-wp-migration.6.68のアップロード方法②

all-in-wp-migration.6.68のアップロードが完了したら【プラグインの有効化】をクリックします。

これでOld VersionのAll in One WP Migrationプラグインの準備は完了です。

Shota

今からプラグインファイルエディターを書き換えます。失敗したらOld VersionのAll in One WP Migrationプラグインを削除してやり直せばOKです。

【プラグインファイルエディター】ページへの進み方
【プラグインファイルエディター】ページへの進み方

ダッシュボードから【プラグイン】⇒【プラグインファイルエディター】をクリックしてページを進めます。

プラグインファイルエディターページ
プラグインファイルエディターページ

プラグインファイルエディターページが表示されたら【編集するプラグインを選択】の項目からAll-in-One WP Migrationを表示させて【選択】をクリックします。

all-in-wp-migration.phpが表示されたら【constant.php】を選択しましょう。

Max File Sizeと記載されたコード
Max File Sizeと記載されたコード

constant.phpを開いたらエディターを下にスクロールし、Max File Sizeと記載されたコードを探します。

define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 536870912 );

上記のコードを消去します。

コードの書き換え方法
コードの書き換え方法

消去したら以下のコードをコピペして【ファイルを更新】をクリックしましょう。

define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 536870912 * 20 );

これでプラグインファイルエディターの書き換えは完了です。

WPRESSのインポートページ
WPRESSのインポートページ

WPRESSインポートページに戻り、インポート容量が10GBまで拡張されたことを確認しましょう。

Shota

お疲れ様です。早速容量の大きいWPRESSファイルをインポートしてみましょう。

インポート確認画面【日本語訳】
インポート確認画面【日本語訳】

WPRESSファイルをインポートが完了すると、英文で上記の画面が表示されます。

気にせず【PROCEED】をクリックしましょう。

インポート完了画面【日本語訳】
インポート完了画面【日本語訳】

【Your date has been imported successfully!】と表示されたら、WPRESSファイルのインポートは完了です。

大きなブログを運営されている方は、今回紹介した無料でブログを復元させる方法もお試しください。

Old VersionのAll in One WP Migrationを使用しないと無料でインポート容量を上げることはできない

フェニック

わざわざOld VersionのAll in One WP Migrationを使うのは面倒だよ。

Shota

最新版バージョン7.54のAll in One WP Migrationを使って、無料でインポート容量を上げようとしましたが無理でした。

最新版バージョン7.54のAll in One WP Migration
最新版バージョン7.54のAll in One WP Migration

最新版バージョン7.54のAll in One WP Migrationのプラグインファイルエディターを同様の方法で書き換えてみました。

書き換え前のプラグインファイルエディター
書き換え前のプラグインファイルエディター
define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 2 << 28 );
書き換え後のプラグインファイルエディター
書き換え後のプラグインファイルエディター
define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 536870912 * 20 );
最大アップロードファイルサイズは100MBのままで変化なし
最大アップロードファイルサイズは100MBのままで変化なし

しかし、インポートページに記載されている最大アップロードファイルサイズは100MBのままでした。

無料でWPRESSファイルのインポート容量を上げたい場合は、Old VersionのAll in One WP Migrationを使用しましょう。

All in One WP Migrationでのバックアップ時のトラブル対策

All in One WP Migrationでバックアップ中に考えられるトラブルを2つ紹介します。

解決方法も記載していますので、是非参考にしてください。

WPRESSファイルをエクスポートできない場合の対策

エクスポートできない時に表示される画面
エクスポートできない時に表示される画面

無料のレンタルサーバー、格安のレンタルサーバーを使用している場合、このような問題が生じます。

レンタルサーバー側がデーターベースへのアクセス時間に制限をかけているためです。

エクスポート途中で制限時間を越えると、WPRESSファイルをエクスポートできません。

この場合は、WPRESSファイルをレンタルサーバー内に取りに行くしかありません。

WPRESSファイルをレンタルサーバー内から入手する方法

今回はロリポップサーバーから、WPRESSファイルを入手する方法を解説します。

STEP
バックアップをとる
バックアップ方法の解説画像
バックアップ方法の解説画像

ダッシュボードから【All-in-One WP Migration】⇒【バックアップ】へとページを進めて【バックアップの作成】をクリックします。

これでレンタルサーバー内のWPRESSファイルは最新のデータに上書きされました。

STEP
FTPサーバー内にログインする
FTPサーバー内にログインする
FTPサーバー内にログインする

インポートできなかったドメインのフォルダを探します。

STEP
ai 1wm-backupsフォルダを探す
ai 1wm-backupsフォルダの場所
ai 1wm-backupsフォルダの場所

ドメインフォルダ内に【wp-contentフォルダ】があるので、その中にある【ai 1wm-backupsフォルダ】をクリックします。

STEP
WPRESSファイルをダウンロード
WPRESSファイルをダウンロードする
WPRESSファイルをダウンロードする

ファイルの拡張子が「wpress」のものがWPRESSファイルです。

ダウンロードボタンをクリックしましょう。

STEP
WPRESSファイルの取得成功
ダウンロードできたWPRESSファイル
ダウンロードできたWPRESSファイル

上図のファイルが表示されたらダウンロード成功です。

無料レンタルサーバーや格安のレンタルサーバーを使用すると、常に「エクスポートができない問題」に突き当たります。

これを機にレンタルサーバーを乗り換えましょう。

ロリポップのハイスピードプランなら初期費用0円、月額550円で使用できます。

画面の表示速度も速く、コスパ最強です。

引っ越し方法はAll in One WP Migration使用します。

ロリポップへの引っ越し方法
ロリポップへの引っ越し方法

今回紹介した方法でWPRESSファイルをインポートすれば完了です。

サーバーが重くて困っている方はぜひお試しください。

WPRESSファイルをインポートできない場合の対策

停止したWPRESSファイルのインポート画面
停止したWPRESSファイルのインポート画面

画像のように100%でインポートが止まってしまう場合があります。

編集した.htaccessファイル
編集した.htaccessファイル

「.htaccess」ファイルを書き換えて、インポート容量を上げようとした場合にこの問題が生じます。

「.htaccessファイル」の設置場所
「.htaccessファイル」の設置場所
最大アップロードサイズが900MBと記載されたインポートページ
最大アップロードサイズが900MBと記載されたインポートページ

「.htaccess」ファイルを書き換えた場合、上図のようにインポート容量が上がります。

しかしPHPの実行時間に制限があるため、インポートが止まってしまうのです。

php_value max_execution_time 0

なお、上記の「.htaccess」ファイルにはPHPの実行時間の制限を解除するコードが記載されています。

しかし多くのレンタルサーバーでは上記の操作は無効になります。

PHPがCGIではなくセーフモードで動いているからです。

インポート容量を上げる時はAll in One WP Migration unlimited extensionの使用、もしくはOld VersionのAll in One WP Migrationの使用で対応すればOKです。

フェニック

PHPって何のことだ?

Shota

HTMLやCSSと同じくプログラミング言語だと覚えておけばOKです。

  • HTML:動かないWebページを表示する。(ブログの文字など)
  • PHP:動作するWebページを表示する(ECサイトのショッピングカートなど)

まとめ

まとめ

今回はAll in One WP Migrationプラグインを使ったブログのバックアップ方法と復元方法を解説しました。

  1. All in One WP Migrationを使えば、簡単にブログのバックアップと復元ができる
  2. All in One WP Migration unlimited extensionを利用すれば$69でインポート容量を上げることができる
  3. Old VersionのAll in One WP Migrationを使用すれば無料でインポート容量を上げることができる

All in One WP Migrationプラグインを使用して安全にブログを楽しみましょう。

なおブログ運営は、記事を書く以外にもやることが多いですよね。

私はブログでは、ブログ立ち上げに関するノウハウを公開しています。

以下の記事もぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ありがとうございます。解説がとても丁寧で私にもわかりました。本当に”痒い所に手が届く”ものでした。

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次
閉じる