WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

ConoHa WINGのバックアップ機能によるブログの復旧方法

ConoHa WINGのバックアップ機能によるブログの復旧方法
フェニック

ConoHa WINGのブログが表示されなくなった。どうしよう!!

今回はこのような疑問にお答えします。

ConoHa WING(コノハウィング)では、自動バックアップ機能を無料で利用できます。

そのためブログに万が一があっても、復旧は可能です。

そこで今回はConoHa WINGの自動バック機能を使い、ブログを復旧させる方法を解説します。

画像たっぷり使い分かりやすく解説しています。

ぜひ参考にしてください。

追記です。

まだサーバー未契約の方にはConoHa WINGの評判とデメリットの記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

ConoHa WINGの自動バックアップ機能の概要

WordPressを運営していると、突然サイトが表示されなくなることがあります。

  • WordPressテーマが破損した
  • ファイルマネージャーにコンピュータウイルスが侵入した
  • WordPressの画面が真っ白になった・・・など

ConoHa WING(コノハウィング)では、自動バックアップ機能を無料で利用できます。

そのため、万が一でもWordPressの復旧が可能です。

なお自動バックアップ機能を使うには、ConoHa WINGのWINGパックとサーバー契約する必要があります。

契約手順については、以下の記事で解説しています。

ConoHa WINGではバックアップデータを14日分自動取得できる

14日分のバックアップデータ
14日分のバックアップデータ

ConoHa WINGではバックアップデータを14日分、自動で取得してくれます。

ConoHa WINGとサーバー契約した日から自動取得が始まります。

そのため、バックアップデータの取得に関しては作業不要です。

フェニック

バックアップデータでWordPressを復旧させるのが難しいんだけど。。。

Shota

復旧方法も詳しく解説します。

ConoHa WINGでのブログの復旧方法

ブログを復旧するには、以下の2つのシステムを復旧させる必要があります。

  1. Webサーバーの復旧
  2. データベースの復旧
Shota

復旧手順をさくっと解説します。

①Webサーバーの復旧方法

STEP
Webサーバーのバックアップデータを復元する
Webサーバーのバックアップデータを復元する
  • Webサーバーのバックアップデータを、バックアップ用フォルダへ移動
STEP
ConoHa WINGでFTPアカウントを作成
  • FTPソフトとConoHa WINGのファイルマネージャーを連携
STEP
Webサーバーを復旧する
Webサーバーのバックアップデータを、もとの場所に戻すにはFTPソフトが必要
  • Webサーバーのバックアップデータを、パソコンにダウンロード
  • ダウンロードしたバックアップデータを、もとの場所(ファイルマネージャー)にアップロード

②データベースの復旧方法

STEP
データベースのバックアップデータを復元する
データベースのバックアップデータを復元する
  • データベースのバックアップデータで、新しいデータベースを作成
STEP
データベースを復旧する
ConoHa WINGでデータベースを復旧する
  • ファイルマネージャーの接続を新しいデータベースへ切り替える
フェニック

ちょっと難しいぞ!!

Shota

なるべくわかりやすく解説します。

ConoHa WINGのバックアップデータは手動でダウンロードできない

ConoHa WINGのバックアップを利用したWordPressの復旧には、FTPソフトが必要です。

ConoHa WINGのバックアップを利用した復旧は手動ではできない

Webサーバーのバックアップデータを、手動ではダウンロードできないからです。

手動でダウンロードしようとすると、ダウンロードが途中で止まります。

通信速度が遅いためです。

Webサーバーのバックアップデータをダウンロードするために、FTPソフトを使います。

なおFTPソフトFileZillaのインストール方法と使い方は、以下の記事で解説しています。

Shota

今回はFileZillaを使ったWordPressの復旧方法を解説します。

ConoHa WINGでバックアップデータを復元する

ConoHa WINGでバックアップデータをリストアする
Webサーバーの復元とは?
  • バックアップデータを、バックアップ用フォルダへ移動する
データベースの復元とは?
  • バックアップデータで、新しいデータベースを作成する

それぞれ詳しく解説します。

Webサーバーのバックアップデータを復元する

ConoHa WINGの管理画面から【サーバー管理】⇒【自動バックアップ】をクリックします。

ConoHa WING(コノハウィング)の管理画面から【サーバー管理】⇒【自動バックアップ】をクリックします。

WordPressが破損していなかった日付を確認します。

その日付のWebの項目の【リストア可】をクリックします。

フェニック

リストアとは復元という意味だよ!

「バックアップ取得日」に間違いがなければ【リストア】をクリック

「バックアップ取得日」に間違いがなければ【リストア】をクリックします。

Shota

Webサーバーの復元は、全てのドメインのWordPressを復元するため時間がかかります。

リストアが完了すると、リストア履歴に以下の情報が表示されます。

  • 取得したバックアップの日付
  • リストア完了日時
  • 復元したバックアップデータの保存場所

これでバックアップデータの復元は完了です。

Shota

Webサーバーのバックアップデータを、バックアップ用フォルダへ移動できました。

Webサーバーのバックアップデータの保管場所を確認する

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリック

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリックします。

【backup_date_web】をクリック

【backup_date_web】をクリックします。

Shota

【backup_date_web】がバックアップ用フォルダです。

【public_html】をクリック

【public_html】をクリックします。

WordPressを復旧するドメインのフォルダをクリック

WordPressを復旧するドメインフォルダをクリックしましょう。

ドメインフォルダ内にある全てのものが、Webサーバーのバックアップデータ

ドメインフォルダ内にある全てのものが、Webサーバーのバックアップデータです。

Shota

これでバックアップデータの保管場所を確認できました。

フェニック

次はデータベースのバックアップデータを復元しよう!

データベースのバックアップデータを復元する

ConoHa WINGの管理画面から【サーバー管理】⇒【自動バックアップ】をクリックします。

ConoHa WINGの管理画面から【サーバー管理】⇒【自動バックアップ】をクリックします。

DBの項目に表示された【リストア可】をクリック

Webサーバーのバックアップデータを復元した同じ日付を確認します。

その日付のDBの項目の【リストア可】をクリックしましょう。

対象のデータベースを選択し【リストア】をクリックします。

データベースの調べ方はデータベースの調べ方で解説しています。

リストア履歴に表示された情報

リストアが完了すると、リストア履歴に以下の情報が表示されます。

  • 取得したバックアップの日付
  • リストア完了日時
  • 復元したデータベースの保存場所

復元したデータベースの保存場所は、後で必要になるのでメモしておきましょう。

Shota

これで新しいデータベースを作成できました。

データベースの調べ方

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【サイト設定】をクリック

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【サイト設定】をクリックします。

対象のドメインに切り替えると、データベース名が表示されます。

ConoHa WINGでデータベース名を編集する

デフォルト設定では、復元したデータベースと初期のデータベース(破損しているデータベース)は同じ名前です。

わかりにくいので書き換えましょう。

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【データベース】をクリック

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【データベース】をクリックします。

上部にあるデータベースをクリック

上部にあるデータベースをクリックします。

データベース名に数字が入っている方が新しいデータベース

データベース名に数字が入っている方が、新しいデータベースです。

ネームタグを書き換えて【保存】をクリック

ネームタグを書き換えて【保存】をクリックします。

Shota

t54868x7-restoreと書き換えてみました。

データベース名を編集完了画面

これでデータベース名の編集は完了です。

ConoHa WINGでFTPアカウントを作成する

Webサーバーのバックアップデータを、もとの場所に戻すにはFTPソフトが必要

Webサーバーのバックアップデータを、もとの場所(ファイルマネージャー)に戻すにはFTPソフトが必要です。

FTPソフトが必要な理由
  • バックアップデータを、パソコンにダウンロードするため
  • ダウンロードしたバックアップデータを、もとの場所にアップロードするため

FTPソフトとConoHa WING(コノハウィング)を連携させるため、FTPアカウントを作成します。

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【FTP】をクリックします。

【+FTPアカウント】をクリックします。

FTPユーザー名、FTPパスワード、接続許可ディレクトリの設定方法

以下の項目を設定し【保存】をクリックします。

  • FTPユーザー名:FTPソフトとConoHa WINGの連携に必要
  • FTPパスワード:FTPソフトとConoHa WINGの連携に必要
  • 接続許可ディレクトリ:【全て許可】を選択
Shota

ユーザー名とパスワードは必ず控えておいてください。

これでFTPアカウントの作成は完了です。

FTPサーバーの情報も連携に必要です。控えておきましょう。

ConoHa WINGでWebサーバーを復旧する

ConoHa WINGでWebデータを復旧する

FileZillaを使用して、Webサーバーを復旧する方法を解説します。

FileZillaのインストール方法は、以下の記事で解説しています。

Webサーバーのバックアップデータをダウンロードする

FileZillaとファイルマネージャーを連携させるために、FileZillaにFTP情報を入力します。

設定項目設定方法と解説
ホストFTPサーバーを入力
⇒例:www34.conoha.ne.jp
ユーザー名FTPユーザー名を入力
⇒例:phoenix1002@choiikemen.net
パスワードFTPパスワードを入力
ポート21
⇒ConoHa WINGにより指定

設定が完了すると、FileZillaとファイルマネージャーが連携されます。

FileZillaのファイルマネージャー側で【backup_date_web】をクリック
backup_date_webをクリック
FileZillaのファイルマネージャー側で【ダウンロードするドメインのフォルダ】をクリック
ダウンロードするドメインフォルダをクリック

FileZillaで【backup_date_web】⇒【ダウンロードするドメインのフォルダ】をクリックします。

Webのバックアップデータをドラッグ&ドロップで、パソコンにダウンロードする

Webサーバーのバックアップデータをドラッグ&ドロップで、パソコンにダウンロードしましょう。

「ターゲットファイルは既に存在しています」と表示されたら【常にこのアクションを使用する】にチェックを入れて【OK】をクリック

「ターゲットファイルは既に存在しています」と表示されたら【常にこのアクションを使用する】にチェックを入れて【OK】をクリックしましょう。

転送完了と表記されたら、Webのバックアップデータをダウンロードは完了

転送完了と表記されたら、バックアップデータのダウンロードは完了です。

パソコンにダウンロードされたWebサーバーのバックアップデータ
パソコンにダウンロードされたWebサーバーのバックアップデータ

バックアップデータをもとの場所にアップロードする

ファイルマネージャーの【/public_html/ドメインファイル】②

ダウンロードしたWebサーバーのバックアップデータを、もとの場所へアップロードします。

もとの場所とは、ファイルマネージャーの【/public_html/ドメインファイル】です。

ダウンロードしたバックアップデータをドラッグ&ドロップで、ファイルマネージャーにアップロードします。

転送完了と表記されたら、もとの場所へのアップロードは完了です。

復旧したWordPress①
復旧したWordPress

この時点でWordPressが復旧している可能性があるので、一度確認してみましょう。

まだWordPressが表示されない場合は、データベースの復旧に移ります。

ConoHa WINGでデータベースを復旧する

ConoHa WINGでデータベースを復旧する

ファイルマネージャーの接続先を、初期のデータベースから新しいデータベースへ切り替えます。

そのために「wp-config.php」を書き換えます。

Shota

wp-config.phpにはデータベースの接続情報が記載されています。

wp-config.phpのデータベースを書き換える

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリック

ConoHa WING(コノハウィング)の管理画面から【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリックします。

復旧させるドメインをクリックします。

復旧させるドメインをクリックします。

「wp-config.php」を選択し、右クリックします。

【ファイルの編集】をクリック

【ファイルの編集】をクリックしましょう。

wp-config.phpのデータベースを書き換え方法①
wp-config.phpのデータベースを書き換え方法②

上図のように初期のデータベースを、新しいデータベースに書き換えます。

define( 'DB_NAME', 'syfw2_t54868x7' );
define( 'DB_NAME', 'syfw2_t54868x7_20221020_1' );

なお新しいデータベース名がわからない方はリストア履歴から確認できます。

DB_USRは後ほど使用するので、控えておきましょう。

設定が完了したら【保存して閉じる】をクリックしましょう。

これで「wp-config.php」のデータベース書き換えは完了です。

ただしエラー画面はまだ変わりません。

データベースの接続先を、新しいデータベースに変更することで復旧は完了します。

データベースの接続情報を変更する

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【データベース】をクリックします。

ユーザーの項目から、対象のデータベースをクリック

画面を下にスクロールします。

ユーザーの項目から、対象のデータベースをクリックします。

対象のデータベースがわからない方はリストアしたデータベースから確認できます。

鉛筆マークをクリック

鉛筆マークをクリックします。

接続先データベースを、新しいデータベースに変更します。

変更したら【保存】をクリックします。

これでデータベースの復旧は完了です。

サイトURLをクリックすると、復旧したWordPressが表示されます。

復旧したWordPress②
復旧したWordPress

ConoHa WINGのバックアップ機能のまとめ

今回はConoHa WING(コノハウィング)の自動バック機能の使い方について、解説しました。

さくっとおさらいします。

  • ConoHa WINGではバックアップデータを14日分、自動で取得できる
  • ブログの復旧には、Webサーバーの復旧とデータベースの復旧が必要
  • ConoHa WINGでブログを復旧させるには、FTPソフトが必要

ConoHa WINGのバックアップでブログが復旧ができない時

バックアップを利用したブログの復旧が、うまくいかない時があります。

その時は、ConoHa WINGのお問い合わせサポートを活用しましょう。

  1. 電話サポート
  2. メールサポート

上記の2つがおすすめです。

詳しくは以下の記事で解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次