WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

ConoHa WINGの初期ドメインの決め方と有効な使い道

ConoHa WINGの初期ドメインの決め方と有効な使い道
フェニック

ConoHa WINGと契約中に「初期ドメイン」を決めるんだけど、どうやって決めたらいいの?

今回はこのような疑問にお答えします。

ConoHa WINGとの契約時に、初期ドメインを適当に決めてはいけません。

  1. WordPressのURLとなる可能性がある
  2. メールアドレスとして利用する可能性がある
  3. 後から変更できない

そこで今回は初期ドメインの決め方について解説します。

また併せて初期ドメインに、WordPressを開設する方法も解説します。

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

サーバー未契約の方にはConoHa WINGでのブログの始め方の記事もおすすめです。

ConoHa WINGのお客様紹介プログラム

当サイトのお客様紹介リンクから申し込むと、契約料金が5,000円割引されます。

5,000円割引された画像

WINGパックと12ヶ月以上の期間で契約すれば、割引が適用されます。

更にお客様紹介リンクと、割引キャンペーンは併用可能です。

安く契約したい方は、是非ご利用ください。

お客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

ConoHa WINGの初期ドメインとは

ConoHa WINGの初期ドメインとは

ConoHa WINGの初期ドメインとは、サーバーIDがドメインとなったものです。

サーバーIDが「phoenix」の場合、初期ドメインは「pheonix.conohawing.com」となります。

初期ドメインと独自ドメインの違い

独自ドメインの解説
独自ドメインの解説

独自ドメインは自分の専用ドメインです。

独自ドメインには、以下の特徴があります。

  1. 自分で名前を決めることが可能
  2. 使い道が制約がない
  3. 取得時と更新時に費用が発生
初期ドメインの解説画像

初期ドメインは、ConoHa WINGがユーザーに提供するサブドメインです。

初期ドメインには、以下の特徴があります。

  1. サーバーIDの部分だけ、自分で決めることができる
  2. 使い道に、一定の制約がある
  3. ConoHa WINGから無料で取得できる

初期ドメインは変更できない

初期ドメインは一度決めたら変更できません。

Shota

ConoHa WINGのお問い合わせフォームで確認しました。

ConoHa WINGからの初期ドメインに関する返信メールの画像

ConoHa WINGの初期ドメインは変更可能でしょうか?

お申込み時にお決めいただいた初期ドメインは後からの変更はできかねるものとなります。

後から変更はできません。

慎重に設定しましょう。

初期ドメインは削除できない

初期ドメインは削除できない

初期ドメインを削除しようとしても、削除ボタンがありません。

Shota

独自ドメインには削除ボタンが設置されています。

ConoHa WINGの初期ドメインの決め方

ConoHa WINGの初期ドメインの決め方

この項目では、ConoHa WINGの初期ドメインの決め方について解説します。

  1. 初期ドメイン名の決め方のコツ
  2. 初期ドメイン名の具体例

初期ドメイン名の決め方のコツ

Googleドメインでは、ドメイン名の決め方として以下のコツを提唱しています。

ドメイン名のコツ理由
長さは短いほど効果的覚えやすく入力も楽なため
わかりやすい一般的な単語正確に入力できるため
関連性のある単語を使う検索で見つけやすく、ビジネス内容を一目で理解できる
ブランド名を使う認知度が高まり、ウェブサイト訪問者の増加につながる
ウェブサイト名を使うドメイン名とは異なるサイトを開くとユーザーが混乱する
そこそこでよしとする完璧なドメイン名を思いつくまで時間がかかる

このコツに従って、初期ドメインを設定するのがおすすめです。

初期ドメイン名の具体例

初期ドメイン名の決め方のコツを参考に、初期ドメイン名の例を紹介します。

ブログ内容と関連性のある単語を使う

ブログ内容と関連性のある単語を使う
ブログ内容ConoHa WINGの初期ドメイン
スムージーsmoothies.conohawing.com
投資investment.conohawing.com
子育てchild-rearing.conohawing.com
ガジェットgadget.conohawing.com
転職job-change.conohawing.com

ブランド名を使う

ブランド名を使う
ブランド名ConoHa WINGの初期ドメイン
ソフィーナsofina.conohawing.com
じゃがりこjagariko.conohawing.com
黒ラベルblack-label.conohawing.com
三菱mitsubishi.conohawing.com
シャネルchanel.conohawing.com

ウェブサイト名を使う

ウェブサイト名を使う
ウェブサイト名エックスサーバーの初期ドメイン
ホリエモン.comhoriemon.conohawing.com
マイベストmy-best.conohawing.com
価格ドットコムprice.conohawing.com
Shota

ブランド名やウェブサイト名がおすすめです。

ConoHa WINGの初期ドメインの使い道

ConoHa WINGの初期ドメインの使い道

ConoHa WINGの初期ドメインの使い道として、以下の2点です。

  1. WordPressのドメイン
  2. メールアドレスのドメイン

WordPressのドメイン

初期ドメインを、WordPressのドメインとして利用できます。

メリットとデメリットは以下になります。

メリット
  1. ドメイン費用が無料になる
  2. ドメインパワーが強い
デメリット
  1. Googleアドセンスを利用できない

メリット①:ドメイン費用が無料になる

独自ドメインでWordPressを運営する場合、以下の費用が発生します。

費用の種類費用
取得費用1,408円
更新費用1,408円
ConoHa WINGでの「.com」ドメインの料金

初期ドメインでWordPressを運用すれば、上記の費用は発生しません。

メリット②:ドメインパワーは強い

初期ドメインは、新規ドメインよりドメインパワーが強くなります。

以下の表は「ConoHa WINGの初期ドメイン」と「新規ドメイン」のドメインパワーを比較したものです。

ConoHa WINGの初期ドメインのドメインパワー
ConoHa WINGの新規の独自ドメインのドメインパワー
新規ドメインのドメインパワー
ドメインの種類パワーランクドメイン価値
ConoHa WINGの初期ドメイン31.817,567円
新規の独自ドメイン00円
パワーランクチェックツールで測定

初期ドメインの方が、ドメインパワーは強いことがわかります。

初期ドメインでWordPressを作れば、SEOで有利に戦うことができます。

デメリット①:Googleアドセンスを利用できない

Googleアドセンストップ画面
Googleアドセンス

最大のデメリットは、Googleアドセンスを利用できないことです。

アドセンス登録に必要な「独自ドメインによる所有権の確認」ができないからです。

初期ドメインは、独自ドメインではなくサブドメインに分類されます。

初期ドメインでWordPressを運営する場合は、Googleアドセンス以外のマネタイズ手段が必要です。

Shota

アドセンスの利益よりも、初期ドメインのメリットを優先する場合は初期ドメインを利用しましょう。

メールアドレスのドメイン

メールアドレスのドメイン

初期ドメインを使い、メールアドレスを作成することができます。

ドメインで作ったメールアドレスは、信頼性が高くなります。

  1. フリーメールではないため、メール受信者の信頼性が高まる
  2. 送信メールが、迷惑メールになりにくい

初期ドメインでWordPressを運用する場合は、メールアドレスにも利用しましょう。

なお初期ドメインが「pheonix.conohawing.com」の場合、メールアドレスは以下のように設定できます。

メールアドレスの例info@pheonix.conohawing.com

初期ドメインでのメールアドレスの作り方は、以下の記事で解説しています。

ConoHa WINGの初期ドメインの調べ方

ConoHa WINGのコントロールパネルから【サーバー管理】⇒【契約情報】をクリック

ConoHa WINGのコントロールパネルから【サーバー管理】⇒【契約情報】をクリックします。

ホスト名に初期ドメインが記載されています。

ConoHa WINGの初期ドメインにWordPressを開設する方法

ConoHa WINGの初期ドメインにWordPressを開設する方法

この項目では、ConoHa WINGの初期ドメインにWordPressを開設する方法を解説します。

手順は、以下の通りです。

  1. WordPressをインストールする
  2. WordPressにログインする
  3. WordPressにSSL化を設定する
  4. 常時SSL化を確認する

初期ドメインにWordPressをインストールする

ConoHa WINGのコントロールパネルから【サイト管理】⇒【切り替え】をクリック

ConoHa WINGのコントロールパネルから【サイト管理】⇒【切り替え】をクリックします。

初期ドメインを選択

初期ドメインを選択しましょう。

【+WordPress】をクリック

【+WordPress】をクリックします。

WordPressインストール

WordPressインストールの設定方法

WordPressインストールは、以下のように設定しましょう。

項目設定方法と解説
インストール方法新規インストールを選択
バージョンデフォルト設定でOK
⇒WordPressのバージョンはインストールしてから更新可能
URL(任意入力)空欄にする
⇒誤ったURLにWordPressがインストールされるため
サイト名サイト名を入力
⇒後から変更可能
メールアドレス使用頻度の高いメールアドレスを入力
⇒登録したメールアドレスにWordPressから通知が届く
ユーザー名WordPressに表示させるニックネームを入力
⇒WordPressのログインIDとなる
パスワードWordPressのログインに使用するパスワードを入力
⇒8文字以上
⇒半角英数字記号を組み合わせる
⇒例:fdsjpo8t57@)hh
データベース(データベース名)デフォルト設定でOK
⇒新規にデータベースが作成される
データベース(ユーザー名)デフォルト設定でOK
⇒データベースへのログインIDとなる。
⇒ユーザー名は控えておくこと
データベース(パスワード)データベースへのログインパスワードを入力
⇒8文字以上
⇒半角英数字記号を組み合わせる
⇒例:fdsjpo8t57@)hzc
コントロールパネルプラグイン【インストールする】にチェックを入れる
⇒WordPressの管理画面から、コントロールパネルへ移動するためのプラグイン
自動キャッシュクリアプラグイン【インストールする】にチェックを入れる
⇒WordPressに溜まった古い情報を、自動削除するためのプラグイン
WordPressテーマインストール【利用する】にチェックを入れる
テーマCocoonを選択
設定が完了したら【保存】をクリック

設定が完了したら【保存】をクリックしましょう。

「成功しました。アプリケーションインストール」と表示された画面

「成功しました。アプリケーションインストール」と表示されたら成功です。

WordPressの管理画面にログインする

ConoHa WINGのコントロールパネルから【管理者URL】をクリック

ConoHa WINGのコントロールパネルから【管理者URL】をクリックします。

WordPressへのログイン画面の画像

WordPressへのログイン画面が表示されます。

WordPressインストールで設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

入力したら【ログイン】をクリックします。

WordPressの管理画面の画像

これでWordPressの管理画面にログインできました。

WordPressにSSL化を設定する

設定が必要なSSL化は、以下の3種類です。

SSL化の種類設定場所
初期ドメインのSSL化設定済み
WordPressのSSL化WordPressの管理画面
初期ドメインの常時SSL化設定済み

「初期ドメインのSSL化」と「初期ドメインへの常時SSL化」は既に完了しています。

WordPressのSSL化を設定しましょう。

SSL化とは?
SSL化(https)とは

SSLとは、ユーザーのブラウザとレンタルサーバーのデータ通信を暗号化することです。

プラウザの例
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Firefox
  • Safari

データ通信を暗号化することで、以下のリスクからユーザーを守ることができます。

  • WordPress(Webサイト、ブログ)のデータ改ざん
  • なりすましによる盗聴やデータの悪用
  • 個人情報やクレジットカード番号の漏えい

WordPressを安全に運営するためにも、SSL化は必須です。

SSL化されていないURLの画像
SSL化されていないURL
SSL化されたURL
SSL化されたURL

なおWordPressをSSL化すると、URLは以下のように変化します。

  • 「http://」が「https://」に変化
  • 「保護されていない通信」の表記が、鍵マークに変化
常時SSL化とは?

常時SSLとは、WordPress内の全てのURLをSSL化することです。

以下の方法で、WordPress内全てのURLをSSL化します。

常時SSL化の解説画像
  1. SSL化されていないURLにアクセスがあった場合、SSL化されたURLに遷移させる(常時SSL化)
  2. プラグインで、画像と内部リンクのURLをhttps化する

初期ドメインの場合、WordPressをインストールした時点で常時SSL化は完了しています。

そのため設定は不要です。

WordPressのSSL化

WordPressの管理画面から【設定】⇒【一般】をクリック

WordPressの管理画面から【設定】⇒【一般】をクリックします。

一般設定は以下のように設定しましょう。

項目設定方法
WordPressアドレス(URL)httpをhttpsに変更
サイトアドレス(URL)httpをhttpsに変更
【変更を保存】をクリック

設定が完了したら【変更を保存】をクリックします。

WordPressへのログイン画面

WordPressへのログイン画面に追い出されます。

再度「ユーザー名」と「パスワード」を入力し【ログイン】をクリックします。

【設定を保存しました。】と表示されたら、WordPressのSSL化は完了です。

初期ドメインの常時SSL化を確認する

アドレスバーに「http」から始まるURLを入力

アドレスバーに「http」から始まるURLを入力します。

パソコンの「Enterキー」を押した後に、以下のように変化したら常時SSL化は成功です。

  • 「http://」が「https://」に変化
  • 「保護されていない通信」の表記が、鍵マークに変化

まとめ

今回は、ConoHa WINGの初期ドメインについて解説しました。

さくっと内容をまとめます。

初期ドメインとは
  • サーバーIDをドメインにしたもの
  • メールアドレスとWordPressのドメインとして利用できる
初期ドメインの決め方
  • ブログ内容と関連性のある単語を使う
  • ブランド名を使う
  • ウェブサイト名を使う

まだ契約が完了していない方は、以下の記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次