WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

ConoHa WINGでドメインを削除する方法【画像30枚】

ConoHa WINGでドメインを削除する方法【画像30枚】
フェニック

使わないドメインが増えてきたから削除したいなぁ。でも設定がわからないぞ。

今回は、このようなお悩みにお答えします。

ドメインは、コントロールパネルから簡単に削除できます。

そこで今回はConoHa WINGでドメインを削除する方法を解説します。

あわせて以下の内容も解説します。

  1. ドメイン削除とドメイン解約の違い
  2. サブドメインの削除方法
  3. サブディレクトりの削除方法

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

サーバー未契約の方にはConoHa WINGの評判とデメリットの記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

ConoHa WINGでのドメイン削除とは

ConoHa WINGでのドメイン削除とは

ドメインの削除とは、Webサーバーに格納されているドメインフォルダを削除することです。

ドメインフォルダの中には、以下のものが格納されています。

  1. WordPress関連のフォルダやファイル
  2. メール関連のフォルダやファイル
  3. FTP関連のフォルダやファイル

ドメインを削除することで、上記のフォルダやファイルは全て削除されます。

その結果、ディスク使用量を減らすことができます。

ConoHa WINGのディスク容量

料金プランごとのディスク容量は、以下になります。

項目ベーシックスタンダードプレミアム
月額料金1,452円2,904円5,808円
ディスク容量300GB400GB500GB
ドメインフォルダに格納されているフォルダ、ファイルの画像
ドメインフォルダに格納されているフォルダ、ファイルの画像

ドメイン削除とドメイン解約は異なる

設定内容設定の意味更新料金の支払い
ドメイン削除ドメインフォルダの削除する継続
ドメイン解約更新料金の支払いを打ち切る終了

ドメインの削除は「ドメインフォルダを削除」することです。

解約したわけではないので、継続してドメインの更新料金が発生します。

一方、ドメインの解約は「更新料金の支払いを打ち切る」ことです。

解約することで追加料金は、一切発生しなくなります。

更新料金の支払いを止めたい方は、ドメインを解約しましょう。

ドメインの解約方法は、以下の記事で解説しています。

削除できるドメインの種類

ドメインの種類ドメイン削除の可否
無料独自ドメイン可能
購入した独自ドメイン可能
サブドメイン可能
サブディレクトリ可能
初期ドメイン不可能

初期ドメインのみ削除することはできません。

初期ドメインは削除できない

初期ドメインを削除しようとしても、削除ボタンがありません。

Shota

初期ドメインは、コノハウィングが所有する独自ドメインのサブドメインだからです。

初期ドメインについては、以下の記事で解説しています。

ConoHa WINGでドメインを削除する方法

ConoHa WINGでドメインを削除する方法

この項目では、ConoHa WINGでドメインを削除する方法を解説します。

削除するのは、以下の3つのドメインです。

  1. 独自ドメイン
  2. サブドメイン
  3. サブディレクトリ

独自ドメインを削除する

コントロールパネルから【サーバー管理】⇒【ドメイン】をクリック

コントロールパネルから【サーバー管理】⇒【ドメイン】をクリックします。

削除する独自ドメインの右側に表示された【ゴミ箱マーク】をクリック

削除する独自ドメインの右側に表示された【ゴミ箱マーク】をクリックしましょう。

「ドメインを削除しますか?(この操作は取り消せません)」と表示された画面

「ドメインを削除しますか?(この操作は取り消せません)」と表示されます。

【はい】をクリックしましょう。

「成功しました。ドメイン削除」と表示された

「成功しました。ドメイン削除」と表示されたら、独自ドメインの削除は完了です。

同時に「失敗しました。ドメイン削除。現在操作を行うことができません。」と表示される場合があります。

表示されても独自ドメインは削除されているので、ご安心ください。

独自ドメインが削除されたことを確認

コントロールパネルから【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリック

コントロールパネルから【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリックします。

「public_htmlフォルダ」の配下から、ドメインフォルダが削除された画像

「public_htmlフォルダ」の配下にある、ドメインフォルダが削除されたことを確認しましょう。

サブドメインを削除する

サブドメインを削除する前に、バックアップを取得しましょう。

誤って「サブドメインの元となる独自ドメイン」を削除してしまう可能性があるからです。

Shota

私の友達に一人いました。

バックアップの取得と復元方法は、以下の記事で解説しています。

サブドメインの削除

コントロールパネルから【サーバー管理】⇒【ドメイン】をクリック

コントロールパネルから【サーバー管理】⇒【ドメイン】をクリックします。

削除するサブドメインの右側に表示された【ゴミ箱マーク】をクリック

「サブドメインの元となるルートドメイン」をクリックしましょう。

サブドメインが表示されます。

削除するサブドメインの右側に表示された【ゴミ箱マーク】をクリックします。

「サブドメインを削除しますか?(この操作は取り消せません)」と表示された画面

「サブドメインを削除しますか?(この操作は取り消せません)」と表示されます。

【はい】をクリックしましょう。

「成功しました。ドメイン削除」と表示された画面

「成功しました。ドメイン削除」と表示されたら、サブドメインの削除は完了です。

「失敗しました。ドメイン削除。現在操作を行うことができません。」と表示された画面

同時に「失敗しました。ドメイン削除。現在操作を行うことができません。」と表示される場合があります。

表示されてもサブドメインは削除されているので、ご安心ください。

サブドメインが削除されたことを確認

コントロールパネルから【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリック

コントロールパネルから【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリックします。

サブドメインのフォルダが削除された画像

「public_htmlフォルダ」の配下にある、サブドメインのフォルダが削除されたことを確認しましょう。

サブディレクトリを削除する

サブディレクトリの解説画像

サブディレクトリは正確には、ドメインではありません。

ルートドメインの下層に作られたディレクトリのことです。

そのため、サブディレクトリを削除する場合はファイルマネージャーから削除します。

コントロールパネルから【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリック

コントロールパネルから【サイト管理】⇒【ファイルマネージャー】をクリックします。

サイドバーに表示されたルートドメインのフォルダをクリック

サイドバーに表示されたルートドメインのフォルダをクリックします。

サブディレクトリのフォルダを選択し、右クリックする

サブディレクトリのフォルダを選択し、右クリックします

【削除】を選択する

【削除】を選択しましょう。

「アイテムを完全に削除してもよろしいですか?(この操作は取り消しできません!)」と表示された画面

「アイテムを完全に削除してもよろしいですか?(この操作は取り消しできません!)」と表示されます。

【削除】をクリックしましょう。

これでサブディレクトリの削除は完了です。

まとめ

今回は、ConoHa WINGでドメインを削除する方法を解説しました。

さくっと内容を振り返ります。

ドメインの削除とは
  • ドメインの削除とは、Webサーバーに格納されているドメインフォルダを削除すること
  • ドメイン削除とドメイン解約は異なる
  • 初期ドメインを削除することはできない
削除できるドメインの種類
  • 独自ドメイン
  • サブドメイン
  • サブディレクトリ

ドメインの削除ではなく、ドメインを解約したい方は以下の記事をご覧ください。

今回の内容は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次