WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

ConoHa WINGとエックスサーバーを徹底比較【重要7項目】

ConoHa WINGとエックスサーバーを徹底比較|選び方をプロが解説
フェニック

コノハウィングとエックスサーバーで迷ってるけど、どっちを選んだらいいの?

今回はこのような疑問にお答えします。

2023年時点、ConoHa WINGとエックスサーバーは最も人気のあるサーバーです。

ただし、違いがよくわからないですよね。

そこで今回は、計8サーバーと契約する私が両サーバーの違いを解説します。

また同時におすすめのサーバーをお答えします。

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です

両サーバーの評判が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

ConoHa WINGとエックスサーバーの比較表

ConoHa WINGとエックスサーバーの比較表|重要6項目

コノハウィングとエックスサーバーを、以下の7項目で比較しました。

ConoHa WINGエックスサーバー
プランWINGパック-ベーシックスタンダード
①料金かなり安いかなり安い
②サポート体制普通充実
③表示速度速いかなり速い
④サーバーの安定性安定安定+リソース保証
⑤サーバーの機能普通高い
⑥セキュリティ不十分万全
⑦アダルトサイトの運営不可能不可能
総合評価おすすめ

料金以外の全て項目で、エックスサーバーの方が優れています。

特に以下の3点が大きな魅力です。

  1. 電話、チャット、メールサポートが手厚い
  2. 表示速度が速い
  3. サーバーの安定性が高い

サーバー選びに迷っている方には、エックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーにお友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

ConoHa WINGとエックスサーバーで料金を比較

ConoHa WINGエックスサーバー重要度
プランWINGパック-ベーシックスタンダード
キャンペーン中
の月額料金
(12ヶ月契約)
990円 880円
お友達紹介特典対応対応
契約料金割引クーポンありなし
初期費用無料無料
永久無料ドメイン2つ取得最大2つ取得
無料お試し期間なし10日間
サーバーの更新料金
(12ヶ月契約)
1,089円1,100円
更新料金割引クーポンありなし
有料テーマの割引5テーマ6テーマ
総合評価互角互角

両サーバーの料金は、互角だと判断しました。

理由は以下の2点です。

  1. キャンペーン中の月額料金は、エックスサーバーが安い
  2. サーバーの更新料金は、コノハウィングの方が安い(割引クーポンがあるため)
Shota

各項目を詳しく解説します。

キャンペーン中の月額料金

重要度

以下の表は、割引キャンペーンを適用した月額料金です。

契約期間ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
3ヶ月1,452円
1,331円
1,320円
6ヶ月1,452円
1,210円
1,210円
12ヶ月1,452円
990円
1,100円
880円
24ヶ月1,452円
842円
1,045円
783円
36ヶ月1,452円
643円
990円
693円

キャンペーンを適用しても、エックスサーバーの方が月額料金は安くなります。

フェニック

やっぱりエックスサーバーは安いね!

両サーバーのキャンペーンについては、以下の記事で解説しています。

サーバーの月額料金(キャンペーン未適用)

契約期間ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
3ヶ月1,452円1,320円
6ヶ月1,452円1,210円
12ヶ月1,452円1,100円
24ヶ月1,452円1,045円
36ヶ月1,452円990円

月額料金は、全ての契約期間でエックスサーバーの方が安くなります。

また両サーバーともに、契約期間が長くなるほど月額料金は安くなります。

料金については、以下の記事でも詳しく解説しています。

割引キャンペーンの頻度

以下の表が、2023年1月から現在までのキャンペーンの頻度です。

2024年ConoHa WINGエックスサーバー
2月Blog Creator リリース記念キャンペーン冬のトク割りキャンペーン
1月Webサイト制作応援キャンペーン冬のトク割りキャンペーン
2023年ConoHa WINGエックスサーバー
12月Webサイト制作応援キャンペーン冬のトク割キャンペーン
冬のボーナスキャンペーンシンプル料金宣言キャンペーン
11月Early Winterキャンペーン利用料金35%キャッシュバックキャンペーン
冬のトク割キャンペーン
10月Happy Autumnキャンペーン利用料金35%キャッシュバックキャンペーン
Webサイト制作応援キャンペーン利用料金最大30%OFFキャンペーン
9月Webサイト制作応援キャンペーン利用料金最大30%OFFキャンペーン
スタートダッシュキャンペーン利用料金半額キャッシュバックキャンペーン
8月Webサイト制作応援キャンペーン利用料金半額キャッシュバックキャンペーン
7月Happy Summerキャンペーン利用料金半額キャッシュバックキャンペーン
Webサイト制作応援キャンペーン利用料金最大31%OFFキャンペーン
6月Early Summer キャンペーン利用料金半額キャッシュバックキャンペーン
5月Happy Springキャンペーン利用料金最大30%OFFキャンペーン
4月Webサイト制作応援キャンペーン利用料金35%キャッシュバックキャンペーン
利用料金最大30%OFFキャンペーン
3月スタートダッシュキャンペーン
半額キャッシュバックキャンペーン
春の応援キャンペーン
2月55万アカウント突破記念キャンペーン
春のおトク割キャンペーン
スタートダッシュキャンペーン
1月Webサイト制作応援キャンペーン
半額キャッシュバックキャンペーン
スペシャルキャンペーン

両サーバーとも、年中割引キャンペーンを実施しています。

Shota

キャンペーンを適用した料金が、真の月額料金です。

お友達紹介特典

重要度

ConoHa WINGエックスサーバー
お友達紹介特典対応対応
3ヶ月
6ヶ月3,000円割引
12ヶ月5,000円割引5,000円割引
24ヶ月5,000円割引7,500円割引
36ヶ月5,000円割引10,000円割引

お友達紹介特典とは、紹介用リンクからサーバー契約することで料金が割引される特典です。

両サーバーともに、お友達紹介特典に対応しています。

エックスサーバーの友達紹介プログラム

エックスサーバーのお友達紹介プログラムの解説画像①
エックスサーバー-お友達紹介プログラム

お友達紹介プログラムとは、紹介用リンクからエックスサーバーと契約すると最大10,000円割引される特典です。

割引額は契約期間によって異なります。

  • 6ヶ月契約:3,000円割引
  • 12ヶ月契約:5,000円割引
  • 24ヶ月契約:7,500円割引
  • 36ヶ月契約:10,000円割引
サーバー料金支払い時に割引が適用されます。

サーバー料金支払い時に割引が適用されます。

Shota

エックスサーバーと契約したい方は、当サイトの紹介リンクをぜひご利用ください。

エックスサーバーにお友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引】

ConoHa WINGのお客様紹介プログラム

ConoHa WINGのお客様紹介プログラム

お客様紹介プログラムとは、紹介用リンクから申し込むだけで5,000円割引される特典です。

キャンペーン名お客様紹介プログラム
キャンペーン対象者WINGパックと12ヶ月以上の期間で契約した方
キャンペーン内容契約料金が5,000円割引

WINGパックと12ヶ月以上の期間で契約した人が対象です。

Shota

ConoHa WINGと契約したい方は、当サイトの紹介リンクをぜひご利用ください。

ConoHa WINGのお客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

契約料金割引クーポン

重要度

ConoHa WINGエックスサーバー
契約料金割引クーポンありなし
学割クーポン10%割引

ConoHa WINGでは学生・教職員を対象に、契約料金の割引クーポンを発行しています。

一方、エックスサーバーには契約料金の割引クーポンはありません。

ConoHa WINGの学割クーポン

学生・教職員はConoHa WINGの学割クーポンを利用する

ConoHa WINGでは、学割クーポンを利用することで契約料金を10%割引することができます。

ConoHaでは学生・教職員の皆様を応援するためにConoHa学割を始めました!

ConoHa学割では、ConoHaカード等の対象商品を学割クーポン利用で10%OFFでご購入いただけます。

ご利用条件をご確認の上、ConoHa学割エントリーフォームに必要事項をご入力いただき、クーポンコードをお受け取りください。

引用:ConoHa WING-ConoHa学割
ConoHa WINGの学割クーポン

学割クーポンでConoHaカードを購入し、そのカードで契約料金を支払えば10%割引されます。

学割クーポンの取得方法と使い方については、以下の記事で解説しています。

初期費用

重要度

契約期間ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
3ヶ月無料無料
6ヶ月無料無料
12ヶ月無料無料
24ヶ月無料無料
36ヶ月無料無料

両サーバーとも契約期間に関係なく、初期費用は無料です。

永久無料ドメイン

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
永久無料ドメイン2つ取得可能最大2つ取得可能
取得条件なし12ヶ月以上の契約
永久無料ドメインの種類(1つ目)20種類から選択11種類から選択

ConoHa WINGと契約すると、永久無料ドメインを2つ取得できます。

取得に条件はありません。

一方、エックスサーバーでも、永久無料ドメインを最大で2つ取得できます。

ただし取得に条件があります。

永久無料ドメインとは
永久無料ドメインの解説画像

取得料金が無料、更新料金が永久無料になる独自ドメインのことです。

エックスサーバーでの永久無料ドメインの取得条件

永久無料ドメインの取得条件は、以下になります。

料金プラン取得条件
スタンダードプラン(1つ取得)12ヶ月以上での契約
プレミアムプランなし
ビジネスプランなし
スタンダードプラン(2つ取得)24ヶ月以上での契約

スタンダードプランのみ、12ヶ月以上での契約が必要です。

取得方法については、以下の記事で解説しています。

ConoHa WINGで取得できる永久無料ドメインの種類

ConoHa WINGで取得できる永久無料ドメインは、以下になります。

個数永久無料ドメインの種類
1つ目.com/.net/.xyz/.tokyo/.info/.biz/.org/.click/.link/.pw/.shop/.blog/.club/.fun/.games/
.online/.site/.space/.tech/.website
2つ目.online/.space/.website/.tech/.site/.fun/.tokyo/.shop

エックスサーバーで取得できる永久無料ドメインの種類

エックスサーバーで取得できる永久無料ドメインは、以下になります。

個数永久無料ドメインの種類
1つ目.com/.net/.org/.info/.biz/.xyz/.link/.click/.blog/.online/.site
2つ目.blog/.site /.online

無料お試し期間

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
無料お試し期間なし10日間
備考クイックスタートを利用できない

ConoHa WINGには無料お試し期間はありません。

一方、エックスサーバーには10日間の無料お試し期間が用意されています。

エックスサーバーでの無料お試し期間の利用方法

エックスサーバーで無料お試し期間を利用する場合、クイックスタートを利用できません。

クイックスタートの解説画像

クイックスタートとは、WordPress開設に必要な作業を自動設定してくれるサービスです。

無料お試し期間を利用する場合は、以下の手順でWordPressを開設します。

STEP
クイックスタートを利用せずにサーバー契約する
クイックスタートを利用せずにサーバー契約する

契約方法は、以下の記事で解説しています。

STEP
Xserverドメインで独自ドメインを取得する
Xserverドメインで独自ドメインを取得する

独自ドメインの取得方法は、以下の記事で解説しています。

STEP
エックスサーバーで独自ドメインを設定する
エックスサーバーで独自ドメインを設定する

独自ドメインの設定方法は、以下の記事で解説しています。

STEP
独自ドメインにWordPressをインストールする
独自ドメインにWordPressをインストールする

WordPressのインストール手順は、以下の記事で解説しています。

STEP
WordPressにSSL化を設定する
WordPressに常時SSL化を設定する

SSL化の設定方法は、以下の記事で解説しています。

STEP
10日間の無料お試し期間を体験する
10日間の無料お試し期間を体験する
  • 料金を支払わない場合、自動解約となります
  • 解約料金は発生しません
STEP
10日間の無料お試し期間中に料金を支払う
10日間の無料お試し期間中に料金を支払う

料金の支払い方法は、以下の記事で解説しています。

STEP
取得した独自ドメインを永久無料ドメインに切り替える
「独自ドメイン永久無料特典」が表示されたら【この特典を使用する】をクリック
Shota

12ヶ月以上の期間で契約した人が対象です。

切り替え方法は、以下の記事で解説しています。

無料お試し期間を利用する場合は、自分でWordPressを開設します。

サーバーの更新料金

重要度

契約期間ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
1ヶ月1,100円
3ヶ月1,331円1,100円
6ヶ月1,210円1,100円
12ヶ月1,089円1,100円
24ヶ月1,028円1,045円
36ヶ月968円990円
更新料金は契約後、管理画面から確認
更新料金の解説画像

更新料金とは、サーバーと継続契約する際に支払う料金です。

Shota

新規契約ではないので、割引は適用されません。

サーバーの更新料金は、以下になります。

  1. 更新期間が6ヶ月以下:エックスサーバーの方が安い
  2. 更新期間が12ヶ月以上:わずかにConoHa WINGが安い

総合評価では、両サーバーの更新料金は互角だと言えます。

Shota

ただしConoHa WINGには更新料金割引クーポンが用意されています。

更新料金割引クーポン

重要度

ConoHa WINGエックスサーバー
更新料金割引クーポンありなし
①10%割引クーポン10%割引
②このともクーポン1,000円割引
③お誕生日クーポン500円割引

ConoHa WINGには、更新料金割引クーポンが3種類も用意されています。

一方、エックスサーバーには更新料割引クーポンはありません。

更新料金割引クーポンがあるため、ConoHa WINGの方が更新料金は安いと言えます。

クーポンについては、以下の記事で解説しています。

WordPress有料テーマの割引

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
割引される有料テーマ数5テーマ6テーマ

両サーバーともに、5種類のWordPress有料テーマを割引購入できます。

ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ

ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ①
ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ②
ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ③

割引購入できる有料テーマは、以下の5つです。

WordPressテーマ定価割引後料金
THE THOR16,280円14,960円
SANGO14,800円14,000円
JIN14,800円14,250円
JIN:R19,800円18,800円
THE SONIC8,580円/年6,578円/年
ConoHa WING-WordPressテーマ
フェニック

この中ではJIN:Rがおすすめだよ!

エックスサーバーで割引購入できる有料テーマ

WordPress有料テーマ割引特典を利用する

割引購入できる有料テーマは、以下の6つです。

WordPressテーマ定価割引後の価格
XWRITE(買い切り)19,800円14,800円
SWELL17,600円16,720円
Snow Monkey16,500円/年15,675円/年
Emanon Business12,800円10,230円
LIQUID INSIGHT16,280円15,180円
Nishiki Pro17,800円16,910円
Shota

当サイトも利用しているSWELLがおすすめです。

ConoHa WINGとエックスサーバーでサポート体制を比較

ConoHa WINGエックスサーバー重要度
プランWINGパック-ベーシックスタンダード
WordPress開設方法かんたんセットアップクイックスタート
メールサポート24時間受付
返信は平日のみ
24時間受付
休日でも返信あり
チャットサポート平日10:00~18:00
繋がりにくい
平日10:00~18:00
繋がりやすい
電話サポート平日10:00~18:00
繋がりにくい
平日10:00~18:00
繋がりやすい
設定代行サービス未対応対応(有料)
管理画面の数1つ4つ
他社サーバーからの移行WordPressかんたん移行WordPress簡単移行
運営会社GMOインターネットグループ
株式会社
  
エックスサーバー株式会社
運営開始2018年~2003年~
総合評価おすすめ

サポート体制は、総合的にエックスサーバーが優れています。

特に以下のサポートが強力です。

  1. WordPressの開設サポート
  2. 電話でのサポート

WordPressの開設サポート

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
WordPressの開設方法かんたんセットアップクイックスタート
①独自ドメインの取得自動自動
②独自ドメイン設定自動自動
③WordPressのインストール自動自動
④独自ドメインへのSSL化手動自動
⑤WordPressへのSSL化手動自動
⑥独自ドメインへの常時SSL化自動自動

コノハウィングではサーバー契約後、以下の設定を手動設定する必要があります。

  1. 独自ドメインへのSSL化
  2. WordPressへのSSL化

一方、エックスサーバーではサーバー契約と同時に、必要な作業が全て完了します。

WordPress開設に不安がある方は、エックスサーバーと契約しましょう。

なお両サーバーでの、WordPressの開設方法は以下の記事で解説しています。

メールサポート

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
メールサポート24時間受付24時間受付
休日のメール対応対応なし対応あり

両サーバーともに、メールサポートは24時間受け付けています。

エックスサーバーは休日にメール対応あり

2023年3月25日(土)にエックスサーバーから返信されたメールの画像

エックスサーバーは、休日でもメール対応してくれます。

2023年3月25日(土)にお問い合わせしましたが、なんとその日にエックスサーバーから返信がありました。

エックスサーバーはメールサポートが充実しているため、休日にトラブルが発生しても安心です。

Shota

ConoHa WINGから、休日にメールの返信が来ることはありません。

ConoHaのサポートはメール、電話、チャットの3つになります。

・メール:平日10:00~18:00
 ※平日10:00~18:00に順次ご案内いたします。
 ※お問い合わせは24時間受け付けております。

引用:ConoHa WING-サポートについて

チャットサポート

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
チャットサポート平日10:00~18:00平日10:00~18:00
チャットサポートへの繋がりやすさ非常に繋がりにくい繋がりやすい

両サーバーともに、チャットサポートは平日10時から18時まで対応しています。

ConoHa WINGのチャットサポートは繋がりにくい

チャットサービスの申し込みフォームは、お問い合わせフォームのすぐ下に設置されている

ConoHa WINGのチャットサポートには、常に「ただいま混み合っています」と表示されます。

これではチャットサポートを利用できません。

Shota

私もConoHa WINGのチャットサポートには繋がった経験がありません。

エックスサーバーのチャットサポートは繋がりやすい

エックスサーバーのチャットサポートの画面

一方、エックスサーバーのチャットサポートは、繋がりやすいのが特徴です。

以下が、エックスサーバーのチャットサポートへの口コミです。

チャットサポートが充実しているため、小さな問題でもすぐにスタッフに相談できます。

電話サポート

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
電話サポート平日10:00~18:00平日10:00~18:00
電話サポートへの繋がりやすさ繋がりにくい繋がりやすい

両サーバーともに、電話サポートは平日10時から18時まで対応しています。

ConoHa WINGの電話サポートは繋がりにくい

ConoHa WINGの電話サポートは、繋がりにくいのが特徴です。

Shota

私も電話サポートに繋がるまで1時間近く待ちました。

以下が、ConoHa WINGの電話サポートに対する口コミです。

fukazawa0126さんの口コミ

電話サポートに全く繋がりません。メールも無視されました。

fukazawa0126さんのアイコン画像

ランサーズアンケートより

ConoHa WINGで電話サポートを利用する場合は、待ち時間が必要です。

エックスサーバーの電話サポートは評判が良い

エックスサーバーの電話サポートは、評判が良いことが特徴です。

以下が、エックスサーバーの電話サポートに対する口コミです。

fw190dさんの口コミ

初心者でも使いやすく、電話サポートが丁寧で相談しやすいです。

表示速度や処理速度が速いので、ストレスがありません。

fw190dさんのアイコン画像

ランサーズアンケートより

moti1359さんの口コミ

電話対応がスムーズで、困った時もすぐに助けてくれました。

moti1359さんのアイコン画像

ランサーズアンケートより

電話サポートを活用したい方には、エックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーにお友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

なおサポートの評判は、以下の記事で解説しています。

設定代行サービス

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
設定代行サービス未対応対応(有料)

ConoHa WINGは、設定代行サービスに対応していません。

一方、エックスサーバーには、Webサイト開設の代行サービスが用意されています。

設定代行サービスの解説画像

エックスサーバーの設定代行サービス

設定内容と料金は、以下になります。

項目設定内容料金
まとめて初期設定CMSインストール(10件まで)33,000円
メールアドレス作成(100アカウントまで)
独自ドメイン設定(10ドメインまで)
サブドメイン設定(20ドメインまで)
CMSインストールWordPress/EC-CUBE/Pukiwikiのインストール(1件まで)5,500円
メールアドレス作成メールアカウント設定の追加(100アカウントまで)5,500円
独自ドメイン設定独自ドメイン設定の追加(10ドメインまで)5,500円
サブドメイン設定サブドメイン設定の追加(20ドメインまで)5,500円
サーバーのデータ削除指定したディレクトリ配下のデータを削除11,000円
サーバー移転WebサイトやWordPressなどのサーバー移転(1件まで)33,000円
その他サーバーパネルの各機能設定の操作別途見積
エックスサーバー-設定代行サービス
Shota

エックスサーバーでのWebサイトの開設は簡単です。設定代行サービスを利用しなくてOKです。

管理画面の使いやすさ

重要度

ConoHa WINGエックスサーバー
管理画面の数1つ4つ

ConoHa WINGの管理画面は、必要な機能が1画面に集約されています。

一方、エックスサーバーの管理画面は、以下の4つに分類されます。

  1. Xserverアカウント:契約関連の設定を行う
  2. サーバーパネル:サーバー関連の設定を行う
  3. ファイルマネージャ:FTP関連の設定を行う
  4. WEBメール:メール関連の設定を行う

エックスサーバーの方が、管理画面のログインに手間がかかります。

ConoHa WINGの管理画面

ConoHa WINGの管理画面の画像

ConoHa WINGの管理画面は、画面左のサイドバーに必要な機能が集約されています。

エックスサーバーの管理画面

Xserverアカウントの画像
サーバーパネルの画像
ファイルマネージャの画像

エックスサーバーのサーバーパネルでは、必要な機能が細かく分類されています。

他社サーバーからのWordPress移行

重要度

ConoHa WINGエックスサーバー
移行方法WordPressかんたん移行WordPress簡単移行

両サーバーとも「かんたん移行機能」があるため、他社サーバーから簡単にWordPressを移行できます。

かんたん移行機能の解説画像

「かんたん移行機能」のメリットは、以下の3点です。

  • サーバー切り替えで、WordPressが表示されない時間をゼロにできる
  • WordPressの移行作業が楽になる
  • ドメイン移管しなくても移行できる

両サーバーへのWordPressの移行方法は、以下の記事で解説しています。

サーバー運用歴と国内シェア

重要度

ConoHa WINGエックスサーバー
国内シェア(2023年1月)ランク外14.77%(第1位)
運営歴2018年~2003年~
運営会社GMOインターネットグループ株式会社エックスサーバー株式会社  

ConoHa WINGは、2018年に運営が開始された新規サーバーです。

一方、エックスサーバーは2003年から運営する老舗サーバーです。

国内シェアは1位を誇ります。

日本でのレンタルサーバーシェアの円グラフ
エックスサーバーの国内シェアを詳しく見る
レンタルサーバー会社シェア
①エックスサーバー14.77%
②ロリポップ14.10%
③さくらのレンタルサーバ13.38%
④GMOデジロック4.29%
⑤Amazonウェブサービス4.05%
⑥ヘテムル3.60%
⑦WADAX0.68%
⑧Linodo0.56%
⑨Vultr0.36%
⑩Sixcore0.25%
⑪その他43.96%
hostadvise-レンタルサーバーシェア

国内シェアが高く、サーバー運用歴が長いメリットは以下の2点です。

  1. 分からないことがあっても検索すれば、解決策がすぐに見つかる
  2. ノウハウが蓄積されているため、サーバートラブルが発生しにくい

より安定したサイト運営をしたい方は、エックスサーバーを利用しましょう。

ConoHa WINGとエックスサーバーで表示速度を比較

ConoHa WINGエックスサーバー重要度
プランWINGパック-ベーシックスタンダード
初期設定時の表示速度
(パフォーマンススコア)
93.3点93.3点
高速化設定後の表示速度
(パフォーマンススコア)
94.4点97.9点
高速化設定WEXAL®XPageSpeed
WebサーバーApache + NGINXNGINX
PHP動作モードLSAPIFast CGI
ディスクの種類SSDNVMe SSD
RAID構成RAID10RAID10
通信プロトコルHTTP/2HTTP/2
総合評価おすすめ

表示速度は、エックスサーバーの方が優れています。

初期設定時の表示速度は同じですが、高速化機能設定後にエックスサーバーの表示速度が大幅に上回りました。

表示速度

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
初期設定時の表示速度
(パフォーマンススコア)
93.3点93.3点
高速化設定後の表示速度
(パフォーマンススコア)
94.4点97.9点
高速化設定WEXAL®XPageSpeed

表示速度は、エックスサーバーの方が優れています。

XPageSpeedを設定することで、エックスサーバーの表示速度は大幅に向上した画像

XPageSpeedを設定することで、エックスサーバーの表示速度は大幅に向上しました。

表示速度の測定条件
表示速度の測定条件
表示速度の測定条件
  • 測定方法:PageSpeed Insightsにて測定
  • 評価指標:パフォーマンススコア
  • WordPressバージョン:6.2.2
  • WordPresssテーマ:Cocoon
  • コンテンツ:2.3Mの画像を3枚添付した投稿記事が2つ
  • 測定日、時間:平日の22時前後
  • 測定値:20回測定時の平均値を採用
  • 対象デバイス:モバイル
  • プラグイン:Wordfence Security、LiteSpeed Cache、All-in-One WP Migration
パフォーマンススコアの目安

パフォーマンススコアの目安は、以下になります。

90点以上高速
50~90点平均
50点未満低速

コノハウィングのWEXAL®とは

WEXAL®とは

WEXAL®は、プライム・ストラテジー株式会社が提供するWeb サイトの高速化エンジンです。

WEXAL®は、以下の方法で表示速度を高速化します。

  • 画像、CSS、JavaScriptを圧縮して軽量化
  • 画像を次世代フォーマット(WebP)に変換
  • AIがプラウザごとに、最適な表示方法を選択

ConoHa WINGでは、WEXAL®を無料で利用できます。

設定方法は、以下の記事で解説しています。

エックスサーバーのXPageSpeedとは

XPageSpeedとは

XPageSpeedとは、エックスサーバーが開発したWebサイト最適化機能です。

XPageSpeedは、以下の方法で表示速度を高速化します。

  • CSSファイル、JavaScriptファイルの圧縮
  • 画像ファイルの圧縮
  • サーバーとクライアント間の通信量の削減
  • CSSファイル、JavaScriptファイル、画像ファイルのキャッシュ有効期間の延長

設定方法は、以下の記事で解説しています。

Shota

高速なサーバーを利用したい方は、エックスサーバーと契約しましょう。

エックスサーバーにお友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

Webサーバー

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
WebサーバーApache + NGINXNGINX

Webサーバーとは、ブラウザからのリクエストに応じて、Webコンテンツを提供するサーバーです。

Webサーバーの解説画像

ConoHa WINGは、ApacheとNGINX(エンジンエックス)を併用しています。

一方、エックスサーバーはNGINXのみを採用しています。

WebサーバーはApacheとNGINXを併用した方が速い

ApacheとNGINXを併用している、ConoHa WINGの方が高速になります。

ApacheとNGINXに、情報処理機能を分担させることができるからです。

Webサーバー強み
Apache重いデータを高速で処理できる
⇒アプリケーション、データベース、動的コンテンツ
NGINX大量のリクエストを高速で処理できる

PHP動作モード

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
PHP動作モードLSAPIFast CGI

PHP動作モードとは、アプリケーションサーバーの動作方式のことです。

PHP動作モードの解説

PHPなどの動的処理は、アプリケーションサーバーが担当します。

ConoHa WINGは、PHP動作モードにLSAPIを採用しています。

一方、エックスサーバーは、Fast CGIを採用しています。

PHP動作モードはLSAPIの方が速い

PHP動作モードは、LSAPIの方が高速になります。

従来のFastCGIより20%も高速なLiteSpeed LSAPIを、PHPアプリケーション実行環境として採用しています。

引用:ConoHa WING-Web機能

LSAPIは、キャッシュ機能が強力だからです。

LSAPIの解説

LSAPIはヘッダーやフッターなどの共通コンテンツをキャッシュする事で、2回目以降アクセスがあった場合に、過去に読み込んだものを表示します。

その結果、表示速度を高速化することができます。

ConoHa WINGは、PHP動作モードにLSAPIを採用しているため表示速度が高速化します。

ディスクの種類

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
ディスクの種類SSDNVMe SSD
SSDの解説画像

ディスクとは、データを保管しておくための補助記憶装置です。

ConoHa WINGは、ディスクにSSDを採用しています。

一方、エックスサーバーは、ディスクにNVMe SSDを採用しています。

ディスクはNVMe SSDの方が速い

SSDに高速インターフェース「NVMe」を採用

ディスクの処理スピードはNVMe SSDの方が高速です。

エックスサーバーはSSDにNVMeを採用することで、読み込み速度を最大14倍高速化しています。

全てのストレージで次世代の高速接続インターフェース「NVMe」に対応し、さらに高速な読み書きを可能とするストライピング構成とすることで、SSDの高速性能を最大限引き出すことを可能としました。
オールSSDやピュアSSDと呼ばれる従来のサーバー環境と比較し、読み込み速度が最大約21倍に向上しました。

引用:エックスサーバー-国内最速サーバーへ
SSDのRAID10構成
SSDのRAID10構成

NVMe SSDの方が処理速度が速い理由は、以下の2点です。

  1. NVMe自体が高速でデータを読み書きできる
  2. SSDがRAID10構成になるため、性能が向上する

エックスサーバーは、ディスクにNVMe SSDを採用しているため表示速度が高速化します。

通信プロトコル

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
通信プロトコルHTTP/2 HTTP/2

通信プロトコルとは、ネットワーク上でデータを通信する際の約束ごとです。

通信プロトコルの解説画像

ユーザーがWebサイトを閲覧するまでのやりとりは、以下になります。

  • ブラウザが、Webサーバーに対して見たいページを要求
  • Webサーバーが「この要求は安全で問題ない」と判断
  • Webサーバーが、要求されたページを送信

このやり取りをする際に、通信プロトコルが使用されます。

両サーバーともに、通信プロトコルはHTTP/2を採用しています。

ConoHa WINGとエックスサーバーでサーバーの安定性を比較

ConoHa WINGエックスサーバー重要度
プランWINGパック-ベーシックスタンダード
サーバー稼働率99.99%以上99.99%以上
品質保証制度 (SLA)対応未対応
メモリ容量8GB(リソース共有)8GB(リソース保証)
vCPU6コア(リソース共有)6コア(リソース保証)
転送量無制限無制限
総合評価おすすめ

両サーバーとも、サーバー稼働率が99.99%以上を誇る安定したサーバーです。

ただしエックスサーバーは「メモリ容量」「vCPU」に対して、リソース保証しています。

そのためエックスサーバーの方が、安定したサーバーだと言えます。

サーバー稼働率

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
サーバー稼働率99.99%以上99.99%以上
品質保証制度 (SLA)対応未対応

両サーバーとも、サーバー稼働率が99.99%以上を誇ります。

またコノハウィングは品質保証制度(SLA)に対応しています。

品質保証制度(SLA)とは

重要度

サーバー稼働率が99.9%を下回った場合に、稼働率に応じてサーバー料金が返金される制度です。

稼働率月額料金に対する返金率
99.99%未満 99.9%以上10%
99.9%未満30%

ConoHa WINGは品質保証制度(SLA)を導入することで、サーバーの安定性を保証しています。

メモリ容量、vCPU

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
メモリ容量8GB8GB
vCPU6コア6コア
リソース共有型保証型

両サーバーのメモリ容量とvCPUは、同スペックです。

ただしエックスサーバーは、メモリ容量とvCPUに対してリソース保証しているため、表示速度が安定します。

メモリとは

メモリの解説画像

メモリとは、CPUが演算処理したデータを一時的に記憶するWebサーバーのパーツです。

メモリ容量が不十分だと、表示速度が低下してしまいます。

CPUが、ディスク(SSD)から情報を引き出す時間が必要になるためです。

CPUとは

CPUの解説画像

CPUとはサーバーの「中央演算装置」のことです。

コア数の値が大きいほど、演算装置が増えるため情報の処理速度が速くなります。

リソース保証とは

リソース保証の解説画像

リソース保証とは、共用サーバー内に契約者専用のデータスペースを用意することです。

専用のデータスペースが用意されると、他のユーザーのサイトアクセスが急増しても影響を受けません。

エックスサーバーはリソース保証しているため、表示速度を安定させることができます。

転送量

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
転送量無制限無制限

転送量とは、サーバーから閲覧者に送られるデータサイズの合計量です。

転送量の解説画像

転送量上限を超えると、ページ表示速度が大幅に低下します。

両サーバーとも転送量が無制限です。

そのためブログのアクセスが急増しても、表示速度は下がりにくいことが特徴です。

ConoHa WINGとエックスサーバーでサーバー機能を比較

ConoHa WINGエックスサーバー重要度
プランWINGパック-ベーシックスタンダード
ディスク容量300GB300GB
アクセス解析ツール対応対応
Webフォント対応対応
メーリングリスト未対応20件登録可能
メールマガジン未対応10件登録可能
(参考)メールの自動返信対応対応
総合評価おすすめ

サーバーの機能は、エックスサーバーの方が優れています。

メールマガジンを利用できるからです。

メールマガジンを利用したい方は、エックスサーバーと契約しましょう。

ディスク容量

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
ディスク容量300GB300GB
独自ドメイン無制限無制限
サブドメイン無制限無制限
メールアカウント無制限無制限
データベース無制限無制限
ディスク容量の解説画像

ディスク容量とは、Webサーバーとメールサーバーの合計容量です。

ディスク容量が少ないと、以下の問題が発生します。

  • ブログの記事数を増やすことができない
  • WordPressを複数運営できない
  • メールを大量に送受信できない

ディスク容量は両サーバーともに、300GBです。

Shota

十分なスペックです。

またディスク容量の範囲内で、以下のものを無制限に作成できます。

  • 独自ドメイン
  • サブドメイン
  • メールアカウント
  • データベース
参考

個人ブログの場合、1サイトに必要なディスク容量は約10GBです。

300GBあれば、30サイト作ることができます。

アクセス解析ツール

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
アクセス解析ツール対応対応
アクセス解析結果の正確性不正確不正確

両サーバーとも、アクセス解析ツールを無料で利用できます。

ただしアクセス解析の結果は正確ではありません。Googleアナリティクスの結果と大きく乖離します。

コノハウィングのアクセス解析結果

ConoHa WINGのアクセス解析結果
日付ConoHa WINGGoogleアナリティクス
10月27日757PV143PV
10月28日3,133PV39PV
10月29日5,053PV43PV
10月30日4,559PV36PV
10月31日5,747PV77PV
11月1日4,249PV55PV
11月2日1,204PV44PV

ConoHa WINGのアクセス解析の値は、Googleアナリティクスより約100倍大きい結果となりました。

この結果から、ConoHa WINGのアクセス解析結果は正確でないことがわかります。

エックスサーバーのアクセス解析結果

エックスサーバーのアクセス解析結果
日付エックスサーバーGoogleアナリティクス
4月1日729PV99PV
4月2日836PV113PV
4月3日623PV80PV
4月4日746PV104PV
4月5日710PV112PV
4月6日675PV99PV
4月7日611PV79PV

エックスサーバーのアクセス解析の値は、Googleアナリティクスの結果より約7倍大きい結果になりました。

この結果から、エックスサーバーのアクセス解析結果は正確でないことがわかります。

Shota

アクセス解析はGoogleアナリティクスを利用しましょう。

Webフォント

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
Webフォント対応(モリサワ)対応(モリサワ)

両サーバーとも、モリサワが開発した33種類のWebフォントをWordPressに表示させることができます。

デフォルトのフォント

デフォルトのフォント

ベーシックのWebフォント

ベーシックのWebフォント
テーマ見出しリード文
ベーシック新ゴ B新ゴ B

スタイリッシュのWebフォント

スタイリッシュのWebフォント
テーマ見出しリード文
スタイリッシュ見出ゴMB31見出ゴMB31

Webフォントの表示方法

TypeSquare Webfonts for ConoHaの画像
TypeSquare Webfonts for エックスサーバーの画像

以下のプラグインを設定するだけで、Webフォントを表示できます。

レンタルサーバープラグイン
ConoHa WINGTypeSquare Webfonts for ConoHa
エックスサーバーTypeSquare Webfonts for エックスサーバー

設定方法は、以下の記事で解説しています。

メーリングリスト

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
メーリングリスト未対応20件まで登録可能※1
※1:各メーリングリストには、500件のメールアドレスを登録可能
メーリングリストの解説画像

メーリングリストとは、複数の相手に同じ内容のメールを送信できるサービスです。

メーリングリストを利用するメリットは、以下の2点です。

  • 「専用アドレス宛」にメール送信するだけで、登録メンバー全員にメールを配信できる
  • 登録メンバーは「専用アドレス宛」にメール返信すれば、送信者のみに返信できる
エックスサーバーのスタンダードプランでは最大20件、のべ10,000人をメーリンクリストに登録でき

ConoHa WINGでは、メーリングリストを利用できません。

一方、エックスサーバーのスタンダードプランと契約すると最大20件、のべ10,000人をメーリンクリストに登録できます。

メーリングリスト20件×1件あたりの登録メールアドレス500件=10,000人

メールマガジン

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
メーリングマガジン未対応10件まで登録可能※2
※2:各メールマガジンには、1000件のメールアドレスを登録可能

メールマガジンとは、製品やサービスに関する情報発信を行い、読者との関係構築を図るコミュニケーションツールです。

メールマガジンの解説画像

メールマガジンは、読者が自ら購読を希望して登録します。

そのため「年齢・性別・ニーズがわからない登録者にも積極的にメール配信できること」がメリットです。

ConoHa WINGでは、メールマガジンを利用できません。

一方、エックスサーバーのスタンダードプランと契約すると、最大10件までメールマガジンを登録することができます。

メールマガジンを利用したい方は、エックスサーバーと契約しましょう。

ConoHa WINGとエックスサーバーでセキュリティ機能を比較

ConoHa WINGエックスサーバー重要度
プランWINGパック-ベーシックスタンダード
無料独自SSL対応対応
オプションSSLアルファSSLが無料全て有料
自動バックアップ14日分14日分
バックアップの復元難しい簡単
WAF対応対応
WAFの個別除外対応未対応
(参考)メールセキュリティF-Secure社のスパムフィルターF-Secure社のスパムフィルター
アダルトサイトの運営不可不可
総合評価おすすめ

セキュリティ機能は、エックスサーバーの方が優れています。

バックアップの復元が簡単だからです。

独自ドメインへのSSL化

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
無料独自SSL対応対応
オプションSSLアルファSSLが無料全て有料

両サーバーとも、無料で独自ドメインにSSL化を設定できます。

コノハウィングでは、オプションのアルファSSLを無料で設定することができます。

SSL化についてはワードプレスのSSL化(https)とは?で解説しています。

ConoHa WINGのオプション独自SSL

ConoHa WINGが提供している、オプション独自SSLは以下になります。

認証タイプSSL証明書料金
ドメイン認証GMOグローバルサインのアルファSSL無料
ドメイン認証GMOグローバルサインのクイック認証SSL2,200円/月
企業認証GMOグローバルサインの企業認証SSL58,080円/1年
EV認証GMOグローバルサインのEV SSL129,800円/1年

ConoHa WINGではアルファSSLを無料で利用できます。

アルファSSLを設定するメリット

アルファSSLのメリットは、サイトの信頼性が上がることです。

アルファSSLを設定すると、自サイトが「詐欺サイトやフィッシングサイト」とは異なることをアピールできます。

アルファSSLは、ConoHa WING以外では年間6,600円かかります。

そのため、詐欺サイトやフィッシングサイトはアルファSSLを導入できません。

サイトの信頼性を上げるために、アルファSSLの設定は有効です。

エックスサーバーのオプション独自SSL

エックスサーバーが提供している、オプション独自SSLは以下になります。

認証タイプSSL証明書料金
ドメイン認証クラウドSSL880円/年
クラウドセキュア スピード認証SSL15,400円/年
ジオトラスト クイックSSLプレミアム13,200円/年
企業認証クラウドセキュア 企業認証SSL33,000円/年
デジサート セキュア・サーバID63,800円/
EV認証クラウドセキュア EV SSL 83,600円/年
エックスサーバー-オプション独自SSL
Shota

個人ブロガーは利用しなくてOKです。

自動バックアップ

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
自動バックアップ14日分14日分
バックアップ料金無料無料
バックアップの復元FTPソフトが必要手動で可能

両サーバーとも、WordPressの14日分のバックアップを自動で取得してくれます。

料金は無料です。

しかしConoHa WINGでのバックアップの復元は、難易度が高くなります。

バックアップの復元に、FTPソフトが必要だからです。

フェニック

FTPソフトって何?

Shota

レンタルサーバーとパソコンを連携させるツールだよ。

ConoHa WINGでのバックアップの復元方法

手順は以下になります。

STEP
Webサーバーのバックアップを復元する
Webサーバーのバックアップデータを復元する
  • Webサーバーのバックアップを、バックアップ用フォルダへ移動
STEP
ConoHa WINGでFTPアカウントを作成
  • FTPソフトとConoHa WINGのファイルマネージャーを連携
STEP
Webサーバーを復旧する
Webサーバーのバックアップデータを、もとの場所に戻すにはFTPソフトが必要
  • Webサーバーのバックアップを、パソコンにダウンロード
  • ダウンロードしたバックアップを、ドメインフォルダにアップロード
STEP
データベースのバックアップを復元する
データベースのバックアップデータを復元する
  • データベースのバックアップで、新しいデータベースを作成
STEP
データベースを復旧する
ConoHa WINGでデータベースを復旧する
  • ファイルマネージャーの接続を復元したデータベースへ切り替える
フェニック

ちょっと難しすぎるんだけど。

Shota

頑張ったら復元できるよ!

詳しくは、以下の記事で解説しています。

エックスサーバーでのバックアップの復元方法

手順は以下になります。

STEP
サーバーパネルからサーバー領域のバックアップを復元する
サーバーパネルからサーバー領域のバックアップを復元する①
サーバーパネルからサーバー領域のバックアップを復元する②
STEP
サーバーパネルからデータベースのバックアップを復元する
サーバーパネルからデータベースのバックアップを復元する
フェニック

これなら僕にもできるよ!

Shota

ブログ初心者でも簡単に復元できます。

セキュリティ機能を万全にしたい人は、エックスサーバーと契約しましょう。

エックスサーバーでのバックアップは、以下の記事で解説しています。

WAF

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
WAF対応対応
WAFとは

WAFは、Webアプリケーションの保護に特化したセキュリティ対策です。

Webアプリケーションの例
  • WordPress本体
  • WordPressテーマ
  • WordPressプラグイン

ユーザーとWordPressのHTTP/HTTPS通信内容をチェックし、攻撃と判断した通信を遮断することでWordPressを保護します。

両サーバーで、WAFは標準搭載されています。

WAFの個別除外設定

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
WAFの個別除外設定対応未対応
WAFの個別除外設定とは

WAFの個別除外設定とは、自分のIPアドレスだけWAFを通過させる設定のことです。

ConoHa WINGで設定を保存できない原因はWAFの誤検知

WordPressの設定を変更する際に「閲覧できません(Forbidden access)」とエラー表示された場合に有効です。

ConoHa WINGでは、WAFの個別除外設定に対応しています。

一方、エックスサーバーでは対応していません。

設定方法は、以下の記事で解説しています。

アダルトサイトの運営

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
エックスサーバー
スタンダード
アダルトサイトの運営不可能不可能

両サーバーともに、アダルトサイトを運営できません。

アダルトサイトを運営したい方は、「mixhost」または「シンレンタルサーバー」と契約しましょう。

まとめ

今回は、コノハウィングとエックスサーバーで以下の7項目を比較しました。

ConoHa WINGエックスサーバー
プランWINGパック-ベーシックスタンダード
①料金かなり安いかなり安い
②サポート体制普通充実
③表示速度速いかなり速い
④サーバーの安定性安定安定+リソース保証
⑤サーバーの機能普通高い
⑥セキュリティ不十分万全
⑦アダルトサイトの運営不可能不可能
総合評価おすすめ

当サイトは、全ての項目で優れているエックスサーバーをおすすめします。

エックスサーバーにお友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

ただし以下に当てはまる方は、ConoHa WINGと契約しましょう。

  • 「THE THOR」「SANGO」「JIN」「JIN:R」「THE SONIC」を割引購入したい
  • 管理画面は1つで運用したい
  • アルファSSLを無料で利用したい

これらに当てはまる方には、ConoHa WINGがおすすめです。

ConoHa WINGのお客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

両サーバーで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次