WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

ConoHa WINGとロリポップを7点で徹底比較【おすすめは?】

ConoHa WINGとロリポップを7点で徹底比較【おすすめは?】
フェニック

コノハウィングとロリポップで迷ってるけど、どっちを選んだらいいの?

今回はこのような疑問にお答えします。

2023年時点、ConoHa WINGとロリポップは最も人気のあるサーバーです。

ただし、違いがよくわからないですよね。

そこで今回は、計8サーバーと契約する私が両サーバーの違いを解説します。

また同時におすすめのサーバーをお答えします。

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です

両サーバーの評判が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

ConoHa WINGとロリポップの比較表

ConoHa WINGとロリポップの比較表

コノハウィングとロリポップを、以下の7項目で比較しました。

ConoHa WINGロリポップ
プランWINGパック-ベーシックハイスピード
①料金かなり安いかなり安い
②サポート体制充実充実
③表示速度速い最高速
④サーバーの安定性安定(保障あり)安定
⑤サーバーの機能充実充実
⑥セキュリティやや不十分不十分
⑦アダルトサイトの運営不可能不可能
総合評価互角互角

両サーバーの総合評価は、互角だと判断しました。

両サーバーで強みが異なるからです。

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGの方が優れているのは、以下になります。

  1. WordPressを簡単に開設できる
  2. 紹介プログラムで安く契約できる
  3. サーバー障害の保証制度があること

最大のメリットは、WordPressを簡単に開設できることです。

WordPressを問題なく開設したい人は、ConoHa WINGと契約しましょう。

ConoHa WINGのお客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

ロリポップのメリット

ロリポップのメリット

ロリポップの方が優れているのは、以下になります。

  1. 電話、チャット、メールサポートが手厚い
  2. 表示速度が、業界最高速
  3. メールマガジンを利用できる

最大のメリットは、表示速度の速さです。

パソコンのパフォーマンススコア
パソコンのスコア
モバイルのパフォーマンススコア
モバイルのスコア

PageSpeed Insightsで、パフォーマンススコア100点をたたき出すのも簡単です。

業界最高速のサーバーを利用したい人は、ロリポップと契約しましょう。

\ 初期費用、ドメイン永久無料 /

ConoHa WINGとロリポップで料金を比較

ConoHa WINGロリポップ重要度
プランWINGパック-ベーシックハイスピード
キャンペーン中
の月額料金
(12ヶ月契約)
990円990円
お友達紹介特典対応未対応
契約料金割引クーポンありなし
初期費用無料無料
永久無料ドメイン2つ取得2つ取得
無料お試し期間なし10日間
サーバーの更新料金
(12ヶ月契約)
1,089円990円
更新料金割引クーポンありなし
有料テーマの割引5テーマ5テーマ
総合評価互角互角

両サーバーの料金は、互角だと判断しました。

理由は以下の2点です。

  1. キャンペーン時の月額料金は互角
  2. サーバーの更新料金は互角(コノハウィングには割引クーポンがあるため)
Shota

各項目を詳しく解説します。

キャンペーン中の月額料金

重要度

以下の表は、割引キャンペーンを適用した月額料金です。

契約期間ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
1ヶ月1,430円
3ヶ月1,452円
1,331円
1,320円
6ヶ月1,452円
1,210円
1,210円
12ヶ月1,452円
990円
990円
990円
24ヶ月1,452円
842円
935円
935円
36ヶ月1,452円
643円
550円
550円

キャンペーンを適用した場合の月額料金は、以下になります。

  1. 契約期間が3ヶ月、36ヶ月:ロリポップの方が安い
  2. 契約期間が24ヶ月:ConoHa WINGの方が安い
  3. 契約期間が6ヶ月、12ヶ月:互角

総合評価では互角です。

なお。両サーバーのキャンペーンについては、以下の記事で解説しています。

サーバーの月額料金(キャンペーン未適用)

契約期間ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
1ヶ月1,430円
3ヶ月1,452円1,320円
6ヶ月1,452円1,210円
12ヶ月1,452円990円
24ヶ月1,452円935円
36ヶ月1,452円 550円

月額料金は、全ての契約期間でロリポップの方が安くなります。

また両サーバーともに、契約期間が長くなるほど月額料金は安くなります。

料金については、以下の記事でも詳しく解説しています。

割引キャンペーンの頻度

以下の表が、2023年1月から現在までのキャンペーンの頻度です。

2024年ConoHa WINGロリポップ
2月Blog Creator リリース記念キャンペーン今年はロリポでブログ書くぞキャンペーン
1月Webサイト制作応援キャンペーン今年はロリポでブログ書くぞキャンペーン
2023年ConoHa WINGロリポップ
12月Webサイト制作応援キャンペーン22周年ハイスピード2,222円キャッシュバック
冬のボーナスキャンペーン3ヶ月分割引キャンペーン定額HP制作プラン
11月Early Winterキャンペーンスタンダードプラン割引キャンペーン
10月Happy Autumnキャンペーンスタンダードプラン割引キャンペーン
Webサイト制作応援キャンペーンスタンダードプラン割引キャンペーン
9月Webサイト制作応援キャンペーンベーシックプラン1,500円キャッシュバックキャンペーン
スタートダッシュキャンペーン
8月Webサイト制作応援キャンペーン【実質月額334円から】ライトプラン割引キャンペーン
7月Happy Summerキャンペーン【実質月額334円から】ライトプラン割引キャンペーン
Webサイト制作応援キャンペーン
6月Early Summer キャンペーン月額410円〜「大安からずっと吉日キャンペーン」
5月Happy Springキャンペーン月額500円~「ベーシックプランでキャッシュバックキャンペーン」
4月Webサイト制作応援キャンペーン月額500円~「対象プランのご契約でキャッシュバックキャンペーン」
3月スタートダッシュキャンペーン
月額467円~「すごく素数!新生活応援キャッシュバックキャンペーン」
春の応援キャンペーン
2月55万アカウント突破記念キャンペーン
月額440円~「ハイスピードプラン36ヶ月を契約しようキャンペーン」
スタートダッシュキャンペーン
1月Webサイト制作応援キャンペーン
月額440円~「ハイスピードプラン36ヶ月を契約しようキャンペーン」
スペシャルキャンペーン

両サーバーとも、年中割引キャンペーンを実施しています。

Shota

キャンペーンを適用した料金が、真の月額料金です。

ただしロリポップのキャンペーンは、特定のプランにのみ割引が適用される傾向があります。

お友達紹介特典

重要度

ConoHa WINGロリポップ
お友達紹介特典対応未対応
3ヶ月
6ヶ月
12ヶ月5,000円割引
24ヶ月5,000円割引
36ヶ月5,000円割引

お友達紹介特典とは、紹介用リンクからサーバー契約することで料金が割引される特典です。

ConoHa WINGのみ、お友達紹介特典に対応しています。

ConoHa WINGのお客様紹介プログラム

ConoHa WINGのお客様紹介プログラム

お客様紹介プログラムとは、紹介用リンクから申し込むだけで5,000円割引される特典です。

キャンペーン名お客様紹介プログラム
キャンペーン対象者WINGパックと12ヶ月以上の期間で契約した方
キャンペーン内容契約料金が5,000円割引

WINGパックと12ヶ月以上の期間で契約した人が対象です。

Shota

ConoHa WINGと契約したい方は、当サイトの紹介リンクをぜひご利用ください。

ConoHa WINGのお客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

契約料金割引クーポン

重要度

ConoHa WINGロリポップ
契約料金割引クーポンありなし
学割クーポン10%割引

ConoHa WINGでは学生・教職員を対象に、契約料金の割引クーポンを発行しています。

一方、ロリポップには契約料金の割引クーポンはありません。

ConoHa WINGの学割クーポン

学生・教職員はConoHa WINGの学割クーポンを利用する

ConoHa WINGでは、学割クーポンを利用することで契約料金を10%割引することができます。

ConoHaでは学生・教職員の皆様を応援するためにConoHa学割を始めました!

ConoHa学割では、ConoHaカード等の対象商品を学割クーポン利用で10%OFFでご購入いただけます。

ご利用条件をご確認の上、ConoHa学割エントリーフォームに必要事項をご入力いただき、クーポンコードをお受け取りください。

引用:ConoHa WING-ConoHa学割
ConoHa WINGの学割クーポン

学割クーポンでConoHaカードを購入し、そのカードで契約料金を支払えば10%割引されます。

学割クーポンの取得方法と使い方については、以下の記事で解説しています。

初期費用

重要度

契約期間ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
3ヶ月無料無料
6ヶ月無料無料
12ヶ月無料無料
24ヶ月無料無料
36ヶ月無料無料

両サーバーとも契約期間に関係なく、初期費用は無料です。

永久無料ドメイン

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
永久無料ドメイン2つ取得可能2つ取得可能
取得条件なし12ヶ月以上の契約
永久無料ドメインの種類(1つ目)20種類から選択 47種類から選択

ConoHa WINGと契約すると、永久無料ドメインを2つ取得できます。

取得に条件はありません。

一方、ロリポップでも、永久無料ドメインを2つ取得できます。

ただし取得には条件があります。

永久無料ドメインとは
永久無料ドメインの解説画像

取得料金が無料、更新料金が永久無料になる独自ドメインのことです。

ロリポップでの永久無料ドメインの取得条件

永久無料ドメインの取得条件は、以下になります。

料金プラン取得条件
エコノミー取得不可
ライト取得不可
ハイスピード12ヶ月以上での契約
エンタープライズ12ヶ月以上での契約

ロリポップで永久無料ドメインを取得するには、12ヶ月以上の契約が必要です。

ロリポップでの永久無料ドメインの取得方法は、以下の記事で解説しています。

ConoHa WINGで取得できる永久無料ドメインの種類

ConoHa WINGで取得できる永久無料ドメインは、以下になります。

個数永久無料ドメインの種類
1つ目.com/.net/.xyz/.tokyo/.info/.biz/.org/.click/.link/.pw/.shop/.blog/.club/.fun/.games/
.online/.site/.space/.tech/.website
2つ目.online/.space/.website/.tech/.site/.fun/.tokyo/.shop

ロリポップで取得できる永久無料ドメインの種類

ロリポップで取得できる永久無料ドメインは、以下になります。

個数永久無料ドメインの種類
1つ目.com / .jp / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink /.ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks
2つ目.blog / .online / .space / .website / .tech / .site / .fun / .tokyo / .shop

無料お試し期間

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
無料お試し期間なし10日間
備考 WordPressを自分で設定

ConoHa WINGには無料お試し期間はありません。

一方、ロリポップでは10日間の無料お試し期間が用意されています。

ただし無料お試し期間を利用する場合、WordPressを自分で開設する必要があります。

ロリポップでの無料お試し期間の利用方法

設定無料期間を利用しない無料期間を利用する
①独自ドメインの取得自動ムームードメインで取得
②独自ドメインの設定自動管理画面から設定
③WordPressのインストール管理画面から設定管理画面から設定
④独自ドメインのSSL化管理画面から設定管理画面から設定
⑤WordPressのSSL化WordPressから設定WordPressから設定
⑥独自ドメインの常時SSL化ロリポップ!FTPから設定ロリポップ!FTPから設定
⑦無料お試し期間の利用なし10日間
⑧サーバー料金の入金自動無料お試し期間中に入金
⑨取得したドメインを永久に変換なし料金支払い時に適用

無料お試し期間を利用する場合、WordPressを全て自分で設定する必要があります。

フェニック

ちょっと大変だなぁ!

Shota

ロリポップを利用したい方は、お試し期間を利用せずに契約しましょう。

ロリポップとの契約方法は、以下の記事で解説しています。

サーバーの更新料金

重要度

契約期間ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
1ヶ月1,430円
3ヶ月1,331円 1,320円
6ヶ月1,210円1,210円
12ヶ月1,089円990円
24ヶ月1,028円935円
36ヶ月968円 550円
更新料金は契約後、管理画面から確認
更新料金の解説画像

更新料金とは、サーバーと継続契約する際に支払う料金です。

フェニック

新規契約ではないので、割引は適用されないぞ。

サーバーの更新料金は、以下になります。

  1. 更新期間が6ヶ月:ConoHa WINGの方が安い
  2. 更新期間が6ヶ月以外:ロリポップの方が安い

総合評価では、ロリポップの方が更新料金が安くなります。

Shota

ただしConoHa WINGには割引クーポンがあるので、料金は互角になります。

更新料金割引クーポン

重要度

ConoHa WINGロリポップ
更新料金割引クーポンありなし
①10%割引クーポン10%割引
②このともクーポン1,000円割引
③お誕生日クーポン500円割引

ConoHa WINGには、更新料金割引クーポンが3種類も用意されています。

一方、ロリポップには、更新料割引クーポンはありません。

更新料金割引クーポンがあるため、両サーバーの更新料金は互角になります。

クーポンについては、以下の記事で解説しています。

WordPress有料テーマの割引

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
割引される有料テーマ数5テーマ 4テーマ

両サーバーともに、WordPress有料テーマを割引購入できます。

ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ

ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ①
ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ②
ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ③

割引購入できる有料テーマは、以下の5つです。

WordPressテーマ定価割引後料金
THE THOR16,280円14,960円
SANGO14,800円14,000円
JIN14,800円14,250円
JIN:R19,800円18,800円
THE SONIC8,580円/年6,578円/年
フェニック

この中ではJIN:Rがおすすめだよ!

ロリポップで割引購入できる有料テーマ

DIVER
THE THOR
WordPressテーマ定価割引後の価格
Colorful9,800円7,800円
THE THOR16,280円13,000円
Diver17,980円12,980円
Emanon Pro9,800円7,480円
Emanon Business12,800円10,280円
Shota

THE THORが、人気のWordPressテーマです。

ConoHa WINGとロリポップでサポート体制を比較

ConoHa WINGロリポップ重要度
プランWINGパック-ベーシックハイスピード
WordPress開設方法かんたんセットアップ簡単インストールなど
メールサポート24時間受付
返信は平日のみ
24時間受付
休日でも返信あり
チャットサポート平日10:00~18:00
繋がりにくい
平日9:30〜13:00
14:00〜17:30
繋がりやすい
電話サポート平日10:00~18:00
繋がりにくい
平日10時~18時
繋がりやすい
設定代行サービス未対応対応(有料)
管理画面の数1つ1つ
他社サーバーからの移行WordPressかんたん移行WordPress簡単移行
運営会社GMOインターネットグループ
株式会社
  
GMOペポパ株式会社
運営開始2018年~2001年~
総合評価互角互角

両サーバーのサポート体制は、互角だと判断しました。

理由は以下になります。

  1. WordPressの開設サポートは、ConoHa WINGの方が優れている
  2. 「メール・チャット・電話」サポートは、ロリポップの方が優れている
Shota

各項目を詳しく解説します。

WordPressの開設サポート

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
WordPressの開設方法かんたんセットアップ簡単インストールなど
①独自ドメインの取得自動自動
②独自ドメイン設定自動自動
③WordPressのインストール自動手動
④独自ドメインのSSL化自動手動
⑤WordPressのSSL化手動手動
⑥独自ドメインの常時SSL化自動手動

ConoHa WINGはロリポップより、WordePress開設に必要な作業が少なくなります。

以下の作業が自動化されます。

  1. 独自ドメインの取得
  2. 独自ドメイン設定
  3. WordPressのインストール
  4. 独自ドメインのSSL化
  5. 独自ドメインの常時SSL化

WordPress開設に不安がある方は、ConoHa WINGと契約しましょう。

両サーバーでの、WordPressの開設方法は以下の記事で解説しています。

メールサポート

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
メールサポート24時間受付24時間受付
休日のメール対応対応なし対応あり

両サーバーともに、メールサポートは24時間受け付けています。

ロリポップは休日にメール対応あり

日曜日にロリポップから返信があったメールの画像

ロリポップは、休日にメール対応してくれます。

2023年6月24日(土)にロリポップにお問い合わせしましたが、翌日の6月25日(日)に返信がありました。

ロリポップはメールサポートが充実しているため、休日にトラブルが発生しても安心です。

Shota

ConoHa WINGから、休日にメールの返信が来ることはありません。

ConoHaのサポートはメール、電話、チャットの3つになります。

・メール:平日10:00~18:00
 ※平日10:00~18:00に順次ご案内いたします。
 ※お問い合わせは24時間受け付けております。

引用:ConoHa WING-サポートについて

チャットサポート

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
チャットサポート平日10:00~18:00平日9:30〜13:00
14:00〜17:30
チャットサポートへの繋がりやすさ非常に繋がりにくい繋がりやすい

両サーバーともに、チャットサポートは平日に対応しています。

ConoHa WINGのチャットサポートは繋がりにくい

チャットサービスの申し込みフォームは、お問い合わせフォームのすぐ下に設置されている

ConoHa WINGのチャットサポートには、常に「ただいま混み合っています」と表示されます。

これではチャットサポートを利用できません。

Shota

私もConoHa WINGのチャットサポートには繋がった経験がありません。

ロリポップのチャットサポートは繋がりやすい

ロリポップのチャットサポートの画面

ロリポップのチャットサポートも、繋がりやすいのが特徴です。

以下が、ロリポップのチャットサポートの口コミです。

チャットサポートサービスに満足している口コミが、多く見られました。

急なトラブルでも、チャットサポートがあるので安心です。

電話サポート

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
電話サポート平日10:00~18:00平日10:00~18:00
電話サポートへの繋がりやすさ繋がりにくい繋がりやすい

両サーバーともに、電話サポートは平日10時から18時まで対応しています。

ConoHa WINGの電話サポートは繋がりにくい

ConoHa WINGの電話サポートは、繋がりにくいのが特徴です。

Shota

私も電話サポートに繋がるまで1時間近く待ちました。

以下が、ConoHa WINGの電話サポートに対する口コミです。

fukazawa0126さんの口コミ

電話サポートに全く繋がりません。メールも無視されました。

fukazawa0126さんのアイコン画像

ランサーズアンケートより

ConoHa WINGで電話サポートを利用する場合は、待ち時間が必要です。

ロリポップの電話サポートは評判は良い

ロリポップの電話サポートは、評判が良いことが特徴です。

以下が、ロリポップの電話サポートに対する口コミです。

haru076さんの口コミ

電話対応が丁寧で、プラン内容が自身にマッチしているところがメリットです。

haru076さんのアイコン画像

ランサーズアンケートより

Shota

ロリポップの電話サポートは万全です。

手厚いサポートを受けたい人は、ロリポップと契約しましょう。

\ 初期費用、ドメイン永久無料 /

設定代行サービス

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
設定代行サービス未対応対応(有料)

ConoHa WINGは、設定代行サービスに対応していません。

一方、ロリポップには、Webサイト開設の代行サービスが用意されています。

設定代行サービスの解説画像

ロリポップの設定代行サービス

設定内容と料金は、以下になります。

項目設定内容料金
初心者向けまとめて設定CMSインストール33,000円
メールアドレス作成
独自ドメイン設定
その他
WEBサイトの移転作業他社サーバーからのデータ移行16,500円
独自ドメイン設定
その他
WordPressの移転作業他社サーバーからのデータ移行33,000円
独自ドメイン設定
その他
メールデータの一括削除メールの一括削除8,250円/10メールアドレス毎
その他別途相談別途見積
ロリポップ-設定おまかせサポート

他社サーバーからの移転サービスが充実しています。

サーバー移転作業に不安のある方は、ロリポップの設定代行サービスを利用しましょう。

管理画面の使いやすさ

重要度

ConoHa WINGロリポップ
管理画面の数1つ1つ

両サーバーともに1つの管理画面に、必要な機能が集約されています。

ConoHa WINGの管理画面

ConoHa WINGの管理画面の画像

ConoHa WINGの管理画面は、画面左のサイドバーに必要な機能が集約されています。

ロリポップの管理画面の画像

ロリポップの管理画面の画像

ロリポップの管理画面も、画面左のサイドバーに必要な機能が集約されています。

他社サーバーからのWordPress移行

重要度

ConoHa WINGロリポップ
移行方法WordPressかんたん移行WordPreess簡単引っ越し

両サーバーとも「かんたん移行機能」があるため、他社サーバーから簡単にWordPressを移行できます。

かんたん移行機能の解説画像

「かんたん移行機能」のメリットは、以下の3点です。

  • サーバー切り替えで、WordPressが表示されない時間をゼロにできる
  • WordPressの移行作業が楽になる
  • ドメイン移管しなくても移行できる

WordPressの移行方法は、以下の記事で解説しています。

サーバー運用歴と国内シェア

重要度

ConoHa WINGロリポップ
国内シェア(2023年1月)ランク外14.15%(第2位)
運営歴2018年~2001年~
運営会社GMOインターネットグループ株式会社GMOペポパ株式会社  

ConoHa WINGは、2018年に運営が開始された新規サーバーです。

国内シェアはランク外です。

一方、ロリポップは2001年から運営する老舗サーバーです。

国内シェアは2位を誇ります。

日本でのレンタルサーバーシェアの円グラフ
ロリポップの国内シェアを詳しく見る
レンタルサーバー会社シェア
①エックスサーバー14.77%
②ロリポップ14.10%
③さくらのレンタルサーバ13.38%
④GMOデジロック4.29%
⑤Amazonウェブサービス4.05%
⑥ヘテムル3.60%
⑦WADAX0.68%
⑧Linodo0.56%
⑨Vultr0.36%
⑩Sixcore0.25%
⑪その他43.96%
hostadvise-レンタルサーバーシェア

国内シェアが高く、サーバー運用歴が長いメリットは以下の2点です。

  1. 分からないことがあっても検索すれば、解決策がすぐに見つかる
  2. ノウハウが蓄積されているため、サーバートラブルが発生しにくい

より安定したサイト運営をしたい方は、ロリポップを利用しましょう。

ConoHa WINGとロリポップで表示速度を比較

ConoHa WINGロリポップ重要度
プランWINGパック-ベーシックハイスピード
初期設定時の表示速度
(パフォーマンススコア)
93.3点92.8点
高速化設定後の表示速度
(パフォーマンススコア)
94.4点99.6点
高速化設定WEXAL®LiteSpeed Cache
WebサーバーApache + NGINXLiteSpeed
PHP動作モードLSAPILSAPI
ディスクの種類SSDSSD
RAID構成RAID10RAID10
通信プロトコルHTTP/2HTTP/2
総合評価おすすめ

表示速度は、ロリポップの方が優れています。

高速化機能設定後に、ロリポップの表示速度が大幅に上回りました。

表示速度

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
初期設定時の表示速度
(パフォーマンススコア)
93.3点92.8点
高速化設定後の表示速度
(パフォーマンススコア)
94.4点99.6点
高速化設定WEXAL®LiteSpeed Cache

PageSpeed Insightsでのパフォーマンススコアは、ロリポップが大きく上回りました。

コノハウィングとロリポップの表示速度比較

LiteSpeed Cacheにより、表示速度が高速化されたからです。

高速なサーバーを利用したい方は、ロリポップを利用しましょう。

\ 初期費用、ドメイン永久無料 /

表示速度の測定条件を見る
表示速度の測定条件
表示速度の測定条件
  • 測定方法:PageSpeed Insightsにて測定
  • 評価指標:パフォーマンススコア
  • WordPressバージョン:6.2.2
  • WordPresssテーマ:Cocoon
  • コンテンツ:2.3Mの画像を3枚添付した投稿記事が2つ
  • 測定日、時間:平日の22時前後
  • 測定値:20回測定時の平均値を採用
  • 対象デバイス:モバイル
  • プラグイン:Wordfence Security、LiteSpeed Cache、All-in-One WP Migration

コノハウィングのWEXAL®とは

WEXAL®とは

WEXAL®は、プライム・ストラテジー株式会社が提供するWeb サイトの高速化エンジンです。

WEXAL®は、以下の方法で表示速度を高速化します。

  • 画像、CSS、JavaScriptを圧縮して軽量化
  • 画像を次世代フォーマット(WebP)に変換
  • AIがプラウザごとに、最適な表示方法を選択

ConoHa WINGでは、WEXAL®を無料で利用できます。

設定方法は、以下の記事で解説しています。

ロリポップのLiteSpeed Cacheとは

LiteSpeed Cacheの画像

LiteSpeed Cacheは、表示速度を向上させるプラグインです。

以下の5つの機能により、表示速度を高速化します。

  1. LiteSpeedサーバーのキャッシュを最適化
  2. QUIC.cloudとWordPressを連携させて画像、HTML、CSS、Javascriptを圧縮
  3. QUIC.cloudとWordPressを連携させて画像をWebP化
  4. WordPressとCDNを連携
  5. リビジョンなど無駄なデータを一括削除

LiteSpeed Cacheは「LiteSpeedサーバー」専用のプラグインです。

Shota

ロリポップはLiteSpeedサーバーを採用しているため、LiteSpeed Cacheを使うことができます。

LiteSpeed Cacheの使い方は、以下の記事で解説しています。

Webサーバー

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
WebサーバーApache + NGINXLiteSpeed

Webサーバーとは、ブラウザからのリクエストに応じて、Webコンテンツを提供するサーバーです。

Webサーバーの解説画像

ConoHa WINGは、ApacheとNGINX(エンジンエックス)を併用しています。

一方、ロリポップはLiteSpeedを採用しています。

WebサーバーはLiteSpeedの方が速い

LiteSpeedを採用している、ロリポップの方が高速になります。

LiteSpeedは「Apache」「NGINX」「Microsoft」に次ぐ第四のWebサーバーと呼ばれ、以下の特徴があります。

  • NGINXと比較し、WordPressの表示速度が12倍になる
  • NGINXと比較し、2.7倍の応答速度がある

LiteSpeedサーバーは、最新で最速のWebサーバーです。

PHP動作モード

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
PHP動作モードLSAPILSAPI

PHP動作モードとは、アプリケーションサーバーの動作方式のことです。

PHP動作モードの解説

PHPなどの動的処理は、アプリケーションサーバーが担当します。

両サーバーともに、PHP動作モードに処理速度が最速のLSAPIを採用しています。

ディスクの種類

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
ディスクの種類SSDSSD
SSDの解説画像

ディスクとは、データを保管しておくための補助記憶装置です。

両サーバーともに、ディスクにSSDを採用しています。

通信プロトコル

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
通信プロトコルHTTP/2 HTTP/2

通信プロトコルとは、ネットワーク上でデータを通信する際の約束ごとです。

通信プロトコルの解説画像

ユーザーがWebサイトを閲覧するまでのやりとりは、以下になります。

  • ブラウザが、Webサーバーに対して見たいページを要求
  • Webサーバーが「この要求は安全で問題ない」と判断
  • Webサーバーが、要求されたページを送信

このやり取りをする際に、通信プロトコルが使用されます。

両サーバーともに、通信プロトコルはHTTP/2を採用しています。

ConoHa WINGとロリポップでサーバーの安定性を比較

ConoHa WINGロリポップ重要度
プランWINGパック-ベーシックハイスピード
サーバー稼働率99.99%以上99.99%以上
品質保証制度 (SLA)対応未対応
メモリ容量8GB(リソース共有) 非公開
vCPU6コア(リソース共有) 非公開
転送量無制限無制限
総合評価おすすめ

両サーバーとも、サーバー稼働率が99.99%以上を誇る安定したサーバーです。

ただし、コノハウィングはロリポップより以下の項目で優れています。

  • 品質保証制度 (SLA)を採用
  • メモリ容量を公開
  • vCPUを公開

そのためConoHa WINGの方が、安定したサーバーだと言えます。

ConoHa WINGのお客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

サーバー稼働率

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
サーバー稼働率99.99%以上99.99%以上
品質保証制度 (SLA)対応未対応

両サーバーとも、サーバー稼働率が99.99%以上を誇ります。

またConoHa WINGは品質保証制度(SLA)に対応しています。

品質保証制度(SLA)とは

重要度

サーバー稼働率が99.9%を下回った場合に、稼働率に応じてサーバー料金が返金される制度です。

稼働率月額料金に対する返金率
99.99%未満 99.9%以上10%
99.9%未満30%

ConoHa WINGは品質保証制度(SLA)を導入することで、サーバーの安定性を保証しています。

メモリ容量、vCPU

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
メモリ容量8GB非公開
vCPU6コア非公開
リソース共有型非公開

ConoHa WINGのメモリ容量とvCPUは、十分なスペックです。

一方、ロリポップはメモリ容量とvCPUについては、非公開です。

Shota

スペックを公開している、ConoHa WINGの方が安定性は高いと評価します。

メモリとは

メモリの解説画像

メモリとは、CPUが演算処理したデータを一時的に記憶するWebサーバーのパーツです。

メモリ容量が不十分だと、表示速度が低下してしまいます。

CPUが、ディスク(SSD)から情報を引き出す時間が必要になるためです。

CPUとは

CPUの解説画像

CPUとはサーバーの「中央演算装置」のことです。

コア数の値が大きいほど、演算装置が増えるため情報の処理速度が速くなります。

リソース保証とは

リソース保証の解説画像

リソース保証とは、共用サーバー内に契約者専用のデータスペースを用意することです。

専用のデータスペースが用意されると、他のユーザーのサイトアクセスが急増しても影響を受けません。

ConoHa WINGではリザーブドプランと契約すると、メモリとCPUに対しリソース保証されます。

リザーブドプランを詳しく

転送量

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
転送量無制限無制限

転送量とは、サーバーから閲覧者に送られるデータサイズの合計量です。

転送量の解説画像

転送量上限を超えると、ページ表示速度が大幅に低下します。

両サーバーとも転送量が無制限です。

そのためブログのアクセスが急増しても、表示速度は下がりにくいことが特徴です。

ConoHa WINGとロリポップでサーバーの機能を比較

ConoHa WINGロリポップ重要度
プランWINGパック-ベーシックハイスピード
ディスク容量300GB 400GB
アクセス解析ツール対応 未対応
Webフォント対応 未対応
メーリングリスト未対応20件登録可能
メールマガジン未対応10件登録可能
(参考)メールの自動返信対応対応
総合評価互角互角

両サーバーの機能は、互角だと判断しました。

両サーバーで、強みとなる機能が異なるからです。

レンタルサーバーメリット
ConoHa WINGアクセス解析ツールを利用できる
Webフォントを利用できる
ロリポップディスク容量が多い
メーリングリストを利用できる
メールマガジンを利用できる
Shota

サーバーの利用目的で判断しましょう。

ディスク容量

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
ディスク容量300GB400GB
独自ドメイン無制限無制限
サブドメイン無制限無制限
メールアカウント無制限無制限
データベース無制限無制限
ディスク容量の解説画像

ディスク容量とは、Webサーバーとメールサーバーの合計容量です。

ディスク容量が少ないと、以下の問題が発生します。

  • ブログの記事数を増やすことができない
  • WordPressを複数運営できない
  • メールを大量に送受信できない

ConoHa WINGでは300GB、ロリポップでは400GBのディスク容量が用意されています。

Shota

両サーバーともに十分なスペックです。

またディスク容量の範囲内で、以下のものを無制限に作成できます。

  • 独自ドメイン
  • サブドメイン
  • メールアカウント
  • データベース
参考

個人ブログの場合、1サイトに必要なディスク容量は約10GBです。

300GBあれば、30サイト作ることができます。

アクセス解析ツール

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
アクセス解析ツール対応未対応
アクセス解析結果の正確性不正確

ConoHa WINGでは、アクセス解析ツールを無料で利用できます。

一方、ロリポップでは、アクセス解析ツールを利用できません。

ただし、ConoHa WINGのアクセス解析の結果は正確ではありません。Googleアナリティクスの結果と大きく乖離します。

ConoHa WINGのアクセス解析結果

ConoHa WINGのアクセス解析結果
日付ConoHa WINGGoogleアナリティクス
10月27日757PV143PV
10月28日3,133PV39PV
10月29日5,053PV43PV
10月30日4,559PV36PV
10月31日5,747PV77PV
11月1日4,249PV55PV
11月2日1,204PV44PV

ConoHa WINGのアクセス解析の値は、Googleアナリティクスより約100倍大きい結果となりました。

この結果から、ConoHa WINGのアクセス解析結果は正確でないことがわかります。

Shota

アクセス解析はGoogleアナリティクスを利用しましょう。

Webフォント

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
Webフォント対応(モリサワ)未対応

ConoHa WINGでは、モリサワが開発した33種類のWebフォントをWordPressに表示させることができます。

一方、ロリポップはWebフォントに対応していません。

Webフォントの例

デフォルトのフォント
ベーシックのWebフォント
テーマ見出しリード文
ベーシック新ゴ B新ゴ B
スタイリッシュのWebフォント
テーマ見出しリード文
スタイリッシュ見出ゴMB31見出ゴMB31

Webフォントの表示方法

TypeSquare Webfonts for ConoHaの画像

以下のプラグインを設定するだけで、Webフォントを表示できます。

レンタルサーバープラグイン
ConoHa WINGTypeSquare Webfonts for ConoHa

設定方法は、以下の記事で解説しています。

メーリングリスト

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
メーリングリスト未対応20件まで登録可能※1
※1:各メーリングリストには、500件のメールアドレスを登録可能
メーリングリストの解説画像

メーリングリストとは、複数の相手に同じ内容のメールを送信できるサービスです。

メーリングリストを利用するメリットは、以下の2点です。

  • 「専用アドレス宛」にメール送信するだけで、登録メンバー全員にメールを配信できる
  • 登録メンバーは「専用アドレス宛」にメール返信すれば、送信者のみに返信できる
エックスサーバーのスタンダードプランでは最大20件、のべ10,000人をメーリンクリストに登録でき

ConoHa WINGでは、メーリングリストを利用できません。

一方、ロリポップのハイスピードプランと契約すると最大20件、のべ10,000人をメーリンクリストに登録できます。

メーリングリスト20件×1件あたりの登録メールアドレス500件=10,000人

メールマガジン

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
メーリングマガジン未対応10件まで登録可能※2
※2:各メールマガジンには、1000件のメールアドレスを登録可能

メールマガジンとは、製品やサービスに関する情報発信を行い、読者との関係構築を図るコミュニケーションツールです。

メールマガジンの解説画像

メールマガジンは、読者が自ら購読を希望して登録します。

そのため「年齢・性別・ニーズがわからない登録者にも積極的にメール配信できること」がメリットです。

ConoHa WINGでは、メールマガジンを利用できません。

一方、ロリポップのハイスピードプランと契約すると、最大10件までメールマガジンを登録することができます。

メールマガジンを利用したい方は、ロリポップと契約しましょう。

\ 初期費用、ドメイン永久無料 /

ConoHa WINGとロリポップでセキュリティ機能を比較

ConoHa WINGロリポップ重要度
プランWINGパック-ベーシックハイスピード
無料独自SSL対応対応
オプションSSLアルファSSLが無料全て有料
自動バックアップ14日分 約1週間分
バックアップの復元難しいかなり難しい
WAF対応対応
WAFの個別除外対応未対応
(参考)メールセキュリティスパムフィルター対応スパムフィルター対応
アダルトサイトの運営不可能不可能
総合評価おすすめ

セキュリティ機能は、ConoHa WINGの方が優れています。

理由は以下の3点です。

  1. アルファSSLを無料で利用できる
  2. バックアップの復元が、ロリポップより簡単
  3. WAFの個別除外設定に対応
Shota

詳しく解説します。

独自ドメインへのSSL化

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
無料独自SSL対応対応
オプションSSLアルファSSLが無料全て有料

両サーバーとも、無料で独自ドメインにSSL化を設定できます。

コノハウィングでは、オプションのアルファSSLを無料で設定することができます。

SSL化とは?
SSL化(https)とは

SSLとは、ユーザーのブラウザとレンタルサーバーのデータ通信を暗号化することです。

プラウザの例
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Firefox
  • Safari

データ通信を暗号化することで、以下のリスクからユーザーを守ることができます。

  • WordPress(Webサイト、ブログ)のデータ改ざん
  • なりすましによる盗聴やデータの悪用
  • 個人情報やクレジットカード番号の漏えい

WordPressを安全に運営するためにも、SSL化は必須です。

SSL化されていないURLの画像
SSL化されていないURL
SSL化されたURL
SSL化されたURL

なおWordPressをSSL化すると、URLは以下のように変化します。

  • 「http://」が「https://」に変化
  • 「保護されていない通信」の表記が、鍵マークに変化

ConoHa WINGのオプション独自SSL

ConoHa WINGが提供している、オプション独自SSLは以下になります。

認証タイプSSL証明書料金
ドメイン認証GMOグローバルサインのアルファSSL無料
ドメイン認証GMOグローバルサインのクイック認証SSL2,200円/月
企業認証GMOグローバルサインの企業認証SSL58,080円/1年
EV認証GMOグローバルサインのEV SSL129,800円/1年

ConoHa WINGではアルファSSLを無料で利用できます。

アルファSSLを設定するメリット

アルファSSLのメリットは、サイトの信頼性が上がることです。

アルファSSLを設定すると、自サイトが「詐欺サイトやフィッシングサイト」とは異なることをアピールできます。

アルファSSLは、ConoHa WING以外では年間6,600円かかります。

そのため、詐欺サイトやフィッシングサイトはアルファSSLを導入できません。

サイトの信頼性を上げるために、アルファSSLの設定は有効です。

ロリポップのオプション独自SSL

ロリポップが提供している、オプション独自SSLは以下になります。

認証タイプSSL証明書料金
ドメイン認証GMOグローバルサイン株式会社提供のクイック認証SSL22,000円/年
企業認証GMOグローバルサイン株式会社提供の企業認証SSL65,780円/年
EV認証GMOグローバルサイン株式会社提供のEV SSL140,800円/年
フェニック

ブログ初心者は使わなくてOKだよ!

自動バックアップ

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
自動バックアップ14日分約1週間分
バックアップ料金無料無料
バックアップの復元FTPソフトで復元サポートセンターに連絡
FTPソフトで復元

両サーバーとも、WordPressの自動バックアップ機能を無料で利用できます。

しかしバックアップの復元は、難易度が高くなります。

バックアップの復元に、FTPソフトが必要だからです。

フェニック

FTPソフトって何?

Shota

レンタルサーバーとパソコンを連携させるツールだよ。

ConoHa WINGでのバックアップの復元方法

手順は以下になります。

STEP
Webサーバーのバックアップを復元する
Webサーバーのバックアップデータを復元する
  • Webサーバーのバックアップを、バックアップ用フォルダへ移動
STEP
ConoHa WINGでFTPアカウントを作成
  • FTPソフトとConoHa WINGのファイルマネージャーを連携
STEP
Webサーバーを復旧する
Webサーバーのバックアップデータを、もとの場所に戻すにはFTPソフトが必要
  • Webサーバーのバックアップを、パソコンにダウンロード
  • ダウンロードしたバックアップを、ドメインフォルダにアップロード
STEP
データベースのバックアップデータを復元する
データベースのバックアップデータを復元する
  • データベースのバックアップで、新しいデータベースを作成
STEP
データベースを復旧する
ConoHa WINGでデータベースを復旧する
  • ファイルマネージャーの接続を復元したデータベースへ切り替える
フェニック

ちょっと難しいね。

Shota

頑張れば大丈夫だよ。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

ロリポップのバックアップの復元方法

ロリポップのメールサポートからの返信メールの画像

ロリポップでのバックアップの復元方法は公式サイトに記載がないため、メールサポートに確認しました。

メールサポートからの返信は、以下になります。

この度はお問合せいただき、ありがとうございます。
カスタマーサービスでございます。

ご質問いただいた内容についてご案内します。

ベーシックプラン以上で利用いただける自動バックアップ機能については、
弊社側で緊急時に備えて保持しておいたデータを提供するサービスになります。

お客さまでの復元操作はできず、弊社へ必要なデータの日時をお教えいただき、
そのデータがサーバー上に保持されていれば提供する流れとなります。

なお、弊社でバックアップしている緊急時用の保持データは一週間前後になりますので、万が一データが消失した場合はできる限り早くご連絡いただきますようお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、当メールへ直接ご返信くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

※ご返信の際にファイルを添付いただいた場合、ファイルは無効となり弊社では確認ができません。
 何卒ご了承ください。

要約すると、バックアップの復元方法は以下になります。

ロリポップでのバックアップの復元方法
  1. サポートセンターに、必要なバックアップの日時を連絡する
  2. ロリポップから、バックアップを受け取る
  3. 受け取ったバックアップを、FTPソフトで復元する

ConoHa WINGより手間と時間がかかります。

バックアップの復元を万全にしたい方は、ConoHa WINGと契約しましょう。

WAF

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
WAF対応対応
WAFとは

WAFは、Webアプリケーションの保護に特化したセキュリティ対策です。

Webアプリケーションの例
  • WordPress本体
  • WordPressテーマ
  • WordPressプラグイン

ユーザーとWordPressのHTTP/HTTPS通信内容をチェックし、攻撃と判断した通信を遮断することでWordPressを保護します。

両サーバーともに、WAFは標準搭載されています。

WAFの個別除外設定

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
WAFの個別除外設定対応未対応
WAFの個別除外設定とは

WAFの個別除外設定とは、自分のIPアドレスだけWAFを通過させる設定のことです。

ConoHa WINGで設定を保存できない原因はWAFの誤検知

WordPressの設定を変更する際に「閲覧できません(Forbidden access)」とエラー表示された場合に有効です。

ConoHa WINGでは、WAFの個別除外設定に対応しています。

一方、ロリポップでは対応していません。

設定方法は、以下の記事で解説しています。

アダルトサイトの運営

重要度

ConoHa WING
WINGパック-ベーシック
ロリポップ
ハイスピード
アダルトサイトの運営不可能不可能

両サーバーともに、アダルトサイトを運営できません。

アダルトサイトを運営したい方は、「mixhost」または「シンレンタルサーバー」と契約しましょう。

まとめ

今回は、コノハウィングとロリポップで以下の7項目を比較しました。

ConoHa WINGロリポップ
プランWINGパック-ベーシックハイスピード
①料金かなり安いかなり安い
②サポート体制充実充実
③表示速度速い最高速
④サーバーの安定性安定(保障あり)安定
⑤サーバーの機能充実充実
⑥セキュリティやや不十分不十分
⑦アダルトサイトの運営不可能不可能
総合評価互角互角

当サイトでは、両サーバーの総合評価は互角だと判断しました。

ConoHa WINGがおすすめの人

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGがおすすめの人は、以下になります。

  1. WordPressの開設に不安のあるブログ初心者
  2. 安定したサーバーを利用したい人
  3. Webフォントを利用したい人
  4. アルファSSLを無料で利用したい人

これらに当てはまる人には、ConoHa WINGがおすすめです。

ConoHa WINGのお客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

ロリポップがおすすめの人

ロリポップのメリット

ロリポップがおすすめの人は、以下になります。

  1. 手厚いサポートを受けたい人
  2. 業界最高速のサーバーを利用したい人
  3. メーリングリスト、メールマガジンを利用したい人
パソコンのパフォーマンススコア
パソコンのスコア
モバイルのパフォーマンススコア
モバイルのスコア

これらに当てはまる人には、ロリポップがおすすめです。

サーバー選びの参考になれば、幸いです。

\ 初期費用、ドメイン永久無料 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次