WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

【2022年】ロリポップでWordPressを削除する方法

【2022年】ロリポップでWordPressを削除する方法
フェニック

ロリポップでWordPressを削除したいけど方法がわからないぞ?

今回はこのような疑問にお答えします。

ロリポップでのWordPressの削除は少し面倒です。

以下の2つの工程が必要だからです。

  1. WordPressのフォルダとファイルの削除
  2. データベースの削除

そこで今回はロリポップで確実にWordPressを削除する方法を解説します。

画像30枚以上使い解説しているので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

まだサーバー未契約の方にはロリポップハイスピードプラン評判レビューの記事もおすすめです。

目次

ロリポップに設置したWordpressを削除する方法

ロリポップに設置したWordpressを削除する方法の解説画像①

ロリポップに設置したWordpressを削除ための作業は、以下の2つです。

  1. WebサーバーのWordPressのフォルダとファイルを削除する
  2. WordPressを保管していたデータベースを削除する

データベースとはWordPressのデータを保存・管理するシステムのことです。

WordPressのインストール先をチェックする

WordPressのフォルダとファイルを削除するため、WordPressのインストール先をチェックします。

ロリポップ管理画面から【サーバーの管理・設定】⇒【独自ドメイン設定】をクリック

ロリポップ管理画面から【サーバーの管理・設定】⇒【独自ドメイン設定】をクリックします。

WordPressをインストールしたドメインの、公開(アップロード)フォルダをチェック

WordPressをインストールしたドメインの、公開(アップロード)フォルダをチェックします。

公開(アップロード)フォルダが、WordPressのインストール先です。

メモしておきましょう。

ロリポップFTPでWordPressのフォルダとファイルを削除する

ロリポップFTPでWordPressのフォルダとファイルを削除する方法の解説画像

ロリポップFTPでロリポップのWebサーバーに接続し、WordPressのフォルダとファイルを削除します。

ロリポップ管理画面から【サーバーの管理・設定】⇒【ロリポップ!FTP】をクリック

ロリポップ管理画面から【サーバーの管理・設定】⇒【ロリポップ!FTP】をクリックします。

公開(アップロード)フォルダをクリック

先ほど確認した、公開(アップロード)フォルダをクリックします。

フォルダとファイルの項目全てに、チェックを入れる

フォルダとファイルの項目全てに、チェックを入れます。

【削除する】をクリック

【削除する】をクリックします。

これでWordPressのファイルとフォルダの削除は完了です。

なおロリポップFTPの使い方は、以下の記事で解説しています。

公開(アップロード)フォルダのフォルダとファイルは全て削除する

ロリポップ公式ではWordPressを削除する場合は、以下のフォルダとファイルを削除するように推奨しています。

wp-adminフォルダ

wp-contentフォルダ

wp-includesフォルダ

index.php

license.txt

readme-ja.html

readme.html

wp-activate.php

wp-blog-header.php

wp-comments-post.php

wp-config-sample.php

wp-config.php

wp-cron.php

wp-links-opml.php

wp-load.php

wp-login.php

wp-mail.php

wp-settings.php

wp-signup.php

wp-trackback.php

xmlrpc.php

引用:ロリポップ-WordPressの削除

ただし公開(アップロード)フォルダのフォルダとファイルは、全て削除しましょう。

理由は以下の2点です

  1. プラグイン関係のフォルダやファイルも、同時に削除するため
  2. ロリポップは削除すべき必要最低限のフォルダとファイルしか指示していないため

以上のことから、公開(アップロード)フォルダのフォルダとファイルは全て削除しましょう。

データベース名とテーブル接続辞の確認する

空になったデータベースを削除するため、データベース名とテーブル接続辞を確認します。

テーブル接続辞は、WordPressを保管していたデータベースの特定に使います。

簡単インストールを使いWordPressをインストールした場合

ロリポップ管理画面から【サイト作成ツール】⇒【WordPress簡単インストール】をクリック

ロリポップ管理画面から【サイト作成ツール】⇒【WordPress簡単インストール】をクリックします。

WordPressのインストール履歴から以下の2点をチェック

WordPressのインストール履歴から、以下の2点をチェックします。

  1. 利用データベース
    ⇒データベース名のこと
  2. テーブル接続辞
利用データベースとテーブル接続辞をExcelにコピペした画像

利用データベースとテーブル接続辞は後ほど使用するため、Excelにコピペして保管しておきましょう。

自分でWordPressをインストールした場合

ロリポップ管理画面から【サーバーの管理・設定】⇒【ロリポップ!FTP】をクリック

ロリポップ管理画面から【サーバーの管理・設定】⇒【ロリポップ!FTP】をクリックします。

「wp-config.phpファイル」をクリック

ロリポップFTPにログインしたら「wp-config.phpファイル」をクリックします。

「define( 'DB_NAME'」以降に記載されているコードの画像

「define( ‘DB_NAME’」以降に記載されているコードが、データベース名になります。

「$table_prefix =」以降に記載されているコードの画像

「$table_prefix =」以降に記載されているコードが、テーブル接続辞になります。

データベース名とテーブル接続辞をExcelにコピペした画像

データベース名とテーブル接続辞は後ほど使用するため、Excelにコピペして保管しておきましょう。

WordPressを保管していたデータベースを削除する

WordPressを保管していたデータベースを削除する方法の解説画像

空になったデータベースを削除します。

ロリポップ管理画面から【サーバーの管理・設定】⇒【データベース】をクリック

ロリポップ管理画面から【サーバーの管理・設定】⇒【データベース】をクリックします。

データベース一覧から、先ほどチェックしたデータベースを見つけ【操作する】をクリック

データベース一覧から、先ほどチェックしたデータベースを見つけ【操作する】をクリックします。

以降の手順は、データベースの利用方法によって異なります。

該当する方法でデータベースを削除してください。

1つのデータベースにWordPressを1つ設置していた場合

データベースの項目の【データベース削除】をクリック

データベースの項目の【データベース削除】をクリックすれば完了です。

データベースに設置していたWordPressの数は、ロリポップの【WordPressインストール履歴】から確認できる

データベースに設置していたWordPressの数は、ロリポップの【WordPressインストール履歴】から確認できます。

【WordPressインストール履歴】へのアクセス方法は簡単インストールを使いWordPressをインストールした場合で解説しています。

1つのデータベースにWordPressを複数設置していた場合

この場合データベースごと削除すると、他のWordPressのデータも削除されてしまいます。

そのためphpMyAdminにログインし、該当するデータベースのみを削除します。

phpMyAdminにログインするためにサーバー、ユーザー名、パスワードをチェックする

phpMyAdminにログインするために、データベースの項目の以下の3つをチェックしておきましょう。

  1. サーバー
  2. ユーザー名
  3. パスワード

パスワードは【パスワード確認】をクリックすると表示されます。

チェックが完了したら【phpMyAdminを開く】をクリック

チェックが完了したら【phpMyAdminを開く】をクリックします。

「phpMyAdminへようこそ」と表示されたらユーザー名、パスワードを入力

「phpMyAdminへようこそ」と表示されたらユーザー名、パスワードを入力します。

また先ほどチェックしたサーバーを選択します。

設定が済んだら【完了】をクリックします。

phpMyAdminへのログインは完了です。

phpMyAdminにログインしたら【データベース名】をクリック

phpMyAdminにログインしたら【データベース名】をクリックし、データベースを読み込みます。

Excelに保管したテーブル接続辞をコピー

該当するデータベースを探すため、Excelに保管したテーブル接続辞をコピーします。

【CTRL+F】キーをクリックし、検索ボックスを表示させる

次に【CTRL+F】キーをクリックし、検索ボックスを表示させます。

検索ボックスにテーブル接続辞を貼り付けましょう。

該当するデータベースが表示されるので、全てにチェックを入れる

該当するデータベースが表示されるので、全てにチェックを入れます。

phpMyAdminの項目から【削除】を選択

phpMyAdminの項目から【削除】を選択します。

「以下のクエリを実行しますか?」と表示されたら【はい】をクリック

「以下のクエリを実行しますか?」と表示されたら【はい】をクリックします。

これでデータベースの削除は完了です。

Shota

お疲れさまでした。これでWordPressの削除は完了です。

ロリポップでのWordPressの削除方法のまとめ

今回はロリポップでWordPressを削除する方法を解説しました。

さくっとおさらいします。

ロリポップでのWordPressの削除方法
  • WordPressのインストール先をチェックする
  • ロリポップFTPでWordPressのフォルダとファイルを削除する
  • データベース名とテーブル接続辞の確認する
  • WordPressを保管していたデータベースを削除する

以下の項目では、ロリポップでのWordPressの削除方法に関してよくある質問に回答しています。

不明点がある方は参考にしてください。

ロリポップでのWordPressの削除に関する質問

ロリポップで削除したWordPressを再インストールする方法は?

WordPressをインストールした時と同様の手順で、再インストールします。

手順は以下の通りです。

STEP
簡単インストールからWordPressをインストール
ロリポップの簡単インストールの画面
STEP
ロリポップ管理画面からSSL化を設定
ロリポップのダッシュボードから【セキュリティ】⇒【独自SSL証明書導入】をクリック
STEP
WordPressの一般設定から常時SSL化を設定
WordPress一般設定での常時SSL化設定
STEP
ロリポップFTPから常時SSL化を設定
「.htaccessファイル」の一番上に常時SSL化コードを記載した画像

再インストールの方法は、以下の記事で解説しています。

ロリポップでWordPressを削除せずにサイトを閉鎖する方法は?

アクセス制限をかけることでサイトを閉鎖することができます。

ロリポップ管理画面から【セキュリティ】⇒【アクセス制限】をクリック

ロリポップ管理画面から【セキュリティ】⇒【アクセス制限】をクリックします。

アクセス制限の項目で【新規作成】をクリック

アクセス制限の項目で【新規作成】をクリックします。

【設定したドメインのディレクトリから入力できます。】からサイトを閉鎖するドメインを選択

【設定したドメインのディレクトリから入力できます。】からサイトを閉鎖するドメインを選択します。

その他の項目の設定方法

その他の項目は、以下のように設定してください。

項目設定方法
認証フォームタイトルブログ・サイト名を入力
アカウント名ログインに必要なアカウント名を入力
パスワードログインに必要なパスワードを入力

設定が完了したら【作成】をクリックします。

【タイトル/設定ディレクトリ】のURLをクリック

アクセス制限の確認を行います。

【タイトル/設定ディレクトリ】のURLをクリックします。

ログイン画面が表示された画像

ログイン画面が表示されたら、アクセス制限は成功です。

これでWordPressを削除せずに、サイトを閉鎖することができました。

ロリポップでドメインを削除する方法は?

削除したいドメインにチェックを入れて【ドメイン解除】をクリック

ロリポップの管理画面の独自ドメイン設定から削除できます。

削除したいドメインにチェックを入れて【ドメイン解除】をクリックすれば完了です。

WordPressのアカウントを削除する方法は?

WordPressの管理画面から【ユーザー】⇒【ユーザー一覧】をクリック

WordPressの管理画面から【ユーザー】⇒【ユーザー一覧】をクリックします。

削除したいアカウントにカーソルをあわせて【削除】をクリック

削除したいアカウントにカーソルをあわせて【削除】をクリックします。

これでWordPressのアカウントを削除は完了です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次