WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

エックスサーバーでワードプレスとドメインを削除する方法

エックスサーバーでワードプレスとドメインを削除する方法
フェニック

ブログを辞めたいんだけど、どうやって削除したらいいの?

今回はこのような疑問にお答えします。

WordPressブログを辞める場合、以下の作業が必要です。

  • WordPressの削除
  • 使用していたドメインの削除

そこで今回は、WordPressと独自ドメインの削除方法を解説します。

併せて「サブドメイン」と「サブディレクトリ」の削除方法も解説します。

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

まだサーバー未契約の方にはエックスサーバーの評判とメリット・デメリットの記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

目次

エックスサーバーでワードプレスを削除する方法

WordPressのデータには2種類ある

WordPressのデータは2種類あります。

  1. サーバー領域のデータ:HTMLファイル、CSSファイル、画像ファイルなど
  2. データベース:投稿記事、固定ページ、WordPressログインIDなど

WordPressの削除には、上記の2種類のデータ削除が必要です。

独自ドメインのワードプレスを削除する方法

サーバーパネルのログイン画面

サーバーパネルにログインします。

サーバーパネルへのログイン方法は、以下の記事で解説しています。

サーバー領域のデータを削除する

エックスサーバーのサーバーパネルから【WordPress簡単インストール】をクリック

サーバーパネルから【WordPress簡単インストール】をクリックします。

WordPressを削除するドメインを選択

WordPressを削除するドメインを選択します。

WordPressの削除方法の解説画像

WordPressを削除する前に「MySQLデータベース名」をメモしておきましょう。

データベースを削除する際に使用します。

メモが完了したら【削除】をクリックします。

削除するサーバー領域のデータが表示された画像

削除するサーバー領域のデータが表示されます。

Shota

「publiic_html」以降のフォルダを全て削除します。

【アンインストールする】をクリックしましょう。

「WordPressのアンインストールは完了しました。」と表示された画面

「WordPressのアンインストールは完了しました。」と表示されたら、サーバー領域のデータ削除は完了です。

「public_html」以降のフォルダは全て削除された画像

ファイルマネージャーにてドメインフォルダを確認すると「public_html」以降のフォルダは全て削除されていました。

データベースを削除する

エックスサーバーのサーバーパネルから【MySQL設定】をクリック

エックスサーバーのサーバーパネルから【MySQL設定】をクリックします。

データベースに自動でログインします。

パソコンで【CTRL+F】をクリックし「検索ボックス」を表示させます。

メモしたデータベース名を入力しましょう。

削除するWordPressのデータベース名が表示されるので【削除】をクリック

削除するWordPressのデータベース名が表示されるので【削除】をクリックします。

【削除する】をクリック

【削除する】をクリックします。

「MySQLデータベースの削除を完了しました。」と表示された

「MySQLデータベースの削除を完了しました。」と表示されたら、データベース削除は完了です。

サブドメインのワードプレスを削除する方法

サブドメインの具体例
  • ルートドメイン:pheonix-blog.com
  • サブドメインsmoothie.pheonix-blog.com

独自ドメインに作ったWordPressと削除方法は同じです。

サブドメインについては、以下の記事で解説しています。

STEP
サーバーパネルから【簡単インストール】⇒【ルートドメイン】をクリックする
サーバーパネルから【簡単インストール】をクリック
【ルートドメイン】をクリック
STEP
画面が切り替わったらサブドメインを表示させる
画面が切り替わったらサブドメインを表示させる
  • サブドメインのMySQLデータベース名をメモする
  • 【削除】をクリックする
STEP
アンインストールをクリックする
アンインストールをクリックする
  • 【削除対象ディレクトリ】にサブドメインが表示されていることを確認する
STEP
「インストール済みWordPress一覧」で独自ドメインのWordPressが残っていることを確認する
「インストール済みWordPress一覧」に独自ドメインのWordPressが削除されていないことを確認する
  • 誤って削除した場合はバックアップを使ってWordpressを復旧する
  • 復旧方法は以下の記事で解説
STEP
サーバーパネルから【MySQL設定】をクリックする
サーバーパネルから【MySQL設定】をクリック
STEP
メモしたデータベース名に表示された【削除】をクリックする
メモしたデータベース名に表示された【削除】をクリック
STEP
【削除する】をクリックする
【削除する】をクリック
「MySQLデータベースの削除を完了しました。」と表示された画面

「MySQLデータベースの削除を完了しました。」と表示されたら、サブドメインのWordPress削除は完了です。

サブディレクトリのワードプレスを削除する方法

サブディレクトリの具体例
  • ルートドメイン:pheonix-blog.com
  • サブディレクトリ:pheonix-blog.com/blog

独自ドメインに作ったWordPressと削除方法は同じです。

サブディレクトリについては、以下の記事で解説しています。

STEP
サーバーパネルから【簡単インストール】⇒【ルートドメイン】をクリックする
サーバーパネルから【簡単インストール】をクリック
サーバーパネルから【ルートドメイン】をクリック
STEP
画面が切り替わったらサブディレクトリを表示させる
画面が切り替わったらサブディレクトリを表示させる
  • サブディレクトリのMySQLデータベース名をメモする
  • 【削除】をクリックする
STEP
アンインストールをクリックする
アンインストールをクリックする①
アンインストールをクリックする②
  • 【削除対象ディレクトリ】にサブディレクトリが表示されていることを確認する
STEP
サーバーパネルから【MySQL設定】をクリックする
サーバーパネルから【MySQL設定】をクリックする
STEP
メモしたデータベース名に表示された【削除】をクリックする
メモしたデータベース名に表示された【削除】をクリックする
STEP
【削除する】をクリックする
【削除する】をクリックする
「MySQLデータベースの削除を完了しました。」と表示された画面

「MySQLデータベースの削除を完了しました。」と表示されたら、サブディレクトリのWordPress削除は完了です。

サブディレクトリ配下のフォルダの画像

ファイルマネージャにて、サブディレクトリ配下のフォルダを確認するとWordPress関連のフォルダは全て削除されていました。

エックスサーバーでドメインを削除する方法

中休み

WordPressを削除した場合、ドメインは不要になります。

そこで、この項目ではドメインの削除方法を解説します。

ドメインには、独自ドメインとサブドメインがあります。

それぞれ解説します。

エックスサーバーの独自ドメインの削除方法

サーバーパネルから【ドメイン設定】をクリック

サーバーパネルから【ドメイン設定】をクリックします。

削除する独自ドメインに表示された【削除】をクリック

「削除する独自ドメイン」に表示された【削除】をクリックします。

【削除する】をクリック

【削除する】をクリックします。

「ドメイン設定の削除が完了しました。」と表示された画面

「ドメイン設定の削除が完了しました。」と表示されたら、作業完了です。

【ドメイン設定一覧】に、削除した独自ドメインが表示されていない画面

【ドメイン設定一覧】に、削除した独自ドメインが表示されていないことを確認しましょう。

ドメイン設定の初期化とは?

「ドメイン設定の初期化」とは、独自ドメインにアップロード済みデータや設定を初期化する機能です。

主に以下の場面で利用します。

  • 誤って別のWordPressに、301リダイレクトを設定した場合
  • SSL化や常時SSL化を失敗した場合
  • php.iniを誤って編集し、WordPressが表示されなくなった場合

WordPressの開設を、1からやり直したい場合に設定します。

エックスサーバーのサブドメインの削除方法

サブドメインを削除する場合は、サーバーパネルの【サブドメイン設定】から削除します。

STEP
サーバーパネルの【サブドメイン設定】をクリックする
サーバーパネルの【サブドメイン設定】をクリック
STEP
サブドメインの元となる独自ドメインを選択する
サブドメインの元となる独自ドメインを選択する
STEP
サブドメイン名を確認し【削除】をクリックする
サブドメイン名を確認し【削除】をクリック
STEP
【削除する】をクリック
【削除する】をクリック
「~ドメインにて、サブドメイン設定の削除が完了しました。」と表示された画面

「~ドメインにて、サブドメイン設定の削除が完了しました。」と表示されたら、作業完了です。

エックスサーバーのドメインを削除できない時の対処方法

エックスサーバーでドメインを削除しようとすると、以下のように表示されることがあります。

選択中の「設定対象ドメイン」を削除できません。「設定対象ドメイン」をクリアした後に、改めて削除してください。

これではドメインを削除できません。

以下の方法で対処します。

STEP
サーバーパネル上部の【クリア】をクリック
サーバーパネル上部の【クリア】をクリック
STEP
サーバーパネルのドメイン設定をクリック
サーバーパネルのドメイン設定をクリック
STEP
削除するドメインを選択し【削除】をクリック
削除するドメインを選択し【削除】をクリック
STEP
【削除する】をクリック
【削除する】をクリック
「ドメイン設定の削除が完了しました。」と表示された画面

「ドメイン設定の削除が完了しました。」と表示されたら、ドメインの削除は成功です。

エックスサーバーのワードプレスとドメイン削除の質問集

WordPress削除後に再インストールする場合、どうしたらいいですか?

エックスサーバーの簡単インストール機能を使い、再インストールします。手順はWordPressのインストールと同じです。

再インストール方法は、以下の記事で解説しています。

既に独自ドメインを削除してしまった場合は、ドメイン設定をした後に再インストールしてください。

ドメイン設定の方法は、以下の記事で解説しています。

エックスサーバー解約時にもWordPressを削除する必要がありますか?

WordPressではなく独自ドメインを削除します。

独自ドメインを削除すると、WordPressも削除されるからです。

エックスサーバーの解約方法は、以下の記事で解説しています。

誤って独自ドメインを削除してしまった場合、再取得できますか?

再取得できます。

ドメイン削除は、ドメイン設定を解除しただけで解約した訳ではないからです。

改めてドメイン設定すれば再取得できます。

ドメイン設定の方法は以下の記事で解説しています。

誤ってドメインを解約してしまった場合は、約3ヶ月以内なら再取得できます。

エックスサーバーのお問い合わせフォームから再取得を申請してください。

まとめ

今回は、エックスサーバーでのWordPressとドメインの削除方法を解説しました。

さくっと内容を振り返ります。

WordPressの削除方法
  1. サーバー領域のデータを削除する
  2. データベースを削除する
ドメインの削除方法
  1. サーバーパネルのドメイン設定から削除する
  2. ドメインの削除とはドメイン設定を解除することであり、解約する訳ではない

今回の内容は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次