WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

WordPressのディスカッション設定【アバターの設定も解説】

WordPressのディスカッション設定【アバターの設定も解説】
フェニック

WordPressにコメント欄を設置したいけど、ディスカッションの設定方法が全くわからないぞ!

今回はこのような疑問に答えます。

ディスカッションを適切に設定しないと「コメントが表示されない」「スパムコメント」などのリスクが発生します。

ただディスカッション設定は難しい言葉が多く、設定方法がわからないですよね。

そこで今回はWordPressのディスカッション設定について詳しく解説します。

画像60枚以上使い、わかりやすく解説するのでぜひ参考にしてください。

追記です。
WordPressを立ち上げたばかりの人には「WordPressの初期設定」の記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

WordPressのディスカッション設定とは

ピンバックの解説画像
ピンバック
コメント欄の画像
コメント欄

ディスカッション設定とは、読者さんとのコミュニケーションに関する設定です。

下記の3点について設定します。

  • ピンバックに関する設定
  • コメント欄に関する設定
  • コメント欄のセキュリティに関する設定
ディスカッション設定の管理画面を表示させる方法

ダッシュボードから【設定】⇒【ディスカッション】とページを進めると、ディスカッション設定の管理画面が表示されます。

コメントをもらうとブログのモチベーションがアップする

【ディスカッション設定】によりコメント欄を設置すると、読者さんから多くのコメントが届きます。

コメント内容のほとんどが「記事への感謝」です。

ヒロシさん

ありがとうございます。解説がとても丁寧で私にもわかりました。本当に”痒い所に手が届く”ものでした。

引用:All in One WP Migrationのバックアップと容量を上げる方法-コメント欄

佐藤元宣さん

本当にわかりやすくためになりました。
感謝の一言です。

私自身、事業でワードプレスを使用したWEBサイトを公開しておりますが、pagespeed insights(ページスピードインサイト)でスマホとパソコンいずれも速度が遅く解決方法を探していました。

WEBに関しては全くの素人で、1から10まで書かれた通りに対応すれば改善できるようなページを探しており、やっとのことで、このページ(記事)に出会うことができました。

記事に書かれている通りに実行したところ、pagespeed insights(ページスピードインサイト)でスマホでは、赤表示(悪い)ものがオレンジ(改善必要)となり、パソコンでは、オレンジが緑(良好)となりました。

ちなみに、ロリポップのレンタルサーバーのプランをライトプランからハイスピードプランに変更し、LiteSpeed Cacheプラグインをインストール・有効化しましたが、その後をどうすればわからなかった状況でした。

しかしながら、この記事にはその解決方法が1から10まで素人でもわかるようになっており、本当に感謝しています。

私自身、人生で初めて記事に対してコメントしました。

そのくらいありがたく感じ、同じ悩みを抱えている人に届けばといった想いもありますし、本記事を作成・公開してくれたShotaさんに対するリスペクトにもつながると思います。

改めて、本当にありがとうございました。

ちなみに、画像最適化が完了するまで半日もかかりました。
(素人からしますと、フリーズして動かなくなったのか心配になりました)

引用:LiteSpeed Cacheの不具合のない設定方法-コメント欄

じゃにママさん

初めまして。
こちらのプライバシーポリシーを引用させていただきました。
実はグーグルアドセンスを先走ってプライバシーポリシーを設置する前に登録申請してしまい、まだ返事が来ていない状態になっております。
こちらのプライバシーポリシーを使わせていただけて本当に助かりました。
合格するように少しずつ頑張っていこうと思います。
ありがとうございました。

引用:【コピペOK】ブログ用プライバシーポリシーと免責事項・著作権の雛形-コメント欄

はちこさん

自分が見つけられないだけかと心折れそうでしたが、お返事をいただいて安心しました。
とりあえず教えていただいたXML Sitemap & Google Newsを使用して、引き続き設定を進めます。
迅速なご回答に感謝いたします。お忙しい中ありがとうございました。

引用:XML Sitemapsの設定と使い方【XMLSitemapsがない人へ】-コメント欄

読者さんから感謝のコメントのおかげで、私はブログへのモチベーションがアップしました。

皆様にも、コメント欄を有効活用してほしいと思っています。

そこで以下の項目では、安全にコメント欄を運営する方法を解説します。

WordPressのディスカッション設定の設定方法

中休み

ディスカッション設定では8つの項目を設定します。

①デフォルトの投稿設定

デフォルトの投稿設定の画面

この項目ではピンバック機能の使用、コメント欄の設置について設定します。

投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる

【投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる】にチェックを入れる

この項目にチェックを入れると、記事に外部リンクを貼った際に、外部リンク先にリンクを貼ったことを通知することができます。

【コメント】にピンバックの通知が届く

外部リンク先の相手には、ダッシュボードの【コメント】に通知が届きます。

ピンバックの解説画像
ピンバックの解説画像

通知する目的はピンバックと呼ばれる相互リンクです。

相手のコメント欄に自分の記事が外部リンクとして貼られた画像(ピンバック成功)

外部リンク先の相手がピンバックを承認すると、相手のコメント欄に自分の記事が外部リンクとして貼られます。

つまり被リンクがもらえるのです。

【投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる】にチェックを入れる

ブログを立ち上げたばかりの方は、この項目にチェックを入れましょう。

ピンバックによる被リンクの獲得により、ブログのドメインパワーがアップするからです。

被リンク獲得のためにも【投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる】には、チェックを入れておきましょう。

ピンバックは必ず成功するわけではない
ピンバックの通知がOFFの設定
ピンバックの通知がOFFの設定

外部リンク先の相手が「ピンバックの通知」を受け付けていない場合、ピンバックは成功しません。

ピンバックは「成功したらラッキー」ぐらいの気持ちで設定しましょう。

新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

【新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける】の画面

この項目にチェックを入れると、外部からのピンバックを許可することになります。

相互リンクによるドメインパワーアップのためにも、チェックを入れておきましょう。

ピンバックの投稿画面での設定

投稿画面の【ピンバックとトラックバックを許可】にチェックを入れた画像

ピンバックに関する設定は、投稿画面での設定が優先されます。

ブロックエディタでは投稿画面のサイドバーから設定します。

ピンバックにより被リンクを獲得したい方は、投稿画面の【ピンバックとトラックバックを許可】にチェックを入れておきましょう。

新しい投稿へのコメントを許可

【新しい投稿へのコメントを許可】にチェックを入れた画像

この項目にチェックを入れないとコメント欄を設置できません。

コメント欄を設置したい方は、必ずチェックを入れましょう。

WordPressにコメント欄が表示されない時の対処法

【新しい投稿へのコメントを許可】にチェックを入れた画像

【新しい投稿へのコメントを許可】にチェックを入れてもコメント欄が表示されない場合は、投稿画面のコメント機能を確認します。

記事ごとに設置させているコメント機能(ブロックエディタ)

ブロックエディタでは、サイドバーにコメント機能が設置されています。

コメント欄を表示したい場合は【コメントを許可】にチェックを入れてください。

記事ごとに設置させているコメント機能(クラシックエディタ)

クラシックエディタでは投稿画面の【表示オプション】をクリックすると、コメント機能が表示できます。

コメント欄を設置する場合は【ディスカッション】にチェックを入れましょう。

②他のコメント設定

他のコメント設定の画像

コメント欄の表示方法とセキュリティに関する設定を行います。

コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする

【コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする】の設定画面

この項目では読者がコメントする際に「名前とメールアドレスの入力」を必須にするのか設定します。

【コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする】のチェックを外した時のコメント欄の画像

コメント時にメールアドレスの入力するのは読者の負担になるので、チェックを外しましょう。

コメント欄へのセキュリティプラグインの設定

コメント欄のセキュリティに関してはプラグインで保護します。(スパムコメント対策)

Throws SPAM Awayの画像

コメント欄のセキュリティプラグインは、Throws SPAM Awayがおすすめです。

プラグイン無料使用相性が悪いテーマスパムコメントの除去方法
Throws SPAM Away可能なし自動
Akismet Anti-Spam不可能なし手動
Invisible reCaptcha for WordPress可能あり(Swell)自動

表の通り、Throws SPAM Awayは「Akismet  Anti-Spamや「Invisible reCaptcha for WordPress」よりも優秀なプラグインです。

Throws SPAM Awayの設定方法は、以下の記事で解説しています。

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

【ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする】のチェックを外した画像

この項目はチェックを入れると、ブログにユーザー登録した人のみがコメントできるようになります。

一人でブログを運営する場合はチェックを外しましょう。

WordPressに新規でユーザー登録する方法

WordPressへの新規ユーザー登録方法は、以下の通りです。

ダッシュボードから【ユーザー】⇒【新規追加】をクリックしページを進める画像

ダッシュボードから【ユーザー】⇒【新規追加】をクリックします。

【新規追加】の設定方法

【新規追加】のページが開いたら、以下のように設定してください。

  1. ユーザー名とメールアドレスを入力
  2. ユーザーに通知を送信にチェックをいれる
  3. 権限グループを購読者に設定
  4. 新規ユーザーを追加のボタンをクリック
新規ユーザーが登録された画像

ダッシュボードの【ユーザー】⇒【ユーザー一覧】をクリックすると、登録された新規ユーザーを確認することができます。

~日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

【~日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる】のチェックを外した画像

この項目にチェックを入れると設定期日を過ぎた場合、読者はその記事にコメントできなくなります。

この項目もチェックを外しましょう

ブログ立ち上げ時は、コメント欄が活性化するまで3ヶ月以上かかるためです。

ブログアクセスはが記事投稿後、3ヶ月以上経ってから増えていきます。

アクセスが増えた時に、読者がコメントできるようにチェックを外しておきましょう。

コメント投稿者が Cookie を保存できるようにする、Cookie オプトイン用チェックボックスを表示します

この項目にチェックを入れると、過去にコメントしたことがある読者は「名前」「メールアドレス」「サイト」が自動入力されます。

【次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する】と表示されたチェックボックスの画像

読者の手間が省けるため、チェックを入れておきましょう。

コメントを~階層までのスレッド (入れ子) 形式にする

【コメントを~階層までのスレッド (入れ子) 形式にする】にチェックを入れた画像

この項目にチェックを入れると、コメント欄が入れ子形式で表示されます。

入れ子形式のコメント欄
直線形式のコメント欄

チェックを外すと上図のようにコメント欄が直線形式で表示されます。

好みに合わせて選択してください。

Shota

当サイトは入れ子形式でコメント欄を設置しています。

1ページあたり~件のコメントを含む複数ページに分割し、 ~のページをデフォルトで表示する

【1ページあたり~件のコメントを含む複数ページに分割し、 ~のページをデフォルトで表示する】のチェックを外した画像

この項目のチェックを入れると、設定した件数コメントが表示された後、次のコメントから別ページにコメントが表示されます。

分割されたコメント欄の画像

チェックを入れコメント数を1件にすると、2件目以降コメントが2ページ目に表示されます。

この項目のチェックは外しましょう。

分割された2ページ目以降のコメントは、誰も読まないためです。

デフォルト表示は【最後】を選択すればOKです。

③自分宛のメール通知設定

自分宛のメール通知設定の画像

この項目では、読者からコメントされた時にメール通知が来るように設定できます。

WordPressから送られてきたメール通知の画像

読者からコメントされると、WordPressから上図のようなメールが届きます。

WordPressから送られるメールの宛先

なお、WordPressから送られるメールの宛先は【一般設定】で入力した管理者メールアドレスです。

コメントが投稿されたとき

【コメントが投稿されたとき】にチェックを入れた画像

この項目にチェックを入れると、読者からコメントされるとWordPressから通知が届きます。

必ずチェックをいれましょう。

コメントがモデレーションのために保留されたとき

【コメントがモデレーションのために保留されたとき】にチェックを入れた画像

コメントの表示を手動承認制にした場合、読者からのコメントがブログに保管されます。

保管される場所はダッシュボードの【コメント】

保管される場所はダッシュボードの【コメント】です。

コメントがモデレーションのために保留されたときの画像

この項目にチェックを入れるとコメントが保管された際、WordPressから通知が来ます。

ここもチェックを入れておきましょう。

④WordPressのメール設定

WordPressから送付される通知メールは、迷惑メールに振り分けられてしまいます。

WordPressから送信されるメールはレンタルサーバーから送信される

WordPressから送信されるメールは、レンタルサーバーから送信されるためです。

レンタルサーバーはメール管理に特化しているわけではありません。

そのため通知メールを適切に処理できず、迷惑メールに振り分けられてしまうのです。

WP Mail SMTP by WPFormsの画像

その対策として有効なのが「WP Mail SMTP by WPForms」というプラグインです。

WP Mail SMTP by WPFormsを使用すると、自動送信メールがSMTPサーバーを経由して読者に送信される

このプラグインを使用すると、メール管理に特化したSMTPサーバーを通してメールを送信することができます。

そのためWordPressからの通知メールが、迷惑メールとして振り分けられることがなくなります。

Shota

お問い合わせフォームを設置する際にも必須のプラグインなので、ぜひ導入してみてください。

「WP Mail SMTP by WPForms」の使い方は、以下の記事で解説しています。

通知メールを確実に受け取る方法

⑤コメント表示条件設定

コメント表示条件の設定画面

この項目では、読者のコメント表示を手動承認制にするのか設定します。

コメントの手動承認を必須にする

【コメントの手動承認を必須にする】にチェックを入れた画像

この項目にチェックをいれると記事にコメントされた場合に、あなたが承認しないとコメント表示できないように設定できます。

手動承認待ちのコメント欄の画像

迷惑コメント対策のためにも、チェックを入れておきましょう。

承認待ちコメントの承認方法

【コメント】に保管されている承認待ちコメントに【承認】というボタンがあります。

それをクリックすれば、コメント表示を承認できます。

すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

【すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする】にチェックを入れた画像

この項目にチェックを入れると一度コメントを承認した人は、手動承認しなくてコメントを表示できるようになります。

一度コメントをくれた人はスパムボットではないので、チェックを入れておきましょう。

⑥コメントモデレーションとコメント内で許可されないキーワードの設定

コメントモデレーションの設定画像
コメント内で許可されないキーワードの設定画像

この項目では、コメント欄でのセキュリティに関する設定を行います。

コメント欄のセキュリティはプラグインで対策するので、空欄でOKです。

⑦アバター設定

アバター設定の画像

この項目ではコメント欄でのアバター表示に関する設定を行います。

アバター設定では、以下のように設定すればOKです。

項目設定方法
アバター表示【アバターを表示する】にチェックを入れる
⇒コメント欄にアバターを表示できる
評価による制限【G — あらゆる人に適切】にチェックを入れる
⇒不適切なアバター画像を表示させない
デフォルトアバター【ミステリーパーソン】にチェックを入れる

⑧WordPressのアバター画像設定

アバター画像設定後のコメント欄
アバター画像設定後のコメント欄

WordPressでアバター画像を設定しないと、コメント欄で自分のアバターが「ミステリーパーソン」になってしまいます。

今回は「Simple Local Avatars」というプラグインで、アバター画像を設定する方法を解説します。

STEP
Simple Local Avatarsをインストールする

プラグインの追加画面から【Simple Local Avatars】を検索

プラグインの追加画面から【Simple Local Avatars】を検索します。

検索結果に表示されたら「インストール&有効化」してください。

STEP
アバター画像を設定する
WordPressダッシュボードから【ユーザー】⇒【プロフィール】をクリック

WordPressダッシュボードから【ユーザー】⇒【プロフィール】をクリックします。

【Choose from Media Library】をクリック

Avatarの項目の【Choose from Media Library】をクリックします。

メディアライブラリーからアバターに使用する画像を選択

メディアライブラリーからアバターに使用する画像を選択します。

必要があれば、アバター画像を切り抜きします

必要があれば、アバター画像を切り抜きします。

必要がなければ【画像切り抜き】をクリックしましょう。

アバター画像を選択できたら【プロフィールを更新】をクリックしてください。

これでアバター画像の設定は完了です。

STEP
コメント欄のアバター画像を確認する
コメント欄を表示させ、アバター画像が反映されているか確認

コメント欄を表示させ、アバター画像が反映されているか確認しましょう。

Shota

お疲れ様でした。ディスカッション設定はこれで完了です。

WordPressのディスカッション設定のまとめ

今回はコメント欄を使用する方に重要なディスカッション設定について解説しました。

この記事の内容をおさらいします。

  • コメント欄を設置したい場合は【新しい投稿へのコメントを許可】にチェックを入れる
  • アバター画像は「Simple Local Avatars」を使えば簡単に設定できる
  • コメント欄を設置する場合は、スパムコメント対策プラグインが必須

コメント欄を活用したい方は、必ずスパムコメント対策プラグインを導入してください。

以下の記事でもWordPressの初期設定について解説しているので、ぜひご覧ください。

WordPressのディスカッション設定の質問集

WordPressでコメントに返信する方法

読者からコメントが来た時に返信する方法を解説します。

読者からコメントされるとダッシュボードの【コメント】にコメント数が表示される

読者からコメントされると、ダッシュボードの【コメント】にコメント数が表示されます。

承認待ちのコメントを承認する方法

コメント表示を手動承認制にしている方は承認待ちのコメントを承認してください。

【返信】をクリックする

承認すると画面が切り変わるので【返信】をクリックします。

返信内容を記入し【返信】をクリックする

返信用のコメント欄が表示されるので、返信内容を記入し【返信】をクリックしたら完了です。

コメント返信が完了した画面

返信が終わったら、自分の記事のコメント欄を確認してみましょう。

管理者以外にもWordPressへのコメントを通知する

WordPressから送られてきたメール通知の画像

読者からコメントがあった場合、ブログ管理者にしかコメント通知されません。

WordPressブログを複数人で運営する場合に、問題が生じます。

そこで「cbnet Multi Author Comment Notification」というプラグインで管理者以外にも、コメント通知する方法を解説します。

プラグインの追加画面から【cbnet Multi Author Comment Notification】を検索

プラグインの追加画面から【cbnet Multi Author Comment Notification】を検索します。

検索結果に表示されたら「インストール&有効化」してください。

【設定】⇒【ディスカッション】をクリック

次にWordPressダッシュボードから【設定】⇒【ディスカッション】をクリックします。

【cbnet Multi-Author Comment Notification Setting】の設定方法

【cbnet Multi-Author Comment Notification Setting】では、以下の項目にチェックを入れます。

チェックを入れる項目日本語訳
Send comment notification emails to the site admin email addressコメント通知メールをサイト管理者のメールアドレスに送信
Send comment notification emails to all Administratorsすべての加入者にコメント通知メールを送信
Send notification emails for comments from registered users登録ユーザーからのコメントをメールで通知
Send notification emails for comments held for moderation保留中のコメントがあった場合、メールで通知

さらに以下の項目に、管理者以外のメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを入力する項目日本語訳
Additional Emails(Send comment notification emails to these additional email addresses)追加のメール(これらの追加のメール アドレスにコメント通知メールを送信します)

設定は完了したら【変更を保存】をクリックしましょう。

これで管理者以外にも、コメントがあった場合に通知メールが届きます。

WordPressの設定画面にログインできない

プラウザのアドレスバーに「https://ドメイン名/wp-login.php」と入力します。

WordPressのログイン画面

WordPressへのログイン画面が表示されるので「ユーザー名」「パスワード」を入力します。

【ログイン】をクリックすれば、WordPressの設定画面にログインできます。

WordPressにディスカッション設定の項目がない

ディスカッション設定が表示されないダッシュボードの画像

WordPressの管理者以外には、ディスカッション設定の項目が表示されません。

管理者以外に重要な設定を変更させないための、WordPress機能によるものです。

ディスカッション設定を変更したい場合は、管理者に変更を依頼しましょう。

参考サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次