WordPressのディスカッション設定【アバターや返信方法まで解説】

WordPressのディスカッション設定【アバターや返信方法まで解説】
フェニック

WordPressにコメント欄を設置したいけど、ディスカッションの設定方法が全くわからないぞ!

今回はこのような疑問に答えます。

ディスカッションを適切に設定しないと「コメント欄が表示されない」「スパムコメントが届く」などのリスクが発生します。

ただディスカッション設定は難しい言葉が多くて、どのように設定していいかわからないですよね。

そこで今回はWordPressのディスカッション設定について詳しく解説します。

画像40枚以上使い、わかりやすく解説するのでぜひ参考にしてください。

追記です。
WordPressを立ち上げたばかりの人には「WordPressの初期設定」の記事もおすすめです。

目次

WordPressのディスカッション設定とは

ディスカッション設定とは、読者とのコミュニケーションに関する設定です。

下記の3点について設定します。

  • ピンバックに関する設定
  • コメント欄に関する設定
  • コメント欄のセキュリティに関する設定
ディスカッション設定の管理画面を表示させる方法

ダッシュボードから【設定】⇒【ディスカッション】とページを進めると、ディスカッション設定の管理画面が表示されます。

WordPressのディスカッション設定の方法

ディスカッション設定では7つの項目を設定します。

デフォルトの投稿設定

デフォルトの投稿設定

ピンバック機能の使用、コメント欄の設置について設定します。

投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる

この項目にチェックを入れると記事に外部リンクを貼った際、外部リンク先の相手にリンクを貼ったことを通知することができます。

【コメント】にピンバックの通知が届く

外部リンク先の相手には、ダッシュボードの【コメント】に通知が届きます。

ピンバックの解説画像
ピンバックの解説画像

通知する目的はピンバックと呼ばれる相互リンクです。

相手のコメント欄に自分の記事が外部リンクとして貼られた画像(ピンバック成功)

外部リンク先の相手がピンバックを承認すると、相手のコメント欄に自分の記事が外部リンクとして貼られます。

つまり被リンクがもらえるのです。

私はこの項目のチェックを外しています。

現代ではドメインパワーの高いサイトと相互リンクしなければ、SEOの向上が見込まないからです。

そしてドメインパワーの高い人は100%、ピンバックリクエストを承認してくれません。

ピンバックによる相互リンクを望んでいないので、チェックを外しています。

新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

この項目にチェックを入れると、外部からのピンバックを許可することになります。

先述のとおり、ピンバックによる相互リンクを望んでいないのでチェックを外しています。

投稿記事でピンバックに関する設定をしている画像

なお、投稿記事ごとにピンバックに関する設定ができます。(投稿記事の設定が優先されます)

ブロックエディタでは投稿画面のサイドバーに表示されているディスカッションから設定します。

ピンバックを望んでいない方は、ディスカッションの【ピンバックとトラックバックを許可】のチェックを外しておきましょう。

新しい投稿へのコメントを許可

この項目にチェックを入れないとコメント欄を設置できません。

コメント欄を設置したい方はこの項目に必ずチェックを入れましょう。

チェックを入れてもコメント欄が表示されない場合は、記事ごとに設置させているコメント機能を確認しましょう。

記事ごとに設置させているコメント機能(ブロックエディタ)

ブロックエディタではサイドバーにコメント機能が設置されています。

コメント欄を表示したい場合は【コメントを許可】にチェックを入れてください。

記事ごとに設置させているコメント機能(クラシックエディタ)

クラシックエディタでは投稿画面上部の【表示オプション】をクリックすると、コメント機能が確認できます。

コメント欄を表示する場合は【ディスカッション】にチェックを入れてください。

他のコメント設定

他のコメント設定の画像

コメント欄の表示方法とセキュリティに関する設定を行います。

コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする

読者がコメントする際に名前とメールアドレスの入力を必須にするのか設定します。

【コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする】のチェックを外した時のコメント欄の画像

コメント時にメールアドレスの入力するのは読者の負担になるので、チェックを外しましょう

コメント欄のセキュリティに関してはプラグインで対策するので問題ありません。

Throws SPAM Awayの画像

コメント欄のセキュリティプラグインについてはThrows SPAM Awayの設定方法【Akismetの代替プラグイン】で解説しています。

スクロールできます
プラグイン無料使用相性が悪いテーマスパムコメントの除去方法
Throws SPAM Away可能なし自動
Akismet Anti-Spam不可能なし手動
Invisible reCaptcha for WordPress可能あり(Swell)自動

Throws SPAM Awayはスパムコメントプラグインとして有名なAkismet  Anti-SpamInvisible reCaptcha for WordPressよりも優秀なプラグインです。

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

この項目はチェックを入れると、自分のブログにユーザー登録した人のみがコメントできるようになります。

一人でブログを運営する場合はチェックを外しましょう

ユーザー登録する方法は以下の通りです。

ダッシュボードから【ユーザー】⇒【新規追加】をクリックしページを進める画像

ダッシュボードから【ユーザー】⇒【新規追加】をクリックしページを進めます。

【新規追加】の設定方法

【新規追加】のページが開いたら以下のように設定してください。

  1. ユーザー名とメールアドレスを入力
  2. ユーザーに通知を送信にチェックをいれる
  3. 権限グループを購読者に設定
  4. 新規ユーザーを追加のボタンをクリック
新規ユーザーが登録された画像

ダッシュボードの【ユーザー】⇒【ユーザー一覧】をクリックすると、登録された新規ユーザーを確認することができます。

14日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

この項目にチェックを入れると設定期日を過ぎた場合、読者はその記事にコメントできなくなります。

この項目もチェックを外しましょう

ブログ立ち上げ時は記事投稿後、3ヶ月以上経ってからアクセスが増え始めます。

アクセスが増えてからコメント欄が活性化するため、チェックを外しておきましょう。

コメント投稿者が Cookie を保存できるようにする、Cookie オプトイン用チェックボックスを表示します

この項目にチェックを入れると、コメントしたことがある読者が再びコメントする際「名前」「メールアドレス」「サイト」が自動入力されます。

【次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する】と表示されたチェックボックスの画像

読者がコメントする際に余計な手間が省けるのでチェックを入れておきましょう

コメントを5階層までのスレッド (入れ子) 形式にする

この項目にチェックを入れるとコメント欄が入れ子形式で表示されます。

入れ子形式のコメント欄
直線形式のコメント欄

チェックを外すと上図のようにコメント欄が直線形式で表示されます。

好みに合わせて選択してください。

1ページあたり50件のコメントを含む複数ページに分割し、 最後or最初のページをデフォルトで表示する

この項目のチェックを入れると設定した件数のコメントが表示された後、次のコメントから別ページにコメントが表示されます。

分割されたコメント欄の画像

チェックを入れコメント数を1件にすると、2件目以降コメントが2ページ目に表示されます。

私はこの項目のチェックを外しています。

分割された2ページ目以降のコメントは、誰の目にも留まらないからです。

コメント欄が縦長になるのが嫌な方はチェックを入れてください。

デフォルト表示は【最後】を選択すればOKです。

自分宛のメール通知

自分宛のメール通知設定の画像

読者からコメントされた時にメール通知が来るように設定できます。

WordPressから送られてきたメール通知の画像

メール通知にチェックを入れると、WordPressから上図のようなメールが届きます。

WordPressから送られるメールの宛先

なお、WordPressから送られるメールの宛先はダッシュボードの【一般設定】で入力したメールアドレスです。

コメントが投稿された時

この項目にチェックを入れないと読者からのコメントに気づけません。必ずチェックをいれましょう。

コメントがモデレーションのために保留されたとき

コメントの表示を手動承認制にした場合、読者からのコメントが保管されます。

保管される場所はダッシュボードの【コメント】

保管される場所はダッシュボードの【コメント】です。

コメントがモデレーションのために保留されたときの画像

この項目にチェックを入れるとコメントが保管された際、WordPressから通知が来ます。

ここもチェックを入れておきましょう

なお、WordPressから送られてくるメールは、迷惑メールに振り分けられてしまいます。

WordPressから送信されるメールはレンタルサーバーから送信される

WordPressから送信されるメールはレンタルサーバーから送信されるためです。

レンタルサーバーはメール管理に特化していないため、メールを適切に処理できず迷惑メールに振り分けられてしまいます。

WP Mail SMTP by WPFormsの画像

その対策として有効なのがWP Mail SMTP by WPFormsというプラグインです。

メール管理に特化したSMTPサーバーを通してメールを送信することができる

このプラグインを使用することでメール管理に特化したSMTPサーバーを通してメールを送信することができます。

そのためWordPressからのメールが迷惑メールとして振り分けられることがなくなります。

Shota

お問い合わせフォームを設置する際にも必須のプラグインなので、ぜひ導入してみてください。無料です。

コメント表示条件

コメント表示条件の設定画面

この項目では読者のコメント表示を手動承認制にするのか設定します。

コメントの手動承認を必須にする

この項目にチェックをいれると記事にコメントされた場合に、あなたが承認しないとコメント表示できないように設定できます。

手動承認待ちのコメント欄の画像

スパムコメント対策のためにもチェックを入れておきましょう。

承認待ちコメントの承認方法

【コメント】に保管されている承認待ちコメントに【承認】というボタンがあります。

それをクリックすれば承認できます。

すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

この項目にチェックを入れると一度コメントを承認した人は、こちらが手動承認しなくてコメントを表示できるようになります。

一度コメントをくれた人はスパムボットではないので、チェックを入れておきましょう

コメントモデレーション、コメント内で許可されないキーワード

コメントモデレーションの設定画像
コメント内で許可されないキーワードの設定画像

この項目ではコメント欄でのセキュリティに関する設定を行います。

コメント欄のセキュリティはプラグインで対策するので、この項目は空欄でOKです。

アバター

アバター設定の画像

この項目ではコメント欄でのアバター画像に関する設定を行います。

アバター画像はプラグインで設定するのが簡単です。(この後解説します)

アバターは以下ののように設定すればOKです。

  • アバター表示:【アバターを表示する】にチェックを入れる
  • 評価による制限:【G — あらゆる人に適切】にチェックを入れる
  • デフォルトアバター:【ミステリーパーソン】にチェックを入れる

WordPressでアバター設定する方法【Avatar Manager】

Avatar Managerの画像

Avatar Managerというプラグインを使い、アバター画像を設定する方法を解説します。

利用者も多く評価が高いため、安心して利用できるプラグインです。

Avatar Managerをインストールする

プラグイン管理画面にある検索バーに「Avatar Manager」と入力します。

表示されたらインストールし有効化してください。

アバター用の画像を登録する

ダッシュボードから【ユーザー】⇒【プロフィール】をクリックしページを開く

ダッシュボードから【ユーザー】⇒【プロフィール】をクリックしページを開きます。

アバター用の画像を選択する方法

プロフィール管理画面を下にスクロールすると【Avatar】という項目があるので、この項目からアバター用の画像を選択します。

今回は既にWordPressにアップロードした画像から、アバター用画像の選択方法を解説します。

【Choose Image】をクリックするとWordPressのメディアライブラリが開きます。

アバター用の画像を選択している画像

アバター用の画像を選択すれば作業完了です。

【Display this avatar】に登録した画像が選択されているのを確認する

最後に【Display this avatar】に、登録した画像が選択されているのを確認したら【プロフィールを更新】をクリックしてください。

WordPressでコメント返信する方法

最後に読者からコメントが来た時に返信する方法を解説します。

読者からコメントされるとダッシュボードの【コメント】にコメント数が表示される

読者からコメントされると、ダッシュボードの【コメント】にコメント数が表示されます。

承認待ちのコメントを承認する方法

コメント表示を手動承認制にしている方は承認待ちのコメントを承認してください。

【返信】をクリックする

承認すると画面が切り変わるので【返信】をクリックします。

返信内容を記入し【返信】をクリックする

返信用のコメント欄が表示されるので、返信内容を記入し【返信】をクリックしたら完了です。

コメント返信が完了した画面

返信が終わったら、自分の記事のコメント欄を確認してみましょう。

まとめ

まとめ

今回はコメント欄を使用する方に重要なディスカッション設定について解説しました。

この記事の内容をおさらいします。

  • コメント欄を設置したい場合は【新しい投稿へのコメントを許可】にチェックを入れる
  • アバター画像はAvatar Managerを使えば簡単に作ることができる
  • コメント欄を設置する場合はスパムコメント対策プラグインが必須

コメント欄を活用したい方は必ずスパムコメント対策プラグインを導入してください。

⋙Throws SPAM Awayの設定方法【Akismetの代替プラグイン】

なお、WordPressの初期設定はやることが多くて大変ですよね。

以下の記事でもWordPressの初期設定について解説しているので、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次
閉じる