無料版Rank Trackerの8つの機能とベストなお試し方法

無料版Rank Trackerで使える8つの機能とベストなお試し方法
フェニック

無料版Rank Trackerをお試ししてみたいけど、どう触ったらいいのかわからないぞ。

今回はこのようなお悩みにお答えします。

マナブログで有名になったRank Trackerですが約20,000円/年の費用がかかるため、まずはお試し体験したいですよね。

そこで今回は無料版Rank Trackerのベストなお試し方法について解説します。

またあわせて無料版でも使える8つの機能も解説します。

パソコンがWindowsの方もMacの方も、気になった方は記事をのぞいてみてください。

追記です。

Rank Trackerを詳しく知りたい方には「Rank Trackerの料金と導入・設定・使い方」の記事もおすすめです。

お試し方法を早く知りたい方は無料版Rank Tracker(ランクトラッカー)のお試し方法をクリックしてください。

目次

無料版Rank Tracker(ランクトラッカー)はお試し使用に最適

中休み

無料版Rank Trackerがお試し使用に最適な理由は、使える機能が豊富だからです。

無料版Rank Trackerで使える機能を、無料版GRCと比べてみました。

無料版Rank Tracker無料版GRC
サーチコンソールとの連携可能不可能
検索順位チェック保存できない10キーワード保存可能
キーワード調査可能不可能
競合分析可能不可能
ドメイン強度の調査可能不可能
総合評価お試しに最適お試しに不適

※GRCでは、順位チェックをする「サイト名、URL、検索語」の組1つ1つを「項目」といいます。同じURLでも、検索語が違えば、別の項目になります。GRCは、項目毎に検索順位を調査します。

※無料版のGRCは、3URL、10項目が上限になっております。メインのキーワードに絞ってご利用ください。

引用 SEOツールラボ-基本の使い方

無料版でも使える機能が豊富なため「いきなり購入は怖い!」という方は、まずはお試し体験してみましょう。

無料版Rank Tracker(ランクトラッカー)で使える8つの機能

中休み

この項目では、無料版Rank Trackerで使える8つの機能を有料版と比較しながら解説します。

①無料版Rank TrackerでもGoogleサーチコンソールと連携できる

無料版Rank Trackerと、Googleサーチコンソールと連携した画像
無料版Rank Tracker有料版Rank Tracker
サーチコンソールと連携 毎回連携が必要 一度連携したら保存される

無料版Rank Trackerでも、Googleサーチコンソールと連携は可能です。

Googleサーチコンソールと連携させることで、無料版Rank Trackerは「Googleサーチコンソールが検出したキーワード」を自動登録してくれます。

お試しで検索順位チェックをする際、わざわざキーワード登録しなくても済むためありがたい機能です。

その他、無料版Rank TrackerとGoogleサーチコンソールを連携させると以下の分析も可能です。

  • リライト記事の選定
  • キーワードのクリック数の分析
  • キーワードのインプレッション数(表示回数)の分析
  • キーワードのCTR(クリック率)の分析
  • キーワードの平均順位の分析
  • キーワードの難易度分析

無料版Rank TrackerではGoogleサーチコンソールとの連携を保存できない

無料版Rank Trackerとサーチコンソールとの連携時の画像
サーチコンソールとの連携時の画像

無料版Rank Trackerは起動するたびに、Googleサーチコンソールとの連携が必要です。

無料版ではプロジェクトの保存ができないためです。

※プロジェクトとはRank Tracker内での作業のこと

作業が面倒なため、一度Googleサーチコンソールとの連携したら使える機能は全て試してみましょう。

Googleサーチコンソールとの連携回数には注意が必要

Googleアカウントからセキュリティ通知の画像

無料版Rank TrackerとGoogleサーチコンソールを連携する時は、回数に注意しましょう。

連携させる際に、Googleアカウントからセキュリティ通知が来るためです。

Googleアカウントから不正ログインと誤解されないためにも、無料版Rank Trackerとサーチコンソールとの連携は1~2回程度に抑えましょう。

②無料版Rank Trackerでもキーワードの検索順位をチェックできる

無料版Rank Trackerでキーワードの検索順位を測定している画像
無料版Rank Tracker有料版Rank Tracker
検索順位のチェック機能 保存できない、CAPTCHA認証 制約なし

無料版Rank Trackerでも制約はありますが、キーワードの検索順位をチェックできます。

また前述の通り「Googleサーチコンソールが検出したキーワード」を自動登録してくれるため、キーワードの手入力は不要です。

無料版Rank Trackerでは検索順位を保存できない

無料版Rank Trackerでは、測定した検索順位を保存することができません。

無料版ではプロジェクトを保存できないためです。

無料版では「検索順位の測定にどれぐらい時間がかかるのか」を体感できればOKです。

無料版Rank Trackerでは検索順位測定中にCAPTCHA認証が入る

無料版Rank Trackerで検索順位を測定中、CAPTCHA認証が表示された画像

無料版Rank Trackerでは検索順位を測定中、CAPTCHA認証が入ることがあります。

全部で5回のCAPTCHA認証を解除しなければならないため少し面倒です。

CAPTCHA認証が表示されたら、頑張って解除してください。

③無料版Rank Trackerでもキーワードプランナーを活用できる

無料版Rank Trackerでのキーワードの検索数の表示画像
無料版での検索数の表示
有料版Rank Trackerでのキーワードの検索数の表示画像
有料版での検索数の表示
無料版Rank Tracker有料版Rank Tracker
キーワードプランナーの活用 検索数がアバウト 検索数が明確

無料版Rank Trackerでもキーワードプランナーを活用し、キーワードの検索数を調査できます。

ただし無料版の場合、表示されるキーワードの検索数はアバウトになります。

「ubersuggest」というキーワードの場合、検索数は「10千-100千」と表示されます。

一方、有料版の場合、表示されるキーワードの検索数は明確に表示されます。

「ubersuggest」というキーワードの場合、検索数は「10,030」と表示されます。

有料版Rank Trackerを使用すると「キーワードの検索数を明確に調査できる」と覚えておけばOKです。

④無料版Rank Trackerでもキーワード選定できる

Rank Trackerの【オートコンプリートツール】を活用している画像
オートコンプリートツールの活用画像
Rank Trackerの【関連する検索】を活用している画像
関連する検索の活用画像
無料版Rank Tracker有料版Rank Tracker
オートコンプリートツールの活用 検索数がアバウト 検索数が明確
関連する検索の活用検索数がアバウト検索数が明確

無料版Rank Trackerでも【オートコンプリートツール】と【関連する検索】という機能を使い、キーワード選定が可能です。

無料版Rank Trackerの機能機能の説明
オートコンプリートツールサジェストキーワードを選定する
関連する検索関連キーワード(再検索キーワード)を選定する
サジェストキーワードの説明画像
サジェストキーワード
関連キーワードの説明画像
関連キーワード

ただし無料版Rank Trackerでは選定したキーワードの検索数が「10千-100千」のようにアバウトで表示されます。

サジェストキーワードと関連キーワードについては、以下のリンクで解説しています。

⑤無料版Rank TrackerでもSERP Analysisを活用できる

無料版Rank TrackerでSERP Analysisを活用している画像
無料版でのSERP Analysisの活用
有料版Rank TrackerでSERP Analysisを活用している画像
有料版でのSERP Analysisの活用
無料版Rank Tracker有料版Rank Tracker
SERP Analysisの活用 制約なし 制約なし

無料版Rank TrackerでもSERP Analysisを活用できます。

SERP Analysisでは【オートコンプリートツール】や【関連する検索】で選定したキーワードの難易度を分析します。

無料版Rank Trackerと有料版Rank Trackerの「SERP Analysisの機能」に差はありません。

SERP Analysisで、キーワード難易度分析の感触を確認しましょう。

⑥無料版Rank Trackerでもライバルサイトを特定できる

無料版Rank Trackerでの競合サイト特定機能の画像
無料版での競合サイト特定機能
有料版Rank Trackerでの競合サイト特定機能の画像
有料版での競合サイト特定機能
無料版Rank Tracker有料版Rank Tracker
競合サイトの特定 2サイトまで 無制限

無料版Rank Trackerでも競合サイトを特定できます。

ただし特定できるのは2サイトまでです。

2サイトでも十分なので、競合サイト特定機能はぜひとも活用したい機能です。

一方、有料版Rank Trackerでは競合サイトを無制限に特定できます。

フェニック

競合サイト特定機能はぜひとも活用しよう!

⑦無料版Rank Trackerでもライバルサイトを登録できる

無料版Rank Trackerの競合サイト登録機能の画像
無料版での競合サイト登録機能
有料版Rank Trackerの競合サイト登録機能の画像
有料版での競合サイト登録機能
無料版Rank Tracker有料版Rank Tracker
PROFESSIONAL
競合サイトの登録 1サイトまで 5サイトまで

無料版Rank Trackerでも競合サイトを、1サイト登録できます。

ただし無料版Rank Trackerにはプロジェクト保存機能がないので、使わなくてもOKです。

一方、有料版Rank Trackerの【PROFESSIONAL】では、競合サイトを5サイト登録できます。

競合分析を継続したい方には、有料版がおすすめです。

⑧無料版Rank Trackerでもドメイン強度を分析できる

無料版Rank Trackerのドメイン強度分析機能の画像
無料版のドメイン強度分析
有料版Rank Trackerのドメイン強度分析機能の画像
有料版のドメイン強度分析
無料版Rank Tracker有料版Rank Tracker
ドメイン強度分析機能 Googleインデックス数を確認できない 制約なし

Rank Trackerのドメイン強度分析機能とは、特定した競合サイトのSEO情報を分析できる機能です。

競合サイトの以下の項目を分析できます。

  • 競合サイトのドメインパワー
  • 競合サイトの被リンク数
  • 競合サイトのGoogleインデックス数

有料版Rank Trackerでは全ての項目を分析できますが、無料版Rank TrackerではGoogleインデックス数を分析できません。

Googleのアドレスバーに「site:競合サイトのURL」と入力している画像

ただしGoogleインデックス数はGoogleのアドレスバーに「site:競合サイトのURL」と入力すれば分析できるので、問題はありません。

無料版Rank Tracker(ランクトラッカー)でできないこと

この項目では無料版Rank Trackerではできないことをさらっと解説します。

無料版Rank Trackerではプロジェクトを保存できない

RankTrackerライセンスの選択の画像
RankTrackerライセンスの選択

無料版Rank Trackerではプロジェクトを保存できません。

そのためパソコンを起動するたびに、以下の設定が必要になります。

  • 無料版Rank TrackerへのURLの登録
  • 無料版Rank TrackerとGoogleサーチコンソールとの連携
  • 無料版Rank Trackerとキーワードプランナーとの連携

プロジェクトを保存できないと面倒なことが多いので、当記事をブックマークして事前に触ってみたい機能をメモしておきましょう。

無料版Rank TrackerではSEOタスクのスケジューリング機能を利用できない

RankTrackerライセンスの選択の画像
RankTrackerライセンスの選択

Rank Trackerの「SEOタスクのスケジューリング機能」とは、指定した時間に検索順位を自動チェックする機能です。

ただし無料版Rank Trackerを使用する上では問題ありません。

無料版Rank Trackerは、そもそも検索順位を保存できないからです。

無料版Rank Tracker(ランクトラッカー)のベストなお試し方法

中休み

無料版Rank Trackerのお試しにあたり、大きな制約が2つあります。

  • 無料版Rank Trackerではプロジェクトを保存できない
  • 無料版Rank Trackerではキーワードの検索数がアバウト

その上で無料版Rank Trackerのベストなお試し方法を解説します。

  1. 無料版Rank Trackerを入手する
  2. 無料版Rank Trackerをサーチコンソールと連携する
  3. 無料版Rank Trackerでキーワードの検索順位を確認する
  4. 無料版Rank Trackerでライバルサイトを特定する
  5. 無料版Rank Trackerでライバルサイトの上位記事をチェックする
フェニック

これだけできれば十分だね!

無料版Rank Trackerを入手する

まずは無料版Rank Tracker入手しましょう。

以下の画像解説の通りに進めばOKです。

STEP
Rank Trackerの公式サイトへアクセスする
STEP
無料版Rank Trackerをダウンロードする
無料版Rank Trackerをダウンロードしている画像①
無料版Rank Trackerをダウンロードしている画像②
無料版Rank Trackerをダウンロードしている画像③
ダウンロードが完了した無料版Rank Tracker
STEP
無料版Rank Trackerをインストールする
無料版Rank Trackerをインストールしている画像①
無料版Rank Trackerをインストールしている画像②
無料版Rank Trackerをインストールしている画像③
無料版Rank Trackerをインストールしている画像④
無料版Rank Trackerをインストールしている画像⑤
無料版Rank Trackerをインストールしている画像⑥
無料版Rank Trackerをインストールしている画像⑦
STEP
無料版Rank Trackerにブログを登録する
無料版Rank Trackerにブログを登録している画像①
無料版Rank Trackerにブログを登録している画像②
無料版Rank Trackerにブログを登録している画像③

これで無料版Rank Trackerの入手は完了です。

無料版Rank Trackerの使い方

【グーグル検索コンソールアカウントに接続します】をクリックしている画像

まずは無料版Rank TrackerとGoogleサーチコンソールを連携させます。

【グーグル検索コンソールアカウントに接続します】をクリックして、無料版Rank Trackerの指示通りに設定すればOKです。

詳しい連携方法はRank TrackerとGoogleサーチコンソールを連携させるで解説しています。

無料版Rank Trackerでキーワードの検索順位を確認する

【すべてをチェックする】をクリックしている画像

Googleサーチコンソールを連携した時点で、無料版Rank Trackerにはキーワードが登録されています。

【すべてをチェックする】をクリックすれば、キーワードの検索順位を確認できます。

無料版Rank Trackerでライバルサイトを特定する

無料版Rank Trackerの【環境設定】⇒【競合他社】をクリック

無料版Rank Trackerの【環境設定】⇒【競合他社】をクリックします。

候補をクリックしている画像

候補をクリックしましょう。

無料版Rank Trackerが競合サイトを特定してくれます。

【競合他社を提案する】という画面が表示されたら【次へ】をクリック

【競合他社を提案する】という画面が表示されたら【次へ】をクリックします。

無料版Rank Trackerが競合サイトを提示してくれた画像

無料版Rank Trackerが競合サイトを提示してくれます。

特定した競合サイトの矢印ボタンをクリックする

特定した競合サイトの矢印ボタンをクリックすると、競合サイトのトップページに移動するのでURLをコピーしましょう。

無料版Rank Trackerでライバルサイトの上位記事をチェックする

無料版Rank Trackerの【キーワード調査】⇒【ランキングキーワード】をクリック

無料版Rank Trackerの【キーワード調査】⇒【ランキングキーワード】をクリックします。

【ランキングキーワード】にコピーした競合サイトのURLをペーストして【検索】をクリックします。

競合サイトが上位表示して、自分が書いていない記事のキーワードをチェック

競合サイトの検索上位のキーワードが表示されます。

競合サイトが上位表示しており、自分がまだ書いていないキーワードをチェックします。

自分が勝てそうなキーワードだと判断したら、そのキーワードで記事を書いてみましょう。

以上で無料版Rank Trackerのお試し方法の解説は終了です。

Shota

ここまで作業したらRank Trackerの魅力が十分伝わると思います

無料版Rank Tracker(ランクトラッカー)に関する疑問

中休み

この項目では無料版Rank Trackerに関してよくある疑問について解説します。

有料版Rank Trackerの料金プランが知りたいです

無料ライセンスPROFESSIONALENTERPRISE
税込み価格0円/年20,000円/年47,600円/年
登録URL数1無制限無制限
登録キーワード数無制限無制限無制限
キーワード保存数0無制限無制限
サーチコンソール、アナリティクスとの連携毎回連携作業が必要
キーワード分析制約が多すぎ
競合サイト登録数1510
レポート作成機能なしなし「あり」だが不要
データーのエクスポート機能なしなし「あり」だが不要
総合評価キーワード保存できない 機能十分過剰スペック
Rank Trackerの全ライセンスの比較

Rank Trackerの有料版の料金表を記載します。

おすすめプランは【PROFESSIONAL】です。

この記事で紹介した有料版Rank Trackerの機能は全て揃っています。

無料版のままでもRank Trackerアフィリエイトを利用できますか?

Rank Trackerの有料ライセンスを購入しなくても、アフィリエイトすることは可能です。

Rank Trackerアフィリエイトの方法はRank Trackerアフィリエイトの始め方【メール用テンプレ付】で解説しています。

無料版Rank Tracker(ランクトラッカー)のまとめ

今回は無料版Rank Trackerの使える8つの機能と、ベストなお試し方法について解説しました。

  • 無料版Rank Trackerはお試し使用に最適
  • 無料版Rank Trackerで使える8つの機能
  • 無料版Rank Trackerでできないこと
  • 無料版Rank Trackerの使い方

無料版Rank Trackerを体験して、魅力を体感してみてください。

以下の記事では有料版Rank Trackerについて解説しているので、気になる方はのぞいてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次
閉じる