WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

コアサーバーの使い方【ログイン、メール設定、バックアップ】

コアサーバーの使い方【ログイン、メール設定、バックアップ】
フェニック

コアサーバーを申し込んでみたけど、サーバーの使い方がわからないぞ?

今回はこのような疑問にお答えします。

コアサーバーは、WordPress以外にも使える機能が多くあります。

  • メール機能
  • 自動バックアップ機能

そこで今回は、コアサーバーのV2プランで使える便利な機能と使い方を解説します。

画像たっぷり使い解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

サーバー未契約の方にはコアサーバーの評判の記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

以下の項目は、ページ内リンクになっています。

気になる機能から読んでみてください。

コアサーバーの機能記事の内容
ログインコアサーバーへのログイン方法
メール設定メールアカウントの作成、iPhoneとの連携
自動バックアップ自動バックアップ機能の初期設定と復元方法
目次

コアサーバー(CORESERVER)へのログイン方法

中休み

まずは、意外に戸惑うコアサーバーへのログイン方法を解説します。

コアサーバーへのログイン方法は2つあります。

  1. コアサーバーからログインする
  2. バリュードメインからログインする

コアサーバーからログインする

コアサーバーへのログイン画面
コアサーバーへのログイン画面

コアサーバーにログインするために、必要な情報確認します。

ログインに必要な情報
  • アカウント名
  • パスワード
  • FTPサーバー名
【CORESERVER本登録のお知らせ】と記載されたメール

【CORESERVER本登録のお知らせ】と記載されたメールを「メールBOX」から探します。

メールBOXに「コアサーバー 本登録完了」と入力しましょう。

「アカウント名」「パスワード」「FTPサーバー」をメモした後【CORESERVERコントトールパネル】と記載されたリンクをクリック

メールが見つかったら内容を確認します。

以下の情報をメモして、CORESERVERコントロールパネル】と記載されたリンクをクリックします。

  • アカウント名
  • パスワード
  • FTPサーバー

>>コアサーバーログイン画面に移動する

ログイン情報の入力

コアサーバーのログイン画面

コアサーバーのログイン画面へ移動するので、先ほど確認した情報を入力します。

入力後【ログイン】をクリックすれば、コアサーバーの管理画面にログインできます。

バリュードメインからログインする

まずバリュードメインの管理画面にログインします。

>>バリュードメインログイン画面に移動する

【VALUE DOMAINユーザー登録完了のお知らせ】というメールの画像

バリュードメインのユーザー名とパスワードは【VALUE DOMAINユーザー登録完了のお知らせ】というメールに記載されています。

ログインしたらダッシュボードにある【サーバー】⇒【コアサーバー】をクリック

ログインしたら管理画面から【サーバー】⇒【コアサーバー】をクリックします。

バリュードメインに登録したアカウントの【コントロールパネル】をクリック

バリュードメインのアカウントの【新コントロールパネル】をクリックします。

コアサーバーのコントロールパネルの画像

これでコアサーバーにログインできます。

コアサーバー(CORESERVER)のメール設定の方法

中休み

この項目では、コアサーバーでのメール設定について解説します。

以下の項目は、ページ内リンクになっています。

メール設定項目重要度
メールアカウントの作成
メールサーバーへのログイン
コアサーバーからメールを送信
メールの宛名を設定
メールサーバーとiPhoneの連携
iPhoneからコアサーバーのメールアカウントでメール送信
迷惑メールをブロック

重要度の高いからチェックしてみてください。

メールアカウントを作成する

ダッシュボードから【メール】⇒【メールアカウント設定】をクリック

管理画面から【メール】⇒【メールアカウント設定】をクリックします。

メールアカウントを作成するドメインを選択

メールアカウントを作成するドメインを選択しましょう。

既にコアサーバーがメールアカウントを作成してくれています。

そのため新たにメールアカウントを作る必要はありません。

コアサーバーが用意してくれたメールアカウントを利用しましょう。

メールサーバーにログインする

ダッシュボードから【メール】⇒【ウェブメール】⇒【RoundCubeログインページ】をクリック

管理画面から【メール】⇒【ウェブメール】⇒【RoundCubeログインページ】をクリックします。

Roundcubeとは「http://roundcube.net/」が提供する、高機能なWebメールシステムです。

メールサーバーにログインするために「メールアドレス」「パスワード」を入力

メールサーバーにログインするために「メールアドレス」「パスワード」を入力します。

パスワードはコアサーバーのパスワードです。バリュードメインのパスワードではありません。

入力が完了したら【ログイン】をクリックしましょう。

コアサーバーのメールサーバーの画像
コアサーバーのメールサーバーの画像

上図の画像が表示されたら、メールサーバーへのログインは成功です。

メールを送信する方法

【鉛筆のアイコン】をクリック

【鉛筆のアイコン】をクリックします。

発信者が自分のメールアカウントになっていることを確認します。

以下の内容を入力し【送信】をクリックすれば、メールの送信は完了です。

項目入力内容
宛先テストメールとして受信するメールアドレス
件名テストメール
本文テストメール

送信した後は、テストメールが届いているか確認してください。

送信メールに宛名を設定する

「宛名」を変更する方法

メールの受信者に表示される名前「宛名」を設定する方法を解説します。

管理画面の【設定】⇒【識別情報】をクリックします。

メールアカウントが表示されるのでクリック

メールアカウントが表示されるのでクリックしましょう。

設定が表示されたら【表示名】に「自分の名前」もしくは「ニックネーム」を入力

設定が表示されたら【表示名】に「自分の名前」もしくは「ニックネーム」を入力してください。

【保存】をクリックすれば宛名の設定は完了です。

テストメールを送信し、宛名が変更されたことを確認する

テストメールを送信し、宛名が変更されたことを確認しましょう。

メールサーバーとiPhoneを連携させる

コアサーバーのメールサーバーと連携可能なメールシステム

コアサーバーのメールサーバーは、以下のメールシステムと連携が可能です。

  • Macのメールシステム
  • Windows10のメールシステム
  • Outlook(Office365)のメールシステム
  • Thunderbirdのメールシステム(Windows、Mac)
  • Becky! のメールシステム(Windows)
  • iPhoneのメールシステム
  • Androidのメールシステム

この項目では、iPhoneと連携させる方法を解説します。

iPhoneと連携させるメリット
  1. iPhoneから、コアサーバーのメールアカウントでメールを送受信できる
  2. コアサーバーにメールを保管できる(メールをiPhoneにはダウンロードしなくてよい)
フェニック

iPhoneの容量を気にせずメールを利用できるよ!

iPhoneの【設定】をクリック

iPhoneの【設定】をクリックします。

【メール】をクリック
【アカウント】をクリック

次に【メール】⇒【アカウント】をクリックしましょう。

【アカウントの追加】をクリック
【その他】をクリック

【アカウントの追加】⇒【その他】をクリックしてください。

【メールアカウントの追加】をクリック
新規アカウントの項目の設定方法

【メールアカウントの追加】をクリックします。

新規アカウントの項目では、以下のように設定してください。

項目設定方法
名前メールの受信相手に表示させる名前
⇒宛名
メール登録させるコアサーバーのメールアドレス
パスワードコアサーバーへのログインパスワード
説明メールボックスの名前
⇒ブログ名でOK

【IMAP】と【POP】の選択では「IMAP」を選択しましょう。

用語用語の説明
IMAPメールをiPhoneにはダウンロードせず、コアサーバー内で管理
POPメールをiPhoneにダウンロードして管理
⇒iPhoneの容量を圧迫する
【受信メールサーバー】と【送信メールサーバー】の設定方法
【受信メールサーバー】と【送信メールサーバー】の設定

【受信メールサーバー】と【送信メールサーバー】は同じ設定でOKです。

以下のように設定してください。

項目設定方法
ホスト名サーバー名を入力
⇒例:v2001.coreserver.jp
ユーザー名コアサーバーのメールアドレスを入力
パスワードコアサーバーにログインするパスワードを入力
【メール】にチェックを入れて【保存】をクリック

【メール】にチェックを入れて【保存】をクリックすれば完了です。

iPhoneに「登録したメールアカウント」が表示されているか確認

iPhoneに「登録したメールアカウント」が表示されているか確認してみましょう。

iPhoneからコアサーバーのアカウントでメール送信する

iPhoneから本格的にメールを送る前にテストメールを送信しましょう。

iPhoneのトップ画面から【メール】をクリック
【鉛筆マークのアイコン】をクリック

iPhoneのトップ画面から【メール】をクリックします。

次に【鉛筆マークのアイコン】をクリックしましょう。

テストメールの送信方法

以下のように設定してテストメールを送信してください。

項目設定方法
宛先テストメールを受信するメールアドレスを入力
差出人コアサーバーに登録したメールアドレスを選択
件名テストメールと入力
本文テストメールと入力
iPhoneからコアサーバーのメールアカウントを利用して送信されたテストメール

上図のようにテストメールを受信できたら完了です。

スパムフィルターを設定する

コアサーバーに設置したメールアドレスには、時間が経つと迷惑メール(スパムメール)が送信されるようになります。

この項目では迷惑メール対策として、スパムフィルターを設定する方法を解説します。

ダッシュボードの【メール】⇒【スパムフィルター】をクリック

管理画面から【メール】⇒【スパムフィルター】をクリックします。

スパムフィルターを設定する「メールアドレスのドメイン」を選択し【スパムフィルターの有効】をクリック

スパムフィルターを設定する「メールアドレスのドメイン」を選択し【スパムフィルターの有効】をクリックします。

スパムフィルターの設定

スパムフィルターの設定方法①

なお【スパム受信時の動作】と【高いスコアのスパム処理】以外は、サーバーの共通設定となっています。

そのためデフォルト設定のままでOKです。

上記を踏まえ、スパムフィルターは以下のように設定しましょう。

項目設定方法
スパム受信時の動作スパムを削除
⇒スパムメールを自動削除
しきい値低しきい値(5.0)
⇒値が低いほどスパムメールのブロック率が高い
高いスコアのスパム処理いいえ、高いスコアのスパムをブロックしません。しきい値のみを使用します。
⇒一般メールもブロックされる可能性があるため
件名の書き換えいいえ、件名を変更しないでください
⇒スパムメールを自動削除設定しているため、どれでもOK
スパム通知形式添付ファイルを使用
⇒スパムメール本体ではなく添付ファイルを使ってスパムメールを通知する
スパムフィルターの設定方法②
項目設定方法
Eメールブロックリストブロックしたいメールアドレスがあれば入力し【追加】をクリック
Eメール許可空欄でOK

設定が完了したら【保存】をクリックしてください。

これで迷惑メールへのスパムフィルターの設定は完了です。

コアサーバー (CORESERVER)の自動バックアップの使い方

中休み

コアサーバーのV2プランには自動バックアップ機能が装備されています。

この項目では、自動バックアップ機能の初期設定と復元方法を解説します。

ハッキングされるとWordPressの管理画面にログインできなくなります。つまりバックアップを復元できなくなります。

レンタルサーバー内に、バックアップがあればハッキング前の状態に復元可能です。

万が一のハッキングに備えて、自動バックアップの使い方を覚えておきましょう。

自動バックアップ機能の初期設定

ダッシュボードの【ツール】⇒【アプリインストール】をクリック

管理画面から【ツール】⇒【アプリインストール】をクリックします。

【マイ・アプリ】⇒【表示/編集詳細】をクリック

続いて【マイ・アプリ】⇒【表示/編集詳細】をクリックします。

自動バックアップは【毎回30回】を選択しましょう。

バックアップの頻度頻度の解説
毎週1回+毎月1回毎週1回と毎月1回バックアップを取得する
⇒バックアップ保持期間が毎日分ではない
毎日1回+毎週1回+毎月1回毎日1回と毎週1回、毎月1回バックアップを取得する
⇒バックアップ保持期間が毎日分ではない
毎日30回毎日1回バックアップを取得する
⇒過去30日間のバックアップを毎日分保持する
毎日~回+毎週~回+毎月~回設定した回数のバックアップを取得する

選択が完了したら【保存】をクリックしてください。

これで自動バックアップ機能の初期設定は完了です。

バックアップの復元方法

テーマ変更前(Cocoon)
テーマ変更前(Cocoon)
テーマ変更後(Twenty Twenty)

コアサーバーの復元機能を確認するために、WordPressテーマを「Cocoon」から「Twenty Twenty」に変更しました。

復元した後、WordPressテーマが「Cocoon」に戻れば復元成功です。

バックアップデータ取得日時2023年6月20日5:51Cocoon
テーマ変更日時2023年6月20日16:00Twenty Twenty
復元日時2023年6月20日19:00Cocoon
ダッシュボードの【ツール】⇒【アプリインストール】をクリック

管理画面の【ツール】⇒【アプリインストール】をクリックします。

【マイ・バックアップ】⇒【このバックアップを復元する】をクリック

続いて【マイ・バックアップ】⇒【このバックアップを復元する】をクリックします。

【元の場所にリストア】の項目の【続ける】をクリック

【元の場所にリストア】の項目の【続ける】をクリックしましょう。

画面を下にスクロールさせて【取り戻す】をクリック

画面を下にスクロールさせて【取り戻す】をクリックすると、バックアップの復元が始まります。

WordPressの復元中の画面
WordPressの復元が成功した画像

WordPressテーマが「Cocoon」に戻りました。

コアサーバーでのバックアップの復元は成功です。

Shota

上記の手順で自動バックアップ設定&復元を実施してください。

コアサーバー(CORESERVER)の使い方のまとめ

今回はコアサーバーの使い方を解説しました。

さくっと要点をおさらいです。

  • コアサーバーのメールアカウントとiPhoneは連携が可能
  • 自動バックアップ機能の使えば、WordPressのハッキングに対応可能

以下の記事では「WordPressを複数運営する方法」「サブドメインの作り方」を解説しています。

コアサーバーを使いこなしたい方は、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次