WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

ブログのリード文・導入文の書き方【小学生でも分かる例文付き】 

ブログのリード文・導入文の書き方【小学生でも分かる例文付き】
フェニック

ブログのリード文・導入文には何を書いたらいいかな?書き方が知りたいぞ。

今回はこのような疑問にお答えします。

実はリード文は、ブログ初心者でも悩まずに書くことができます。

ある程度型が決まっているからです。

そこで、今回はブログのリード文の書き方について詳しく解説します。

この記事を読めば、リード文をスラスラ書けるようになります。

リード文で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

目次

ブログのリード文・導入文とは

ブログのリード文・導入文とは、記事を要約した文章のことです。

記事タイトルの下から、目次までの間に記載します。

ブログ記事の構成とリード文の役割を、以下の表にまとめます。

ブログ記事の構成役割
タイトル検索結果でのクリック率を上げる
リード文・導入文記事を読み進めてもらう
内容の理解を促進する
案件を成約させる
本文読者の悩みを解説する
まとめ読者の理解を整理する
案件を成約させる

ブログのリード文・導入文が重要な理由

ブログのリード文・導入文が重要な理由

この項目では、リード文・導入文が重要な理由を詳しく解説します。

記事を読み進めてもらう

リード文の内容が読者に刺さらないと、すぐに記事から離脱されてしまいます。

リード文は、読者が最初に読む文章だからです。

記事を読み進めてもらうためにも、リード文は重要になります。

読まれるリード文に必要な要素

読者に読まれるために、必要な要素は以下になります。

リード文に必要な要素要素の役割
共感読者の悩みを代弁する
約束悩みを解決できることを宣言する
内容説明記事内容の理解を促進させる
行動促進読むことを後押しする
フェニック

詳しく説明するから安心してね!

リード文は検索順位にも影響

リード文で、読者にすぐに離脱されると記事の検索順位は落ちてしまいます。

Googleから、ユーザー行動が少ない記事だと認識されるからです。

ユーザー行動には以下のものがあります。

  • 滞在時間
  • 直帰率
  • 内部リンクでのサイト内回遊率

検索順位を上げるためにも、リード文は重要です。

記事の理解を促進する

リード文は、記事内容の理解促進にも役立ちます。

リード文を読むことで、読者は以下のことがわかるからです。

  • 自分の悩み
  • 記事の要約
  • 記事の方向性

読者の理解を助けるためにも、リード文は重要です。

案件の成約率を上げる

アフィリエイトボタンの画像

案件のレビュー記事などでは、リード文にアフィリエイトリンクを設置します。

理由は、アフィリエイトリンクのクリック数が多くなるからです。

以下の表は、アフィリエイトリンクの設置場所とクリック数の関係です。

リンクの設置場所リンクの表示回数リンクのクリック数
リード文1167回25回
H2見出し(2つ目)826回15回
H2見出し(3つ目)615回8回
まとめ137回3回
対象記事:Rank Trackerの料金と使い方|導入から詳しく解説

リード文に設置したアフィリエイトリンクが、最もクリックされています。

案件の成約率を上げるためにも、リード文は重要です。

ブログのリード文・導入文の書き方

ブログのリード文・導入文の書き方

この項目では、ブログのリード文・導入文の書き方を詳しく解説します。

まずは本文を書く

リード文を書く前に、本文を書きましょう。

本文を書いて頭が整理することで、読者に寄り添ったリード文を書けるからです。

リード文を書く前に、まずは本文を書きましょう。

Shota

記事を書く順番は、以下の順がおすすめです。

  1. 本文
  2. まとめ
  3. リード文
  4. タイトル
  5. メタディスクリプション
  6. アイキャッチ画像

なお、本文の書き方は以下の記事で解説しています。

読者の悩みを明確にする(共感)

冒頭では、読者の悩みを明確に記載しましょう。

読者が、自分の検索意図に合致する記事なのかを判断するためです。

Shota

「読者の悩み」が検索意図に合致すれば、読者はそのまま読み進めてくれます。

読者の悩みの例文

例文①
フェニック

WordPressにGoogleアナリティクスを設定したいけど、方法がわからないぞ?詳しく教えてほしいな。

今回はこのような疑問にお答えします。

例文②
フェニック

ブログ名、サイト名が全く思いつかないぞ。アイデアを沢山欲しいな。

今回はこのような疑問にお答えします。

読者の悩みを吹き出しにすると、共感がわきやすくなります。

悩みを解決できることを伝える(約束)

悩みを明確にしたら、読者に記事で解決できることを宣言します。

読む価値があると判断してもらうためです。

また、併せて記事で悩みを解決できる根拠も提示しましょう。

フェニック

根拠があれば読者も安心するね!

悩みを解決できることを伝える例文

例文①

実は、WordPressにGoogleアナリティクスを設定する作業は難しくありません。

私はこの記事通りに作業した結果、20分で設定が完了しました。

例文②

実は、ブログ名は自分で考えるよりアイデアを盗んだ方がよいものが作れます。

人間1人の発想力には、限界があるからです。

この記事ではブログ名のアイデアを165個も用意しています。

権威性を追記する

著者の権威性を追記すれば、読者はより安心して記事を読んでくれます。

現代では「何を言ったか?」よりも「誰が言ったか?」の方が重要視されるからです。

権威性を示すには、著者情報を提示するのが一番です。

Shota

当サイトに事例を記載します。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

著者情報に記載すべき内容は、以下になります。

  1. 特技・スキル・強み
  2. 対象ジャンルの実績
  3. ブログ以外での活躍

記事内容を伝える(内容説明)

悩みを解決できることを伝えたら、記事内容を伝えましょう。

理由は以下の3点です。

  • 読者に記事内容の理解を促進させる
  • 悩みへの回答以外にも、お得な情報があることを使える
  • 読みたい場所に読者を誘導する(ページ内リンク)

ブログは結論ファーストが重要です。

記事内容を早めに読者に伝えてあげましょう。

記事内容を伝え方の例文

記事内容を伝え方の例文は、以下になります。

そこで今回は、Googleアナリティクスの設定方法について解説します。

文章にはページ内リンクを設定しましょう。

高い確率でクリックされるからです。

Shota

ページ内リンクをクリックすると、読みたい場所にジャンプできます。

読者の行動を促す(行動促進)

ここまでリード文を書けたら、読者が記事を読むように促しましょう。

最後の一押しが意外に重要です。

読者の行動を促す例文

例文①

この記事を読めば、Googleアナリティクスのことが全て分かります。

初期設定で悩む人は、ぜひ参考にしてください。

例文②

この記事を読めば、必ず理想のブログ名が見つかります。

ブログを頑張りたい方は、ぜひ参考にしてください。

読者に、読み終えた後の未来を伝えることがポイントです。

アフィリエイトリンクを設置する

案件の成約率を上げるで解説の通り、案件のレビュー記事などではリード文にアフィリエイトリンクを設置します。

アフィリエイトボタンの画像

アフィリエイトリンクは、ボタンリンクがおすすめです。

段落最後に設置するリンクは、ボタンリンクが最もクリックされるからです。

ブログのリード文・導入文のテンプレート

ブログのリード文・導入文のテンプレート

この項目では、リード文・導入文のテンプレートを紹介します。

この型に文章を当てはめれば、簡単にリード文が完成します。

STEP
読者の悩みを明確にする
  • ~したいけど設定方法がわかりません。手順を詳しく教えてください。
  • ~のアイデアが全く思いつきません。役立つアイデアが沢山欲しいです。
  • ~を利用したいけど評判が気になります。評判が悪いって本当ですか?
  • ~はどのプランがおすすめですか?理由も詳しく教えてください。
  • ~をしたいので~の情報が知りたいです。

今回はこのような悩みにお答えします。

STEP
悩みを解決できることを伝える
  • 実は~の設定は難しくありません。私はこの記事通りに作業した結果、20分で設定が完了しました。
  • 実は~は~のアイデアを利用するとよりよいものが作れます。この記事では~のアイデアを~個用意しました。
  • 実は当サイトでは~の評判を~件調査しました。口コミは~のサービスを利用して取得しました。
  • 実はおすすめのプランは~です。理由は~だからです。
  • 実は当サイトでは~の情報について徹底調査しています。調査には~のサービスを利用しました。
Shota

「実は~」から始めることがポイントです。

STEP
記事内容を伝える

そこで、今回は~について詳しく解説します。

この記事で分かること
  1. ~とは?
  2. ~の設定方法
  3. ~の使い方
Shota

H2見出しをわかりやすく記載すればOKです。

STEP
読者の行動を促す
  • この記事を読めば、~の問題はすぐに解決できます。
  • この記事を読めば、~のメリット・デメリットを全て理解できます。
  • この記事を読めば、あなたに最適なプランが理由と共にわかります。
  • この記事を読めば、~を全て理解できます。

~で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

Shota

「この記事を読めば」から始めることがポイントです。

STEP
アフィリエイトリンクを設置する(成約記事の場合)
アフィリエイトボタンの画像
フェニック

ボタンリンクを設置しよう!

STEP
著者情報を記載する

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

Shota

事前に著者情報を作成して、コピペできる状態にしておきましょう。

ブログのリード文・導入文の質問集

リード文の文字数の目安は?

200~400文字が目安です。

理由は以下になります。

  • リード文に必要な要素を全て盛り込める
  • 文字数が少ないので、読むことが負担にならない

リード文と見出しの違いは?

リードは記事内容を要約した文章です。

一方、見出しは各項の要点を短い言葉にまとめたものです。H2見出しには、記事の目標キーワードを挿入する必要があります。

リード文の言い換えは?

導入文または、記事の書き出しです。

リード文は英語で何と言う?

lead paragraphです。

まとめ

今回は、ブログのリード文・導入文の書き方について解説しました。

さくっと内容を振り返ります。

まとめ
  1. リード文とは、記事を要約した文章
  2. 読者に記事を読み進めてもらうために、リード文は重要
  3. テンプレートを使えば、簡単にリード文を作成できる

この記事のテンプレートをもとに、実際にリード文を書いてみてください。

なお、リード文をマスターしたら、次はまとめの書き方を覚えましょう。

まとめもテンプレートを使えば、スラスラ書くことができます。

詳しくは以下の記事で解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次