WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

【2022年】ロリポップFTPの使い方をわかりやすく解説

【2022年】ロリポップFTPの使い方をわかりやすく解説
フェニック

ロリポップFTPにログインしてみたけど使い方がよくわからないぞ?

今回はこのようなお悩みにお答えします。

ブログ初心者でも、ロリポップFTPを使用するシーンは必ず訪れます。

  • WordPressのバックアップデータをダウンロード
  • WordPressとGoogleサーチコンソールとの連携

そこで今回はロリポップFTPの使い方を解説します。

画像たっぷり使い解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

まだサーバー未契約の方にはロリポップハイスピードプラン評判レビューの記事もおすすめです。

目次

ロリポップFTPとは

ロリポップFTPの解説画像
ロリポップFTPの解説画像

ロリポップFTPとは、Web版のFTPツールです。

ロリポップFTPの解説画像

FTPツールとは、FTPサーバーに接続するためのツールです。

ロリポップのFTPサーバーに接続すると、以下のことが可能になります。

FTPサーバーでできること使用シーン(例)
①FTPサーバー内の既存ファイルの書き換えWordPressの常時SSL化
②FTPサーバー内へのファイルのアップロードGoogleサーチコンソールとの連携
③FTPサーバー内からのファイルのダウンロードバックアップデータのダウンロード
Shota

ピンとこないと思うので、ロリポップのFTPの使い方で詳しく解説します。

ロリポップFTPのメリット

ロリポップFTPの解説画像

ロリポップFTPを使用するメリットは、簡単にFTPサーバーに接続できることです。

ロリポップFTPにログインすれば、FTPサーバーに接続できます。

FTPソフトを使用する必要がありません。

WordPress初心者にはありがたい機能です。

ロリポップFTPのデメリット

ロリポップFTPのデメリットは、以下の2点です。

  1. FTPサーバーに「ダウンロード&アップロード」できるファイルは、一度に一つ
  2. FTPサーバーへのファイルの転送速度が遅い

つまり時間がかかるということです。

大量にファイルをダウンロード&アップロードする時は、FTPソフトを使いましょう。

ロリポップFTPへのログイン方法

【サーバーの管理・設定】⇒【ロリポップFTP】をクリック

ロリポップの管理画面にログインし【サーバーの管理・設定】⇒【ロリポップFTP】をクリックします。

ロリポップFTPの画像

これでロリポップFTPへのログインは完了です。

ロリポップFTPの使い方

中休み

この項目では、ロリポップFTPの使い方を解説します。

ロリポップFTPの既存ファイルを書き換える

ロリポップの常時SSL化を例に、既存ファイルの書き換え方法を解説します。

ロリポップの常時SSL化については、以下の記事で詳しく解説しています。

常時SSL化するドメインのフォルダをクリック

常時SSL化するドメインのフォルダをクリックします。

「.htaccessファイル」をクリック

「.htaccessファイル」をクリックします。

「.htaccessファイル」の設定方法

「.htaccessファイル」は以下のように設定します。

項目設定方法と解説
ファイル名.htaccessファイル
文字コードUTF-8
⇒【UTF-8】以外を選択するとWordPressが文字化けする
現在の属性604
⇒フォルダへのアクセス権限を付与

ロリポップでは「.htaccessファイル」の【現在の属性】を、604にすることを推奨しています。

設定するパーミッションの値

.htaccessファイル:604(rw—-r–)

引用:ロリポップ-バーミッションについて

「.htaccessファイル」を書き換える場合は【現在の属性】も604に変更しましょう。

【現在の属性】を604にすると、アクセス権限が以下のように設定されます。

  • 自分に「.htaccessファイル」を閲覧、書き換えする権限を与える
  • 自分の属するグループに「.htaccessファイル」を操作する権限を与えない
  • その他(ロリポップの運営者)に「.htaccessファイル」を閲覧する権限を与える

詳しくは以下のリンクで解説しています。

「.htaccessファイル」の一番上に常時SSL化コードを記載した画像

常時SSL化コードを記入したら【保存する】をクリックします。

これでロリポップFTPの「.htaccessファイル」の書き換えは完了です。

ロリポップFTPに新しいファイルをアップロードする

【HTMLファイル】をFTPサーバーにアップロードしてサーチコンソールを設定する

WordPressとサーチコンソールとの連携を例に、ロリポップFTPにファイルをアップロードする方法を解説します。

所有権の確認ページ(ファイル)①
ダウンロードしたHTMLファイル

Googleサーチコンソールから「HTMLファイル」をダウンロードします。

Googleサーチコンソールを設定するWordPressのドメインフォルダ

Googleサーチコンソールと連携させる、ドメインのファルダをクリックします。

ロリポップFTPのアップロードのボタンをクリック

ロリポップFTPのアップロードのボタンをクリックします。

【ファイルを選択する】をクリック

【ファイルを選択する】をクリックします。

Googleサーチコンソールからダウンロードした「HTMLファイル」をクリック

Googleサーチコンソールからダウンロードした「HTMLファイル」をクリックします。

「アップロード待ちです。」と表示された画面

選択したら「アップロード待ちです。」と表示されるので【アップロードする】をクリックしましょう。

ロリポップFTPへの「HTMLファイル」のアップロードは完了

これでロリポップFTPへの「HTMLファイル」のアップロードは完了です。

ロリポップFTPに保管しているファイルをダウンロードする

All in One WP Migrationの画像
All in One WP Migration

All in One WP Migrationのバックアップデータを例に、ロリポップFTPの保管ファイルをダウンロードする方法を解説します。

バックアップデータが保管されている、ドメインのフォルダをクリックします。

バックアップデータが保管されている、ドメインのフォルダをクリックします。

ai 1wm-backupsフォルダ
ai 1wm-backupsフォルダ

「ai 1wm-backupsフォルダ」をクリックします。

WPRESSファイルをダウンロードする
WPRESSファイルをダウンロードする

ファイルの拡張子が「wpress」のものが、バックアップデータです。

ダウンロードボタンをクリックします。

ダウンロードできたWPRESSファイル
ダウンロードできたバックアップデータ

これでロリポップFTPから、バックアップデータのダウンロードは完了です。

ロリポップFTPのファイル・フォルダを削除する

削除したいファルダとファイルにチェックを入れる

削除したいファルダとファイルにチェックを入れます。

ロリポップFTP上部の【ファイルの削除】をクリック

ロリポップFTP上部の【ファイルの削除】をクリックします。

【指定ファイルを削除しました。】と表示されたら完了です。

ロリポップFTPのファイル・フォルダの削除されました。

ロリポップFTPで新規にファルダを作成する

ロリポップFTP内で、ファルダを作りたい階層へ移動

ロリポップFTP内で、ファルダを作りたい階層へ移動します。

ロリポップFTP画面上部の【新規フォルダ作成】をクリック

ロリポップFTP画面上部の【新規フォルダ作成】をクリックします。

FTPフォルダの設定方法

FTPフォルダは、以下のように設定します。

項目設定方法と解説
ファルダ名ファルダの内容が分かる名前を入力
⇒半角英数と記号で入力
ファルダの属性705
⇒フォルダへのアクセス権限を付与

ロリポップは新規フォルダの作成にあたり、ファルダの属性を705に設定するように推奨しています。

設定するパーミッションの値

ディレクトリ:705(rwx—r-x)

引用:ロリポップ-バーミッションについて

【ファルダの属性】を705にすると、アクセス権限が以下のように設定されます。

  • 自分にフォルダを閲覧、書き換え、実行する権限を与える
  • 自分の属するグループに、フォルダを操作する権限を与えない
  • その他(ロリポップの運営者)にフォルダを閲覧、実行する権限を与える

詳しくは以下のリンクで解説しています。

【保存をする】をクリックすれば、新規フォルダの作成は完了です。

ロリポップFTPで新規にファイルを作成する

ロリポップFTP内で、ファイルを作成する階層へ移動

ロリポップFTP内で、ファイルを作成する階層へ移動します。

【新規ファイル作成】をクリック

【新規ファイル作成】をクリックします。

FTPファイルの設定方法

FTPファイルは、以下のように設定します。

項目設定方法と解説
ファイル名ファイルの内容が分かる名前を入力
⇒半角英数と記号で入力
文字コードUTF-8
⇒【UTF-8】以外を選択するとWordPressが文字化けする
ファイルの属性ファイルの用途によって数値を設定
⇒フォルダへのアクセス権限を付与

ファイルの属性は、ファイルの用途により変更してください。

ファイルの属性設定するバーミッション
HTML 画像ファイル604(rw—-r–)
CGIの実行ファイル700(rwx——)
CGIのデータファイル600(rw——-)
.htaccessファイル604(rw—-r–)
ロリポップ-バーミッションについて
新規に作成したファイルにコードを入力

新規に作成したファイルに、コードを入力します。

入力が完了したら【保存する】をクリックしましょう。

これで、新規フォルダの作成は完了です。

ロリポップFTPの使い方のまとめ

今回はロリポップFTPの使い方について、解説しました。

さくっとまとめます。

ロリポップFTPの使い方
  1. ロリポップFTPの既存ファイルを書き換える
  2. ロリポップFTPに新しいファイルをアップロードする
  3. ロリポップFTPに保管しているファイルをダウンロードする
  4. ロリポップFTPのファイル・フォルダを削除する
  5. ロリポップFTPで新規にファルダを作成する
  6. ロリポップFTPで新規にファイルを作成する

WordPress初心者の方は、バックアップデータをダウンロード機会が必ず訪れます。

この機会にロリポップFTPの使い方をマスターしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次