WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

さくらのレンタルサーバのWordPressの始め方【2023年版】

さくらのレンタルサーバのWordPressの始め方【2023年版】
フェニック

さくらのレンタルサーバでWordPressを作りたいけど、契約と設定方法がわからないぞ?

今回はこのような疑問にお答えします。

さくらのレンタルサーバでWordPressを作るのは簡単です。

  • サーバー契約と同時に独自ドメインを取得できる
  • WordPressのインストール手順が簡単

そこで今回はさくらのレンタルサーバでの契約方法と、WordPressの開設手順を解説します。

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

さくらのレンタルサーバのWordPressの始め方

さくらのレンタルサーバのWordPressの始め方

さくらのレンタルサーバでWordPressを開設する手順は、以下の7STEPです。

  1. さくらのレンタルサーバとサーバー契約
  2. サーバー契約の情報を確認
  3. 独自ドメインを設定
  4. 独自ドメインにSSL化を設定
  5. WordPressをインストール
  6. WordPressの管理画面にログイン
  7. 独自ドメインに常時SSL化を設定

さくらのレンタルサーバとサーバー契約する

【お申し込み】をクリック

まずはさくらのレンタルサーバにアクセスします。

アクセスしたら【お申し込み】をクリックしましょう。

料金プランの選択

料金プランは「スタンダード」を選択

料金プランは「スタンダード」を選択しましょう。

Shota

ライトプランでは、WordPressを利用できないので注意しましょう。

初期ドメインの設定

初期ドメインの設定

初期ドメインは、主にサーバーコントロールパネルのログインに使用します。

好みの文字列を入力しましょう。

取得できる場合は「初期ドメイン~は利用可能です。」と表示されます。

独自ドメインの取得

独自ドメインの取得方法①

【独自ドメインも取得する】にチェックを入れると、サーバー契約と同時に独自ドメインを取得できます。

ドメイン取得の手間が省けるので、チェックを入れましょう。

独自ドメインの取得方法②
設定項目設定方法と解説
ドメイン名WordPressに使用する独自ドメイン名を入力
⇒例:pheonix-0752
トップレベルドメイン「.jp/.com/.org/,net/.info./.biz/.mobi/.tokyo/.co.jp/.or.jp/.ne.jp/.gr.jp/.ac.jp/.ed.jp//go.jp」から1つ選択
トップレベルドメインの解説画像

トップレベルドメインとは、ドメインの末尾のことです。

「.com」「.net」などメジャーなものがおすすめです。

ドメイン名が決まったら【申し込む】をクリックしましょう。

ドメイン登録者情報の入力

ドメイン登録者情報の入力
設定項目設定方法と解説
取得年数1年を選択
登録者のお名前本名を漢字で入力
⇒例:山田太郎
登録者の英語名本名をローマ字で入力
⇒例:Yamada Taro
設定が完了したら【お支払い方法を選択】をクリック

設定が完了したら【お支払い方法を選択】をクリックします。

会員登録画面へ移動します。

さくらインターネットへの会員登録

さくらインターネット会員登録

【新規会員登録へ進む(無料)】をクリックします。

通知先メールアドレスの入力の設定方法
設定項目設定方法と解説
通知先メールアドレスの入力メール認証するためのメールアドレスを入力
「個人情報の取扱いについて」に同意します。チェックを入れる

設定が完了したら【会員登録のご案内メールを送信】をクリックしましょう。

「~宛にメールを送信しました。」と表示された画面

「~宛にメールを送信しました。」と表示されるので、登録したメールアドレスを確認します。

さくらインターネットから届いたメールの画像

登録したメールアドレスに、以下のメールが届いています。

発信者support@sakura.ad.jp
件名会員登録のご案内[さくらインターネット]

メール認証用のURLが記載されているので、クリックしましょう。

さくらインターネットの会員登録画面①
さくらインターネットの会員登録画面②

さくらインターネットの会員登録画面に移動します。

以下の項目を入力しましょう。

  • 契約者の種別
  • 氏名
  • 氏名(カナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
会員画面にログインするためのパスワードを設定する

会員ページにログインするためのパスワードを設定します。

パスワードの設定が終わったら【確認画面へ進む】をクリック

パスワードの設定が終わったら【確認画面へ進む】をクリックしましょう。

確認画面の内容を確認し【会員登録する】をクリック

確認画面の内容を確認し【会員登録する】をクリックします。

さくらインターネットへの会員登録完了画面

これで、さくらインターネットへの会員登録は完了です。

フェニック

あれ!最初の画面に戻ったぞ。。。

Shota

そうなんだ。また料金プランの選択から再設定しなきゃならないんだよ。

こればかりは、どうしようもありませんでした。

料金プランの選択から、以下の項目を再度設定してください。

  1. 料金プランの選択
  2. 初期ドメインの設定
  3. 独自ドメインの取得

支払い期間の選択

設定項目設定方法と解説
ご契約期間12ヶ月以上を選択
支払い方法クレジットカードを選択
⇒独自ドメインを取得する場合、支払い方法はクレジットカードに限定される
カードの新規登録クリックする
Shota

ブログで成果が出るまで最低12ヶ月かかります。契約期間は12ヶ月以上を選択しましょう。

「登録カード情報変更のため、会員メニューページを開きます。」と表示された画面

「登録カード情報変更のため、会員メニューページを開きます。」と表示されます。

【会員メニューへ】をクリックしましょう。

フェニック

会員ページは別タブで開くけど、申し込みページは閉じないようにしてね!

クレジットカードの登録

【新しいクレジットカードを登録】をクリック

さくらインターネットの会員ページに移動します。

【新しいクレジットカードを登録】をクリックしましょう。

クレジットカード情報の入力画面

クレジットカード情報について、以下の内容を入力します。

  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード:クレジットカードの裏面に記載された3桁の番号
  • カード名義人
「個人情報の取扱いについて」を確認し【同意する】にチェックを入れる

「個人情報の取扱いについて」を確認し【同意する】にチェックを入れます。

【次へ】をクリックしましょう。

クレジットカードの確認画面を見て問題がなければ【カードを登録】をクリック

クレジットカードの確認画面を見て、問題がなければ【カードを登録】をクリックします。

「クレジットカード情報の登録が完了しました」と表示されたら、登録は完了です。

先ほど閉じなかった、別タブの申し込みページに戻ります。

申し込みページに戻ったら【お申し込みの再開】をクリック

申し込みページに戻ったら【お申し込みの再開】をクリックします。

サーバーの仮契約

クレジットカードのセキュリティコードを入力

画面が切り替わるので、クレジットカードのセキュリティコードを入力しましょう。

画面を下にスクロールし【お申し込み内容の確認へ】をクリック

画面を下にスクロールし【お申し込み内容の確認へ】をクリックします。

料金を確認し問題がなければ【同意する】にチェックを入れる

料金を確認し問題がなければ【同意する】にチェックを入れます。

【この内容で申し込む】をクリック

【この内容で申し込む】をクリックしましょう。

「お申し込み完了」と表示された画面

「お申し込み完了」と表示されたら、サーバーの仮契約は完了です。

サーバーの本契約

現時点では、さくらのレンタルサーバーと仮契約の状態です。

忘れないうちに本契約を済ませましょう。

会員ページから【契約中のサービス一覧】をクリックします。

契約情報が表示されるので【本登録】をクリック

契約情報が表示されるので【本登録】をクリックします。

【サービスの登録】をクリックします。

これでさくらのレンタルサーバーとの本契約は完了です。

Shota

お疲れ様でした。

さくらのレンタルサーバとの契約情報を確認する

さくらのレンタルサーバからのメール画像

サーバー契約後、さくらのレンタルサーバから以下のメールが届きます。

発信者support@sakura.ad.jp
件名[さくらのレンタルサーバ] 仮登録完了のお知らせ

契約関連の重要な情報が記載されています。

必ずメモしておきましょう。

記載内容記載内容の解説
会員ID会員ページのログインIDとして使用
初期ドメインサーバーコントロールパネルへのログインIDとして使用
FTPサーバー名FTPサーバーとの接続時にホスト名として使用
FTPアカウントFTPサーバーとの接続時にユーザー名として使用
サーバーパスワードサーバーコントロールパネルへのログインパスワードとして使用

独自ドメインを設定する

独自ドメイン設定の解説画像①

独自ドメイン設定とは、取得した独自ドメインとサーバーのIPアドレスを紐づけることです。

独自ドメイン設定の解説画像②

独自ドメインを設定することで、サーバー内にフォルダが作成され以下のことが可能になります。

  1. WordPressのインストール
  2. Webサイトのアップロード
  3. メールアカウントの作成

さくらのレンタルサーバーでWordPressを運用するには、まずは独自ドメイン設定が必要です。

サーバーコントロールパネルにログイン

まずは会員ページのログイン画面にアクセスします。

\ 会員ページ /

会員ページのログイン画面の画像

ログイン画面に移動したら、以下の情報を入力し【ログイン】をクリックします。

【契約中のサービス一覧】をクリック

【契約中のサービス一覧】をクリックします。

【コントロールパネルを開く】をクリック

【コントロールパネルを開く】をクリックしましょう。

サーバーコントロールパネルの画像

これでサーバーコントロールパネルに移動できました。

独自ドメイン設定

サーバーコントロールパネルから【ドメイン/SSL】⇒【ドメイン/SSL】をクリック

サーバーコントロールパネルから【ドメイン/SSL】⇒【ドメイン/SSL】をクリックします。

【ドメイン新規追加】をクリック

【ドメイン新規追加】をクリックします。

取得した独自ドメインが表示されたら【追加】をクリック

取得した独自ドメインが表示されたら【追加】をクリックします。

これで独自ドメインの設定は完了です。

独自ドメインにSSL化を設定する

独自ドメイン設定後、ドメインの右側に「SSL」と表記された画像

独自ドメイン設定後、ドメインの右側に「SSL」と表記されます。

「SSL」をクリックしましょう。

【登録設定を始めるSSL証明書の種類を選択】をクリック

【登録設定を始めるSSL証明書の種類を選択】をクリックします。

SSL証明書の選択

SSLは【Let's Encrypt(無料SSL)】を選択

SSLは【Let’s Encrypt(無料SSL)】を選択しましょう。

「Let's Encryptの利用ポリシーに同意する」にチェックを入れて【無料SSLを設定する】をクリック

「Let’s Encryptの利用ポリシーに同意する」にチェックを入れて【無料SSLを設定する】をクリックしましょう。

「ただいま無料SSL証明書の発行手続きです。」と表示された画面

「ただいま無料SSL証明書の発行手続きです。」と表示されたら、独自ドメインへのSSL化は完了です。

すぐには独自ドメインにSSL化を設定できない

独自ドメイン設定後、SSL化を設定する際に以下の文言が表記される場合があります。

ドメインの名前解決ができないため無料SSL機能がご利用いただけません。詳細な設定方法についてはサポートサイトをご確認ください。

これは、独自ドメイン設定が完了していないという意味です。

数十分待機後に、再度SSL化を設定しましょう。

独自ドメインにWordPressをインストールする

サーバーコントロールパネルから【Webサイト/データ】⇒【クイックインストール】をクリック

サーバーコントロールパネルから【Webサイト/データ】⇒【クイックインストール】をクリックします。

【WordPress】を選択

【WordPress】を選択しましょう。

「インストールURL」は取得した独自ドメインを選択

「インストールURL」は取得した独自ドメインを選択します。

Shota

警告文が表示されますが、気にしなくてOKです。

初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることは出来ません。WEB公開フォルダを変更するかサブディレクトリを設定する必要があります。

WordPress用のデータベース作成

WordPress用のデータベース作成

【データベース作成】をクリックします。

【データベース新規作成】の設定方法

【データベース新規作成】は、以下のように設定しましょう。

設定項目設定方法と解説
データベースバージョンデフォルト設定
データベース名例:shota-lab
データベース接続用パスワード例:gsdp89u(k
⇒英語/数字/記号を組み合わせる
⇒データベースログイン時に使用
データベース文字コードUTF-8を選択
【同意する】にチェックを入れて【作成する】をクリック

設定が完了したら【同意する】にチェックを入れて【作成する】をクリックします。

データベースの作成後の画像

これでデータベースの作成は完了です。

WordPressインストール

【WordPressサイト情報】の設定方法

【WordPressサイト情報】は、以下のように設定します。

設定項目設定方法と解説
サイトのタイトルブログ名を入力
WordPressユーザー名WordPressのユーザー名を入力
⇒WordPressのログインIDとなる
WordPressパスワードWordPressのログインパスワードを入力
メールアドレスWordPressに登録するメールアドレスを入力
⇒WordPressのログインIDとなる
検索エンジンがサイトにインデックスしないようにするチェックを外す
⇒チェックを入れるとブログが検索結果に表示されなくなる
「ライセンス・利用規約に同意する」にチェックを入れて【作成する】をクリック

「ライセンス・利用規約に同意する」にチェックを入れて【作成する】をクリックしましょう。

これで独自ドメインへのWordPressのインストールは完了です。

【管理画面URL】をクリックすると、WordPressのログイン画面に移動します。

WordPressにはすぐにはログインできない

インストール直後にWordPressログインしようとすると「このサイトにアクセスできません」と表示されます。

WordPressの準備ができていないからです。

数十分ほど待って再度アクセスしましょう。

WordPressの管理画面にログインする

WordPressの管理画面の画像

WordPressのログイン画面にアクセスしたら「ユーザー名」と「パスワード」を入力し【ログイン】をクリックします。

これでWordPressの管理画面の画像

これでWordPressの管理画面にログインできました。

独自ドメインに常時SSL化を設定する

WordPressへのSSL化が完了している画像

この時点でのWordPressのSSL化の状態を確認します。

SSL化の種類設定状況
独自ドメインへのSSL化完了
WordPressへのSSL化完了
独自ドメインへの常時SSL化未完了

まだ完了していない「独自ドメインへの常時SSL化」を設定します。

サーバーコントロールパネルから【Webサイト/データ】⇒【ファイルマネージャー】をクリック

サーバーコントロールパネルから【Webサイト/データ】⇒【ファイルマネージャー】をクリックします。

「.htaccessファイル」にチェックを入れる

ファイルマネージャーにログインしたら「.htaccessファイル」にチェックを入れます。

【編集】をクリックします。

「.htaccessファイル」の最上段に常時SSL化コードを入力した画像

「.htaccessファイル」はWordPressの表示機能に携わる重要なファイルです。

まずは、メモ帳にファイルのコードをコピーして保管しましょう。

「.htaccessファイル」の最上段に以下のコードを入力します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

入力が完了したら【保存】をクリックします。

これで独自ドメインへの常時SSL化は完了です。

常時SSL化設定の確認

Googleのアドレスバーに「http」から始まるURLを入力した画像

Googleのアドレスバーに「http」から始まるURLを入力します。

入力後、以下のように変化すれば常時SSL化は成功です。

  1. 「https」から始まるURLに遷移する
  2. URLに鍵マークが表示される
Shota

WordPressの開設お疲れ様でした。

さくらのレンタルサーバでのWordPress開設後の初期設定

この項目では、WordPress開設後の初期設定について解説します。

  1. 初期プラグインの更新
  2. WordPressの初期設定

初期プラグインの更新

WordPressの更新ボタンをクリック

WordPressの更新ボタンをクリックします。

【プラグインを更新】をクリックした画像

「すべてを選択」をクリックします。

【プラグインを更新】をクリックすれば、初期プラグインの更新は完了です。

WordPressの初期設定

設定項目進捗度合い重要度
①初期URLの確認完了
②WordPressの常時SSL化設定完了
③総合セキュリティプラグインの導入未完
④WordPressのニックネームの変更未完
⑤不要な初期プラグインの削除未完
⑥WordPressのテーマ設定未完
⑦WordPressの一般設定未完
⑧WordPressの投稿設定未完
⑨WordPressのディスカッション設定未完
⑩WordPressのメディア設定未完
⑪WordPressのパーマリンク設定未完
⑫サンプルページの削除未完
⑬プライバシーポリシーの設定未完
⑭お問い合わせフォームの設置未完
⑮アナリティクス、サーチコンソールとの連携未完
⑯WordPressのプロフィール設定未完
⑰WordPressのプラグイン設定未完
⑱ブログ収益化ツールの導入未完

記事を書き始める前に、WordPressの初期設定が必要です。

初期設定が必要な理由
  1. WordPressのセキュリティを強化する
  2. ブログのSEOを強化する
  3. WordPress運営後の不具合を予防する

重要度の高いものから、じっくり設定しましょう。

WordPressの初期設定については、以下の記事で解説しています。

まとめ

今回は、さくらのレンタルサーバでのWordPressの始め方を解説しました。

さくっと内容を振り返ります。

さくらのレンタルサーバのまとめ
  1. さくらのレンタルサーバとサーバー契約
  2. サーバー契約の情報を確認
  3. 独自ドメインを設定
  4. 独自ドメインにSSL化を設定
  5. WordPressをインストール
  6. WordPressの管理画面にログイン
  7. 独自ドメインに常時SSL化を設定

格安でスペックの高いサーバーを利用したい方は、早速契約しましょう。

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次