WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

コアサーバーでのWordPressブログの始め方【V2プラン】

コアサーバーでのWordPressブログの始め方【V2プラン】
フェニック

コアサーバーなら安くブログを作れそうだけど、うまく設置できるか不安だな

今回はこのようなお悩みにお答えします。

コアサーバーは高性能、低価格、簡単の3拍子が揃ったお得なレンタルサーバーです。

ブログフェニックスのパソコンのパフォーマンススコア
パソコンのスコア
ブログフェニックスのモバイルのパフォーマンススコア
モバイルのスコア

当サイトもコアサーバーを利用しており、PageSpeed Insightsで100点を叩き出しています。

ただブログ初心者の方は、WordPressブログをうまく設置できるか不安ですよね。

そこで今回はコアサーバーでのWordPressの始め方をわかりやすく解説します。

コアサーバーなら難しい作業はありません。

真似するだけでOKなので、気になる方はのぞいてみてください。

事前にコアサーバーについて知りたい方には、コアサーバーの評判の記事もおすすめです。

WordPressの始め方をさくっと知りたい方はコアサーバーの料金プランをクリックしてください。

目次

コアサーバー(CORESERVER)とWordPressの概要

中休み

ブログをスムーズに立ち上げるために、コアサーバーとWordPressの概要をさくっと解説します。

WordPressでブログを始めるために必要なもの

WordPressでブログを始めるには、以下の3つのツールが必要です。

ドメイン、レンタルサーバー、WordPressの解説画像
WordPressに必要なツールツールを建物に例えると
①ドメイン住所
②レンタルサーバー土地
③WordPress建物

それぞれ解説します。

ドメインとは

ドメインとは、WordPressブログにアクセスするための住所です。

ドメインの解説画像

ドメインは3つの要素で構成されています。

  1. 第3レベルドメイン:www(なくてもよい)
  2. 第2レベルドメイン:exampleなど
  3. トップレベルドメイン:com、net、jpなど

WordPressを公開するには、ブログの住所を記したドメインを取得する必要があります。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、Wedサイトを公開するためのサーバーです。

WordPressは、レンタルサーバーにインストールされることで利用できるようになります。

レンタルサーバーの解説画像

またレンタルサーバーは低価格で利用できるのが特徴です。

1台のサーバーを複数人で共用するため、安く利用することができます。

WordPressとは

wordpressのCMSシェア
引用:W3Techs-2022年7月

WordPressとは世界で最も利用されているCMSです。

CMS世界シェア
WordPress64.2%
Shopify6.2%
Wix3.4%
Squarespace3.0%
Joomla2.5%
Drupal1.8%
アドビシステムズ1.6%
Googleシステム1.4%
その他15.9%
合計100.0%

CMSとは文章や画像などを入力するだけで、簡単にWebページを生成できるシステムのことです。

WordPressは2022年現在、CMSの中で64.2%のシェアがあります。

WordPressが人気の理由は以下の3点です。

  1. 誰でも無料で使える
  2. インストールが簡単
  3. 知識がなくても、高度なWebページを作成可能

ブログ運営にはWordPressが最適です。

コアサーバーの特徴

コアサーバーは高性能、低価格、簡単の3拍子が揃ったお得なレンタルサーバーです。

  • 最新で高速な、LiteSpeedサーバーを採用
  • LiteSpeedサーバーを、月あたり550円以下で利用可能
  • 独自ドメインを無料で1つもらえる(登録料は別料金)
  • WordPressを簡単にインストールできる
LiteSpeed Cacheの画像

LiteSpeedサーバーには、LiteSpeed Cacheという専用プラグインがあります。

このプラグインを併用すると当サイトのように、PageSpeed Insightsでパフォーマンススコア100点を叩き出すことも可能です。

LiteSpeed Cacheの設定方法は、以下の記事で解説しています。

コアサーバーのおすすめ料金プラン

CORE-XCORE-YCORE-Z
初期費用1,650円1,650円1,650円
初期費用
ドメイン同時申し込み
無料無料無料
月額料金
(12ヶ月契約)
528円858円2,178円
無料お試し期間30日30日30日
WordPress
簡単インストール
対応対応対応
MySQL
(MariaDB 10.4)
無制限無制限無制限
無料SSL対応対応対応
容量
(Web/メール/DB)
300GB500GB800GB
転送量目安(月)10TB20TB30TB
WebサーバーLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed
CPU(最大)64コア64コア64コア
メモリ(最大)1TB1TB1TB
通信プロトコルHTTP/2
HTTP/3
HTTP/2
HTTP/3
HTTP/2
HTTP/3
マルチドメイン
サブドメイン
無制限無制限無制限
メールアカウント数無制限無制限無制限
自動バックアップ無料(3日分)無料(15日分)無料(15日分)
WAF対応対応対応
電話サポート
(予約必要)
未対応未対応対応
メールサポート対応対応対応
チャットサポート対応対応対応
営業時間10:00 ~ 17:0010:00 ~ 17:0010:00 ~ 17:00
別プランへの変更アップグレード
は可能
アップグレード
は可能
総合評価おすすめオーバースペックオーバースペック
コアサーバー料金プラン

結論、V2プランのCORE-Xがおすすめです。

  1. CORE-Xは、V2プランで最も料金が安い
  2. Webサーバーのスペックが最高クラス
  3. WAFを導入
  4. 自動バックアップ機能が無料
  5. プラン変更が可能
  6. サーバー障害の報告が一度もない
用語用語の解説
MySQLWordPressの情報を格納するデータベース
⇒V2プランではWordPressブログを無制限に作れる
容量サーバーに保存できるデータサイズ
⇒個人サイトなら10GBもあれば十分
転送量サーバーから閲覧者に送られるデータサイズの合計量
⇒転送量上限を超えるとページ表示速度が大幅に低下
⇒1ページあたりのデータサイズ(約3MB)× アクセス数で計算
CPUWebサーバーの演算処理を行うパーツ
⇒ページ表示速度に影響
メモリCPUが演算処理をしたデータを保管し同時に動作させるパーツ
⇒ページ表示速度に影響
マルチドメイン1つのレンタルサーバー契約で複数のブログ運営が可能

低価格でハイスペックな「V2プランのCORE-X」を選択しましょう。

ドメイン同時申し込みで初期費用とドメイン代が無料に

ドメイン同時申し込みの設定方法

コアサーバーではサーバー契約と同時に、ドメインを申し込むと初期費用とドメイン代が無料になります。

必ず「ドメイン同時申し込みサービス」を活用しましょう。

フェニック

申し込み方法は本編で解説するよ!

コアサーバーでWordPressを始める手順

コアサーバーの解説画像

コアサーバーは、バリュードメインが管轄するレンタルサーバーです。

そのため契約はバリュードメインと提携することになります。

コアサーバーでWordPressを始める手順を解説します。

STEP
バリュードメインにユーザー情報を登録
ユーザー名、バスワード、メールアドレスの設定方法
STEP
バリュードメインとコアサーバーを仮契約
ドメイン同時申し込みの設定方法
  • 独自ドメインの無料取得
  • WordPressのインストール
STEP
バリュードメインとコアサーバーを本契約
コアサーバーの契約期間の設定方法①
  • 1年契約+1ヶ月(お試し利用期間上積み)がおすすめ
フェニック

お試し体験したい人は、本契約はしなくてOKだよ!

STEP
コアサーバーからWordPressにログイン
WordPressのダッシュボードの画像
STEP
WordPressブログの常時SSL化設定
コアサーバーのダッシュボードに戻り【SSL証明書】をクリック

この5ステップでWordPressの立ち上げは完了します。

コアサーバーでのWordPressブログの始め方【V2プラン】

中休み

さっそくコアサーバーでWordPressブログを始める方法を解説します。

画像を大量に用意したので、真似するだけでOKです。

①バリュードメインにユーザー情報を登録する

まずはコアサーバーの公式サイトにアクセスしてください。

コアサーバーのトップ画面の画像

コアサーバーのトップ画面に移動するために、しばし待ちます。

移動しなかったら【ジャンプしない場合はこちら】をクリックします。

トップ画面に移動したら画面右の【お申込み】をクリック

トップ画面に移動したら、画面右の【お申込み】をクリックします。

【バリュードメインユーザー登録画面はこちら】をクリック

ユーザー登録を行うために【バリュードメインユーザー登録画面はこちら】をクリックしてください。

画面を下にスクロール

画面を下にスクロールします。

ユーザー名、バスワード、メールアドレスの設定方法

ユーザー名、バスワード、メールアドレスを設定してください。

設定項目設定方法と解説
ユーザー名好みに設定
⇒バリュードメインのログイン時に必要
パスワード半角英数字8~64文字
⇒ハッキング防止のため誕生日、本名は使わない方がよい
メールアドレス本人認証メールが、このメールアドレスに届く
GMO IDチェックを入れない
⇒GMOグループのサービスを同じパスワードで利用できるが不要
入力内容が問題ないことを確認し【登録する】をクリック

入力内容に問題ないことを確認し【登録する】をクリックしてください。

登録したメールアドレスに、認証コードが届いているのでコピーする

次はメール認証を行います。

登録したメールアドレスに、認証コードが届いているのでコピーします。

設定画面に貼り付けて【認証を行う】をクリックすればメール認証完了

設定画面に貼り付けて【認証を行う】をクリックすればメール認証完了です。

ユーザー情報を入力方法の解説画像①

次にユーザー情報を入力します。

設定項目設定方法と解説
姓名(漢字)自分の名前を漢字で入力
姓名(アルファベット)自分の名前をローマ字で入力
契約種別個人を選択
役職個人ブロガーは「無し」でOK
役職(アルファベット)「none」でOK
ユーザー情報を入力方法の解説画像②
設定項目設定方法と解説
郵便番号例:530-0031
都道府県例:大阪府
⇒郵便番号を入力すると自動出力される
都道府県(アルファベット)例:Osaka
⇒郵便番号を入力すると自動出力される
市区例:大阪府北区
⇒郵便番号を入力すると自動出力される
市区(アルファベット)例:Osaka-city,kita-ku
⇒郵便番号を入力すると自動出力される
町村例:大深町
⇒郵便番号を入力すると自動出力される
町村(アルファベット)例:Ofuka-cho
⇒郵便番号を入力すると自動出力される
番地例:3-1
⇒郵便番号を入力すると自動出力される
ユーザー情報を入力方法の解説画像③
設定項目設定方法と解説
建物名・ビル名未記入でOK
建物名・ビル名(アルファベット)未記入でOK
電話番号例:06-1234-5878
⇒電話認証で使用する
FAX未記入でOK
日本
SMS認証SMS認証は後ほど行うため、未記入でOK

入力が完了したら【入力内容を確認】をクリックします。

入力内容を確認し【会員・プライバシーポリシーに同意する】にチェックを入れる

入力内容を確認し【会員・プライバシーポリシーに同意する】にチェックを入れます。

ページを下にスクロールし【ユーザー登録する】をクリック

ページを下にスクロールし【ユーザー登録する】をクリックしてください。

【ユーザー情報の登録が完了しました】と表記された画像

【ユーザー情報の登録が完了しました】と表記されれば、ユーザー情報の登録は完了です。

コントールパネルの画像

コントールパネルにログインしてください。

【ユーザー登録完了のお知らせ】というメールの画像

コントールパネルへのログイン方法がわからない場合は、メールを確認します。

【ユーザー登録完了のお知らせ】というメールを確認し、ログインURLをクリックすればコントールパネルへログインできます。

②バリュードメインとコアサーバーを仮契約する

コントロールパネルにログイン後、すぐに電話認証を要求されることがあります。

その場合は電話認証の方法をクリックしてください。

コントロールパネルのダッシュボードから【サーバー】⇒【コアサーバー】をクリック

コントロールパネルのダッシュボードから【サーバー】⇒【コアサーバー】をクリックします。

【コアサーバーV2アカウントの作成】という表記を確認し【CORE-Xプランを取得】をクリック

【コアサーバーV2アカウントの作成】という表記を確認し【CORE-Xプランを取得】をクリックしましょう。

電話認証の設定方法の解説画像①

アカウント作成前に先ほどスルーした電話認証を行います。

携帯電話番号を入力し【続ける】をクリックしてください。

電話認証の設定方法の解説画像②

携帯電話に届いた認証コードを確認します。

電話認証の設定方法の解説画像③

認証コードを入力し【認証を行う】をクリックしましょう。

電話認証の設定方法の解説画像④

「SMS本人認証に成功しました」と表示されれば、電話認証は成功です。

契約するサーバー情報を入力方法

電話認証が完了したら、契約するサーバー情報を入力します。

設定項目設定方法と解説
お申込みプランCORE-X
お試し期間30日
自動更新期間12ヶ月
⇒本契約で再度設定するため、どれでもOK
希望アカウント好きなアカウント名を入力
⇒ブログのドメインとしても利用できるため、ブログ名を意識した方がいいかも
ドメイン同時申し込みの設定方法

ここの設定は最重要ポイントです。

【ドメイン同時申し込み】には必ずチェックを入れましょう。

チェックを入れるメリットは以下の4点です。

  1. 独自ドメインを無料で提供される(登録料金は発生)
  2. 初期費用1,650円が無料になる
  3. DNS設定をしなくてもよい
  4. WordPressを自動でインストールしてくれる

ブログ初心者にとってメリットは計り知れません。

【ドメイン同時申し込み】には必ずチェックを入れましょう。

設定項目設定方法と解説
同時申し込み必ずチェックを入れる
ドメインを検索するブログに使用するURLを入力し【チェック】をクリック
WordPressインストール必ずチェックを入れる
あなたのホームページアドレス好みのURLを選択
⇒チェックを入れると、ブログURLが「https://www.~」となる
【ドメインを検索する】の設定では、ブログURLが使用可能な場合「~は取得可能です。」と表示される

【ドメインを検索する】の設定では、ブログURLが使用可能な場合「~は取得可能です。」と表示されます。

表示されない場合、入力したURLは既に誰かが使用していることになります。

URLの末尾(トップレベルドメイン)の変更方法の解説画像

この場合はURLの末尾(トップレベルドメイン)を変更しましょう。

使用できるURLの末尾
  • com
  • net
  • info
  • org
  • biz
【サーバー利用規約・バックアップサービス利用規約に同意する】にチェックを入れて【お試し登録】をクリック

最後に【サーバー利用規約・バックアップサービス利用規約に同意する】にチェックを入れて【お試し登録】をクリックします。

お試し登録の前に、ドメイン登録料の支払いを請求された場合はクレジットカードでの支払い方法をクリックしてください。

コアサーバーのお試し契約は完了画面

これでコアサーバーのお試し契約は完了です。

【戻る】をクリックしてコントロールパネルの管理画面に戻る

【戻る】をクリックして、コントロールパネルに戻りましょう。

③バリュードメインとコアサーバーを本契約する

ここからはコアサーバーとの本契約の手順を解説します。

無料お試し期間は1ヶ月ありますが、本契約をすると本契約期間にお試し期間が上積みされる

無料お試し期間は1ヶ月ありますが、本契約をすると本契約期間にお試し期間が上積みされます。

本契約を1年とした場合、1ヶ月上積みされて契約期間は1年1ヶ月となります。

コアサーバーに慣れたら、本契約を済ませましょう。

1ヶ月のお試し期間を活用したい方はコアサーバーにインストールしたWordPressにログインするにジャンプしてください。

バリュードメインのコントロールパネルから【サーバー】⇒【コアサーバー】をクリック

バリュードメインのコントロールパネルから【サーバー】⇒【コアサーバー】をクリックします。

コントールパネルに表示されているアカウントの【購入】をクリック

コントールパネルに表示されているアカウントの【購入】をクリックします。

コアサーバーの契約期間の設定方法①

購入する期間は12ヶ月がおすすめです。

コアサーバーの契約期間の設定方法②

12ヶ月の場合、料金は税込み6336円になります。(月あたり529円)

コアサーバーの支払い方法

次に支払い方法を選択します。

カード払いが一番スムーズなので【クレジットカード自動決済】をクリックしましょう。

以下の手順でカード決済してください。

STEP
クレジットカード情報を登録する
カード情報を登録する
カード情報を登録する
カード情報の入力画面に進む
カード情報の入力画面に進む
カード情報を入力する①
カード情報を入力する①
カード情報を入力する②
カード情報を入力する②
カード情報の登録が成功する
カード情報の登録が成功する
STEP
クレジットカードでコアサーバーの料金を決済する
カード名義人を入力する
カード名義人を入力する
カード決済が完了する
カード決済が完了する

これでコアサーバーの本契約は完了です

④コアサーバーにインストールしたWordPressにログインする

コアサーバーの仮契約で、自動インストールしたWordPressにログインします。

WordPressが正常にインストールされたかを確認するためです。

バリュードメインのコントロールパネルから【サーバー】⇒【コアサーバー】をクリック

バリュードメインのコントロールパネルから【サーバー】⇒【コアサーバー】をクリックします。

本契約したアカウントの【新コントロールパネル】をクリックしましょう。

コアサーバーの管理画面に移動します。

フェニック

すぐコアサーバーにログインできるようにブックマークしておこう!

【ツール】をクリックする

【ツール】をクリックします。

【myblog】をクリック

次に【myblog】をクリックします。

【ブログURL/wp-admin】をクリックする

ページが開くので【ドメイン名/wp-admin/】をクリックしましょう。

WordPressのダッシュボードの画像

WordPressの管理画面にログインできたら成功です。

⑤コアサーバーでWordPressの常時SSL化を設定する

SSL化の解説画像

SSL化とは、WordPressと閲覧ユーザーの間で行われる「通信データを暗号化する仕組み」です。

通信データを暗号化することで、WordPressブログの改ざんや乗っ取りを防ぐことができます。

具体的には、httpから始まるURLをhttpsに変換します。     

SSL化はコアサーバーが自動で設定してくれています。

ただし常時SSL化は自分で設定する必要があります。

常時SSL化の解説画像

常時SSL化とはhttpのブログURLに訪れた読者を、自動的にhttpsのブログURLに遷移させる仕組みです。

フェニック

なんとなくわかればOKだよ!

コアサーバーで常時SSL化を設定する

コアサーバーのダッシュボードに戻り【SSL証明書設定】をクリック

コアサーバーのダッシュボードに戻り【SSL証明書設定】をクリックします。

常時SSL化するドメインを選択し【無料SSL証明書】をクリック

常時SSL化するドメインを選択し【無料SSL証明書】をクリックします。

【無料SSL証明書】の設定方法

【無料SSL証明書】では以下のように設定します。

  1. 常時SSL化するドメインにチェックを入れる
  2. wwwから始まるURLにもチェックを入れる
  3. 【HTTPSリダイレクトでSSLを強制】にチェックを入れる

最後に【保存】をクリックすれば常時SSL化は完了です。

コアサーバーのブログURLをクリックする

常時SSL化を確認しましょう。

コアサーバーのブログURLをクリックします。

アドレスバーに、鍵マークが表示された画像(常時SSL化完了)

アドレスバーに、鍵マークが表示されたら常時SSL化は成功です。

Shota

お疲れ様でした。コアサーバーでのWordPressの立ち上げは完了です。

コアサーバーでWordPressを立ち上げた後にすべきこと

中休み

この項目ではコアサーバーでWordPressを立ち上げた後の作業を解説します。

WordPress・テーマ・プラグインを最新バージョンに更新する

コアサーバーでインストールしたWordPressやプラグインは、最新バージョンではありません。

古いバージョンのWordPressを使用していると、セキュリティの穴をつかれてハッキングに繋がります。

まずはWordPress・テーマ・プラグインを最新バージョンに更新しましょう。

WordPressの管理画面の画像

インストールしたWordPressにログインします。

【更新】をクリックします。

WordPressの更新ボタンをクリック

まずはWordPressの更新ボタンをクリックしてください。

プラグインの更新ボタンをクリック

次にプラグインの更新ボタンをクリックしましょう。

WordPressのテーマの更新ボタンをクリック

最後にWordPressテーマの更新ボタンをクリックすれば完了です。

コアサーバーの使い方をマスターする

コアサーバーのV2プランには、WordPress運営以外にも便利な機能があります。

  • メールアカウントの作成
  • WordPressの自動バックアップ
Shota

自動バックアップはハッキング対策にもなるので、ぜひとも活用したい機能です

コアサーバーの使い方は、以下の記事で解説しています。

コアサーバーでのWordPressブログを始め方のまとめ

今回はコアサーバーでWordPressブログを始める方法について解説しました。

簡単におさらいします。

コアサーバーでWordPressブログを始める方法
  1. バリュードメインにユーザー情報を登録する
  2. バリュードメインとコアサーバーをお試し契約する
  3. バリュードメインとコアサーバーを本契約する
  4. コアサーバーからWordPressにログインする
  5. コアサーバーでWordPressの常時SSL化を設定する

コアサーバーならWordPress設置につまづくことがないため、ブログ初心者にはおすすめです。

安くて高性能なレンタルサーバーを利用したい方は、コアサーバーの公式ページをのぞいてみてください。

\ 有名ブロガーも利用 /

コアサーバーとWordPressについての質問集

コアサーバーの評判は?

コアサーバーの評判を調査するため、当サイトは64名の口コミを分析を調査しました。

評判の結果が以下になります。

コアサーバーの良い評判
  1. V2プランはページ表示速度が速い
  2. サーバースペックが高いのに料金が安い
  3. 容量が多いためブログを複数運営できる
  4. 無料体験期間が長い(30日)
  5. 初期費用とドメイン費用が無料
  6. 管理画面が使いやすい
  7. V1プランの転送量が無制限
コアサーバーの悪い評判
  1. V1プランでサーバー障害を経験
  2. サポート体制が不十分
  3. 設定方法がわかりづらい
  4. V1プランはプランを変更できない
  5. V1プランはページ表示速度が遅い

詳しくは以下の記事で解説しています。

コアサーバーのV1プランの障害は大丈夫?

コアサーバーV1プランの障害は減少する見込みです。

2022年6月に、スペックの高い最新サーバーに移転したためです。

リニューアルにおけるサーバーシステムの増強と移行について

この度、CORESERVER V1において、システムの増強および、新仕様のサーバーへマイグレーション(移行)を行うこととなりました。 新サーバーについては、「全プランに最新システム、最大64コアの高速CPU、最大1TBの大容量メモリー、高速SSD RAID」を採用し、より高速化と安定稼働が可能となっております。

引用:コアサーバー-リニューアルにおけるサーバーシステムの増強と移行について

V1プランを契約しようとしている人は、安心して契約してください。

コアサーバーの障害についてはコアサーバーV1プランのサーバー障害は大丈夫?お問い合わせの結果で詳しく解説しています。

コアサーバー(CORESERVER)とはどんな会社?

GMOデジロック社が2007年から運営する老舗のレンタルサーバー会社です。

コアサーバーはレンタルサーバー9社を対象にしたアンケート調査で、3部門で1位を獲得しました。

  • コスパ重視の方におすすめのレンタルサーバー第1位
  • 中小企業におすすめのレンタルサーバー第1位
  • 安心して使えるレンタルサーバー第1位

※調査概要

  • 方法:インターネット調査
  • 概要:サイトのイメージ調査(2022年5月実施)
  • 対象:全国の男女延べ1,000名
  • 提供:日本トレンドリサーチ

コアサーバーは2022年、最も注目されているサーバー会社です。

コアサーバーでWordPressを複数運営したい場合はどうすればいい?

WordPressを複数運営する手順は、以下の通りです。

マルチドメインの場合
  1. バリュードメインで独自ドメインを取得する
  2. バリュードメインのコントロールパネルでドメイン設定する
  3. コアサーバーに独自ドメインを登録する
  4. コアサーバーでWordPressをインストールする
  5. コアサーバーでWordPressの常時SSL化を設定する
サブドメインの場合
  1. コアサーバーでサブドメインを作成する
  2. コアサーバーのサブドメインにWordPressをインストールする
  3. コアサーバーのサブドメインに常時SSL化を設定する

コアサーバーは、全てのプランでディスク容量が豊富です。

そのためWordPressの複数運営に最適です。

CORE-MINICORE-ACORE-BCORE-C
月額料金
(12ヶ月契約)
220円440円880円3,300円
容量
(Web/メール/DB)
200GB400GB600GB1,200GB
マルチドメイン
サブドメイン
あわせて50無制限無制限無制限
コアサーバー料金プラン
CORE-XCORE-YCORE-Z
月額料金
(12ヶ月契約)
528円858円2,178円
容量
(Web/メール/DB)
300GB500GB800GB
マルチドメイン
サブドメイン
無制限無制限無制限
コアサーバー料金プラン

WordPressの複数運営の方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

コアサーバーV1プランとV2プランの違いは?

V1プランとV2プランの大きな違いは以下になります。

V1とV2の違いV1プランV2プラン
初期費用無料有料
⇒ドメイン同時申し込みで無料
WebサーバーApacheLiteSpeed
転送量無制限月10TB(COTR-X)
通信プロトコルHTTP/2HTTP/3
WAF未導入導入
自動バックアップCORE-C以外は有料無料
プラン変更不可アップグレードは対応
サーバー障害報告(2022年)7件0件

コアサーバーV1プランはコスト重視、V1プランはスペック重視です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次