【Google XML Sitemapsがない】XML Sitemapsの設定方法

Google XML Sitemapsの設定方法と使い方

2022年4月現在、Google XML Sitemapsが利用できない状態になっています。

以下の記事でXML Sitemap & Google Newsを使い、XMLサイトマップを作成する方法を解説しています。

XMLサイトマップを作成する

こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。

追記です。
WordPressを立ち上げたばかりの人には「WordPressの初期設定」の記事もおすすめです。

目次

XML Sitemapsとは

XML Sitemapsとは、ブログのXMLサイトマップを作成するプラグインのことです。

Google XML Sitemapsの管理画面
XML Sitemapsの管理画面

XML Sitemapsを設定するだけで、自動でXMLサイトマップを作成してくれます。

設定画面は日本語化されているため、操作がとても簡単です。

XMLサイトマップとは

実際のXMLサイトマップの画像
実際のXMLサイトマップ

XMLサイトマップとは、検索エンジンにブログの存在や構造を理解させるツールのことです。

XMLサイトマップには「トップページ」「カテゴリーページ」「記事ページ」などのURLが記載されています。

XML Sitemap解説

この情報をクローラーが読み込むことで、検索エンジンはブログの存在やサイト構造を理解します。

XMLサイトマップを作成することで以下のメリットを享受できます。

  • ブログの更新をGoogleとBingに自動で知らせることができる
  • ブログ記事を素早くGoogleとBingにインデックス登録させることができる
  • クローラーがブログ内の記事を全て認識してくれる

ブログ立ち上げ時は、XMLサイトマップの作成は必須作業です。

外部からの被リンクが少ないため、クローラーがリンクを辿ってブログに来ないためです。

次の場合にサイトマップが必要になることがあります。

サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。Googlebot などのウェブクローラは、ページからページヘリンクをたどることによってウェブをクロールします。そのため、他のサイトからのリンクがないページは Google のクローラに検出されないことがあります。

引用:Googleセントラル-サイトマップについて

検索エンジンにブログの存在を認識してもらうため、ブログ立ち上げ直後にXMLサイトマップを作りましょう。

Google XML Sitemapsがない

XML Sitemaps

2022年4月現在、Google XML Sitemapsが利用できない状態になっています。

以下の記事でXML Sitemap & Google Newsを使い、XMLサイトマップを作成する方法を解説しています。

XMLサイトマップを作成する

こちらの記事を参照してください。

XML Sitemapsの設定方法

Google XML Sitemapsの設定画面へのアクセス方法

XML Sitemapsをインストールし有効化すると、ダッシュボードの【設定】の中に【XML-Sitemap】が表示されます。

この項目を選択すると設定画面にアクセスできます。

設定項目は以下の7つです。

  1. 基本設定
  2. Additional Pages
  3. 投稿の優先順位
  4. Sitemapコンテンツ
  5. Excluded Items
  6. Change Frequencies
  7. 優先順位の設定 (priority)
Shota

順番に解説しますね。

①基本的な設定

基本的な設定でチェックを入れる項目の画像

基本的な設定でチェックを入れる項目は以下の4つです。

基本的な設定でチェックを入れる項目項目の解説
1)Notify Google about updates of your siteブログ更新時に自動でGoogleへ連絡
2)Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your siteブログ更新時に自動でBingへ連絡
3)サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加XMLサイトマップの場所(URL)をクローラーに連絡
4)Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports itXMLサイトマップの容量を自動で圧縮

「XMLサイトマップの容量を自動で圧縮」にチェックを入れると、XMLサイトマップの容量サイズ(バイト)が自動で圧縮されます。

XMLサイトマップを圧縮するとページ表示速度が向上します。

忘れずにチェックしておきましょう。

【HTML形式でのサイトマップを含める】のチェックを外す

基本的な設定の解説画像②

基本的な設定では【HTML形式でのサイトマップを含める】のチェックを外しましょう。

送信されたURLにnoindexタグ

チェックを入れた場合、Googleサーチコンソールでエラーが発生します。

具体的には【送信されたURLにnoindexタグが追加されています】とエラー表記されます。

以下の2つの条件を同時に満たした場合、エラーが発生します。

  • 【HTML形式でのサイトマップを含める】にチェックを入れる
  • 投稿ページ、固定ページにnoindex指定する

Googleは対象ページをインデックス登録していいのか、わからないためエラーを発生します。

エラーの発生防止のために【HTML形式でのサイトマップを含める】のチェックは外しましょう。

②Additional Pages

Additional Pages設定

この項目では、XMLサイトマップに手作業で記事URLを追加できます。

個人ブログの場合は触らなくてOKです。

WordPress以外で作成した記事を、WordPressのドメイン配下に追加する場合に使用します。

【新しいページの追加】をクリックして、記事URLを入力するだけで完了です。

③投稿の優先順位

投稿の優先順位1

この項目では、クローラーが優先的にクロールするページを指定します。

【優先順位を自動的に計算しない】を選択しましょう。

デフォルトでは【コメント数】が選択されています。

この場合、コメント数の多い記事にクローラーが優先的に巡回してしまいます。

その結果、新しく投稿した記事が検索結果に掲載されるのが遅れてしまいます。

したがって【優先順位を自動的に計算しない】を選択しましょう。

④Sitemapコンテンツ

Sitemapコンテンツ1

この項目では、XMLサイトマップに掲載するURLを選択できます。

チェックを入れる項目は以下の4つです。

  1. ホームページ
  2. 投稿 (個別記事) を含める
  3. 固定ページを含める
  4. 最終更新時刻を含める

上記の設定により、アーカイブや投稿者ページなど価値が低いページにクローラーが巡回するのを防ぐことができます。

【カテゴリーページを含める】のマークを外す

【カテゴリーページを含める】のチェックを外す

私は【カテゴリーページを含める】のチェックを外すことを推奨しています。

カテゴリーページは検索ユーザーにとって最適な入口ではないからです。

「カテゴリーページを含める」の項目のチェックを外す理由

カテゴリーページでは、カテゴリーに該当する記事が一覧で表示されます。

検索結果からブログに訪れた読者は、カテゴリーページのどの記事を読めばよいか分かりません。

フェニック

キーワード検索してクリックしたページが記事一覧ページだったら困るね。

カテゴリーページは、読者には最適な入口ではないため【カテゴリーページを含める】のチェックを外すことを推奨します。

⑤Excluded Items

Excluded Itemsの設定

この項目では、XMLサイトマップから除外したいカテゴリーと投稿・固定ページを個別に設定できます。

【含めないカテゴリー】では未分類など、検索エンジンに低品質と評価されるカテゴリーにチェックを入れましょう。

【投稿 (個別記事) を含めない】の設定方法

【投稿 (個別記事) を含めない】の項目では、XMLサイトマップから除外したい記事を設定できます。

ただし入力するのは除外したい記事のURLではなく投稿IDです。

フェニック

投稿IDってどこに書いてあるかわからないよ!

Shota

投稿IDは記事の投稿ページから確認できるよ。

投稿IDの見つけ方の画像

ダッシュボードから【投稿一覧】をクリックします。

投稿一覧ページで、対象のページにカーソルを合わせると、画面左下にURLが表示されます。

「〜.php?post= [ID] &action〜」の[ID]が、投稿IDです。

投稿IDをコピーして、入力欄に貼りつけましょう。

これで【投稿 (個別記事) を含めない】の設定は完了です。

⑥Change Frequencies

Change Frequencies

この項目ではクローラーがブログにクロールする頻度を設定できます。

クロール頻度は「ホームページ(トップ画面)」「投稿記事」「固定ページ」など項目ごとに設定できます。

実はChange Frequenciesは設定しても効果がないと、Googleは公式に発表しています。

Google は、<priority> と <changefreq> の値を無視します。

引用:Google検索セントラル サイトマップの作成と送信

つまりchangefreq(更新頻度)とpriority(優先順位) を設定しても、Googleは無視すると言っているのです。

このためChange Frequenciesは気休め程度に設定しましょう。

Change Frequenciesの設定方法

Change Frequencies
フェニック

Googleは無視するって言ってるけど、気が変わるかもしれないから設定しようね。

Change Frequenciesは以下のように設定しましょう。

  • ホームページ: 毎日
  • 投稿(個別記事): 毎日
  • 固定ページ: 毎週
  • カテゴリー別: 毎日
  • 今月のアーカイブ: 更新しない
  • 古いアーカイブ: 更新しない
  • タグページ: 更新しない
  • 投稿者ページ: 更新しない

更新頻度が高くコンテンツとして価値の高い、トップページや記事ページのクロール頻度を高く設定しましょう。

⑦優先順位の設定 (priority)

優先順位の設定(priority)

優先順位の設定 (priority)ではクローラーに重要なページを知らせることができます。

優先順位の高いページに、クローラーが優先的にクロールするようになります。

優先順位は1.0(非常に重要)から 0.1(ほとんど重要ではない)の範囲で指定できます。

ただし先述の通り、優先順位の設定 (priority)は設定しても効果がないことをGoogleが発表しています。

Google は、<priority> と <changefreq> の値を無視します。

引用:Google検索セントラル サイトマップの作成と送信

優先順位の設定 (priority)も、気休め程度に設定しましょう。

優先順位の設定 (priority)の設定方法

優先順位の設定(priority)

優先順位の設定(priority)には以下の数値を入力しましょう。

  • ホームページ: 1.0
  • 投稿(個別記事): 1.0
  • 投稿優先度の最小値: 1.0
  • 固定ページ: 0.3
  • カテゴリー別: 0.8
  • アーカイブ別: 0
  • タグページ: 0
  • 投稿者ページ: 0

優先順位についても、Change Frequenciesと同じ方針で値を設定しています。

完了したら【設定を更新】を忘れずにクリックしましょう。

Shota

お疲れ様でした。以上でXML Sitemapsの設定は完了です。

次はXML Sitemapsで作成したXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに送信します。

まだGoogleサーチコンソールに登録できていない方はWordPressにGoogleサーチコンソールを設定する方法と使い方をご覧ください。

XML Sitemapsで作成したXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに送信する

googleサーチコンソール

XMLサイトマップはGoogleサーチコンソールに送信することで効果を発揮します。

まずはGoogleサーチコンソールにログインします。

⋙Google Search Consoleへ

Googleサーチコンソールにログインしたら、以下の手順でXMLサイトマップを送信します。

Google Search Console連携1
  1. メニューから【サイトマップ】をクリック
  2. 【新しいサイトマップの追加】にXMLサイトマップのURL(sitemap.xml)を入力
  3. 【送信】をクリック
  4. 【送信されたサイトマップ】に「成功しました」と表示されたら送信完了
XMLサイトマップのURLの記載場所

XMLサイトマップのURLは「XML Sitemaps」設定画面の「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」に記載されています。

これでGoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを送信する作業は完了です。

今後はXML SitemapsがXMLサイトマップを自動更新し、クローラーが定期的に更新情報を読み込んでくれます。

XML Sitemapsに関する疑問

この項目ではXML Sitemapsでよくある疑問について解説します。

XML Sitemapsは不要?

wordpress

WordPress5.5から、WordPressにXMLサイトマップを作り出す機能が加わりました。

フェニック

WordPressがXMLサイトマップを作るなら、XML Sitemapsは不要だよね?

結論はXML Sitemapsは必要です

WordPressのXMLサイトマップには更新日時が記載されない

Google XML sitemapsで作ったXMLサイトマップとWordPressで作ったXMLサイトマップの比較

上図はXML Sitemapsで作成したXMLサイトマップと、WordPressで作成したXMLサイトマップの比較です。

両者を比較すると以下の違いがあります。

  • XML Sitemapsで作ったXMLサイトマップには更新日時が記載されている
  • WordPressで作ったXMLサイトマップには更新日時が記載されていない

XMLサイトマップに更新日時が掲載されていないことは、SEOにおいてマイナス評価となります。

更新日時は、Googleがコンテンツを評価する上で重要視しているからです。

Google は、<lastmod> 値が一貫して正確であることを(ページの最終更新との比較などにより)検証できる場合に、この値を使用します。

引用:Google検索セントラル サイトマップの作成と送信

コンテンツの評価を正確に評価してもらうためにも、XML Sitemapsは導入しておきましょう。

XML SitemapsとWordPressによって作成されたXMLサイトマップは以下の方法で確認できます。

  • XML Sitemapsで作ったXMLサイトマップ:https://(ドメイン名)/sitemap.xmlをアドレスバーに入力。
  • WordPressで作ったXMLサイトマップ:https://(ドメイン名)/wp-sitemap.xmlをアドレスバーに入力。ただし表示する場合はXML Sitemapsを無効化する。

Googleサーチコンソールのステータスに「取得できませんでした」とエラーが出るのはなぜ?

Googleサーチコンソールに「取得できませんでした」とエラー表示された画面

Googleサーチコンソールで「取得できませんでした」とエラーが表示される理由は2つ考えられます。

XMLサイトマップのURLが間違っている

Googleサーチコンソールに正しくXMLサイトマップのURLが記載された画像

Googleサーチコンソールの【新しいサイトマップの追加】の項目に、正しくXMLサイトマップのURLが記載されているか確認してください。

「sitemap.xml」が正しいURLです。

oogleのアドレスバーに、「https://(ドメイン名)/sitemap.xml」と入力した画像

Googleのアドレスバーに「https://(ドメイン名)/sitemap.xml」と入力した時に、XMLサイトマップが表示されない時はXMLサイトマップのURLが間違っています。

XMLサイトマップにクローラーがアクセスできない

XMLサイトマップがプラウザに表示されたにも関わらずエラー表示される場合は、クローラーがXMLサイトマップにアクセスできないことが考えられます。

Wordfence Securityの海外のIPアドレスブロック画面
Wordfence Securityの海外IPアドレスブロック画面

セキュリティプラグインで海外のIPアドレスをブロックしている場合、クローラーはXMLサイトマップにアクセスできません。

今一度、セキュリティプラグインのIPアドレスのブロックリストを確認しましょう。

XMLサイトマップとHTMLサイトマップの違いは?

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの解説画像

サイトマップの対象が異なります。

  • XMLサイトマップは、クローラーにサイトの構造を知らせるためのサイトマップ
  • HTMLサイトマップは、読者に記事の場所を知らせるためのサイトマップ
当サイトのHTMLサイトマップの画像

読者に親切なブログを作るためにも、HTMLサイトマップも併せて作りましょう。

WP Sitemap Pageプラグインの画像

HTMLサイトマップはWP Sitemap Pageプラグインを使うと簡単に作成できます。

使い方は以下の動画がとても参考になります。

プラグインを使わずにXMLサイトマップを作る方法は?

プラグインを使用しない場合は「sitemap.xml Editor」でXMLサイトマップを作れます。

無料で使用でき、登録やインストールが不要なためおすすめです。

sitemap.xml Editorの設定方法
sitemap.xml Editorの画面

sitemap.xml Editorにアクセスします。

以下のように設定しましょう。

設定項目設定方法
PCサイトマップ(sitemap.xml)を作成ブログのURLを入力
最終更新日:lastmodの自動取得「する」を選択
サイトの更新頻度「アクセスのたび」を選択
優先度:priorityの自動設定「する」を選択
除外ディレクトリ空欄でOK
同一タイトルの除外「する」を選択

「sitemap.xml Editor」でXMLサイトマップを作成したら、これまで通りGoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを送信してください。

ブログ更新ごとにGoogleに通知するためです。

まとめ

まとめ

今回はXML Sitemapsの設定方法について解説しました。

以下の7つの項目を設定するだけで、簡単にXMLサイトマップを作成できます。

  1. 基本設定
  2. Additional Pages
  3. 投稿の優先順位
  4. Sitemap コンテンツ
  5. Excluded Items
  6. Change Frequencies
  7. 優先順位の設定 (priority)

設定した後は、GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを送信するだけです。

ブログを立ち上げたらすぐにXML Sitemapsの設定を済ませましょう。

なおブログ立ち上げ時はやることが多くて大変ですよね。

以下の記事でもブログ運営について解説しているので、ぜひ参考にしてください。

お問い合わせフォームの設置
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • こんにちは。
    初心者です。ワードプレスでブログを設定中なのですが
    プラグインの追加でXML Sitemapsが、どうしても見つかりません。
    作者のAuctolloで検索しても出てきません。
    調べてみたところ、Yahoo知恵袋で、XML Sitemapsが公開停止になって困っているという方の質問がありました。それについての回答を見ましたが、初心者にはちんぷんかんぷんです。
    どうしたらよいでしょうか。
    アドバイスいただけないでしょうか。

    • コメントありがとうございます!
      確かに探しましたがないですね。
      なぜか公開中止になっているようです。
      XML Sitemap & Google Newsでも代替できるのでお試しください。
      問題なくXMLサイトマップを作れるようです。
      答えになっておらずすみません。

  • 自分が見つけられないだけかと心折れそうでしたが、お返事をいただいて安心しました。
    とりあえず教えていただいたXML Sitemap & Google Newsを使用して、引き続き設定を進めます。
    迅速なご回答に感謝いたします。お忙しい中ありがとうございました。

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次
閉じる