WordPress Ping Optimizerの使い方【2022年最新Ping送信先】

WordPress Ping Optimizerの使い方【2022年最新Ping送信先】
フェニック

WordPress Ping Optimizerを勧められたけど必要なプラグインなの?使い方もよくわからないし。

今回はこのような疑問にお答えします。

WordPress Ping Optimizerって何のためのプラグインかもよくわからないですよね。

実はWordPress Ping Optimizerを導入しないと、あなたが書いた記事がGoogleからスパム扱いされてしまうリスクが発生します。

そこで今回はWordPress Ping Optimizerプラグインの機能使い方についてわかりやすく解説します。

また特別に2022年最新のPing送信先リストも公開しているのでぜひ参考にしてください。

追記です。
WordPressを立ち上げたばかりの人には「WordPressの初期設定」の記事もおすすめです。

目次

Ping送信とは?

Ping送信の解説画像
Ping送信の解説画像

Ping送信とはブログで新しく記事を投稿した時に、指定したPingサーバーに記事情報を送信してくれる機能のことです。

Ping送信機能は、WordPressにも標準で備わっています。

WordPressのPing送信指定画面
WordPressのPing送信指定画面

Pingサーバーは全国に存在し、連携しているWEBサイトに投稿した記事内容を送信します。

記事情報を受け取ったサイトは、投稿した記事を自動で掲載してくれるのです。

Shota

人気ブログランキングにほんブログ村がPingサーバーと連携している代表的なサイトです。

PINGOO!のトップページ
PINGOO!のトップページ

上図の「PINGOO!」もPingサーバーと連携しブログ記事を掲載、拡散してくれるサービスです。

投稿したブログ記事はすぐに様々なサイトに掲載されるため、以下の3つの効果が期待できます。

  1. Googleによるインデックス登録が促進される
  2. ブログ記事のPV数がアップする
  3. 記事がサイトに掲載され被リンクされるため、ブログのドメインパワーが強化される

ブログ記事はGoogleにインデックス登録されて初めて、検索結果に表示されます。

WordPress Ping OptimizerはGoogleからスパム扱いされるのを防止する

フェニック

WordPressにPing送信機能があるなら、WordPress Ping Optimizerはいらないよね?

Shota

Googleからスパム扱いされるを防止するために必要です。

ブログ記事を投稿後、記事内容を何度も更新するとその記事はGoogleからスパム扱いされてしまいます。

Ping送信をスパムだと判定したgoogle
Ping送信をスパムだと判定したgoogle

記事を更新するたびに、WordPressは何度もPing送信してしまうからです。

GoogleはPing送信された記事をスパムだと判定すると、インデックス登録を取りやめます。

WordPress Ping Optimizerはスパム判定されるのを防止する
WordPress Ping Optimizerはスパム判定されるのを防止する

WordPress Ping Optimizerは、WordPressのPing送信回数を制御することでGoogleからスパム扱いされるのを防ぎます。

WordPress Ping OptimizerがPing送信を制御した実施例

スムージーピュアライフのトップ画面
スムージーピュアライフのトップ画面

今回は私が別に運営しているスムージーピュアライフというブログ記事を例に、WordPress Ping Optimizerの機能を解説します。

【スムージーに使うほうれん草を冷凍する方法】というブログ記事
【スムージーに使うほうれん草を冷凍する方法】というブログ記事

WordPress Ping Optimizerを有効化し、上図の【スムージーに使うほうれん草を冷凍する方法】の記事を投稿します。

【Pinging new post】と表示された管理画面
【Pinging new post】と表示された管理画面

WordPress Ping Optimizerの管理画面にページを進め【Following are the lastest actions performed by the plugin】という項目をチェックします。

【Pinging new post】と表示されているため、Ping送信は成功です。

改行だけして更新した同じ記事
改行だけして更新した同じ記事

その後すぐに同じ記事を改行だけして更新します。

【Not Pinging】と表示された管理画面
【Not Pinging】と表示された管理画面

再びWordPress Ping Optimizerの管理画面にページを進めると、今度は【Not Pinging】と表示されています。

Ping送信を制御したWordPress Ping Optimizer
Ping送信を制御したWordPress Ping Optimizer

つまりWordPress Ping OptimizerがWordPressによるPing送信を制御できたことになります。

Googleからスパム判定されないためにも、Ping送信を行う時はWordPress Ping Optimizerを使用しましょう。

WordPress Ping Optimizerの使い方【2022年最新Ping送信先使用】

WordPress Ping Optimizerのインストール

WordPress Ping Optimizerのインストール画面
WordPress Ping Optimizerのインストール画面

ダッシュボードから【プラグイン】をクリックしページを進めます。

検索窓の「WordPress Ping Optimizer」を入力し、上図のプラグインをインストールし有効化しましょう。

これでWordPress Ping Optimizerのインストールは完了です。

WordPress Ping Optimizerの設定方法

Ping送信先を削除して空欄にする
Ping送信先を削除して空欄にする

ダッシュボードから【設定】⇒【投稿設定】とページを進めます。

【更新サービス】という項目にデフォルトでPing送信先が記載されているので、削除して空欄にします。

Ping送信先URLの貼り付け方
Ping送信先URLの貼り付け方

削除したら【設定】⇒【WordPress ping Optimizer】へとページを進め【Separate multiple service URIs with line breaks:】という項目に、以下のPing送信先URLを入力します。

http://blogcircle.jp/ping/rcv/44425
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.blo.gs

【Enable pinging】にチェックを入れ、【Save Settting】をクリックを押せば設定完了です。

  • 【Ping Now】をクリックすればこれまでブログに溜まっていた記事がPing送信されます
  • 記事を投稿すれば自動的にPing送信されます
赤字で記載されたURLがPing送信を終了したサービス
赤字で記載されたURLがPing送信を終了したサービス

また【WordPress Ping Optimizer】の管理ページに【Ping Log】という項目があります。

赤字で記載されたURLはPing送信サービスが終了したサイトのものです。

赤字のURLは【Separate multiple service URIs with line breaks:】から削除しましょう。

WordPress Ping OptimizerにPing先URLを入力すると、WordPressの投稿設定にもPing先URLが表示されますが、消さないでください。

WordPress Ping Optimizerに入力したPing送信先も消えてしまいます。

なお上記で紹介した「2022年最新Ping送信可能な送信先」はGoogle検索から探して、Ping送信可能なものだけを抜粋しています。

WordPress Ping Optimizerを使い、人気ブログランキングにPing送信する方法

Ping送信先に必ず登録したいのが「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」です

人気ブログランキングにほんブログ村は会員数も多いため、Ping送信することで多くの人に投稿記事を読んでもらえます。

またサイトのドメインパワーも高く、被リンクをもらうことで高いSEO効果も期待できます。

人気ブログランキングのドメインパワー
人気ブログランキングのドメインパワー
にほんブログ村のドメインパワー
にほんブログ村のドメインパワー

ドメインパワーとは米国のSEO老舗会社MOZが算出した、サイトのパワーのことです。

ドメインパワーが高いサイトから被リンクをもらうと、被リンクを貰ったサイトのドメインパワーも上がります。

人気ブログランキングにPing送信するには、専用のPing送信URLが必要

http://blogcircle.jp/ping/rcv/44425
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.blo.gs
フェニック

このPing送信先に人気ブログランキングのURLはあるの?

Shota

ないです!人気ブログランキングとにほんブログ村は登録して自分専用のPing送信URLを取得する必要があります。

そこで人気ブログランキングのPing送信URLを取得する方法を解説します。

なお人気ブログランキングの登録方法は簡単なので割愛します。各自登録をお願いします。

⋙人気ブログランキング登録へ

WordPress Ping Optimizerを使って人気ブログランキングにPing送信する方法
WordPress Ping Optimizerを使って人気ブログランキングにPing送信する方法

上図の3つのステップで作業を進めます。

STEP
Ping先URLを取得する
人気ブログランキングのPing先PRLの取得方法
人気ブログランキングのPing先PRLの取得方法

人気ブログランキングに登録したら、マイページにログインします。

【マイメニュー】の項目に【更新情報(Ping)】というボタンがあるのでクリックしましょう。

【Ping先URL】が表示されるので【コピーする】をクリックすればPing先URLが取得できます。

STEP
WordPress Ping OptimizerにPing先URLを貼り付ける
WordPress Ping OptimizerにPing先URLを貼り付ける
WordPress Ping OptimizerにPing先URLを貼り付ける

ブログのダッシュボードに戻ります。

【設定】⇒【WordPress Ping Optimizer】へとページを進め、【Separate multiple service URIs with line breaks:】という項目に、コピーしたPing先URLを貼り付けます。

貼り付けたら【Save Setting】をクリックし、保存しましょう。

STEP
ブログのフッターにバナーを設置する
人気ブログランキングのバナーを設置する方法
人気ブログランキングのバナーを設置する方法

上図のようにブログに、人気ブログランキングのバナーを設置しないと被リンクはもらえません。

今回はブログのフッターにバナーを設置する方法を解説します。

リンクバナーの取得方法①
リンクバナーの取得方法①

人気ブログランキングのマイページから【リンクバナーを取得】をクリックします。

リンクバナーの取得方法②
リンクバナーの取得方法②

いろんな種類のバナーが表示されるので、好きなバナーを選択しましょう。

バナーボタンをクリックすると、リンクバナーのURLをコピーできます。

リンクバナーの取得方法③
リンクバナーの取得方法③

ブログのダッシュボードに戻ります。

  1. 【外観】⇒【ウィジェット】とページを進めましょう
  2. 上図のように【カスタムHTML】をクリックし【フッター2】を選択します
  3. 選択したら【ウィジェットを追加】をクリックします
Shota

テーマによっては【フッター2】が【フッター】しかない場合もあります。

リンクバナーの取得方法④
リンクバナーの取得方法④

カスタムHTMLのタイトルに「応援よろしくお願いします!」と入力。

また内容の項目にコピーしたリンクバナーのURLを貼り付けます。

【保存する】をクリック後、完了をクリックすれば作業終了です。

リンクバナーの取得方法⑤
リンクバナーの取得方法⑤

フッターにバナーボタンが設置されているのを確認しましょう。

人気ブログランキングに掲載された記事
人気ブログランキングに掲載された記事

これで記事を投稿するたびに、WordPress Ping Optimizerから人気ブログランキングにPing送信されます。

人気ブログランキングのマイページから掲載された記事を確認してみましょう。

にほんブログ村のトップページ
にほんブログ村のトップページ

人気ブログランキングの作業が終わったら、同様の手順でにほんブログ村のPingURLを取得し、バナーを設置しましょう。
にほんブログ村は会員数が更に多く、ドメインパワーも82と強力です。

まとめ

まとめ

今回はWordPress Ping Optimizerの機能、使い方について解説しました。

  1. WordPress Ping Optimizerは、Googleからスパム扱いされるのを防止する
  2. WordPress Ping Optimizerの設定は、Ping先URLを入力するだけ
  3. 「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」には必ずPing送信しよう

Ping送信はまだまだ使える機能なので、WordPress Ping Optimizerをぜひ導入しましょう。

なおブログ運営では記事作成以外にもやることが多くて大変ですよね。

以下の記事でもブログ運営ノウハウを解説しているので、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次
閉じる