WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

ConoHa WINGでのWordPressブログの始め方|初心者向け

ConoHaWing(コノハウイング)でのWordPressブログの始め方
フェニック

コノハウィングでWordPressブログを始めたいけど、手順がわからないぞ。

今回はこのような疑問にお答えします。

ConoHa WINGでの、WordPressの開設は簡単です。

かんたんセットアップ機能があるためです。

かんたんセットアップ機能
  • ドメインの自動取得
  • WordPressの自動インストール
  • SSL化の自動設定

かんたんセットアップを申請するだけで、上記の作業は全て完了します。

そこで今回はConoHa WINGとの契約と、かんたんセットアップ機能を利用したWordPressの開設方法を解説します。

画像をたっぷり使い解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

サーバー未契約の方にはConoHa WINGの評判とデメリットの記事もおすすめです。

ConoHa WINGのお客様紹介プログラム

当サイトのお客様紹介リンクから申し込むと、契約料金が5,000円割引されます。

5,000円割引された画像

WINGパックと12ヶ月以上の期間で契約すれば、割引が適用されます。

更にお客様紹介リンクと、割引キャンペーンは併用可能です。

安く契約したい方は、是非ご利用ください。

お客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

目次

ConoHa WINGとWordPressの概要

ConoHa WINGとWordPressブログの概要

コノハウィングでWordPressを始める前に知っておくべき、基本情報を解説します。

  1. ブログ開設に必要なもの
  2. かんたんセットアップ
  3. おすすめ料金プラン
  4. お得に契約する方法

ブログ開設に必要なもの

ブログ開設に必要なもの

ブログ開設に必要なものは、以下の3つです。

  1. レンタルサーバー
  2. 独自ドメイン
  3. WordPress

レンタルサーバー

レンタルサーバー

レンタルサーバーとは、 サイト運営者に「サーバー」を貸し出すサービスのことです。

Shota

ConoHa WINGもレンタルサーバーです。

レンタルサーバーの解説画像

読者がWordPressを閲覧するまでの流れは、以下になります。

  • サイト運営者が、 WordPressのテキストや画像などをレンタルサーバーに保存
  • レンタルサーバーはプラウザからのリクエストに応じて、保存している情報を送信

レンタルサーバーの働きにより、読者はプラウザを通してWordPressを閲覧することができます。

独自ドメイン

独自ドメインとは

ドメインとは、インターネット上の住所です。

ドメイン名はアルファベット、数字、記号などを組み合わせて作ります。

ドメインの中でも、独自に取得したドメインのことを独自ドメインと呼びます。

独自ドメインの例
  • phieonix-1298.com
  • phieonix-light.net
  • phieonix-8990.co.jp

WordPress

WordPressとは

WordPressはPHPというプログラミング言語で作られているCMS(コンテンツマネジメントシステム)の一種です。

操作は直感的で分かりやすく、プログラミング知識がなくても短時間でブログを作ることができます。

かんたんセットアップとは

かんたんセットアップの解説画像

かんたんセットアップとは、WordPress開設作業をConoHa WINGが自動設定してくれるサポートです。

WordPress開設までの作業は、以下になります。

項目WordPress開設作業
独自ドメインの取得自動
独自ドメイン設定自動
WordPressのインストール自動
独自ドメインのSSL化自動
WordPressのSSL化手動
独自ドメインの常時SSL化自動

かんたんセットアップを申請すると「WordPressのSSL化」以外は、自動で設定されます。

Shota

超初心者でもWordPressを開設できますよ。

おすすめ料金プラン

ConoHa WINGのおすすめ料金プラン

ConoHa WINGの料金体系には、WINGパックと通常料金があります。

料金プラン料金
WINGパック(ベーシックプラン)1,452円
通常料金(ベーシックプラン)1時間あたり2.5円
⇒1ヶ月最大1,452円

本格的にWordPressを始める方には、WINGパックがおすすめです。

理由は、以下になります。

  1. キャンペーン割引が適用される
  2. 割引クーポンを取得できる
  3. 永久無料ドメインを2つ取得できる

以上の理由から、WINGパックと契約しましょう。

永久無料ドメインとは
永久無料ドメインの解説画像

取得料金が無料、更新料金が永久無料になる独自ドメインのことです。

WINGパックの料金プランを比較

WINGパックには、以下の3プランが用意されています。

ベーシックスタンダードプレミアム
月額料金
(12ヶ月契約)
1,452円2,904円5,808円
更新料金
(12ヶ月契約)
1,089円2,360円4,719円
料金体系月単位月単位月単位
最低利用期間3ヶ月3ヶ月3ヶ月
キャンペーン対応対応対応
クーポン対応対応対応
初期費用無料無料無料
無料お試し期間なしなしなし
ディスク容量300GB400GB500GB
ディスク種類SSDSSDSSD
RAID構成RAID10RAID10RAID10
WebサーバーApache + NGINXApache + NGINXApache + NGINX
PHP動作モードLSAPILSAPILSAPI
通信プロトコルHTTP/2HTTP/2HTTP/2
転送量無制限無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限
メールアドレス無制限無制限無制限
データベース数
(MySQL)
無制限無制限無制限
FTPアカウント無制限無制限無制限
無料独自SSL対応対応対応
オプション独自SSL4種類対応4種類対応4種類対応
自動バックアップ14日分14日分14日分
WAF対応対応対応
Webフォント対応(モリサワ)対応(モリサワ)対応(モリサワ)
メールサポート24時間受付24時間受付24時間受付
電話サポート平日10:00~18:00平日10:00~18:00平日10:00~18:00
設定代行サービスWordPres移行代行WordPres移行代行WordPres移行代行
永久無料ドメイン2つ取得可能2つ取得可能2つ取得可能
永久無料特典の
取得条件
なしなしなし
簡単インストール対応対応対応
簡単移行対応対応対応
プラン変更可能可能可能
アクセス解析ツール対応対応対応
メーリングリスト未対応未対応未対応
メールマガジン未対応未対応未対応
メールセキュリティ対応対応対応
メール自動返信対応対応対応
メモリ容量
(リソース共有)
8GB12GB16GB
vCPU
(リソース共有)
6コア8コア10コア

WordPress初心者は、ベーシックプランを選びましょう。

理由は以下になります。

  1. 月額料金が最も安い
  2. ディスク容量が十分
  3. メモリ容量、vCPUのスペックが十分
Shota

月間100,000PVを越えたら、スタンダードプランに変更しましょう。

料金プランについては、以下の記事で解説しています。

お得に契約する方法

ConoHa WINGとお得に契約する方法は、以下になります。

  1. 割引キャンペーンを利用する
  2. お客様紹介プログラムを利用する
  3. 学生・教職員向け学割クーポンを利用する
  4. 月初に契約する
  5. 有料テーマを割引購入する

割引キャンペーンを利用する

Webサイト制作応援キャンペーン

ConoHa WINGでは、現在以下のキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名Webサイト制作応援キャンペーン
キャンペーン対象者WINGパックと契約した方
キャンペーン期間2024年7月22日(月) 16:00~2024年8月8日(木) 16:00
キャンペーン内容月額料金が最大で53%OFF

キャンペーン適用後の月額料金は、以下になります。

契約期間ベーシックスタンダードプレミアム
3ヶ月1,452円
1,331円
2,904円
2,783円
5,808円
5,566円
6ヶ月1,452円
1,210円
2,904円
2,602円
5,808円
5,203円
12ヶ月1,452円
941円
2,904円
2,360円
5,808円
4,719円
24ヶ月1,452円
889円
2,904円
2,239円
5,808円
4,417円
36ヶ月1,452円
678円
2,904円
2,118円
5,808円
4,235円

料金プランの中でも、ベーシックプランは割引率が高くなります。

また長期契約するほど、月額料金は安くなります。

Shota

ベーシックプランと12ヶ月以上で契約しましょう。

キャンペーンについては、以下の記事でも解説しています。

お客様紹介プログラムを利用する

ConoHa WINGのお客様紹介プログラム

お客様紹介プログラムとは、当サイトの紹介用リンクから申し込むだけで5,000円割引される特典です。

キャンペーン名お客様紹介プログラム
キャンペーン対象者WINGパックと12ヶ月以上の期間で契約した方
キャンペーン内容契約料金が5,000円割引

WINGパックと12ヶ月以上の期間で契約した人が対象です。

契約期間ベーシックスタンダードプレミアム
3ヶ月
6ヶ月
12ヶ月5,000円割引5,000円割引5,000円割引
24ヶ月5,000円割引5,000円割引5,000円割引
36ヶ月5,000円割引5,000円割引5,000円割引
フェニック

割引キャンペーンと併用できるよ!

Shota

当サイトの紹介リンクをご活用ください。

お客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

学生・教職員向け学割クーポンを利用する

学生・教職員はConoHa WINGの学割クーポンを利用する

ConoHa WINGでは学生・教職員を対象に学割クーポンを発行しています。

学割クーポンを利用することで、ConoHaカードを10%割引で購入することができます。

ConoHaでは学生・教職員の皆様を応援するためにConoHa学割を始めました!

ConoHa学割では、ConoHaカード等の対象商品を学割クーポン利用で10%OFFでご購入いただけます。

ご利用条件をご確認の上、ConoHa学割エントリーフォームに必要事項をご入力いただき、クーポンコードをお受け取りください。

引用:ConoHa WING-ConoHa学割
Shota

学割クーポンでConoHaカードを購入し、そのカードで契約料金を支払うシステムです。

まずは学割ページにアクセスします。

>>ConoHa学割ページへ移動する

学割クーポンでConoHaカードを購入する方法は、以下になります。

STEP
ConoHa学割エントリーホームに必要事項を記入する
ConoHa学割エントリーホームに必要事項を記入する
  • メールアドレス:「ac.jp」で終わるメールアドレスを入力
  • 年齢の確認:未成年の方は親権同意が必要
STEP
メールアドレスに学割クーポンが送られる
メールアドレスに届いた学割クーポンの画像
STEP
ConoHaショップに移動する
STEP
学割クーポンを利用して、デジタル版ConoHaカードを購入する(10%割引)
検索窓に「WINGパック専用デジタル版ConoHaカード」と入力

これでConoHaカードの購入は完了です。

月初に契約する

WINGパック専用の初月度無料キャンペーン

ConoHa WINGではWINGパックと契約すると、初月度を無料で利用できます。

キャンペーン名初月度無料キャンペーン
キャンペーン対象者WINGパックと契約した方
キャンペーン期間常時開催
キャンペーン内容申し込み日初月度の月額料金が無料になる

初回お申込み月はご利用料金無料

「WINGパック」お申込み月の翌月から「WINGパック」の契約期間となりますが、お申込みいただいた日からレンタルサーバーと独自ドメインをご利用いただけます。契約期間が開始するまでのご利用料金は無料。月初のお申込みで、最大31日間無料でご利用いただく事ができます。

引用:ConoHa WING-WINGパック
WINGパックは初月度を無料で利用できる

申込日が4月15日に場合、4月30日まで無料で利用できます。

フェニック

月初に契約すると、1ヶ月分お得だね。

有料テーマを割引で購入する

ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ①
ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ②
ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ③
ConoHa WINGで割引購入できる有料テーマ④

ConoHa WINGでは、WINGパックと契約すると有料テーマを割引購入することができます。

キャンペーン名WordPress有料テーマの割引キャンペーン
キャンペーン対象者WINGパックと契約した方
キャンペーン期間常時開催
キャンペーン内容有料テーマ7種類を割引購入できる

割引される有料テーマは以下になります。

WordPressテーマ定価割引後料金
THE THOR16,280円14,960円
SANGO14,800円14,000円
JIN14,800円14,250円
JIN:R19,800円18,800円
Emanon Pro9,800円7,480円
Emanon Business12,800円10,230円
THE SONIC8,580円/年6,578円/年
ConoHa WING-WordPressテーマ
Shota

契約後に購入できるので、まずはサーバー契約しましょう。

ConoHa WINGでのWordPressブログの始め方

ConoHa WINGでのワードプレスブログの始め方|かんたんセットアップ

この項目では、コノハウィングとの契約方法と、WordPressの開設方法を解説します。

手順は、以下の7STEPです。

  1. WINGパックに申し込む
  2. かんたんセットアップを申請する
  3. 個人情報を登録する
  4. 契約料金の支払いを完了させる
  5. WordPressの管理画面にログインする
  6. WordPressにSSL化を設定する
  7. 独自ドメインの常時SSL化を確認する

WINGパックに申し込む

まずはConoHa WINGに移動します。

お客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】
WINGの【今すぐお申し込み】をクリック

移動したら、WINGの【今すぐお申し込み】をクリックします。

【初めてご利用の方】を選択

【初めてご利用の方】を選択し、以下の項目を設定します。

項目設定方法と解説
メールアドレスConoHa WINGへのログインIDとなる
パスワードConoHa WINGへのログインパスワードとなる
⇒英大文字と英小文字ならびに数字を最低1文字以上ずつ混在させ、9文字以上70文字以内で設定する
⇒例:Shota678)@8

設定が完了したら【次へ】をクリックします。

料金タイプ、契約期間、プランの設定

画面が切り替わったら料金タイプを選択

料金タイプはWINGパックを選択しましょう。

ConoHa WING-WINGパック

理由は以下になります。

  1. キャンペーン割引が適用される
  2. 割引クーポンを取得できる
  3. 永久無料ドメインを2つ取得できる

その他の項目の設定方法は、以下になります。

設定項目設定方法と解説
契約期間12ヶ月以上を選択
⇒キャンペーンの割引率が高くなる
プランベーシックプラン
初期ドメイン例:phoenix.conohawing.com
⇒WordPressのドメインとして利用できる
⇒無料で取得できる
サーバー名デフォルトでOK

これでWINGパックを申し込みは完了です。

初期ドメインとは

ConoHa WINGの初期ドメインとは

ConoHa WINGの初期ドメインとは、サーバーIDがドメインとなったものです。

サーバーIDが「phoenix」の場合、初期ドメインは「pheonix.conohawing.com」となります。

ConoHa WINGと契約すると、初期ドメインを無料で取得できます。

初期ドメインの用途は、以下になります。

  1. WordPressのドメイン
  2. メールアドレスのドメイン

WordPressのドメインとして使用する可能性があります。

慎重に設定しましょう。

初期ドメイン名の決め方については、以下の記事で解説しています。

かんたんセットアップを申請する

かんたんセットアップを申請する

かんたんセットアップの申請方法は、以下の通りです。

設定項目設定方法と解説
WordPressかんたんセットアップ【利用する】を選択
⇒かんたんセットアップはかんたんセットアップとはで解説
セットアップ方法【新規インストール】を選択
独自ドメイン設定1つ目の永久無料ドメインを設定
⇒一度決めたら変更できない
永久無料ドメインの決め方を参照
作成サイト名ブログ名を入力
⇒後から変更可能
WordPressユーザー名WordPressのユーザー名を入力
⇒WordPressのログインIDとなる
WordPressパスワードWordPressのログインパスワードを入力
⇒8文字以上
⇒半角英数字記号を組み合わせる
⇒例:fdsjpo8t57@)hh
WordPressテーマの選択方法
設定項目設定方法と解説
WordPressテーマCocoonがおすすめ
⇒有料テーマは契約提携後に購入可能
簡単セットアップの設定に誤りがある時の表示画面
簡単セットアップの設定に誤りがある
簡単セットアップの設定が完了した時の表示画面
簡単セットアップの設定が完了

全ての項目が問題なく設定できると【次へ】のボタンが青色に変化します。

変化したらクリックしましょう。

これでかんたんセットアップの申請は完了です。

永久無料ドメインの種類

トップレベルドメインの解説画像

ConoHa WINGでは、永久無料ドメインの「トップレベルドメイン」が指定されています。

個数永久無料ドメインの種類
1つ目.com/.net/.xyz/.tokyo/.info/.biz/.org/.click/.link/.pw/.shop/.blog/.club/.fun/.games/
.online/.site/.space/.tech/.website

「.com」「.net」「.info」などメジャーなものがおすすめです。

永久無料ドメインの決め方

Googleドメインでは、ドメイン名の決め方として以下のコツを提唱しています。

ドメイン名のコツ理由
長さは短いほど効果的覚えやすく入力も楽なため
わかりやすい一般的な単語正確に入力できるため
関連性のある単語を使う検索で見つけやすく、ビジネス内容を一目で理解できる
ブランド名を使う認知度が高まり、ウェブサイト訪問者の増加につながる
ウェブサイト名を使うドメイン名とは異なるサイトを開くとユーザーが混乱する
そこそこでよしとする完璧なドメイン名を思いつくまで時間がかかる

このコツに従って、永久無料ドメインを設定するのがおすすめです。

かんたんセットアップを申請できない時の対処方法

「入力形式が不正です」と表示され、かんたんセットアップを申請できない場合があります。

WordPressのパスワードが、ConoHa WINGのパスワードポリシーに沿っていないことが原因です。

WordPressのパスワードを、以下のように再設定しましょう。

  • 8~70文字、半角英数字記号を組み合わせる
  • 記号は「^$+-*/|()[]{}<>.,?!_=&@~%#:;'”」を使用

これでかんたんセットアップを申請できます。

個人情報を登録する

ConoHa WINGの個人情報入力フォーマット

ConoHa WINGのフォーマットに従い、以下の個人情報を入力します。

  • 種別
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市・区
  • 町村
  • 番号
  • 建物
  • 電話番号
入力が終わったら【次へ】をクリック

入力が終わったら【次へ】をクリックします。

SMS/電話認証による本人確認

SMS/電話認証による本人確認

SMS/電話認証による本人確認を行います。

認証方法は、SMS認証を選択しましょう。

SMS認証とは携帯電話のショートメール機能を使い、本人確認する機能です。

【電話番号】の項目に、携帯電話の番号を入力し【SMS認証】をクリックします。

携帯電話に送られた認証コード
携帯電話に送られた認証コード
認証コードを入力が完了したら【送信】をクリック

ショートメールに記載された4桁の数字の認証コードを入力しましょう。

入力が完了したら【送信】をクリックします。

これで個人情報の登録は完了です。

契約料金の支払いを完了させる

ConoHa WING-ご利用の流れ

サーバー料金の支払い方法は、以下から選択できます。

  1. クレジットカード
  2. ConoHaチャージ
  3. ConoHaカード

支払いはクレジットカードがおすすめです。

入金後すぐに、WordPressを利用できるからです。

ConoHaサービスでは、クレジットカード払い、ConoHaチャージとConoHaカードの3種類のお支払い方法をご用意しています。クレジットカードでお支払いいただきますと、入金確認が不要となり、お申し込み後すぐにConoHaのサービスをご利用いただけます。また、お支払い方法の変更は、ご利用開始後いつでもコントロールパネルよりご変更いただけます。

引用:ConoHa WING-ご利用の流れ

クレジットカードでの支払い方法

ConoHa WINGで利用できるクレジットカード

ConoHa WINGでは、以下の5種類のクレジットカードに対応しています。

  1. VISA
  2. MasterCard
  3. JCB
  4. American Express
  5. Diners Club

※American Express / Diners Club は日本国内に在住の方のみ利用可能です。
※デビットカードは登録できません。

まずは【クレジットカード】のタブを選択します。

クレジットカードでの支払い方法

クレジットカードについて以下の情報を入力します。

  • 名義
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード
入力が完了したら【お申込み】をクリック

入力が完了したら【お申込み】をクリックしてください。

「完了しました。」と表示された画面

「完了しました。サービスのお申し込みを受け付けました。」と表示されたら、支払いは完了です。

ConoHaチャージでの支払い方法

ConoHaチャージの解説画像

ConoHaチャージとは、事前入金でサービスが利用できる前払い形式の支払い方法です。

料金は、利用日の翌日にチャージ残高から引き落とされます。

ConoHaチャージを利用するメリットは、以下になります。

  • 入金方法を5種類から選択できる
  • 事前入金なので、計画的にサービスを利用できる
  • コントロールパネルから、チャージ残高確認ができる

ConoHaチャージでの支払い方法は、以下の通りです。

STEP
ConoHaチャージを選択する
ConoHaチャージを選択する
STEP
入金方法を選択

ConoHaチャージの入金方法を、以下から選択します。

  1. クレジットカード
  2. Amazon Pay
  3. 銀行決済(ペイジー)
  4. コンビニエンスストア
  5. Paypal
Shota

今回はクレジットカードからConoHaチャージに入金する方法を解説します。

STEP
クレジットカード情報を入力する
クレジットカード情報を入力する
  • 名義
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード
STEP
支払い金額を確認する
支払い金額を確認する
STEP
チャージ金額を入力し【チャージする】をクリック
チャージ金額を入力し【チャージする】をクリック
STEP
チャージされたことを確認し【お申し込み】をクリック
チャージされたことを確認し【お申し込み】をクリック

これでConoHaチャージでの支払いは完了です。

ConoHaカードでの支払い方法(学割クーポン利用者が対象)

ConoHaカードとは、ConoHaサービスで利用可能な「クーポン」を登録できるプリペイドカードです。

学割クーポンを利用する場合、ConoHaカードで契約料金を支払います。

クーポンで購入したデジタル版ConoHaカード(メールに添付されたクーポンコード)をコピーする

クーポンで購入した、デジタル版ConoHaカード(メールに添付されたクーポンコード)をコピーします。

コピーしたクーポンコードを入力し【+追加】をクリックすれば、支払いは完了

支払い方法は【その他】を選択しましょう。

コピーしたクーポンコードを入力し【+追加】をクリックすれば、支払いは完了です。

WordPressの管理画面にログインする

WordPressが自動インストールされた通知
WordPressが自動インストールされた通知

かんたんセットアップを申請しているので、WordPressは既にインストールされています。

さっそくログインします。

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【サイト設定】をクリック①
ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【サイト設定】をクリック②

 

ConoHa WINGのコントロールパネルから【サイト管理】⇒【サイト設定】をクリックします。

【管理画面URL】をクリック

【管理画面URL】をクリックします。

WordPressのログイン画面
WordPressのログイン画面

WordPressのログイン画面が表示されます。

先ほど登録したWordPressの「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

入力が終わったら【ログイン】をクリックしましょう。

WordPressの管理画面の画像

これでWordPressの管理画面へのログインは完了です。

WordPressの管理画面にログインできない場合

原因と対策は、以下になります。

原因対策
ログイン画面の場所がわからないアドレスバーにログイン画面のURLを入力する
SiteGuard WP Pluginの設定を忘れたファイルマネージャーからWordPress管理画面URLを確認する
WordPressのユーザー名とメールアドレスを忘れたデータベースからユーザー名とメールアドレスを確認する
WordPressのパスワードを忘れたログイン画面からパスワードを再設定する
原因が分からないConoHa WINGのサイトセキュリティを解除する

自分の状況に当てはまる対策をお試しください。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

ConoHa WINGのコントロールパネルにログインできない場合

ConoHa WINGのログイン画面

理由は2点考えられます。

  1. 登録したメールアドレスを忘れた
  2. 登録したパスワードを忘れた

メールアドレスを忘れた場合は、お客様センターに問い合わせするしかありません。

登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインします。パスワードをお忘れの場合は「パスワードの再設定」から再設定の手続きができます。ご登録メールアドレスをお忘れの場合は「お客様センター」までお問い合わせください。

引用:ConoHa WING-よくある質問

お客様センターへの問い合わせ方法は、以下の記事で解説しています。

今回はパスワードを忘れた場合の対処方法を解説します。

ConoHa WINGのログイン画面から【パスワードを忘れた方はこちら】をクリック

ConoHa WINGのログイン画面から【パスワードを忘れた方はこちら】をクリックします。

メールアドレスの入力画面が表示されます。

WINGパックに申し込むで登録したメールアドレスを入力し【次へ】をクリックします。

入力されたメールアドレス宛てに、パスワード再設定のためのURLが記載されたメールを送信しました。
そのURLをクリックして、手続きを進めてください。

ConoHaに登録されていないメールアドレスをご入力されたときは、メールは送信されません。

上記の文章が表示されたら、メールアドレスに認証メールが届いています。

認証メールにURLが添付されているのでクリック

メールボックスを確認し、認証メールを開きましょう。

認証メールにURLが添付されているのでクリックします。

パスワードを再設定する画面

画面が移動するので、パスワードを再設定します。

「パスワードを再設定しました。ログインページから再設定したパスワードでログインしてください。」と表示された画面

「パスワードを再設定しました。ログインページから再設定したパスワードでログインしてください。」と表示されたら、設定は成功です。

WordPressにSSL化を設定する

設定が必要なSSL化は、以下の3種類です。

SSL化の種類設定場所
独自ドメインのSSL化コントロールパネル
WordPressのSSL化WordPressの管理画面
独自ドメインの常時SSL化設定済み

未設定の「独自ドメインのSSL化」と「WordPressのSSL化」を設定します。

SSL化とは?
SSL化(https)とは

SSLとは、ユーザーのブラウザとレンタルサーバーのデータ通信を暗号化することです。

プラウザの例
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Firefox
  • Safari

データ通信を暗号化することで、以下のリスクからユーザーを守ることができます。

  • WordPress(Webサイト、ブログ)のデータ改ざん
  • なりすましによる盗聴やデータの悪用
  • 個人情報やクレジットカード番号の漏えい

WordPressを安全に運営するためにも、SSL化は必須です。

SSL化されていないURLの画像
SSL化されていないURL
SSL化されたURL
SSL化されたURL

なおWordPressをSSL化すると、URLは以下のように変化します。

  • 「http://」が「https://」に変化
  • 「保護されていない通信」の表記が、鍵マークに変化
常時SSL化とは?

常時SSLとは、WordPress内の全てのURLをSSL化することです。

以下の方法で、WordPress内全てのURLをSSL化します。

常時SSL化の解説画像
  1. SSL化されていないURLにアクセスがあった場合、SSL化されたURLに遷移させる(常時SSL化)
  2. プラグインで、画像と内部リンクのURLをhttps化する

ConoHa WINGでは、WordPressをインストールした時点で常時SSL化は完了しています。

そのため設定は不要です。

WordPressのSSL化

WordPressの管理画面に戻り【設定】⇒【一般】をクリック

WordPressの管理画面から【設定】⇒【一般】をクリックします。

一般設定では、以下のように設定してください。

一般設定での設定方法
設定項目設定方法と解説
WordPressアドレス(URL)httpをhttpsに変更
サイトアドレス(URL)httpをhttpsに変更
設定が完了したら【変更を保存】をクリック

設定が完了したら【変更を保存】をクリックしてください。

WordPressのログイン画面
WordPressのログイン画面

WordPressのログイン画面に自動でログアウトします。

ユーザー名とパスワードを入力して、再ログインしましょう。

これでWordPressのSSL化は完了です。

独自ドメインのSSL化

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【サイト設定】をクリック①
ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【サイト設定】をクリック②

ConoHa WINGのコントロールパネルに戻り【サイト管理】⇒【サイト設定】をクリックします。

WordPressのSSL化が完了すると【SSL有効化】が青色に変化

「かんたんSSL化」の項目のボタンが、青色で表示されていることを確認します。

【SSL有効化】をクリックしてください。

「成功しました」と表示された画面

「成功しました。SSL有効化設定」と表示されたら、独自ドメインのSSL化は完了です。

SSL有効化のボタンを押せない
SSL設定中と表示されたConoHa WINGの管理画面

WordPressインストール直後は「かんたんSSL化」の項目のボタンが、灰色で表示されます。

独自ドメインのSSL化の準備ができていない状態です。

2時間以上すればSSL化の準備は完了するので、しばらく待ちましょう。

独自ドメインの常時SSL化を確認する

アドレスバーに「http」から始まるURLを入力

アドレスバーに「http」から始まるURLを入力します。

常時SSL化が設定されたURL

パソコンの「Enterキー」を押した後に、以下のように変化したら常時SSL化は成功です。

  • 「http://」が「https://」に変化
  • 「保護されていない通信」の表記が、鍵マークに変化
Shota

お疲れ様です。これでWordPressの開設は完了です。

お客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】

ConoHa WINGでのWordPressインストール後の初期設定

ConoHa WINGでのブログ開設後の初期設定

この項目では、WordPress開設後の初期設定について解説します。

手順は以下の5STEPです。

  1. 初期プラグインを削除する
  2. WordPressの初期設定を完了させる
  3. WAFの個別除外を設定する
  4. WEXAL®により表示速度を高速化する
  5. WordPressにアルファSSLを設定する

初期プラグインを削除する

ConoHa WINGでは、WordPressインストール後に以下のプラグインが自動で導入されています。

初期プラグイン必要性
コントロールパネルプラグイン不要
自動キャッシュクリアプラグイン不要
Hello Dolly不要
Akismet Anti-Spam: Spam Protection不要
SiteGuard WP Plugin必要
TypeSquare Webfonts for ConoHaWebフォントを使う人には必要

SiteGuard WP Plugin以外は、全て不要です。

ブログが重くなるので削除しましょう。

初期プラグインの削除方法とSiteGuard WP Pluginの設定方法は、以下の記事で解説しています。

WordPressの初期設定を完了させる

設定項目進捗度合い重要度
①初期URLの確認完了
②WordPressの常時SSL化設定完了
③総合セキュリティプラグインの導入完了
④WordPressのニックネームの変更未完
⑤不要な初期プラグインの削除未完
⑥WordPressのテーマ設定未完
⑦WordPressの一般設定未完
⑧WordPressの投稿設定未完
⑨WordPressのディスカッション設定未完
⑩WordPressのメディア設定未完
⑪WordPressのパーマリンク設定未完
⑫サンプルページの削除未完
⑬プライバシーポリシーの設定未完
⑭お問い合わせフォームの設置未完
⑮アナリティクス、サーチコンソールとの連携未完
⑯WordPressのプロフィール設定未完
⑰WordPressのプラグイン設定未完

記事を書き始める前に、WordPressの初期設定が必要です。

初期設定が必要な理由
  1. WordPressのセキュリティを強化する
  2. ブログのSEOを強化する
  3. WordPress運営後の不具合を予防する

重要度の高いものから、じっくり設定しましょう。

WordPressの初期設定については、以下の記事で解説しています。

WAFの個別除外を設定する

WAFによりエラー表示された画面

コノハウィングでは、WordPress設定を変更する際にエラー表示が頻発します。

エラー表示

閲覧できません(Forbidden access)

指定したウェブページを表示することができません。

入力したURLや値が正しくない可能性がございますのでご確認ください。

WAFの誤検知の解説

WAFが自分のアクセスをハッカーのアクセスだと誤って検知し、ブロックするためです。

Re1121さんの口コミ

セキュリティがあまりにも強くて、設定変更するにも毎回手間がかかります。

Re1121さんのアイコン画像

ランサーズアンケートより

WAFの誤検知は解消できる

WAFの個別除外設定とは

WAFの誤検知は、個別除外を設定することで解消できます。

個別除外とは、自分のIPアドレスだけWAFを通過させる設定のことです。

一度設定すると、二度とWAFから誤検知されなくなります。

個別除外の設定方法は、以下の記事で解説しています。

WEXAL®により表示速度を高速化する

WEXAL®とは

WEXAL®(ウェクサル)とは、プライム・ストラテジー社が提供するWordPress高速化エンジンです。

ConoHa WINGでは、WEXAL®を無料で利用できます。

WEXAL®を設定することで、WordPressの表示速度は大幅に向上します。

WEXAL®による表示速度の高速化の結果

パフォーマンススコア
指標初期設定時WEXAL®設定後
パフォーマンススコア79.7点90.4点+10.7点

PageSpeed Insightsでのパフォーマンススコアが、10.7点改善されました。

表示速度の測定条件
  • テストサイト:スムージーピュアライフ
  • WordPressバージョン:6.2.2
  • WordPresssテーマ:Cocoon
  • 測定日、時間:平日の22時前後
  • 測定値:20回測定時の平均値を採用
  • 対象デバイス:モバイル

表示速度を高速化するためにも、WEXAL®を設定しましょう。

設定方法は、以下の記事で解説しています。

WordPressにアルファSSLを設定する

ConoHa WINGでアルファSSLを設定する

アルファSSLは、最大256bitの暗号化通信を実現するSSLサーバ証明書です。

無料独自SSLと同じく通信データを暗号化し、WordPressの改ざんや乗っ取りを防ぐことができます。

ConoHa WINGでは、アルファSSLを無料で設定できます。

アルファSSLを設定するメリット

アルファSSLを設定するメリット

アルファSSLのメリットは、サイトの信頼性が上がることです。

アルファSSLを設定すると、自分のサイトが「詐欺サイトやフィッシングサイト」とは異なることをアピールできます。

アルファSSLは年間6,600円かかります。

そのため、詐欺サイトやフィッシングサイトはアルファSSLを導入できません。

サイトの信頼性を上げるために、アルファSSLの設定は有効です。

フェニック

アルファSSLが無料!コノハウィングは太っ腹だね。

Shota

アルファSSLで、E(専門性)-A(権威性)-T(信頼性)が重視されるSEOの世界で有利に戦いましょう。

アルファSSLの設定方法

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【サイトセキュリティ】をクリック

ConoHa WINGの管理画面から【サイト管理】⇒【サイトセキュリティ】をクリックします。

【独自SSL】⇒【オプション独自SSL】をクリック

続いて【独自SSL】⇒【オプション独自SSL】をクリックしましょう。

アルファSSLの設定方法

アルファSSLは、以下のように設定しましょう。

設定項目設定方法と解説
プランアルファSSLを選択
認証方法ページ認証を選択
⇒Webサイトの運営者には最適な認証方法

設定が完了したら【次へ】をクリックします。

「証明書の発行手続きが完了しました。」と表示された画面

「証明書の発行手続きが完了しました。」と表示されたら、アルファSSLの設定は完了です。

1~2時間ほどで【ステータス】が利用可能と表示されます。

アルファSSLが反映されたことを確認する

アルファSSLを設定したサイトを開き、プラウザの鍵マークをクリック

アルファSSLを設定したサイトを開き、プラウザの鍵マークをクリックします。

続いて【この接続は保護されています】をクリックしましょう。

【証明書は有効です】をクリック

画面が切り替わったら【証明書は有効です】をクリックします。

アルファSSLの証明書が表示されます。

発行元が「GlobalSing AlphaSSL」と表示されていれば、アルファSSLは反映されています。

\ キャンペーン実施中 /

ConoHa WINGとWordPressの質問集

2つ目の永久無料ドメインを追加するにはどうすればいいですか?

  1. コントロールパネルの【ドメイン】をクリック
  2. 【ドメイン新規取得】にチェックを入れて【追加する】をクリック
  3. 取得したい独自ドメインを選択する

これで2つ目の永久無料ドメインの取得は完了です。

詳しくは以下の記事で、解説しています。

WordPressブログを始めるための費用はいくらですか?

WINGパックのベーシックプランで、年間11,000円前後(税込み)になります。

  • サーバー料金:11,000円前後
  • 初期費用:無料
  • 独自ドメイン:無料
  • WordPressテーマ(Cocoon):無料
  • アルファSSL:無料

月額1,000円以内でWordPressを始めることができます。

ただし有料テーマを購入する場合は、費用は上がります。

コノハウィングと未契約ですが、お問い合わせサポートを利用できますか?

未契約の方でもお問い合わせサポートを利用できます。

  1. メールサポート
  2. 電話サポート
  3. チャットサポート

いずれのサポートも利用可能です。

お問い合わせサポートの利用方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

他社サーバーからConoHa WINGに移行できますか?

移行可能です。

ConoHa WINGにはかんたん移行機能があるため、他社サーバーから簡単にWordPressを移行できます。

かんたん移行については、以下の記事で解説しています。

まとめ

今回はコノハウィングでの、WordPressの始め方について解説しました。

さくっと内容をまとめます。

ConoHa WINGでのWordPressブログの始め方
  1. WINGパックに申し込む
  2. かんたんセットアップを申請する
  3. 個人情報を登録する
  4. 契約料金の支払いを完了させる
  5. WordPressの管理画面にログインする
  6. WordPressにSSL化を設定する
  7. 独自ドメインの常時SSL化を確認する

ConoHa WINGは、現在最も人気のあるレンタルサーバーです。

ブログ初心者には、おすすめのレンタルサーバーです。

お客様紹介リンクから申し込む【5.000円割引】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 画像がいっぱいで分かりやすかったです。初心者向けに優しく解説してくださり、ありがとうございます。これからも参考にさせてください!

  • 「ConoHa WINGでのワードプレスブログの始め方|かんたんセットアップ」良く分かりました。ありがとうございました。

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次