WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

WP Sitemap Pageの設定方法&カスタマイズと使い方

WP Sitemap Pageの設定&カスタマイズ方法と使い方
フェニック

WP Sitemap Pageでサイトマップを作りたいけど使い方がわからないぞ!

今回は、このようなお悩みにお答えします。

WP Sitemap Pageでサイトマップを作れば、読者は読みたい記事を見つけやすくなります。

その結果、読者フレンドリーなブログになります。

そこで今回はWP Sitemap Pageを使い、サイトマップを作る方法を解説します。

あわせてサイトマップをフッターに設置する方法も解説します。

WP Sitemap Pageでサイトマップをさくっと作ってしまいましょう。

追記です。
WordPressを立ち上げたばかりの人には「WordPressの初期設定」の記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

さくっと知りたい方はWP Sitemap Pageの設定方法とカスタマイズをクリックしてください。

目次

WP Sitemap Pageとは

WP Sitemap Pageの画像

WP Sitemap Pageは、HTMLサイトマップを作るためのプラグインです。

HTMLサイトマップの画像
HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップとは、読者に「読みたい記事」を探してもらうためのツールです。

HTMLサイトマップには「記事のタイトル」と「内部リンク」がカテゴリーごとに表示されます。

そのため読者は、読みたい記事をすぐに探すことができます。

XMLサイトマップとHTMLサイトマップの違い

XMLサイトマップとHTMLサイトマップの違いの解説画像
  • XMLサイトマップは、Googleクローラーにサイト構造を知ってもらうためのツール
  • HTMLサイトマップは、読者にサイト構造を知ってもらうためのツール

サイト構造を知ってもらう対象者が異なります。

XML Sitemap&Google Newsの画像
XML Sitemap&Google News
XML Sitemapsの画像
XML Sitemaps

XMLサイトマップは「XML Sitemap&Google News」または「XML Sitemaps」で作ることができます。

XMLサイトマップの作り方は、以下の記事で解説しています。

WP Sitemap Pageのインストール方法

WordPressのダッシュボードから【プラグイン】⇒【新規追加】をクリック

WordPressのダッシュボードから【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。

プラグイン検索窓に「WP Sitemap Page」と入力

プラグイン検索窓に「WP Sitemap Page」と入力します。

WP Sitemap Pageが表示されたら【インストール】⇒【有効化】をクリックしましょう。

これでWP Sitemap Pageのインストールは完了です。

WP Sitemap Pageの設定方法とカスタマイズ

中休み

この項目ではWP Sitemap Pageの初期設定について解説します。

またあわせて「HTMLサイトマップ」のカスタマイズ方法も解説します。

WordPressのダッシュボードから【設定】⇒【WP Sitemap Page】をクリック

WordPressのダッシュボードから【設定】⇒【WP Sitemap Page】をクリックします。

WP Sitemap Pageの管理画面の画像

WP Sitemap Pageの管理画面が表示されます。

WP Sitemap Pageの一般的な設定

WP Sitemap Pageの一般的な設定の画像
設定項目設定方法と解説
リンクにnofollow属性を追加チェックを入れる

HTMLサイトマップは、読者のためのサイトマップです。

Googleクローラーにアクセスさせないために【リンクにnofollow属性を追加】にチェックを入れましょう。

Shota

GoogleクローラーにはXMLサイトマップにアクセスしてもらいます

WP Sitemap Pageの表示方法のカスタマイズ

WP Sitemap Pageの表示方法のカスタマイズの画像
設定項目設定方法と解説
記事の表示方式デフォルトのままでOK
⇒<a href=”{permalink}”>{title}</a>
複数表示チェックを入れる
⇒記事にカテゴリーが複数設定されている場合、それぞれのカテゴリーに記事を設置

【記事の表示方式】とはHTMLサイトマップに表示される記事タイトルです。

デフォルト設定のHTMLサイトマップ
デフォルト設定のHTMLサイトマップ

デフォルトのまま<a href=”{permalink}”>{title}</a>と設定した場合、HTMLサイトマップには記事タイトルのみ表示されます。

カスタマイズしたHTMLサイトマップ
カスタマイズしたHTMLサイトマップ

<a href=”{permalink}”>{title}{year}</a>とカスタマイズした場合は、記事タイトルの後に「投稿した年度」が表示されます。

特にこだわりがなければ、デフォルトのままでOKです。

WP Sitemap Pageのサイトマップからの除外設定

WP Sitemap Pageのサイトマップからの除外設定
設定項目設定方法と解説
除外するページ除外する記事の投稿IDを入力
除外するカスタム投稿タイプ(ページ)チェックを入れる
⇒固定ページは不要なので除外
除外するカスタム投稿タイプ(投稿)チェックを外す
⇒除外しない
除外するカスタム投稿タイプ(アーカイブ)チェックを入れる
⇒目的の記事を見つけにくいので除外
除外するカスタム投稿タイプ(著者)チェックを入れる
⇒ログインIDが表示されては困るので除外
パスワード保護チェックを外す
HTMLサイトマップに固定ページが表示された画像
HTMLサイトマップに固定ページを表示
HTMLサイトマップにアーカイブページが表示された画像
HTMLサイトマップにアーカイブページを表示
HTMLサイトマップに著者ページが表示された画像
HTMLサイトマップに著者ページを表示

【除外するカスタム投稿タイプ(著者)】は必ずチェックを入れて除外しましょう。

URLの末尾に表示されたログインID

著者ページにアクセスすると、URLの末尾にログインIDが表示されるためです。

WordPressに不正ログインさせないためにも、著者ページはHTMLサイトマップから除外しましょう。

WP Sitemap Pageに入力する投稿IDの見つけ方

除外するページの指定画面
除外するページの指定画面

HTMLサイトマップから除外するページを指定する場合は、投稿IDの入力が必要です。

フェニック

投稿IDがどこに書いてあるかわからないぞ!

Shota

記事一覧ページに書いてあるよ!

WordPressのダッシュボードから【投稿】⇒【投稿一覧】をクリック

WordPressのダッシュボードから【投稿】⇒【投稿一覧】をクリックします。

投稿一覧ページの右側に、投稿IDが記載

投稿一覧ページの右側に、投稿IDが記載されています。

画面が開くので【ID】にチェックを入れて【適用】をクリックすると、投稿IDが表示される

投稿IDが表示されない場合は、投稿一覧ページの【表示オプション】をクリックします。

画面が開くので【ID】にチェックを入れて【適用】をクリックすると、投稿IDが表示されます。

WP Sitemap Pageのプラグインのリンク表示設定

WP Sitemap Pageのプラグインのリンク表示設定
設定項目設定方法と解説
サイトマップの一番下にプラグインの名前を伴うリンクを表示するチェックを外す
HTMLサイトマップの一番下に「WP Sitemap Pageの公式サイトへのリンク」が設置された画像

この項目にチェックを入れると、HTMLサイトマップに「WP Sitemap Page公式サイトへの外部リンク」が設置されます。

不要なのでチェックを外しましょう。

【変更を保存】をクリックすると、WP Sitemap Pageの設定は完了です。

WP Sitemap Pageの使い方

中休み

WP Sitemap Pageで作成したHTMLサイトマップを、WordPressに設置する方法を解説します。

今回はHTMLサイトマップをフッターに設置する方法を解説します。

WP Sitemap Pageのショートコードをコピーする

WP Sitemap Pageの管理画面の【使い方】をクリック

WP Sitemap Pageの管理画面の【使い方】をクリックします。

[ショートコード]をコピーしましょう。

固定ページにWP Sitemap Pageのショートコードを貼り付ける

クラシックエディタでの、ショートコードの貼り付け方を解説します。

WordPressのダッシュボードから【固定ページ】⇒【新規追加】をクリック

WordPressのダッシュボードから【固定ページ】⇒【新規追加】をクリックします。

【テキストエディタ】を選択

【テキストエディタ】を選択します。

固定ページの投稿画面の設定方法

固定ページの投稿画面では、以下のように入力してください。

設定項目設定方法と解説
タイトルサイトマップ
パーマリンクsitemap
投稿画面[ショートコード]を貼り付け

入力が終わったら、公開をクリックしましょう。

Shota

ブロックエディタの場合はショートコードを投稿画面にそのまま貼り付けてください

WP Sitemap Pageで作ったHTMLサイトマップをフッターに設置する

WordPressのダッシュボードから【外観】⇒【メニュー】をクリック

WordPressのダッシュボードから【外観】⇒【メニュー】をクリックします。

メニュー設定の方法①
メニュー設定の方法①
メニュー設定の方法②
メニュー設定の方法②

メニュー設定では以下のように設定してください。

  1. 【フッターメニュー】を選択
  2. 【固定ページ】の「サイトマップ」にチェックを入れる
  3. 【メニューに追加】をクリック
  4. 【メニュー構造】の項目に「サイトマップ」が表示されたことを確認
  5. 【メニュー設定】の「フッターメニュー」にチェックを入れる
  6. 【メニューを保存】をクリック

これでHTMLサイトマップをフッターに設置する作業は完了です。

フッターに設置されたHTMLサイトマップ

フッターに「サイトマップ」が設置されたことを確認しましょう。

締めに入る前にお知らせです。

SWELLユーザーの方にはSWELLプラグインの記事もおすすめです。

WP Sitemap Pageの使い方のまとめ

今回はWP Sitemap Pageを使い、HTMLサイトマップの作成方法を解説しました。

WP Sitemap Pageを使い方
  1. WP Sitemap PageでHTMLサイトマップを作成する
  2. 固定ページにWP Sitemap Pageのショートコードを貼り付けて公開する
  3. 固定ページ(サイトマップ)をフッターに設置する

これで作業完了です。

当サイトではこの記事以外にも、WordPressの初期設定について解説しています。

気になる記事があればのぞいてみてください。

参考サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次