WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

エックスサーバーのバックアップの復元と取得方法【完全版】

エックスサーバーのバックアップデータの復元と取得方法【完全版】
フェニック

XserverのWordPressが表示されなくなった。どうしよう?

今回はこのような疑問にお答えします。

エックスサーバーには自動バックアップがあるため、復元ボタンを押すだけでWordPressを復旧できます。

今回はエックスサーバーの自動バックアップ機能で、WordPressを復旧させる方法を解説します。

この記事で分かること
  • バックアップ機能でWordPressを復旧させる方法
  • バックアップをパソコンに保存する方法
  • 保存したバックアップを復元する方法

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

まだサーバー未契約の方にはエックスサーバーの評判とメリット・デメリットの記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

目次

エックスサーバーのバックアップ機能

エックスサーバーのバックアップ機能

Xserverでは1日1回サーバーデータを、バックアップ専用サーバーに自動保存してくれます。

そのためWordPressにトラブルがあった場合、復元ボタンをクリックするだけで復旧させることができます。

WordPressのバックアップには2種類ある

WordPressのバックアップデータには2種類ある

WordPressは、サーバー領域のデータとMySQLデータベースの2種類から構成されています。

WordPressを復旧させるには、上記の2種類のバックアップを復元する必要があります。

サーバー領域のデータ

サーバー領域のデータとは、WordPressのシステム関連のデータです。

主に以下のものが該当します。

  • HTMLファイル
  • CSSファイル
  • PHPファイル
  • 画像ファイル
  • メールフォルダ

MySQLデータベース

MySQLデータベースとは、WordPressの記事関連のデータです。

主に以下のものが該当します。

  • 投稿記事
  • 固定ページ
  • カテゴリー
  • タグ
  • WordPressのログインID
  • WordPressのパスワード

バックアップはパソコンに保存できる

エックスサーバーのバックアップデータはパソコンに保存できる

エックスサーバーのバックアップは、FTPソフトを使いパソコン(ローカル環境)に保存することができます。

また保存データをインポートさせることで、WordPressを復旧させることも可能です。

Shota

中級者向けの内容なので、後半に解説します。

エックスサーバーのバックアップを復元する方法

中休み

この項目では、エックスサーバーのバックアップ機能を使いWordPressを復旧させる方法を解説します。

  1. サーバー領域のバックアップを復元
  2. MySQLデータベースのバックアップを復元

まずはサーバーパネルに移動しましょう。

サーバーパネルへのログイン方法は、以下の記事で解説しています。

サーバー領域のバックアップを復元する

サーバーパネルに移動したら【バックアップ】をクリック

サーバーパネルのに移動したら【バックアップ】をクリックします。

自動バックアップ取得・復元

自動バックアップデータ取得・復元①

自動バックアップデータ取得・復元では、以下のように設定します。

項目設定方法
処理種別自動バックアップデータから復元
対象バックアップ日WordPressに異常がなかった日付を選択
⇒過去14日間分のバックアップデータから選択
復元方法対象を指定して復元
復元するバックアップデータは、過去14日分から選択可能

復元するバックアップデータは、過去14日分から選択可能です。

自動バックアップデータ取得・復元②

WordPressを復旧させるドメインにチェックを入れます。

バックデータの復元開始

【上記の注意事項を理解した上で処理を行います。】にチェックを入れて「復元を開始(確認)」をクリック

【上記の注意事項を理解した上で処理を行います。】にチェックを入れて「復元を開始(確認)」をクリックしましょう。

「復元を開始(確定)」をクリック

「復元を開始(確定)」をクリックしましょう。

「自動バックアップデータの復元を開始しました。」と表示されたら、作業完了

「自動バックアップデータの復元を開始しました。」と表示されたら、作業完了です。

【自動バックアップデータ取得・復元履歴】をクリックしましょう。

状況に表記された文字が準備中から正常終了に変化した画像

状況に表記された文字が準備中から正常終了に変化したら、復元は完了です。

サーバー領域のバックアップ復元にかかる時間

10GBのデータで10分程度かかります。

MySQLデータベースのバックアップを復元する

データベースのバックアップを復元には、WordPressのデータベース名を確認する必要があります。

WordPressのデータベース名の確認

サーバーパネルの管理画面から【WorPress簡単インストール】をクリック

サーバーパネルの管理画面から【WorPress簡単インストール】をクリックします。

復元させるWordPressのドメインを選

復元させるWordPressのドメインを選択します。

MySQLデータベース名をメモする

MySQLデータベース名をメモしておきましょう。

MySQLデータベースの復元

サーバーパネルの管理画面から【MySQL復元】をクリック

サーバーパネルの管理画面から【MySQL復元】をクリックします。

【自動バックアップから復元】の項目の設定方法

【自動バックアップから復元】の項目では、以下のように設定しましょう。

項目設定方法
データベース復元させるデータベース名を選択
復元させるWordPressのデータベース名の確認を参照
自動バックアップからの復元WordPressに異常がなかった日付を選択
⇒過去14日間分のバックアップから選択
復元クリックする
注意内容に目を通し「復元する」をクリック

注意内容に目を通し「復元する」をクリックしましょう。

「MySQLデータベースの復元を開始しました。」と表示されたら設定は完了

「MySQLデータベースの復元を開始しました。」と表示されたら設定は完了です。

【自動バックアップ復元履歴】をクリック

【自動バックアップ復元履歴】をクリックしましょう。

復元状況が正常終了を表示された

復元状況が正常終了を表示されたら、データベースの復元は完了です。

エックスサーバーのバックアップをパソコンに保存する方法

中休み

この項目では、エックスサーバーのバックアップをパソコンに保存する方法を解説します。

バックアップをパソコンに移動させるにあたり、FileZilla(FTPソフト)を使用します。

  1. サーバー領域のバックアップを作成
  2. MySQLデータベースのバックアップを作成
  3. サーバー領域のバックアップをパソコンに保存
  4. MySQLデータベースのバックアップをパソコンに保存

サーバー領域のバックアップを作成する

サーバーパネルの管理画面から【バックアップ】をクリック

サーバーパネルの管理画面から【バックアップ】をクリックします。

自動バックアップ取得・復元

自動バックアップデータ取得・復元の設定方法①

自動バックアップデータ取得・復元では、以下のように設定します。

項目設定方法
処理種別自動バックアップデータの取得
対象バックアップ日最新の日付を選択
⇒過去14日間分のバックアップデータから選択
自動バックアップデータ取得・復元の設定方法①
項目設定方法
取得方法対象を指定して取得
対象ドメイン・ディレクトリバックアップを取得するドメインを選択
【上記の注意事項を理解した上で処理を行います。】にチェックを入れて「取得を開始(確認)」をクリック

【上記の注意事項を理解した上で処理を行います。】にチェックを入れて「取得を開始(確認)」をクリックしましょう。

【取得を開始(確定)】をクリック

【取得を開始(確定)】をクリックします。

「自動バックアップデータの取得を開始しました。」と表示された

「自動バックアップデータの取得を開始しました。」と表示されたら、作業完了です。

状況の項目が準備中から正常終了に変化したら、バックアップの作成は完了です。

サーバー領域のバックアップの保存先

サーバー領域のバックアップデータの保存先

サーバー領域のバックアップは、Xserverのファイルマネージャーに保存されています。

バックアップのファルダの場所は、以下の通りです。

Homeフォルダ/userbackupフォルダ/サーバー領域のバックアップ

サーバー領域の手動バックアップは復元できない

サーバーパネルで【手動バックアップデータ作成】⇒【作成とダウンロード】をクリック

サーバーパネルで【手動バックアップデータ作成】⇒【作成とダウンロード】をクリックすると、手動バックアップデータを入手できます。

手動バックアップデータの画像

手動バックアップデータは、tar.gzファイルでダウンロードされます。

しかし、手動バックアップデータをエックスサーバーに復元することはできません。

エックスサーバーにインポート機能がないからです。

サーバー領域のバックアップは、自動バックアップデータを取得しましょう。

MySQLデータベースのバックアップを作成する

サーバーパネルの管理画面から【MySQLバックアップ】をクリックします。

【自動バックアップデータ取得申請】の設定方法

【自動バックアップデータ取得申請】の項目は、以下のように設定しましょう。

項目設定方法
データベースバックアップデータを取得するデータベース名を選択
復元させるWordPressのデータベース名の確認を参照
自動バックアップの取得最新の日付を選択
⇒過去14日間分のバックアップデータから選択

設定が完了したら【申請する】をクリックしましょう。

【申請する】をクリック

「以下の内容でデータ取得を申請します。」と表示されます。

【申請する】をクリックしましょう。

「自動バックアップからのデータ取得申請が完了しました。」と表示された画面

「自動バックアップからのデータ取得申請が完了しました。」と表示されたら、作業完了です。

【自動バックアップデータ取得申請履歴】をクリックしましょう。

取得状況に正常終了と表示された画面

取得状況に正常終了と表示されたら、データベースのバックアップは作成完了です。

サーバー領域のバックアップをパソコンに保存する

FileZillaの画像

サーバー領域のバックアップを取得するには、FTPソフトが必要です。

今回はFileZillaを使った取得方法を解説します。

FileZillaのインストール方法は、以下の記事で解説しています。

エックスサーバーのFTP情報を取得

FileZillaとエックスサーバーを連携させるには、FTP情報が必要です。

FTP情報はサーバー契約完了後に、エックスサーバーから送付されるメールに記載されています。

エックスサーバーとのサーバー契約完了後に送付されるメール
件名■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ
発信者support@xserver.ne.jp
FTP情報が記載されたエックスサーバーのメール①
FTP情報が記載されたエックスサーバーのメール②

以下のFTP情報をメモしておきましょう。

  • FTPホスト名(FTPサーバー名)
  • FTPユーザー名(FTPアカウント名)
  • FTPパスワード
  • MySQLデータベース名
  • MySQLユーザー名
  • MySQLパスワード

なお、エックスサーバーとの契約方法は以下の記事で解説しています。

FileZillaとエックスサーバーの連携

FileZillaを開き、画面左上の【サイトマネージャー】をクリック

FileZillaを開き、画面左上の【サイトマネージャー】をクリックします。

【新しいサイト】をクリックして「エックスサーバー」と入力

【新しいサイト】をクリックして「エックスサーバー」と入力しましょう。

エックスサーバーのFTP情報の設定方法

エックスサーバーのFTP情報を設定します。

以下のように設定しましょう。

項目設定方法
プロトコルFTP-ファイル転送プロトコル
ホストFTPホスト名を入力
エックスサーバーのFTP情報を取得を参照
暗号化(E)明示的なFTP over TLSが必要
ログオンタイプ(L)通常
ユーザー(U)FTPユーザー名を入力
エックスサーバーのFTP情報を取得を参照
パスワード(W)FTPパスワードを入力
エックスサーバーのFTP情報を取得を参照

設定が完了したら【接続】をクリックしましょう。

SSL証明書の確認画面

SSL証明書の確認画面が表示されます。

以下の項目にチェックを入れて【OK】をクリックしましょう。

チェックを入れる項目
  • 今後は常にこの証明書を信用する
  • 記載されている代替ホスト名でこの証明書を信頼する
「安全でないFTPデータ接続」と表示された画面

「安全でないFTPデータ接続」と表示されますが【OK】をクリックします。

これでFileZillaとエックスサーバーの連携は完了です。

パソコンからバックアップを取得

パソコンからバックアップデータを取得する方法

エックスサーバーの画面から【userbackup】⇒【ドメインのフォルダ】をクリックします。

【public_htmlフォルダ】にサーバー領域のバックアップデータが格納されています。

フォルダごと、パソコン画面にドラッグ&ドロップしましょう。

「ターゲットファイルが既に存在します」と表示された画面

「ターゲットファイルが既に存在します」と表示されます。

【常にこのアクションを使用する】にチェックを入れ【OK】をクリックしましょう。

パソコンに取得したサーバー領域のバックアップデータ
パソコンに取得したサーバー領域のバックアップデータ

しばらく待つと、パソコンへのバックアップの転送が完了します。

MySQLデータベースのバックアップをパソコンに保存する

データベースのバックアップデータをパソコンに取得する

エックスサーバーの画面から【backup】をクリックします。

【mysqlフォルダ】にデータベースのバックアップが格納されています。

フォルダごと、パソコン画面にドラッグ&ドロップしましょう。

パソコンに取得したデータベースのバックアップデータ
パソコンに取得したデータベースのバックアップ

しばらく待つと、パソコンへのバックアップの転送が完了します。

パソコンのバックアップをエックスサーバーに復元する方法

中休み

この項目ではパソコンに保存したバックアップを、エックスサーバーに復元する方法を解説します。

  1. サーバー領域のバックアップを復元
  2. MySQLデータベースのバックアップを復元

サーバー領域のバックアップを復元する

FileZillaのパソコン画面から【public_html】をクリックし、バックアップデータを表示させる

FileZillaのパソコン画面から【public_html】をクリックし、バックアップデータを表示させます。

エックスサーバー画面から【復元するドメインフォルダ】⇒【public_html】をクリック

エックスサーバー画面から【ドメインフォルダ】⇒【public_html】をクリックし、既存のデータを表示させます。

パソコンのバックアップデータを、エックスサーバーの【public_htmフォルダ】内へドラッグ&ドロップ

パソコンのバックアップデータを、エックスサーバーの【public_htmフォルダ】内へドラッグ&ドロップしましょう。

「ターゲットファイルが既に存在します」と表示されます。

【常にこのアクションを使用する】にチェックを入れ【OK】をクリックします。

「転送完了」と表示されたら、サーバー領域の復元は完了です。

MySQLデータベースのバックアップを復元する

データベースのバックアップは、手動でエックスサーバーに復元する必要があります。

サーバーパネルの管理画面から【phpmyadmin(DB10.5)】をクリック

サーバーパネルの管理画面から【phpmyadmin(MariaDB10.5)】をクリックします。

データベースへのログイン画面

MySQLへのログイン画面が表示されます。

以下の2項目を入力し【ログイン】をクリックします。

  1. MySQLユーザー名
  2. MySQLパスワード
MySQLユーザー名とMySQLパスワードの調べ方
MySQLにログインしたら既存のデータベースを選択し【インポート】をクリック

MySQLにログインしたら既存のデータベースを選択し【インポート】をクリックしましょう。

「インポートするファイル」が表示されたら【ファイルを選択】をクリック

「インポートするファイル」が表示されたら【ファイルを選択】をクリックします。

パソコンに保存したバックアップデータを選択します。

選択が完了したら【実行】をクリック

選択が完了したら【実行】をクリックしましょう。

「インポートは正常に終了しました。」と表示されたら、データベースの復元は完了です。

エックスサーバーのバックアップ機能のまとめ

今回は、エックスサーバーのバックアップ機能について解説しました。

さくっと内容を振り返ります。

バックアップ機能のまとめ
  • WordPressの復旧には「サーバー領域のデータ」と「MySQLデータベース」の復元が必要
  • FTPソフトを使うことで、パソコンにバックアップを保存可能
  • パソコンのバックアップを、エックスサーバーに復元可能

今回の内容は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 「エックスサーバーのバックアップの復元と取得方法【完全版】」図解たっぷりで分かりやすかったです。ありがとうございました。

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次