WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

エックスサーバービジネスとは?法人向けと個人向けの違いを徹底解説

エックスサーバービジネスとは?法人向けと個人向けの違いを徹底解説
フェニック

エックスサーバービジネスは、エックスサーバーよりどの点が優れてるのかな?

今回はこのような疑問にお答えします。

エックスサーバービジネスが優れているのは、以下の3点です。

  1. Webサイト開設までの無料代行サービス
  2. Webサイトのセキュリティ対策
  3. サーバー稼働率に対する保証制度

そこで、今回はエックスサーバービジネスのサービスについて解説します。

特徴がわかるように、エックスサーバーと比較しました。

併せて、エックスサーバービジネスの評判も紹介します。

法人向けサーバーを検討の方は、ぜひ参考にしてください。

\ 無料代行サービス、セキュリティが充実 /

追記です。

まだサーバー未契約の方にはエックスサーバーの評判とメリット・デメリットの記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

目次

エックスサーバービジネスとは?

エックスサーバービジネスとは?

エックスサーバービジネスは、エックスサーバー株式会社が運営する「法人と企業を対象にしたレンタルサーバー」です。

エックスサーバービジネスの国内シェアの画像

17万社以上の企業が導入し、シェアは国内No,1の実績を誇ります。

エックスサーバービジネスの特徴

個人向けのエックスサーバーと比較し、以下の3点で優れています。

  1. Webサイト開設までの無料代行サービス
  2. Webサイトのセキュリティ対策
  3. サーバー稼働率に対する保証制度

おすすめ料金プラン

スタンダードプレミアムエンタープライズ
月額料金
(12ヶ月契約)
4,180円8,360円12,540円
初期費用16,500円16,500円16,500円
無料お試し期間10日間10日間10日間
ディスク容量300GB400GB500GB
ディスク種類NVMe SSDNVMe SSDNVMe SSD
RAID構成RAID10RAID10RAID10
WebサーバーApache + NGINXApache + NGINXApache + NGINX
PHP動作モードFast CGIFast CGIFast CGI
プロトコルHTTP/2HTTP/2HTTP/2
転送量無制限無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限
データベース数
(MariaDB)
無制限無制限無制限
FTPアカウント無制限無制限無制限
無料SSL対応対応対応
企業認証SSL対応対応対応
EV SSL対応対応対応
自動バックアップ14日分14日分14日分
WAF対応対応対応
Webフォント対応(モリサワ)対応(モリサワ)対応(モリサワ)
独自ドメイン
永久無料特典
1個取得可能1個取得可能1個取得可能
独自ドメイン
1年無料特典
最大20個取得可能最大20個取得可能最大20個取得可能
メールサポート24時間受付24時間受付24時間受付
電話サポート平日10:00~18:00平日10:00~18:00平日10:00~18:00
メールアカウント無制限無制限無制限
1通あたりの容量
(送信メール)
100MB100MB100MB
メーリングリスト20件まで
⇒1リスト500アドレス
30件まで
⇒1リスト500アドレス
40件まで
⇒1リスト500アドレス
メールマガジン10件まで
⇒1メルマガ1,000アドレス
15件まで
⇒1メルマガ1,000アドレス
20件まで
⇒1メルマガ1,000アドレス
サーバ移転代行1回まで1回まで1回まで
無料代行サービス月3回まで月5回まで月5回まで
ホームページ無料制作1サイトまで1サイトまで1サイトまで
Web改ざん検知機能1URLまで1URLまで1URLまで
セコムセキュリティ
診断サービス
対応対応対応
高性能スパムフィルタ30個50個70個
品質保証制度(SLA)対応対応対応
プラン変更上位プランに可能上位プランに可能不可能
Xserver Business-料金

エックスサーバービジネスには、上記の3つのプランが用意されています。

料金プランで異なるのは、以下の7点です。

  1. 月額料金
  2. ディスク容量
  3. メーリングリストを作成できる件数
  4. メーリングマガジンを作成できる件数
  5. 無料代行サービスの制限
  6. 迷惑メールに対する高性能スパムフィルタの設置数
  7. プラン変更の制限

中小企業のホームページやメディアサイトの場合、スタンダードプランがおすすめです。

  1. 料金が最もリーズナブル
  2. サーバースペックと無料代行サービスが充実
  3. 後から上位プランへ変更可能(1ヶ月単位で変更可)

最もリーズナブルなスタンダードプランと契約しましょう。

無料代行サービス、セキュリティが充実

プランの変更について

上位プランへの変更は月単位でご案内しています。
プラン変更希望月の前月1日~20日までに「プラン変更」から申請を行ってください。
翌月1日から上位プランへ変更となります。

引用:エックスサーバービジネス-プランの変更

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違い

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違い

この項目では、エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違いについて解説します。

サーバースペックは同じですが「料金」「セキュリティ」「無料サービス」の点で大きく異なります。

エックスサーバービジネス
スタンダード
エックスサーバー
スタンダート
月額料金
(12ヶ月契約)
4,180円1,100円
初期費用16,500円無料
無料お試し期間10日間10日間
ディスク容量300GB300GB
ディスク種類SSDSSD
RAID構成NVMe SSDNVMe SSD
WebサーバーApache + NGINXApache + NGINX
PHP動作モードFast CGIFast CGI
プロトコルHTTP/2HTTP/2
転送量無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限
サブドメイン無制限無制限
データベース数
(MySQL/MariaDB)
無制限無制限
FTPアカウント無制限無制限
無料SSL対応対応
企業認証SSL対応対応
EV SSL対応対応
自動バックアップ14日分14日分
WAF対応対応
Webフォント対応(モリサワ)対応(モリサワ)
Webフォント利用制限制限なし月間75,000PVまで
独自ドメイン
永久無料特典
1個取得可能1個取得可能
独自ドメイン
1年無料特典
最大20個取得可能最大20個取得可能
メールサポート24時間受付24時間受付
電話サポート平日10:00~18:00平日10:00~18:00
メールアカウント無制限無制限
1通あたりの容量
(送信メール)
100MB100MB
メーリングリスト20件まで
⇒1リスト500アドレス
20件まで
⇒1リスト500アドレス
メールマガジン10件まで
⇒1メルマガ1,000アドレス
10件まで
⇒1メルマガ1,000アドレス
サーバ移転代行1回まで未対応
無料代行サービス月3回まで未対応
ホームページ無料制作1サイトまで未対応
Web改ざん検知機能1URLまで未対応
セコムセキュリティ
診断サービス
対応未対応
高性能スパムフィルタ30個未対応
品質保証制度(SLA)対応未対応
プラン変更上位プランへのみ可能上位プランと下位プランへ可能

エックスサーバービジネスとエックスサーバーの違いは、以下の8点です。

  1. 無料代行サービスの違い
  2. ホームページ無料制作サービスの違い
  3. Webフォントの利用制限の違い
  4. セキュリティ機能の違い
  5. サーバー稼働率の保証制度の違い
  6. 月額料金の違い
  7. 初期費用の違い
  8. プラン変更の制限の違い
Shota

各項目について解説します。

なお、エックスサーバーの料金プランについては、以下の記事で解説しています。

無料代行サービスの違い

無料代行サービスの違いは、以下の2点です。

違いエックスサーバービジネス
(スタンダード)
エックスサーバー
(スタンダード)
①サーバ移転代行サービス1回まで未対応
②初期設定代行サービス月3回まで未対応

サーバー移転の無料代行サービス

エックスサーバービジネスでは、運用中のサーバーからエックスサーバービジネスへのWebサイトの移転を無料代行してくれます。

ただし無料で対応してくれるのは、サーバーアカウントごとに1回だけです。

サーバー移転の無料代行サービス詳細
所要日数5営業日
2件目以降1件あたり16,500円の費用が発生
その他①WordPress移転にも対応
その他②無料独自SSL設定も代行

一方、エックスサーバーではサーバー移転は自分で設定する必要があります。

エックスサーバーでの移転方法は、以下の記事で解説しています。

初期設定の無料代行サービス

エックスサーバービジネスでは、Webサイト開設後の初期設定を無料代行してくれます。

ただし、無料代行は月間最大で5回までです。(スタンダードプランは最大3回)

初期設定の無料代行サービス詳細と1ヶ月あたりの制限
所要日数2営業日
CMS(WordPress/EC-CUBE/Pukiwiki)のインストール1件まで
メールアドレス作成100アカウントまで
独自ドメイン設定10ドメインまで
サブドメイン設定20ドメインまで
サーバーのデータ削除指定したディレクトリ配下のデータを削除
その他のサーバーパネルの操作代行別途見積

一方、エックスサーバーではWebサイト開設後の初期設定は、自分で設定する必要があります。

エックスサーバーの初期設定については、以下の記事で解説しています。

ホームページ無料制作サービスの違い

エックスサーバービジネス
(スタンダード)
エックスサーバー
(スタンダード)
1サイトまで未対応
エックスサーバービジネスの
ホームページ無料制作サービス

エックスサーバービジネスでは、専属スタッフが会社のホームページ作成を無料代行してくれます。

  • ページ作成、ドメイン設定、公開まで全て無料
  • PIXTAの高品質な画像を採用
  • レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット)に対応
  • CMSにWordPressを使用

ホームページ作成を外部機関に依頼すると、数十万円の費用が発生します。

エックスサーバービジネスと契約すると、全て無料で制作してくれます。

注意点詳細
所要日数1営業日~3営業日
対応サイト数1アカウントにつき1サイトまで対応

Webフォントの利用制限の違い

項目エックスサーバービジネス
(スタンダード)
エックスサーバー
(スタンダード)
月間PV制限制限なし75,000PVまで
利用可能ドメイン3個まで3個まで

Webフォントとは、Web上のフォントデータを引き出しホームページに表示させるシステムです。 

デフォルトのフォント画像
Webフォントの画像

Webフォントを利用するメリットは、以下の3点です。

  1. 画像加工したような、綺麗なフォントを表示できる
  2. ホームページの世界観に合致するフォントを選択できる
  3. ユーザーが利用する全ての端末で、同じフォントを表示できる

エックスサーバービジネスでは、PV数に関係なく無制限にWebフォントを配信できます。

文字でもWebサイトの世界観を表現したい企業には、おすすめの機能です。

なおWebフォントについては、以下の記事で解説しています。

セキュリティ機能の違い

セキュリティ機能の違いは、以下の3点です。

違いエックスサーバービジネス
(スタンダード)
エックスサーバー
(スタンダード)
①Web改ざん検知機能対応未対応
②セコムセキュリティ診断サービス対応未対応
③迷惑メールの高性能スパムフィルタ30個まで未対応

Web改ざん検知機能

エックスサーバーのWeb改ざん検知機能

エックスサーバービジネスでは、URLを登録するだけでWeb改ざん検知機能を実装できます。

Web改ざん検知機能を利用することで、以下のハッキング攻撃を防御できます。

  • Webサイトの改ざん
  • マルウェアURLの埋め込み
  • フィッシングサイトURLの埋め込み

なおエックスサーバービジネスでの診断方法は、以下になります。

STEP
1日1回、登録したURLからリンクで繋がるWebページを診断
1日1回、登録したURLからリンクで繋がるWebページを全て診断
  • 解析ページ数は30ページ
  • ドメインが異なるページは対象外(サブドメインは対象内)
  • 診断には、アンチウィルスエンジンとGoogle社のWebRiskAPIを使用
STEP
異常を検知した場合、通知先メールアドレスに連絡

Webサイトのハッキングにいち早く対応するためにも、Web改ざん検知機能は重要です。

セコムセキュリティ診断サービス

セコム診断機能

エックスサーバービジネスと契約すると、セコムセキュリティ診断サービスを受けることができます。

セコムセキュリティ診断サービスの解説画像

セコムセキュリティ診断サービスとは、セコムトラストシステムズ社のエンジニアがサーバー・ネットワーク機器の問題点を洗い出すサービスです。

自動診断ツールと手動診断を組み合わせているため、精度の高い診断を受けることができます。

診断項目は以下の5点です。

  1. ポートスキャン
  2. バナー情報取得
  3. OS・ミドルウェアの脆弱性
  4. ホストの脆弱性
  5. ネットワーク機器の脆弱性

また問題点を報告するだけではなく、エンジニアが必要な対策を提案してくれます。

エックスサーバービジネスでは、上記のセキュリティサービスを無料で受診できます。

迷惑メールの高性能スパムフィルタ

迷惑メールの高性能スパムフィルタ

エックスサーバービジネスでは、Cloudmark社の高性能な迷惑メールフィルタを実装できます。

Cloudmark社の迷惑メールフィルタを採用するメリットは、以下の2点です。

  1. 顧客の機密情報の外部流出を、防ぐことができる
  2. メールの振り分け作業が不要になるため、業務が効率化

なおCloudmark社の迷惑メールフィルタは、日本のISPトップ10社中8社が採用した実績のあるスパムフィルタエンジンです。

サーバー稼働率の保証制度の違い

エックスサーバービジネス
(スタンダード)
エックスサーバー
(スタンダード)
対応未対応
エックスサーバービジネスのて品質保証制度(SLA)

エックスサーバービジネスでは、サーバーの稼働率について品質保証制度(SLA)が定められています。

月間サーバー稼働率が99.99%を下回る場合に、料金の一部または全額が返金されます。

稼働率返金率
99.90%以上、99.99%未満(5~50分)月額利用料の10%
99.50%以上、99.90%未満(51~250分)月額利用料の15%
99.00%以上、99.50%未満(251~500分)月額利用料の30%
90.00%以上、99.00%未満(501~5,000分)月額利用料の50%
90.00%未満(5,001分~)月額利用料の100%

エックスサーバービジネスを利用すると、安定したサイト運営が可能となります。

月額料金の違い

契約期間エックスサーバービジネス
(スタンダード)
エックスサーバー
(スタンダード)
3ヶ月5,016円1,320円
6ヶ月4,598円1,210円
12ヶ月4,180円1,100円
24ヶ月3,971円1,045円
36ヶ月3,762円990円

エックスサーバービジネスの方が、月額料金が3.8倍高くなります。

しかし、エックスサーバービジネスは「無料サービス」と「セキュリティ対策」が強化されているため、法人向けプランとして高くはありません。

初期費用の違い

エックスサーバービジネス
(スタンダード)
エックスサーバー
(スタンダード)
16,500円無料

エックスサーバービジネスは初期費用が発生しますが、エックスサーバーは無料で契約できます。

なお、エックスサーバーとの契約方法は以下の記事で解説しています。

プラン変更の制限の違い

エックスサーバービジネス
(スタンダード)
エックスサーバー
(スタンダード)
上位プランへのみ変更可能上位プランと下位プランへ変更可能

エックスサーバービジネスは上位プランへのみ変更可能です。

そのため、下位プランのスタンダードプランから始めることをおすすめします。

エックスサーバービジネスの評判

エックスサーバービジネスの評判

悪い評判のまとめ

エックスサーバービジネスの悪い評判は、以下の2点です。

  1. コストパフォーマンスが悪い
  2. 2022年4月に大きなサーバー障害を起こした

コストパフォーマンスが悪い

エックスサーバービジネスはエックスサーバーと比較し、月額料金が3.8倍高くなります。

ネットショップや会員サイトなど、セキュリティに厳格さを求める場合はエックスサーバービジネスはおすすめです。

ただし、そのような機能を持たないWebサイトには過剰スペックだと言えます。

2022年4月に大きなサーバー障害を起こした

上記の口コミの通り、2022年4月にエックスサーバービジネスは大規模なサーバー障害を起こしました。

法人サーバーには、サーバーの安定性が求められています。

そのため、障害を起こしたことに対しユーザーからは大きな不満が見られました。

良い評判のまとめ

エックスサーバービジネスの良い評判は、以下の2点です。

  1. 表示速度が速い
  2. サポート体制が充実

表示速度が速い

「エックスサーバービジネスに移転して、表示速度が上がったこと」に対して、良い評判が見られました。

エックスサーバービジネスのサーバースペックは、エックスサーバーと変わりません。

ただし、エックスサーバーのサーバースペックがそもそも高いため、他社サーバーより表示速度は上がります。

エックスサーバーのサーバースペックについては、以下の記事で解説しています。

サポート体制が充実

「エックスサーバービジネスのサポート体制」に対して、良い評判が見られました。

エックスサーバービジネス特有のサポート体制をおさらいします。

  1. サーバー移転の無料代行
  2. 初期設定の無料代行
  3. ホームページ無料制作サービス
  4. サーバー稼働率の保証制度

エックスサーバービジネスがおすすめな企業

エックスサーバービジネスの
ホームページ無料制作サービス
  • Webサイトのセキュリティを厳密にしたい企業
  • ネットショップや会員サイトなど、セキュリティに厳格さを必要とするWebサイトを扱う企業
  • Webサイト開設が初めての企業
  • 企業認証SSL・EV SSLでサイト運営したい企業
  • 表示速度が速く、障害の少ないサーバーに移行したい企業

これらに当てはまる企業には、エックスサーバービジネスがおすすめです。

エックスサーバービジネスのまとめ

今回はエックスサーバービジネスについて解説しました。

エックスサーバーとの違いをまとめます。

エックスサーバーとの違い
  1. 無料代行サービスあり
  2. ホームページ無料制作サービスあり
  3. Webフォントの利用制限がない
  4. セキュリティ機能が強化
  5. サーバー稼働率の保証制度
  6. 月額料金が高い
  7. 初期費用が発生
  8. 上位プランへのみ変更可能

エックスサーバービジネスの魅力は「強力なサポート体制」「強固なセキュリティ機能」「サーバーの安定性」です。

安全にサイト運営したい企業には、おすすめのサービスです。

\ 無料代行サービス、セキュリティが充実 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • yoshiさん
      いつもお世話になります。
      個人ブロガーが使うことはないと思います。
      法人化したら検討ですね。

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次