WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

エックスサーバー【WordPress簡単移行】での移転方法と注意点

エックスサーバー【WordPress簡単移行】での移転方法と注意点
フェニック

エックスサーバーと契約したいけど、WordPressをどうやって移行したらいいの?

今回はこのような疑問にお答えします。

エックスサーバーには簡単移行機能があるので、安全にWordPressを移行できます。

この記事でわかること
  • WordPressを、エックスサーバーへ移行させる方法
  • 簡単移行の注意点

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

まだサーバー未契約の方にはエックスサーバーの評判とメリット・デメリットの記事もおすすめです。

当サイトのお友達紹介リンクからサーバーに申し込むと、月額料金が最大10,000円割引されます。

  • 6ヶ月契約:3,000円割引
  • 12ヶ月契約:5,000円割引
  • 24ヶ月契約:7,500円割引
  • 36ヶ月契約:10,000円割引
割引は料金支払い時に適用される

割引は料金支払い時に適用されます。

安く契約したい方は、紹介リンクをご利用ください。

エックスサーバーにお友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引】

紹介リンクについては、以下の記事でも解説しています。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

エックスサーバーのWordPress簡単移行とは

エックスサーバーのWordPress簡単移行とは

WordPress簡単移行とは、他社サーバーからエックスサーバーへWordPressを丸ごと移行させる機能です。

簡単移行は、全てのサーバーからの移行に対応しています。

他社サーバーとは?
  • ConoHa WING
  • ロリポップ
  • さくらのレンタルサーバー
  • mixhost
  • シンレンタルサーバー

簡単移行のメリットは、以下の3点です。

  • サーバー切り替えで、WordPressが表示されない時間をゼロにできる
  • WordPressの移行作業が楽になる
  • ドメインを移管しなくても移行できる

他社サーバーからエックスサーバーに移行する際は、簡単移行を利用しましょう。

WordPress簡単移行の手順

STEP
エックスサーバーで移行元のドメインを設定
エックスサーバーで移行元のドメインを設定
STEP
エックスサーバーに移行元のWordPressのコピーを作成
エックスサーバーに移行元WordPressのコピーを作成
  • ユーザーやGoogleは、移行元のWordPressを閲覧
  • エックスサーバーのWordPressにはネームサーバーが設定されていない
    重複コンテンツにならない
STEP
ネームサーバーを他社サーバーからエックスサーバーに変更
ネームサーバーを他社サーバーからエックスサーバーに切り替え
  • ユーザーやGoogleは、エックスサーバーのWordPressを閲覧
  • 移行元のWordPressにはネームサーバーが設定されていない
    重複コンテンツにならない

上記のように、安全かつ簡単にWordPressを移行させることができます。

WordPress簡単移行の注意点

注意点は以下の4つです。

  1. ネームサーバーの変更手順
  2. 移行元のWordPressのセキュリティプラグイン
  3. 移行元のWordPressとPHPのバージョン
  4. 移行元のWordPressの容量制限

ネームサーバーの変更はWordPress移行後に設定する

ネームサーバーの変更は最後に設定する

ネームサーバーの変更は、WordPress移行後に設定します。

移行が終わらない間に、ネームサーバーを変更するとエラーが発生するからです。

ネームサーバーについて

移行するドメインのネームサーバーは、移行作業の完了後に変更してください。
移行作業の完了前にネームサーバーを変更すると、移行機能実行時にエラーが発生するおそれや、一時的にサイトが表示されなくなるおそれがあります。

引用:エックスサーバー-WordPress簡単移行
Shota

解説ではネームサーバーの変更を移行後に設定します。

移行元のWordPressのセキュリティプラグインを無効化する

セキュリティプラグインを無効化した画像
セキュリティプラグインを無効化する

移行する際は、移行元のWordPressのセキュリティプラグインを無効化します。

移行元WordPressのセキュリティプラグインをOFFにする

無効化しないと、エックスサーバーのbotが移行元のWordPressにログインできないからです。

botは移行元のWordPressをコピーするため、WordPressにログインします。

しかしセキュリティプラグインを無効化しないと、botはログインできません。

移行する際は、セキュリティプラグインを無効化しましょう。

詳しくは移行元のWordPressのセキュリティプラグインを無効化するで解説します。

移行元のWordPressとPHPのバージョン

移行元のWordPressとPHPのバージョンは、以下に設定する必要があります。

  • WordPressのバージョン: 4.2以上
  • PHPのバージョン:5.3以上

移行する際は、WordPressとPHPを最新バージョンに更新しましょう。

WordPressの管理画面に表示された、WordPressとPHPのバージョンの画像

なお、両者のバージョンはWordPressの管理画面から確認できます。

移行元のWordPressの容量制限

「移行元のWordPressのデータベース容量」が、2GB超えている場合は簡単移行を利用できません。

2GBを超えている場合は、プラグインを使って移行させましょう。

移行用プラグインの使い方は、以下に記事で解説しています。

エックスサーバーのWordPress簡単移行で移転する方法

中休み

簡単移行で、WordPressをエックスサーバーへ移行させる手順は10ステップです。

エックスサーバーとサーバー契約する

エックスサーバーと契約していない人は、まずはサーバー契約しましょう。

エックスサーバーとサーバー契約する

サーバー契約のポイントは、クイックスタートを利用しないことです。

理由は以下の2点です。

  1. 10日間の無料お試し期間を利用できる
  2. クイックスタートによるWordPressの自動インストールは不要

サーバー契約の方法は、以下の記事で解説しています。

移行元のWordPressのドメインを設定する

サーバー契約を完了したら、移行元のドメインをエックスサーバーに設定します。

ドメイン設定については、以下の記事でも解説しています。

サーバーパネルのログイン画面

まずはサーバーパネルにログインしましょう。

ログイン方法は、以下の記事を参照ください。

ドメイン設定

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし【ドメイン設定】をクリック

ログインしたら【ドメイン設定】をクリックします。

ドメイン設定追加の設定方法

 【ドメイン設定追加】は、以下のように設定します。

項目設定方法
ドメイン名移行元のドメイン名を入力
無料独自SSLを利用する(推奨)チェックを入れる
高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセスレータ」を有効にする(推奨)チェックを入れる

設定が完了したら【確認画面に進む】をクリックしましょう。

なおXアクセスレータについては、以下の記事で解説しています。

Xアクセスレータとは?
【追加する】をクリック

【追加する】をクリックしましょう。

「ドメイン設定の追加を完了しました。」と表示された

「ドメイン設定の追加を完了しました。」と表示されたら、ドメイン設定は完了です。

「無料独自SSLの設定に失敗しました」について

「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示された画面

結論、気にしなくてOKです。

ネームサーバーがエックスサーバーに変更されていない時点で、SSL化を設定すると上記のように表示されます。

この後、ネームサーバーを変更するとSSL化が自動設定されるのでご安心ください。

移行元のセキュリティプラグインを無効化する

移行元のWordPressのセキュリティプラグインを無効化する

エックスサーバーのbotが移行元のWordPressにログインできるように、セキュリティプラグインを無効化します。

無効化するセキュリティプラグイン
  • SiteGuard WP Plugin
  • Google Authenticator
  • All In One WP Security & Firewall
  • iThemes Security
  • Wordfence Security

移行元のWordPressのコピーを作成する

サーバーパネルから【WordPress簡単移行】をクリック

サーバーパネルから【WordPress簡単移行】をクリックします。

WordPress移行情報入力

WordPress移行情報入力の設定方法

WordPress移行情報入力の項目は、以下のように設定します。

項目設定方法
WordPress移行情報入力選択する
移行元URL①httpsを選択
②移行元のドメイン名を入力
移行元WordPressのユーザー名移行元のWordPressのログインIDを入力
移行元WordPressのパスワード移行元のWordPressのログインパスワードを入力
URL①移行元のWordPressのURLを入力
②プロトコルはhttpsを選択する

設定が完了したら【確認画面へ進む】をクリックしましょう。

WordPress移行の開始

【移行を開始する】をクリック

【移行を開始する】をクリックします。

【移行ステータス】の項目が100%になった画面

【移行ステータス】の項目が100%になったら、移行元のWordPressのコピーは作成完了です。

「移行ステータス」に完了と表示された画面

【移行実行ログ】をクリックします。

「移行ステータス」に完了と表示されたら、WordPressのコピーの作成は成功です。

エックスサーバーへの移行時間

【移行ステータス】の項目が100%になった画面

容量が1GBのWordPressで、移行に10分かかりました。

焦らずにデータ移行が完了するのを待ちましょう。

エックスサーバーへの移行ができない場合の対処法

エックスサーバーへWordPressが移行できない場合に表示される画面

エックスサーバーへWordPressが移行できない場合、以下のように表示されます。

移行元WordPressのダッシュボードへのログインに失敗している可能性があります。ユーザー名とパスワードに誤りがないことを確認し、Basic認証やロボット認証が有効な場合は解除してください。また上記に当てはまらない場合は「ログイン試行回数制限」をONにした状態でWordPress簡単移行を複数回実行している可能性があります。制限は24時間経過後に解除されますのでお待ちいただくか、「ログイン試行回数制限設定」を解除して再度実行してください。

要約すると、移行元のWordPressにエックスサーバーのbotがログインできないという意味です。

botがログインできない理由は、3点あります。

  1. 移行元WordPressのログインIDが間違っている
  2. 移行元WordPressのログインパスワードが間違っている
  3. 移行元WordPressのセキュリティプラグインが有効化されている
セキュリティプラグインを無効化した画像
セキュリティプラグインを無効化する

移行元WordPressにログインして、原因を特定しましょう。

移行元のセキュリティプラグインを有効化する

移行元のセキュリティプラグインを有効化する

エックスサーバーでWordPressのコピーに成功したら、移行元のWordPressのセキュリティプラグインを有効化しましょう。

移行作業中に、移行元のWordPressにハッキングされるリスクがあるからです。

移行に成功したら、すぐに移行元のセキュリティプラグインを有効化しましょう。

コピーしたWordPressの不具合を修正する

エックスサーバーにコピーしたWordPressには、不具合が生じています。

ネームサーバーを変更する前に修正しましょう。

サーバーパネルから【WordPress簡単移行】をクリック

サーバーパネルから【WordPress簡単移行】をクリックします。

管理画面URLをクリック

管理画面URLをクリックし、コピーしたWordPressの管理画面にログインします。

WordPress本体とWordPressテーマのバージョン更新

WordPress本体のバージョンを最新のものへ更新する
WordPressテーマのバージョンを最新のものへ更新する

WordPress本体と、WordPressテーマが旧バーションとなっています。

手動で最新バーションに更新しましょう。

セキュリティプラグインを有効化する

セキュリティプラグインを有効化する

セキュリティプラグインが無効化されているので、有効化しましょう。

WordPressをコピーする際に、移行元のセキュリティプラグインを無効化したからです。

ネームサーバーを変更する前に、有効化しておきましょう。

ネームサーバーをエックスサーバーに変更する

移行元ドメインにNS相違と表示された画面

ここまで準備できたら、ネームサーバーをエックスサーバーに変更します。

ネームサーバーの変更は、各ドメイン会社で設定します。

ドメインをムームードメインで管理している場合

ネームサーバーをエックスサーバーに変更する手順は、以下の記事で解説しています。

Shota

ドメインの移管はしなくてOKです。

ドメインをお名前ドットコムで管理している場合

ネームサーバーをエックスサーバーに変更する手順は、以下の記事で解説しています。

フェニック

ドメインは移管しなくてOKだよ!

ドメインをバリュードメインで管理している場合

ネームサーバーをエックスサーバーに変更する手順は、以下の記事で解説しています。

ドメインをConoHa WINGで管理している場合

まずはConoHa WINGの管理画面にログインしましょう。

\ ConoHa WING /

ネームサーバーの変更手順は、以下になります。

STEP
ConoHa WING管理画面の【WING】⇒【ドメイン】をクリック
ConoHa WING管理画面の【WING】⇒【ドメイン】をクリック
STEP
移行元のドメインをクリック
移行元のドメインをクリック
STEP
ネームサーバーを設定をする
ネームサーバーを設定をする
項目設定方法
カスタム選択する
カスタムネームサーバー①ns1.xserver.jp
カスタムネームサーバー②ns2.xserver.jp
カスタムネームサーバー③ns3.xserver.jp
カスタムネームサーバー④ns4.xserver.jp
カスタムネームサーバー⑤ns5.xserver.jp
STEP
変更を保存する

これでネームサーバーは、エックスサーバーに変更されました。

ネームサーバーがエックスサーバーの変更されたことを確認する

Xen Domainsの管理画面の画像

ネームサーバーがエックスサーバーに変更されたことを確認します。

Xen Domains」というサイトで簡単に確認できます。

検索バーにドメイン名を入力し【検索】をクリックします。

以下のように表示されたらOKです。

NSns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp
フェニック

NSの順番は入れ替わってもOKだよ!

ドメインに常時SSL化を設定する

常時SSL化が反映されていない画像
常時SSL化が反映されていない画像

ネームサーバーを変更した時点の、WordPressのSSL設定は以下の状態です。

SSL化の種類設定状況
ドメインのSSL化完了
WordPressのSSL化完了
ドメインの常時SSL化未完了

そこで、移行したWordPressに常時SSL化を設定します。

常時SSL化については、以下の記事でも解説しています。

常時SSL化の手順

STEP
サーバーパネルから【.htaccess】をクリック
サーバーパネルから【.htaccess】をクリック
STEP
移行したWordPressのドメインを選択
移行したWordPressのドメインを選択
STEP
「.htaccessファイル」を編集する
「.htaccessファイル」の編集方法

ファイル上部に以下のコードを貼り付けます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
STEP
【確認画面へ進む】⇒【実行する】をクリック

これで、移行したWordPressへの常時SSL化設定は完了です。

「https」から始まるURLに遷移した画像
「https」から始まるURLに遷移した画像

アドレスバーに「http」から始まるURLを入力し、「https」から始まるURLに遷移したら常時SSL化は成功です。

簡単移行専用プラグインを削除する

エックスサーバーへの簡単移行では「Xserver Migrator」というプラグインが使用されています。

不要になったので削除しましょう。

Shota

お疲れ様でした。作業は全て完了です。

(参考)パーマリンク設定を変更せずに保存する

404エラーページの画面

WordPress移行後、記事にアクセスすると404エラーが表示される場合があります。

この場合は。以下の設定をお試しください。

STEP
【WordPress簡単移行】からWordPress管理画面にアクセス
【WordPress簡単移行】からWordPress管理画面にアクセス
STEP
【設定】⇒【パーマリンク】をクリック
【設定】⇒【パーマリンク】をクリック
STEP
パーマリンクを変更せずに【変更を保存】をクリック
パーマリンクを変更せずに【変更を保存】をクリック
STEP
記事ページが表示されたことを確認
記事ページが表示されたことを確認

WordPress移行後、404ページが表示された場合はお試しください。

お友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

エックスサーバーへのWordPress簡単移行後の設定

エックスサーバーへのWordPress簡単移行後の設定

エックスサーバーにWordPressを移行ができたら、以下の設定を行います。

  1. メールアドレスの作成
  2. Xserverドメインへのドメイン移管

メールアドレスを作成する

ネームサーバーがエックスサーバーに変更されると、移行元サーバーに届いていたメールがエックスサーバーに転送されます。

ただしエックスサーバーでメールアドレスを作成しなければ、メールを転送できません。

Shota

移行元サーバーと同じメールアドレスを作成しましょう。

エックスサーバーでのメールアドレスの作成方法は、以下の記事で解説しています。

Xserverドメインへドメインを移管する

Xserverドメインへドメインを移管する

WordPressをエックスサーバーで管理する場合は、Xserverドメインへドメイン移管しましょう。

ドメイン移管するメリットは、以下の2点です

  1. Xserverドメインの方が、ドメインの更新料金が安い
  2. ドメインとWordPressを同じ会社で管理できる

以下が、ドメイン会社別の独自ドメインの更新料金です。

ドメインXserverドメインお名前.comバリュードメインムームードメイン
.com1,298円1,408円1,793円1,728円
.net1,518円1,628円1,929円1,628円
.org1,518円1,628 円1,929円1,848円
.mobi2,178円2,178円2,581円2,400円
.biz1,628円1,738 円2,060円1,738円
.jp 3,102円3,124円3,702円3,344円

全てのドメインで、Xserverドメインが最安値となっています。

WordPress移行後は、Xserverドメインへのドメイン移管がおすすめです。

Xserverドメインへの移管料金

Xserverドメインへのドメイン移管料金は、以下になります。

ドメインの種類Xserverドメインへの移管料金
.com1,298円
.net1,518円
.org1,518円
.mobi2,178円
.biz1,628円
.jp 3,102円

ドメインの移管料金を支払うと、ドメインの有効期限も更新(延長)されます。

ドメイン移管前の有効期限
ドメイン移管後の有効期限
ドメイン移管前の有効期限ドメイン移管後の有効期限
2023年6月18日2024年6月18日

「ドメイン移管料金を支払う=ドメイン更新料金を支払う」ということです。

決して損ではないので、ご安心ください。

ドメイン移管の方法は、以下の記事で解説しています。

エックスサーバーのWordPress簡単移行のまとめ

今回は、エックスサーバーのWordPress簡単移行について解説しました。

さくっと手順をまとめます。

簡単移行後の設定
  • メールアドレスの作成
  • Xserverドメインへのドメイン移管

エックスサーバーへの移行を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

お友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次