WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

エックスサーバーのおすすめ料金プランは?プランの違いと支払い方法

エックスサーバーのおすすめ料金プランは?プランの違いと支払い方法
フェニック

Xserverと契約したいけど、どのプランがいいのかな?

今回はこのような疑問にお答えします。

エックスサーバーのおすすめプランは、個人向けのスタンダードです。

理由は以下になります。

  1. 料金が最も安い
  2. 個人利用ならスペック・サービスが十分

そこで今回は、エックスサーバーの料金プランについて解説します。

また、併せて以下の内容も解説します。

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

まだサーバー未契約の方にはエックスサーバーの評判とメリット・デメリットの記事もおすすめです。

当サイトのお友達紹介リンクからサーバーに申し込むと、月額料金が最大10,000円割引されます。

  • 6ヶ月契約:3,000円割引
  • 12ヶ月契約:5,000円割引
  • 24ヶ月契約:7,500円割引
  • 36ヶ月契約:10,000円割引
割引は料金支払い時に適用される

割引は料金支払い時に適用されます。

安く契約したい方は、紹介リンクをご利用ください。

エックスサーバーにお友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引】

紹介リンクについては、以下の記事でも解説しています。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

3年目の副業ブロガー。2年間のブログ経験を活かし、2022年にブログフェニックスを設立。
WordPress立ち上げのノウハウを配信中。

目次

エックスサーバーのおすすめ料金プラン

エックスサーバーのおすすめ料金プラン

Xserverには、以下の12個のプランが用意されています。

個人向けプラン
  1. スタンダード
  2. プレミアム
  3. ビジネス
法人向けプラン-共用サーバー
  1. スタンダード
  2. プレミアム
  3. エンタープライズ
法人向けプラン-仮想専用サーバー
  1. エントリー
  2. ミドル
  3. ハイエンド
法人向けプラン-専用サーバー
  1. エントリー
  2. ハイエンド
  3. ハイエンド+

個人サイトなら「個人向けプランのスタンダード」がおすすめです。

個人サイトなら「個人向けプランのスタンダード」がおすすめ

理由は以下になります。

  1. 月額料金が最も安い
  2. サポート体制が充実
  3. サーバースペックが十分

エックスサーバーを利用するなら「個人向けプランのスタンダード」と契約しましょう。

お友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

エックスサーバーの料金プランの違い(個人向けプラン)

以下が個人向けプランの料金の比較表です。

スタンダードプレミアムビジネス
月額料金
(12ヶ月契約)
1,100円2,200円4,400円
初期費用無料無料無料
無料お試し期間10日間10日間10日間
ディスク容量300GB400GB500GB
ディスク種類NVMe SSDNVMe SSDNVMe SSD
RAID構成RAID10RAID10RAID10
WebサーバーNGINXNGINXNGINX
PHP動作モードFast CGIFast CGIFast CGI
通信プロトコルHTTP/2HTTP/2HTTP/2
転送量無制限無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限
メールアカウント無制限無制限無制限
データベース数
(MySQL/MariaDB)
無制限無制限無制限
FTPアカウント無制限無制限無制限
無料独自SSL対応対応対応
オプション独自SSL3種類対応3種類対応3種類対応
自動バックアップ14日分14日分14日分
WAF対応対応対応
Webフォント対応(モリサワ)対応(モリサワ)対応(モリサワ)
メールサポート24時間受付24時間受付24時間受付
電話サポート平日10:00~18:00平日10:00~18:00平日10:00~18:00
設定代行サービス対応(有料)対応(有料)対応(有料)
無料設定代行未対応未対応3回/月
独自ドメイン
永久無料特典
11種類から2個取得12種類から2個取得16種類から2個取得
独自ドメイン永久無料
特典の取得条件
12ヶ月以上で契約なしなし
独自ドメイン
1年無料特典
最大20個取得可能最大20個取得可能最大20個取得可能
簡単インストール対応対応対応
簡単移行対応対応対応
プラン変更可能可能可能
アクセス解析ツール対応対応対応
メーリングリスト20件まで30件まで40件まで
メールマガジン10件まで15件まで20件まで
メールセキュリティ対応対応対応
メール自動返信対応対応対応
Web改ざん検知未対応未対応1サイト対応
管理者ユーザー設定未対応未対応対応
メモリ容量
(リソース保証)
8GB12GB16GB
vCPU
(リソース保証)
6コア8コア10コア
エックスサーバー-ご利用料金

個人向け料金プランの違いは、全部で11項目です。

  1. 月額料金(重要度:
  2. ディスク容量(重要度:
  3. 無料設定代行(重要度:
  4. 独自ドメイン無料特典の種類(重要度:
  5. 独自ドメイン無料特典の取得条件(重要度:
  6. メーリングリスト(重要度:
  7. メールマガジン(重要度:
  8. Web改ざん検知(重要度:
  9. 管理者ユーザー設定(重要度:
  10. メモリ容量(重要度:
  11. vCPU(重要度:
Shota

重要度の高いものだけ、チェックしましょう。

月額料金

重要度:

料金プランごとの月額料金は以下の通りです。

契約期間スタンダードプレミアムビジネス
3ヶ月1,320円2,640円5,280円
6ヶ月1,210円2,420円4,840円
12ヶ月1,100円2,200円4,400円
24ヶ月1,045円2,090円4,180円
36ヶ月990円1,980円3,960円
エックスサーバー-ご利用料金

スタンダードプランが、最も月額料金が安価です。

また長期契約するほど、月額料金が安くなります。

スタンダードプランの年間費用

契約期間月額料金合計費用(税込み)
3ヶ月1,320円×3ヶ月3,960円
6ヶ月1,210円×6ヶ月7,260円
12ヶ月1,100円×12ヶ月13,200円
24ヶ月1,045円×24ヶ月25,080円
36ヶ月990円×36ヶ月35,640円
エックスサーバー-ご利用料金

スタンダードプランなら年間13,200円(税込み)でWordPressを始めることができます。

またエックスサーバーはキャンペーンを実施しているため、更に安く契約できます。

ディスク容量

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
ディスク容量300GB400GB500GB
エックスサーバー-機能一覧
ディスク容量の解説画像

ディスク容量とは、Webサーバーとメールサーバーの合計容量のことです。

Webサーバーの容量には、以下のものが含まれます。

  • 画像ファイル、動画ファイル
  • WordPressテーマ、プラグインのファイル
  • HTMLファイル、phpファイル

メールサーバーの容量には、以下のものが含まれます。

  • 送受信メール
  • アドレス情報

ディスク容量はスタンダードプランで十分

ディスク容量はスタンダードプランで十分

ディスク容量はスタンダードプラン(300GB)で十分です。

個人サイトなら、1サイト当たり10GBあれば十分だからです。

ブログフェニックスのディスク使用量
ブログフェニックスのディスク使用量
Shota

当サイトは60記事で、ディスク使用量は4.31GBです。

スタンダードプランにはディスク容量が、300GBも用意されています。

中規模サイトなら30サイトも作れます。

そのためスタンダードプランでも、十分なスペックだと言えます。

無料設定代行

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
無料設定代行未対応未対応3回/月
エックスサーバー-機能一覧

無料設定代行とは、Webサイト開設に必要な設定をエックスサーバーが無料代行してくれるサービスです。

エックスサーバーの無料設定代行の解説画像

具体的には、以下の設定を代行してくれます。

項目設定内容
まとめて初期設定CMSインストール(10件まで)
メールアドレス作成(100アカウントまで)
独自ドメイン設定(10ドメインまで)
サブドメイン設定(20ドメインまで)
CMSインストールWordPress/EC-CUBE/Pukiwikiのインストール(1件まで)
メールアドレス作成メールアカウント設定の追加(100アカウントまで)
独自ドメイン設定独自ドメイン設定の追加(10ドメインまで)
サブドメイン設定サブドメイン設定の追加(20ドメインまで)
サーバーのデータ削除指定したディレクトリ配下のデータを削除
サーバー移転WebサイトやWordPressなどのサーバー移転(1件まで)
サーバーパネルの操作代行サーバーパネルの各機能設定の操作
エックスサーバー-設定代行サービス

ビジネスプランでは、設定代行を毎月3回まで無料対応してくれます。

設定代行を依頼するならエックスサーバービジネスがおすすめ

エックスサーバービジネス
スタンダード
エックスサーバー
ビジネス
月額料金
(12ヶ月契約)
4,180円4,400円
初期費用16,500円無料
サーバ移転代行1回まで1回まで
無料代行サービス月3回まで月3回まで
ホームページ無料制作1サイトまで未対応

エックスサーバービジネス(スタンダードプラン)とエックスサーバー(ビジネスプラン)のサポート機能の比較表です。

エックスサーバービジネス(スタンダードプラン)の方がサポート機能が充実しています。

ホームページ無料制作サービスがあるためです。

設定代行を依頼したい方は、サポートが充実したエックスサーバービジネスを利用しましょう。

エックスサーバービジネスについては、以下の記事で解説しています。

独自ドメイン永久無料特典の種類

重要度:

取得個数スタンダードプレミアムビジネス
1個目11種類から選択12種類から選択16種類から選択
2個目3種類から選択3種類から選択3種類から選択
エックスサーバー-ご利用料金

独自ドメイン永久無料特典とは、永久無料ドメインを最大2個取得できるサービスです。

料金プランによって、取得できる永久無料ドメインの種類が異なります。

永久無料ドメインの解説画像

永久無料ドメインとは、取得料金が無料、更新料金が永久無料になる独自ドメインのことです。

スタンダードプランの永久無料ドメインの種類

スタンダードプランでは、以下から永久無料ドメインを選択できます。

取得個数永久無料ドメインの種類
1個目.com/.net/.org/.info/.biz/.xyz/.link/.click/.blog/.online/.site
2個目.blog/.site /.online

「.com」「.net」などメジャーなドメインを取得できます。

プレミアムプランの永久無料ドメインの種類

プレミアムプランでは、以下から永久無料ドメインを選択できます。

取得個数永久無料ドメインの種類
1個目.com/.net /.org/.info/.biz/.xyz/.link/.click/.blog/.online/.site/.jp
2個目.blog/.site /.online

希少な「.jp」ドメインを取得できます。

ビジネスプランの永久無料ドメインの種類

ビジネスプランでは、以下から永久無料ドメインを選択できます。

取得個数永久無料ドメインの種類
1個目.com/.net/.org/.info/.biz/.xyz/.link/.click/.blog/.online/.site /.jp /.co.jp※ /.or.jp※/.ne.jp※ /.gr.jp※
2個目.blog/.site /.online

「co.jp」「.or.jp」「.ne.jp」「.gr.jp」については、法人にしか取得できません。

>>>独自ドメイン永久無料特典-各ドメインの購入条件

独自ドメイン永久無料特典の取得条件

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
独自ドメイン永久無料特典の取得条件ありなしなし
エックスサーバー-独自ドメイン永久無料特典
エックスサーバーの契約画面

スタンダードプランに限り、独自ドメイン永久無料特典の取得に条件があります。

プレミアム・ビジネスプランには条件はありません。

スタンダードプランの取得条件

取得個数取得条件
1個12ヶ月以上の期間でサーバー契約
サーバー契約の自動更新設定
2個24ヶ月以上の期間でサーバー契約
サーバー契約の自動更新設定

独自ドメイン永久無料特典を取得するには、最低でも12ヶ月の契約が必要です。

なお取得方法は、以下の記事で解説しています。

メーリングリスト

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
メーリングリストの作成件数20件30件40件
各メーリングリストには、500件のメールアドレスを登録可能
メーリングリストの解説画像

メーリングリストとは、複数の相手に同じ内容のメールを送信できるサービスです。

メーリングリストのメリットは、以下の2点です。

  • 「専用アドレス宛」にメール送信するだけで、登録メンバー全員にメールを配信できる
  • 登録メンバーは「専用アドレス宛」にメール返信すれば、送信者のみに返信できる

メーリングリストはスタンダードプランで十分

メーリングリストの作成件数は、スタンダードプラン(20件)で十分です。

メーリングリストの作成件数はスタンダードプランで十分

20件あれば、のべ10,000人をメーリングリストに登録できるからです。

メーリングリスト20件×1件あたりの登録メールアドレス500件=10,000人

メーリングリストのスペックは、スタンダードプランで十分です。

メールマガジン

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
メールマガジンの作成件数10件15件20件
各メールマガジンには、1000件のメールアドレスを登録可能

メールマガジンとは、製品やサービスに関する情報発信を行い、読者との関係構築を図るコミュニケーションツールです。

メールマガジンの解説画像

メールマガジンは、読者が自ら購読を希望して登録します。

そのため「年齢・性別・ニーズがわからない登録者にも積極的にメール配信できること」がメリットです。

メールマガジンはスタンダードプランで十分

メールマガジンの作成件数は、スタンダードプラン(10件)で十分です。

個人サイトが、10件以上メールマガジンを発行することはないからです。

メールマガジンのスペックは、スタンダードプランで十分です。

Web改ざん検知

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
Web改ざん検知未対応未対応対応
エックスサーバー-機能一覧

Web改ざん検知とは、Webサイトの改ざんやマルウェア、フィッシングURLの存在を診断する機能です。

エックスサーバーのWeb改ざん検知

エックスサーバーがWebサイトを毎日診断し、異変が確認されたときはメール通知されます。

ビジネスプランでは1サイトのみ、Web改ざん検知を設定できます。

Shota

個人サイトは、プラグインとWAFでWebサイトを保護できるため不要な機能です。

セキュリティ強化ならエックスサーバービジネスがおすすめ

エックスサーバービジネス
スタンダード
エックスサーバー
ビジネス
月額料金
(12ヶ月契約)
4,180円4,400円
初期費用16,500円無料
WAF対応対応
Web改ざん検知機能1サイトまで対応1サイトまで対応
セコムセキュリティ
診断サービス
対応未対応
高性能スパムフィルタ30個未対応
品質保証制度(SLA)対応未対応

エックスサーバービジネス(スタンダードプラン)とエックスサーバー(ビジネスプラン)のセキュリティ機能の比較表です。

エックスサーバービジネスの方が、セキュリティ機能が高いことがわかります。

  • セコムセキュリティ診断サービスに対応
  • 高性能スパムフィルタに対応
  • 品質保証制度(SLA)に対応

セキュリティを強化したい方は、エックスサーバービジネスを利用しましょう。

エックスサーバービジネスについては、以下の記事で解説しています。

管理者ユーザー設定の違い

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
管理者ユーザー設定 未対応 未対応対応
エックスサーバー-機能一覧

管理者ユーザー設定とは、複数人でサーバーを運営する際に権限を分割する機能です。

管理者ユーザーを設定すると、以下のように権限を分割できます。

機能サーバー契約者管理者サイト管理者メール管理者
アカウント権限あり権限あり
ホームページ権限あり権限あり権限あり
WordPress権限あり権限あり権限あり
メール権限あり権限あり権限あり
FTP権限あり権限あり権限あり
データベース権限あり権限あり権限あり
PHP権限あり権限あり権限あり
ドメイン権限あり権限あり権限あり
アクセス解析権限あり権限あり権限あり
高速化権限あり権限あり権限あり
セキュリティ権限あり権限あり権限あり
エックスサーバー-利用可能機能一覧

ビジネスプランでは、管理者ユーザー設定機能を利用できます。

管理者ユーザー設定機能は不要

エックスサーバーでWebサイトを複数人で運用する際でも、管理者ユーザー設定は不要です。

エックスサーバーでは、機能ごとにログイン画面が異なるからです。

Xserverアカウントのログイン画面
サーバーパネルのログイン画面
ファイルマネジャのログイン画面
WEBメールのログイン画面
各ログイン画面の、ログインパスワードは異なります。

各ログイン画面の、ログインパスワードは異なります。

そのため、管理者ごとに必要なパスワードのみ連絡すれば十分です。

以上のことから、管理者ユーザー設定機能は不要です。

メモリ容量

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
メモリ容量8GB12GB16GB
エックスサーバー-機能一覧
メモリの解説画像

メモリとは、CPUが演算処理したデータを一時的に記憶するWebサーバーのパーツです。

メモリ容量が不十分だと、ページ表示速度が低下します。

CPUが、ディスク(SSD)から情報を引き出す時間が必要になるためです。

メモリ容量はスタンダードプランで十分

②メモリ容量はベーシックプランの8GBで十分

メモリ容量はスタンダードプラン(8GB)で十分です。

WordPress開設後に、必要なメモリ容量が4GBだからです。

メモリ容量が小さければ同時に処理を行うことができず、一つ一つの処理に時間が掛かることになります。

・これからサイトを立ち上げる

・まだ始めたばかりのサイト

であれば、メモリ4GBくらいで足ります。

引用:mixhost-レンタルサーバーの正しい選び方

スタンダードプランにはメモリ容量が、8GBも用意されています。

そのため十分なスペックだと判断できます。

Shota

月間アクセス数が10万PVを超えたら、プレミアムプランを検討しましょう。

vCPU

重要度:

違いスタンダードプレミアムビジネス
vCPU6コア8コア10コア
エックスサーバー-機能一覧
CPUの解説画像

CPUとはサーバーの「中央演算装置」のことです。

コア数の値が大きいほど、演算装置が増えるため情報の処理速度が速くなります。

vCPUはスタンダードプランで十分

vCPUの解説画像

vCPUはスタンダードプランの6コアで十分です。

人気の他社サーバーと、コア数が同等以上だからです。

サーバー会社と料金プランvCPU
エックスサーバー(スタンダード)6コア
シン・レンタルサーバー(ベーシック)6コア
ConoHa WING(WINGパック-ベーシック)6コア
ロリポップ(ベーシック)非公開
mixhost(スタンダード)6コア
さくらのレンタルサーバ(スタンダード)非公開
Shota

vCPUに目安値がないため、他社サーバーと同等なら十分としましょう。

お友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

エックスサーバーの料金を安くする方法

エックスサーバーの料金を安くする方法

この項目では、Xserverと安く契約する方法を解説します。

  1. キャンペーンを利用する
  2. お友達紹介プログラムを利用する
  3. 長期契約する
  4. 自動更新を設定する
  5. WordPress有料テーマ割引特典を利用する
  6. 月初に契約する

まずはキャンペーンを利用して、安く契約しましょう。

キャンペーンを利用する

【2024年1月】冬のトク割りキャンペーン

エックスサーバーでは、現在以下の割引キャンペーンを実施中です。

キャンペーン名冬のトク割りキャンペーン
キャンペーン対象者エックスサーバーと12ヶ月以上の期間で契約した方
キャンペーン期間2024年1月29日(月)12:00 ~ 2024年2月26日(月)12:00まで
キャンペーン内容契約料金が最大30%OFF

キャンペーン内容を詳しく解説します。

キャンペーン中の月額料金

以下の表が、キャンペーン中のエックスサーバーの月額料金です。

契約期間スタンダードプレミアムビジネス
12ヶ月1,100円
 880円
2,200円
1,760円
4,400円
3,520円
24ヶ月1,045円
783円
2,090円
1,567円
4,180円
3,135円
36ヶ月990円
693円
1,980円
1,386円
3,960円
2,772円
エックスサーバー-料金

料金の割引は、12ヶ月以上の期間で契約した人が対象です。

フェニック

エックスサーバー安いね!

Shota

実はまだまだ安くなるんだよ!

\ キャンペーンでお得に契約 /

お友達紹介プログラムを利用する

エックスサーバーのお友達紹介プログラムを利用する

エックスサーバーのお友達紹介プログラムを利用すると、更に安く契約できます。

割引額は契約期間によって異なります。

  • 6ヶ月契約:3,000円割引
  • 12ヶ月契約:5,000円割引
  • 24ヶ月契約:7,500円割引
  • 36ヶ月契約:10,000円割引

割引はサーバー料金支払い時に適用されます。

お友達紹介プログラムとキャンペーンは併用可能

【2024年1月】冬のトク割りキャンペーン
エックスサーバーのお友達紹介プログラムの解説画像②

エックスサーバーのお友達紹介プログラムと、キャンペーンは併用可能です。

エックスサーバーからのキャンペーンに関する返信メール
エックスサーバーからのキャンペーンに関する返信メール

お友達紹介プログラムとエックスサーバーのキャンペーンは、併用可能ですか?

お問合せいただきましてありがとうございます。ご質問につきまして、併用することは可能でございます。

お友達紹介プログラムと併用すると、更にお得に契約することができます。

Shota

当サイトの紹介リンクをぜひご利用ください。

お友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

キャンペーンについては、以下の記事でも解説しています。

長期契約する

以下が、個人向けプラン(ベーシック)の契約期間別の年間費用です。

契約期間年間費用36ヶ月契約との
年間費用の比較
3ヶ月1,320円×3ヶ月×4回契約=15,840円+3,960円
6ヶ月1,210円×6ヶ月×2回契約=14,520円+2,640円
12ヶ月1,100円×12ヶ月=13,200円+1,320円
24ヶ月1,045円×12ヶ月=12,540円+660円
36ヶ月990円×12ヶ月=11,880円0円
スタンダードプランの料金(定価)

36ヶ月契約した場合と短期契約では、年間費用に大きな差が生まれます。

36ヶ月契約した場合と短期契約では、年間費用に大きな差が生まれる理由
契約方法余分な費用(36ヶ月契約と比較)
3ヶ月契約を、1年に4回申請する年間3,960円多く費用が発生
6ヶ月契約を、1年に2回申請する年間2,640円多く費用が発生
12ヶ月契約を、1年に1回申請する年間1,320円多く費用が発生
24ヶ月契約を、2年に1回申請する年間660円多く費用が発生

サーバー料金を安くしたい方は、36ヶ月で契約しましょう。

自動更新を設定する

エックスサーバーの自動更新を設定する

サーバー契約後、自動更新を設定することでサーバーの更新費用を安くできます。

自動更新の設定画面

更新費用が安くなるのは、契約期間が以下の場合です。

  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
契約期間月額料金
(自動更新設定前)
月額料金
(自動更新設定後)
差額
1ヶ月選択不可1,100円0円
3ヶ月1,320円1,100円-220円
6ヶ月1,210円1,100円-110円
12ヶ月1,100円1,100円0円
24ヶ月1,045円1,045円0円
36ヶ月990円990円0円
スタンダードプランの料金(定価)

3ヶ月、6ヶ月の短期契約をする場合は、自動更新を設定しましょう。

WordPress有料テーマ割引特典を利用する

WordPress有料テーマ割引特典を利用する

エックスサーバーでは、以下の有料テーマを割引購入できます。

WordPressテーマ定価割引後の価格
XWRITE(買い切り)19,800円14,800円
SWELL17,600円16,720円
Snow Monkey16,500円/年15,675円/年
Emanon Business12,800円10,230円
LIQUID INSIGHT16,280円15,180円
Nishiki Pro17,800円16,910円
Shota

当サイトが利用しているSWELLがおすすめです。

有料テーマの利用を考えている人は、割引特典を活用しましょう。

お友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

月初に契約する

エックスサーバーは、初月度を無料で利用できます。

料金は、契約日の翌月から起算されるからです。

実際の契約(課金)はいつからになりますか?

ご利用料金はお申し込み日の翌月1日から起算いたします。

(例)7/15ご利用開始 → 8/1が料金の起算日となります

引用:エックスサーバー-よくある質問

月初に契約すれば、無料で利用できる期間が長くなります。

エックスサーバーでの料金の支払い方法

エックスサーバーでの料金の支払い方法

Xserverの申し込み方法は2種類あります。

  1. クイックスタートでの申し込み
  2. 通常の申し込み

申し込み方法により、支払い方法は異なります。

クイックスタートの支払い方法

クイックスタートでの申し込み画面

クイックスタートで申し込む場合、サーバー契約と同時に料金を支払います。

また、支払いは以下の2つに限定されます。

  1. クレジットカード
  2. 翌月後払い(コンビニ/銀行)

本オプションに関するご注意

  • お支払い方法はクレジットカード払い、翌月後払いのみとなります。
  • お申し込みと同時にサーバー料金のお支払いが発生します。
  • 10日間の無料お試し期間はありません。
  • サーバーの移転には対応していません。

クレジットカード

支払いに使用できるクレジットカードの種類

使用できるクレジットカードは、以下になります。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express

※デビットカード、プリペイドカードについてはVISA、MasterCard、JCBが利用可能

※デビットカード、プリペイドカードについてはカード発行会社によっては利用できない場合がある

※JCB発行のプレモカードは利用不可

翌月後払い(コンビニ/銀行)

翌月後払い(コンビニ/銀行)で利用できるサービス

翌月後払いは、Paidyを利用して支払います。

Paidyとは、スマホで買い物ができる後払いサービスです。

Paidyでの支払い方法は、以下になります。

  1. 支払い画面でPaidyを選択する
  2. 翌月3日を目安に、Paidyより請求内容のメールが届く
  3. コンビニ払いまたは銀行振込で、翌月10日までに請求額を支払う

これで翌月後払い(コンビニ/銀行)での支払いは完了です。

なお、クイックスタートについては以下の記事で解説しています。

通常申し込みでの支払い方法

通常の支払い方法

通常申し込み場合、無料お試し期間中に料金を支払います。

また、支払い方法は以下の5種類から選択できます。

  1. クレジットカード
  2. 銀行振込
  3. ペイジー
  4. 翌月後払い(コンビニ/銀行)
  5. コンビニ払い

クレジットカードと翌月後払い(コンビニ/銀行)の支払い方法は、以下のリンクをご覧ください。

銀行振込

銀行振込での支払い方法

銀行振込は、一般銀行・三井住友銀行から振り込み可能です。

ただし振り込み手数料は自己負担となります。

備考
  • 三井住友銀行以外から振込む場合は、 入金反映が翌営業日となる
  • 海外からの送金は受付けていない

ペイジー

ペイジーでの支払い方法

ペイジーとは、主に公共料金や年金の支払いサービスです。

エックスサーバーへの支払いにもペイジーを利用できます。

ペイジー対応の金融機関は、以下のページをご覧ください。

コンビニ払い

コンビニ払いに対応しているコンビニ一覧

エックスサーバーへの支払いに対応しているコンビニは、以下になります。

通常申し込みの支払い手順

通常申し込みの支払い手順は、以下になります。

STEP
Xserverアカウントにログインする
STEP
Xserverアカウントから【料金支払い】をクリック
STEP
サーバーの契約期間を設定
サーバーの契約期間を設定
Shota

キャンペーンを利用する方は、料金に反映されていることを確認しましょう。

STEP
支払い方法を選択
支払い方法を選択

支払い方法は、以下の5つから選択します。

  1. クレジットカード
  2. 翌月後払い(コンビニ/銀行)
  3. ペイジー
  4. 銀行振込
  5. コンビニ払い
Shota

今回はクレジットカードでの支払い方法を解説します。

STEP
クレジットカード情報の入力
クレジットカード情報の入力
  • クレジットカード番号
  • クレジットカードの有効期限
  • クレジットカードのセキュリティコード
STEP
料金の支払いを確定
料金の支払いを確定する
「サーバー料金の支払いが完了しました。」と表示された画面

「サーバー料金の支払いが完了しました。」と表示されたら、支払いは完了です。

通常の申し込み方法は、以下に記事で解説しています。

支払い料金の確認方法

Xserverアカウントの管理画面から【料金支払い】をクリック

Xserverアカウントから【料金支払い】をクリックします。

サイドバーの【お支払い履歴/受領書発行】をクリック

サイドバーの【お支払い履歴/受領書発行】をクリックします。

【詳細】をクリック

【詳細】をクリックします。

料金の支払い履歴

画面を下にスクロールすると、料金の支払い履歴を確認できます。

エックスサーバーと他社サーバーの料金比較表

エックスサーバーと他社サーバーの料金比較

以下の表がXserverと人気の他社サーバーの、料金と速度の比較です。

スクロールできます
エックスサーバーConoHa WINGロリポップシンレンタルサーバーmixhostさくらのレンタルサーバ
プランスタンダードWINGパック-ベーシックハイスピードベーシックスタンダードスタンダード
月額料金
(12ヶ月契約)
1,100円1.452円990円880円2,178円437円
お友達紹介
プログラム
対応未対応未対応未対応対応未対応
初期費用無料無料無料無料無料無料
永久無料ドメイン最大で2つ取得2つ取得2つ取得1つ取得1つ取得なし
更新料金
(12ヶ月契約)
1,100円1,089円990円880円2,178円437円
有料テーマの割引6テーマ5テーマ4テーマなしなしなし
高速化後の表示速度
(パフォーマンススコア)
97.9点94.4点99.6点97.3点99.3点69.1点
比較記事ConoHa WINGと
エックスサーバー
の比較
ロリポップと
エックスサーバー
の比較
シンレンタルサーバーと
エックスサーバー
の比較
mixhostと
エックスサーバー
の比較
さくらサーバと
エックスサーバー
の比較

他社サーバーと比較して、エックスサーバーの強みは以下になります。

  1. お友達紹介プログラムで安く契約できる
  2. 永久無料ドメインを2つ取得できる
  3. 高速化後の表示速度が速い

速くてコスパの良いサーバーを利用したい人には、エックスサーバーがおすすめです。

パフォーマンススコアの目安

パフォーマンススコアの目安は、以下になります。

90点以上高速
50~90点平均
50点未満低速
表示速度の測定条件
表示速度の測定条件
表示速度の測定条件
  • 測定方法:PageSpeed Insightsにて測定
  • 評価指標:パフォーマンススコア
  • WordPressバージョン:6.2.2
  • WordPresssテーマ:Cocoon
  • コンテンツ:2.3Mの画像を3枚添付した投稿記事が2つ
  • 測定日、時間:平日の22時前後
  • 測定値:20回測定時の平均値を採用
  • 対象デバイス:モバイル
  • プラグイン:Wordfence Security、LiteSpeed Cache、All-in-One WP Migration

エックスサーバーのオプション料金

エックスサーバーのオプション料金

この項目では、Xserverのオプション料金について解説します。

  1. 独自ドメインの取得・更新・移管料金
  2. 独自SSLの料金
  3. 設定代行サービスの料金

独自ドメインの取得・移管・更新料金

「新規でドメイン取得する場合」や「他社からドメイン移管する場合」は、以下の費用が発生します。

ドメインの種類取得料金移管料金更新料金
.com1円1,428円1,428円
.net1円1,670円1,670円
(ローマ字).jp350円3,102円3,102円
(日本語).jp1円1,298円1,298円
.blog1円3,364円3,364円
.store328円7,115円
.xyz1円1,791円1,791円
.co.jp4,136円4,136円4,136円
.info308円1,791円1,791円
.site99円4,268円4,268円
.org946円1,670円1,670円
.online108円5,368円
.biz1,628円1,791円1,791円
.fun108円3,485円
.monster108円2,154円2,154円
.space108円3,485円3,485円
.website108円3,606円3,606円
.life218円4,816円4,816円
.tech218円5,368円
.live273円3,122円3,122円
.email275円3,606円3,606円
.world328円4,816円4,816円
.works396円4,816円4,816円
.news418円3,606円3,606円
.blue528円1,791円
.pink528円1,791円
.red528円1,791円
.mobi528円2,396円2,396円
.ink528円3,606円3,606円
.wiki528円3,606円3,606円
.design6,468円6,481円6,481円
.press548円7,785円7,785円
.host548円10,670円10,670円
.group594円2,275円2,275円
.earth2,288円2,520円2,520円
.me768円3,001円3,001円
.style935円4,816円4,816円
.company968円2,275円2,275円
(日本語).都道府県.jp1,298円1,298円1,298円
.click1,628円1,791円
.link1,628円1,791円1,791円
.moe1,848円2,040円2,040円
.asia2,178円2,396円2,396円
.rent2,198円7,785円7,785円
.college2,198円7,785円
.baby2,198円10,745円10,745円
.in2,838円2,838円2,838円
(ローマ字).都道府県.jp3,102円3,102円3,102円
.gift3,278円3,606円
.help3,278円3,278円
.lol170円3,606円
.photo3,278円3,606円
.pics170円3,278円
.osaka3,718円4,100円4,100円
.bz3,828円3,828円
.ac.jp4,136円4,136円4,136円
.ed.jp4,136円4,136円4,136円
.or.jp4,136円4,136円4,136円
.cc4,158円4,158円4,158円
.ws4,158円4,158円
.mom170円4,816円
.rest4,378円4,816円4,816円
.tv5,258円5,258円
.black5,478円6,026円
.clinic6,578円7,236円7,236円
.salon6,578円7,236円7,236円
.bar7,678円8,446円8,446円
.gr.jp7,678円7,678円7,678円
.ne.jp7,678円7,678円7,678円
.sexy5,478円
取得料金は1個目の料金

エックスサーバーでは「.com」や「.net」など、メジャーなドメインを1円で取得できます。

独自ドメインの取得方法と他社からの移管方法は、以下の記事で解説しています。

独自SSLの料金

エックスサーバーが提供している、独自SSLは以下になります。

認証タイプSSL証明書料金
ドメイン認証Let’s Encrypt無料
クラウドSSL880円/年
クラウドセキュア スピード認証SSL15,400円/年
ジオトラスト クイックSSLプレミアム13,200円/年
企業認証クラウドセキュア 企業認証SSL33,000円/年
デジサート セキュア・サーバID63,800円/
EV認証クラウドセキュア EV SSL 83,600円/年

個人サイトなら無料の「Let’s Encrypt」で十分です。

なお、無料独自SSLの設定方法は、以下の記事で解説しています。

設定代行サービスの料金

エックスサーバーのサーバーの設定代行サービス

エックスサーバーでは「スタンダードプラン」と「プレミアムプラン」にも、Webサイトの設定代行サービスが用意されています。

ただし料金は有料です。

設定内容と料金は、以下になります。

項目設定内容料金
まとめて初期設定CMSインストール(10件まで)33,000円
メールアドレス作成(100アカウントまで)
独自ドメイン設定(10ドメインまで)
サブドメイン設定(20ドメインまで)
CMSインストールWordPress/EC-CUBE/Pukiwikiのインストール(1件まで)5,500円
メールアドレス作成メールアカウント設定の追加(100アカウントまで)5,500円
独自ドメイン設定独自ドメイン設定の追加(10ドメインまで)5,500円
サブドメイン設定サブドメイン設定の追加(20ドメインまで)5,500円
サーバーのデータ削除指定したディレクトリ配下のデータを削除11,000円
サーバー移転WebサイトやWordPressなどのサーバー移転(1件まで)33,000円
その他サーバーパネルの各機能設定の操作別途見積

Webサイトの作成や初期設定に不安のある方は、設定代行サービスを利用しましょう。

(参考)エックスサーバービジネスの料金プラン

エックスサーバービジネスとは?

エックスサーバービジネスは「法人と企業を対象にしたレンタルサーバー」です。

個人向けプランと比較し、以下の3点で優れています。

  1. Webサイト開設までの無料代行サービス
  2. Webサイトのセキュリティ対策
  3. サーバー稼働率に対する保証制度

エックスサーバービジネスの料金プランは、以下になります。

スタンダードプレミアムエンタープライズ
月額料金
(12ヶ月契約)
4,180円8,360円12,540円
初期費用16,500円16,500円16,500円
無料お試し期間10日間10日間10日間
ディスク容量300GB400GB500GB
ディスク種類NVMe SSDNVMe SSDNVMe SSD
RAID構成RAID10RAID10RAID10
WebサーバーNGINXNGINXNGINX
PHP動作モードFast CGIFast CGIFast CGI
プロトコルHTTP/2HTTP/2HTTP/2
転送量無制限無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限
データベース数
(MariaDB)
無制限無制限無制限
FTPアカウント無制限無制限無制限
無料SSL対応対応対応
企業認証SSL対応対応対応
EV SSL対応対応対応
自動バックアップ14日分14日分14日分
WAF対応対応対応
Webフォント対応(モリサワ)対応(モリサワ)対応(モリサワ)
独自ドメイン
永久無料特典
1個取得可能1個取得可能1個取得可能
独自ドメイン
1年無料特典
最大20個取得可能最大20個取得可能最大20個取得可能
メールサポート24時間受付24時間受付24時間受付
電話サポート平日10:00~18:00平日10:00~18:00平日10:00~18:00
メールアカウント無制限無制限無制限
1通あたりの容量
(送信メール)
100MB100MB100MB
メーリングリスト20件まで
⇒1リスト500アドレス
30件まで
⇒1リスト500アドレス
40件まで
⇒1リスト500アドレス
メールマガジン10件まで
⇒1メルマガ1,000アドレス
15件まで
⇒1メルマガ1,000アドレス
20件まで
⇒1メルマガ1,000アドレス
サーバ移転代行1回まで1回まで1回まで
無料代行サービス月3回まで月5回まで月5回まで
ホームページ無料制作1サイトまで1サイトまで1サイトまで
Web改ざん検知機能1URLまで1URLまで1URLまで
セコムセキュリティ
診断サービス
対応対応対応
高性能スパムフィルタ30個50個70個
品質保証制度(SLA)対応対応対応
プラン変更上位プランに可能上位プランに可能不可能
Xserver Business-料金

おすすめの料金プランは、スタンダードプランです。

  1. 料金が最もリーズナブル
  2. サーバースペックと無料代行サービスが充実
  3. 後から上位プランへ変更可能(1ヶ月単位で変更可)

詳しくは、以下の記事で解説しています。

エックスサーバーの料金プランに関する質問集

解約に料金は発生しますか?

解約料金は一切発生しません。

ただし既に支払った料金は返金されないので注意しましょう。

エックスサーバーの解約方法は、以下の記事で解説しています。

料金の支払いを月払いにできますか?

更新料金を月払いにできます。

自動更新を設定すれば、1ヶ月ごとに支払い可能です。

自動更新の設定方法はエックスサーバーの自動更新を設定するで解説しています。

料金が高いのは本当ですか?

エックスサーバーの料金は高くありません。

エックスサーバーと、サーバースペックの近い他社サーバーで料金を比較しました。

サーバー会社と料金プラン初期費用月額料金(12ヶ月契約)最低契約期間
エックスサーバー(スタンダード)無料1,100円3ヶ月
ConoHa WINGWINGパックベーシック)無料1,452円3ヶ月
ロリポップ(ベーシック)無料990円1ヶ月
カラフルボックス(BOX-2)無料1,166円1ヶ月
mixhost(スタンダード)無料1,650円3ヶ月

エックスサーバーの料金は中間価格帯に位置します。

料金が高くない要因は、2023年に値上げをしなかったからです。

他社サーバーが値上げをする中で、エックスサーバーは価格を維持しています。

詳しくは以下の記事で解説しています。

最低利用期間はありますか?

エックスサーバーの最低利用期間は3ヵ月です。

それより短い期間で契約することはできません。

サーバーの感触を知りたい方は、無料お試し期間を活用しましょう。

無料お試し期間の利用方法は、以下の記事で解説しています。

領収書を発行してもらえますか?

エックスサーバーでは領収書の発行を行っておりません。

領収書が二重発行されてしまうからです。

ただし、以下のものを正式な領収書として利用できます。

  • 各カード会社の利用明細書
  • 各銀行での振込の控え(振込明細)
  • 各コンビニより発行される領収書(レシート)

エックスサーバーの料金プランのまとめ

今回は、Xserverの料金プランについて解説しました。

さくっと内容を振り返ります。

まとめ
  • おすすめの料金プランはスタンダード
  • 料金プランの違いは11項目
  • キャンペーンや紹介特典で安く契約できる
  • 申し込み方法により支払い方法が異なる

まずはキャンペーンとお友達紹介特典で安く契約しましょう。

Shota

安く契約したい方は、当サイトのお友達紹介リンクをご利用ください。

お友達紹介リンクから申し込む【最大10.000円割引!】

会社情報

販売業者エックスサーバー株式会社  
 届出電気通信事業者(旧一般第二種電気通信事業者) E-20-03085
資本金1億円(資本準備金含む)
運営統括責任者小林尚希
所在地<大阪本社>
〒530-0011
大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 32F

<東京オフィス>
〒104-0053
東京都中央区晴海1-8-8 晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーW 15F
電話番号(本社代表)06-6292-8811  (コールセンター)06-6147-2580
組織種別ネットワークサービス運営組織
取引銀行三井住友銀行
エックスサーバーの会社概要
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次