WordPressテーマSWELL導入方法を見てみる

エックスサーバーでワードプレスにSSL化を設定する方法|https化

エックスサーバーでワードプレスを常時SSL化する方法【https化】
フェニック

エックスサーバーでWordPressをインストールできたけど、SSL化の方法がわからないぞ?

今回はこのようなお悩みにお答えします。

エックスサーバーでクイックスタートを利用しない場合、SSL化は自分で設定します。

しかしWordPressのSSL化は簡単ではありません。

そこで、今回はWordPressにSSL化を設定する方法を解説します。

エックスサーバーでWordPressのSSL化する手順の解説画像

画像たっぷりで解説するので、ぜひ参考にしてください。

追記です。

まだサーバー未契約の方にはエックスサーバーの評判とメリット・デメリットの記事もおすすめです。

この記事の著者

Shota @Shota_Lab_1

歴3年の副業ブロガー。月間32,000PVのブログフェニックスを運営。
X(Twitter)のフォロワーは4,500人以上

目次

ワードプレスのSSL化(https)とは

ワードプレスのSSL化(https)とは

WordPressのSSLとは、ユーザーのブラウザとレンタルサーバーのデータ通信を暗号化することです。

プラウザの例
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Firefox
  • Safari

データ通信を暗号化することで、以下のリスクからユーザーを守ることができます。

  • WordPress(Webサイト、ブログ)のデータ改ざん
  • なりすましによる盗聴やデータの悪用
  • 個人情報やクレジットカード番号の漏えい

WordPressを安全に運営するためにも、SSL化は必須です。

SSL化されていないURLの画像
SSL化されていないURL
SSL化されたURL
SSL化されたURL

なおWordPressをSSL化すると、URLは以下のように変化します。

  • 「http://」が「https://」に変化
  • 「保護されていない通信」の表記が、鍵マークに変化

SSL化は検索順位の結果に影響する

Googleは、検索順位の評価要因としてSSL化を含めることを明言しています。

Google はランキングシグナルとして HTTPS を使用することにしました。現在のところは、ウェブマスターが HTTPS に切り替えるための移行期間として、このシグナルのウェイトを非常に小さく設定しています。しかし、誰もがウェブを安全に利用できるよう、すべてのウェブサイトの所有者に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えているため、今後このウェイトは大きくする予定です。

引用:Googleセントラル-ランキング シグナルとしての HTTPS

SSL化は、検索順位を上げるためにも重要な設定です。

エックスサーバーでワードプレスにSSL化を設定する手順

エックスサーバーでWordPressをSSL化する手順

エックスサーバーでWordPressにSSL化を設定する手順は、以下の4つです。

  1. 独自ドメインにSSL化を設定する
  2. WordPressにSSL化を設定する
  3. 独自ドメインに常時SSL化を設定する
  4. WordPressの画像と内部リンクのURLをhttps化する
Shota

それでは解説を始めます。

エックスサーバーで独自ドメインにSSL化を設定する

エックスサーバーでのSSL化が完了した画面

ドメイン設定を完了した方は、既に独自ドメインへのSSL化は完了しています。

エックスサーバーでワードプレスにSSL化を設定するにジャンプしてください。

サーバーパネルのログイン画面

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

ログイン方法は、以下の記事で解説しています。

サーバーパネルから独自ドメインにSSL化を設定する

サーバーパネルに移動したら【SSL設定】をクリック

サーバーパネルに移動したら【SSL設定】をクリックしましょう。

SSL化を設定するドメインを選択する

SSL化を設定する独自ドメインを選択します。

Shota

「独自SSL」の項目が0個と表記されているのを確認します。

独自SSL設定追加

【独自SSL設定追加】の設定方法

【独自SSL設定追加】は以下のように設定します。

項目設定方法
設定対象ドメインSSL化を設定する独自ドメインを選択
サイト「www.」を含む独自ドメインを選択
⇒例:www.treeekie.com
CSR情報(SSL証明書情報)を入力するチェックを入れない

設定が完了したら【確認画面へ進む】をクリックしましょう。

SSL化するドメインを確認し【追加する】をクリック

SSL化する独自ドメインを確認し【追加する】をクリックします。

「独自SSL設定を追加しました。」と表示された画面

「独自SSL設定を追加しました。」と表示されたら、独自ドメインのSSL化は完了です。

独自ドメインのSSL化反映時間は約1時間

SSL化が反映されるまで、ドメインには「反映待ち」と表示される

SSL化が反映されるまで、独自ドメインには「反映待ち」と表示されます。

約1時間でSSL化が反映されるため、しばらく待ちましょう。

(参考)CSR情報【SSL証明書申請情報】の入力方法

CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する方法

CSR情報とは、SSLサーバー証明書を発行するための署名要求です。

SSLサーバー証明書の役割は、以下の2点です。

  1. プラウザとサーバーの通信を暗号化する
  2. Webサイトの所有者情報を公開する

通常、無料のSSLサーバー証明書の申請にCSR情報は不要です。

SSLサーバー証明書に「Webサイトの所有者情報」を記述したい場合に限り、CSR情報を入力しましょう。

入力方法は以下になります。

項目設定方法
国(country)2文字で構成される国コード(ISO略語)
⇒JP
都道府県(state)サイト運営組織の都道府県名
⇒例:OSAKA
市町村区(local)サイト運営組織の市区町村名
⇒例:OSAKA-shi
組織(org)サイト運営組織の法律上の正式英文名称
⇒例:Shota Inc.
部署(unit)サイト運営組織の部署名
⇒例:Sales

設定が完了したら【確認へ進む】をクリックします、

これで「Webサイトの所有者情報」が記述されたSSLサーバー証明書の申請は完了です。

エックスサーバーでワードプレスにSSL化を設定する

サーバーパネルから【WordPress簡単インストール】をクリックします。

管理画面URLをクリックし、WordPressの管理画面にログインします。

WordPressの管理画面から【設定】⇒【一般】をクリック

WordPressの管理画面から【設定】⇒【一般】をクリックします。

一般設定からワードプレスにSSL化を設定する

一般設定の設定方法

一般設定では、以下のように設定しましょう。

項目設定方法
WordPressアドレス(URL)httpをhttpsに変更
サイトアドレス(URL)httpをhttpsに変更
設定が完了したら【変更を保存】をクリック

設定が完了したら【変更を保存】をクリックしましょう。

ワードプレスの管理画面に再ログインする

ユーザー名とパスワードを入力して、再ログインする

WordPressの一般設定を変更すると、ログイン画面に移動します。

ユーザー名とパスワードを入力して、再度WordPressの管理画面にログインしてください。

ワードプレスがSSL化されたことを確認する

URLに鍵マークが表示された画像

プラウザのアドレスバーに「https」から始まるWordPressのURLを入力します。

URLに鍵マークが表示されたら、SSL化は成功です。

エックスサーバーで独自ドメインに常時SSL化を設定する

常時SSLとは、WordPress内の全てのURLをSSL化することです。

以下の方法で、WordPress内全てのURLをSSL化します。

常時SSL化の解説画像
  1. SSL化されていないURLにアクセスがあった場合、SSL化されたURLに遷移させる(常時SSL化)
  2. プラグインで、画像と内部リンクのURLをhttps化する
フェニック

具体的な手順を解説するよ。

サーバーパネルから独自ドメインに常時SSL化を設定する

エックスサーバーのサーバーパネルに戻り【.htaccess編集】をクリック

エックスサーバーのサーバーパネルから【.htaccess編集】をクリックします。

常時SSL化するドメインを選択する

常時SSL化を設定する独自ドメインを選択します。

【.htaccess編集】のタブをクリック

【.htaccess編集】のタブをクリックします。

「.htaccess」ファイルの編集

「.htaccess」ファイルは重要なファイルです。

誤って他のコードを削除してしまうと、WordPressが表示されなくなります。

編集前に「.htaccess」のコードを、メモ帳などに保存しておきましょう。

【.htaccess】の項目の一番に以下のコードを貼り付ける

【.htaccess】の最上段に、以下のコードを貼り付けてください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

貼り付けが完了したら【確認画面へ進む】をクリックしましょう。

画面が切り替わったら【実行する】をクリック

画面が切り替わったら【実行する】をクリックします。

「.htaccessの編集が完了しました。」と表示されたら、常時SSL化の設定は完了です。

独自ドメインに常時SSL化が設定されたことを確認する

「https」から始まるブログのURL
「https」から始まるブログのURL

プラウザのアドレスバーに「http」から始まるWordPressのURLを入力します。

「https」から始まるURLに遷移したら、独自ドメインの常時SSL化は成功です。

ワードプレスの画像と内部リンクのURLをhttps化する

SSL化設定前に記事を公開している場合は、画像と内部リンクのURLもhttps化する必要があります。

フェニック

画像にもURLがあるの?

Shota

WordPress管理画面のメディアライブラリから確認できるよ。

メディアライブラリに表示された画像URL
メディアに表示された画像URL

Search Regexというプラグインを使い、一括でhttpをhttpsに書き換えます。

Search Regexをインストールする

WordPressの管理画面から【プラグイン】⇒【新規追加】をクリック

WordPressの管理画面から【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。

検索窓に「Search Regex」と入力します。

Search Regexが表示されたら【今すぐインストール】⇒【有効化】をクリックしましょう。

これでSearch Regexのインストールは完了です。

Search Regexで画像と内部リンクのURLをhttps化する

WordPressの管理画面から【ツール】⇒【Search Regex】をクリックします。

「http」から始まるURLを探す方法

「http」から始まるURLを探します。

以下のように設定しましょう。

項目設定方法
Searchhttpから始まるWordPressのURLを入力
⇒例:http://pheonix-blog-lomg-1098.com/
Replacehttpsから始まるWordPressのURLを入力
⇒例:https://pheonix-blog-lomg-1098.com/

設定が完了したら【Search】をクリックしましょう。

「httpから始まる画像と内部リンクのURL」が表示される

「httpから始まる画像と内部リンクのURL」が表示されます。

確認できたら【Replace All】をクリックしましょう。

【Finished!】と表示された画像

【Finished!】と表示されたら、設定は完了です。

エックスサーバーの独自ドメインにSSL化が反映されない時の対処法

「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。」と表示された画像

この項目では、独自ドメインに設定したSSL化が反映しない場合の対処方法を解説します。

  1. 「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示される
  2. 「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。」と表示される
  3. 「~のDNS参照先サーバーが当サーバーではありませんでした。」と表示される
  4. 「~に独自SSL設定を追加する際にエラーが発生しました。」と表示される

「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示される

「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示された画面

ドメイン設定時に、不具合で独自ドメインにSSLが反映されない場合に表示されます。

サーバーパネルから、独自ドメインにSSL化を設定すれば解消されます。

「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。」と表示される

「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。」と表示された画像

無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

SSL化が反映されていない状態で、WordPress管理画面にログインすると上記のように表示されます。

SSL化が反映されるまで1時間ほどかかります。

しばらく待ちましょう。

「~のDNS参照先サーバーが当サーバーではありませんでした。」と表示される

「~のDNS参照先サーバーが当サーバーではありませんでした。」と表示された画面

原因は以下の2つが考えられます。

  1. SSL化した独自ドメインの有効期限が過ぎている
  2. SSL化した独自ドメインのDNSサーバーが、エックスサーバーに変更されていない

ドメインの有効期限が過ぎている場合は、ドメイン管理会社に更新料金を支払えば解消されます。

DNSサーバーをエックスサーバーに変更する

DNSサーバーがエックスサーバーに変更されていない場合は、以下のように設定しましょう。

STEP
Xserverアカウントにログインし、対象ドメイン右側の【︙】をクリック
Xserverアカウントにログインし、対象ドメイン右側の【︙】をクリック
STEP
ネームサーバー設定を選択
ネームサーバー設定を選択
STEP
Xserverレンタルサーバーを選択し【確認画面へ進む】をクリック
Xserverレンタルサーバーを選択し【確認画面へ進む】をクリック
STEP
【設定を変更する】をクリック
【設定を変更する】をクリック
STEP
「ネームサーバー設定が完了しました。」と表示されたことを確認する
「ネームサーバー設定が完了しました。」と表示された画面
「未取得」という表示がなくなった画面

この後、再度サーバーパネルからSSL化を設定すれば作業完了です。

「~に独自SSL設定を追加する際にエラーが発生しました。」と表示される

原因は「SSL化した独自ドメインのDNSサーバーがエックスサーバーに変更されていない」ことです。

DNSサーバーをエックスサーバーに変更するに従い、DNSサーバーをエックスサーバーに設定してください。

この後、再度サーバーパネルからSSL化を設定すれば作業完了です。

エックスサーバーのサブドメイン/サブディレクトリへの常時SSL化

エックスサーバーのサブドメイン/サブディレクトリへの常時SSL化

「サブドメイン/サブディレクトリ」に常時SSL化を設定する際は、ファイルマネージャから設定します。

独自ドメインとのSSL化設定方法の違いは、以下になります。

SSL化の種類独自ドメインサブドメイン/サブディレクトリ
ドメインへのSSL化サーバーパネルで設定サーバーパネルで設定
ワードプレスへのSSL化サーバーパネルで設定サーバーパネルで設定
ドメインへの常時SSL化サーバーパネルで設定ファイルマネージャで設定
画像と内部リンクのhttps化WordPressで設定WordPressで設定

常時SSL化のみ設定方法が異なります。

この項目では「サブドメイン/サブディレクトリ」への常時SSL化を解説します。

なお「サブドメイン/サブディレクトリ」の作り方は、以下の記事で解説しています。

ファイルマネージャからサブドメイン/サブディレクトリに常時SSL化を設定する

ファイルマネージャのログイン画面

ファイルマネージャに、以下の項目を入力しログインします。

  • FTPユーザー名
  • FTPパスワード
サブドメインの「.htaccess」ファイルの場所
サブドメインの「.htaccess」ファイルの場所

ログインしたら「.htaccess」ファイルにアクセスします。

なお「.htaccess」ファイルの保存先は、以下になります。

サブドメインの「.htaccess」ファイル

Home/ルードドメインのフォルダ/public_html/サブドメインのフォルダ

サブディレクトリの「.htaccess」ファイル

Home/ルードドメインのフォルダ/public_html/サブディレクトリのフォルダ

「.htaccessファイル」を選択し【編集】をクリックしましょう。

「.htaccessファイル」の最上段に常時SSL化コードを入力する

「.htaccessファイル」の最上段に、以下のコードを入力します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

入力が完了したら【更新】をクリックしましょう。

これで、ファイルマネージャからの常時SSL化設定は完了です。

サブドメイン/サブディレクトリに常時SSL化されたことを確認する

「https」から始まるブログのURL
「https」から始まるブログのURL

プラウザのアドレスバーに「http」から始まるWordPressのURLを入力します。

「https」から始まるURLに遷移したら「サブドメイン/サブディレクトリ」の常時SSL化は成功です。

エックスサーバーのワードプレスのSSL化の質問集

無料SSLと有料SSL(DV:ドメイン認証)の違いは何ですか?

違いはサポートの有無です。

有料SSLであれば、SSL設定で不具合があった際に問い合わせが可能です。

しかし無料SSLと有料SSL(DV:ドメイン認証)は暗号化の強度に違いはありません。

そのためドメイン認証型のSSLを使用するなら、無料SSLで十分です。

参考情報SSLは無料と有料で何が違うの!?今さら聞けないSSLの仕組みと導入のメリット

ドメインに設定したSSLは削除できますか?

可能です。設定は以下になります

STEP
サーバーパネルからSSL設定をクリック
サーバーパネルからSSL設定をクリック
STEP
SSL設定を削除するドメインを選択
SSL設定を削除するドメインを選択
STEP
削除をクリック
削除をクリック
STEP
注意事項を確認し【削除する】をクリック
注意事項を確認し【削除する】をクリック
STEP
「~の独自SSL設定を削除しました。」と表示されたら作業完了
「~の独自SSL設定を削除しました。」と表示された画面

ワードプレスをSSL化した後にすべきことは何ですか?

SSL化前にGoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスにURLを登録している場合は、httpをhttpsに変更しましょう。

まとめ

今回は、エックスサーバーでWordPressにSSL化を設定する方法について解説しました。

さくっと内容をまとめます。

エックスサーバーでのSSL化の手順
  1. 独自ドメインにSSL化を設定する
  2. WordPressにSSL化を設定する
  3. 独自ドメインに常時SSL化を設定する
  4. WordPressの画像と内部リンクのURLをhttps化する

今回の内容は以上です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません(スパム対策)

目次